海外FX基礎

FXのライントレード手法の基本|ラインの引き方やエントリーポイントを紹介

「そもそもFXのライントレードって何?」
「ライントレードのやり方がわからない…」
と悩んでいませんか?

FXを始めるうえで「ライントレード」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。

中にはライントレードの意味を知っていても、ラインの引き方など実践的なことまで理解できていない方も多いはず。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXのライントレードの基礎知識
  • ライントレードをするうえでの注意点
  • ライントレードで利益を出すためのポイント

ライントレードの基礎を理解したうえで適切なトレードができれば、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXのライントレードとは?

FXのライントレードとは、チャート上に引いたラインで相場の動きを予測する取引手法です。

FXで利益を得るには「為替レートが上がるのか、下がるのか」を予測することが欠かせません。

チャート上に引いたラインで根拠のある予測ができれば、勝率の高いエントリーポイントを見つけられるでしょう。

また、ライントレードはラインの引き方とエントリーポイントを押さえるだけなので、初心者でも取り入れやすいのがメリットです。

一方、デメリットとして着眼点や時間足によって個人差が生じやすい点が挙げられます。

自分で引いたラインが正解であると過信しすぎず、少しずつコツや感覚をつかむことが大切です。

ライントレードはテクニカル分析に分類され、経済指標や景気などから値動きを予測するファンダメンタルズ分析と比較すると、難易度が低いといわれています。

ライントレードの3種類のラインと引き方

ライントレードで使われる代表的なラインには以下の3つがあります。

  1. 水平ライン
  2. トレンドライン
  3. チャネルライン

それぞれのラインの引き方を詳しく解説します。

水平ライン

水平ラインはその名の通り、チャート上に水平方向へ引くラインのことです。

水平ラインを大別すると、下図のようなチャート上で目立つ複数の高値と高値を結ぶ線を「レジスタンスライン」、複数の安値と安値を結ぶ線を「サポートライン」といったように分類できます。

FX ライントレード 引き方(水平ライン)

 

高値同士を結ぶレジスタンスラインは、為替レートの上昇を妨げる抵抗線として活用されます。

一方、安値同士を結ぶサポートラインは、価格の下落を支える支持線とも呼ばれています。

水平ラインを引くときの注意点は、線の角度を0度にすることです。

ただし、ラインを無理やり水平にするのではなく、0度になるポイントを見つけることが大切です。

水平ラインは引こうと思えばいくらでも引けますが、やみくもにラインを引いても意味がありません。

信頼性の高い水平ラインであるかを見極める際は、反転回数に注目するのがおすすめです。

反転回数が多いラインは、今後も反転する確率が高くなる傾向があるため、信頼性の高いラインといえるでしょう。

トレンドライン

トレンドラインは相場の方向性(以後、トレンド)に沿って斜めに引くラインのことです。

下図のようにチャートの目立つ安値を2ヶ所結んで上向きに引ける線を「上昇トレンドライン」、高値を結んだ下向きの線を「下降トレンドライン」といいます。

FX ライントレード 引き方(トレンドライン)

これらのラインは、下値を支えるサポートライン、上値を抑えるレジスタンスラインとも呼ばれ、テクニカル分析に活用できます。

いずれのトレンドラインも線を引く前に、ローソク足が直近の高値・安値を抜けているかを確認することが大切です。

チャネルライン

チャネルラインはトレンドラインと平行になるように引くラインのことです。

下図のように上昇トレンドラインと平行に引く線を「上昇チャネルライン」、下降トレンドラインと平行に引く線を「下降チャネルライン」と呼びます。

チャネルライン 引き方

トレンドラインとチャネルラインの間で値動きを繰り返すことが多いため、それぞれのライン近くでトレードをすれば利益が得やすい傾向があります。

エントリーの判断もしやすいので、FX初心者の方はチャネルラインの引き方をマスターしておきましょう。

ライントレードで押さえたいエントリーポイント

ラインを引くことで、おおよその値動きが予測できるようになり、エントリーの判断がしやすくなります。

ここからは、ラインごとのエントリーポイントを図を使いながら解説します。

水平ライン

水平ラインを活用したトレード手法には「水平ラインの反発を狙うエントリー」と「水平ラインを突き抜けること(以後、ブレイク)を確認してからのエントリー」の2つがあります。

為替レートが反発したポイントを結ぶ水平ラインは、そのあとも反発する可能性が高いといえるでしょう。

例えば、下図のように為替レートがサポートラインに触れたとき(A)に上昇反発を狙って買いエントリーします。

サポートライン 反発 エントリー

一方、レジスタンスラインの場合は、Bのポイントで下降反発を狙って売りエントリーするとよいでしょう。

レジスタンスライン 反発 エントリー

水平ラインの反発を狙う場合は、だましのリスクを下げるためにも、為替レートがラインに触れた瞬間ではなく、少し様子を見てからエントリーするのがおすすめです。

また、水平ラインをブレイクしたタイミングを狙ったトレードも効果的です。

例えば、下図のように上値を抑えていたレジスタンスラインを抜けると、下値を支えるサポートラインに変化することがあります。

だましとは、ラインブレイクしたあとに反対方向へ価格が動くことを指します。

レジサポ転換 エントリー

これをレジスタンスラインとサポートラインの機能が逆転する「レジサポ転換」と呼びます。

レジサポ転換を予測する場合は、ラインブレイクをしたあとに再度ライン近くに戻ってきたタイミングでエントリーするのが一般的です。

トレンドライン

トレンドラインを使ったトレード手法は、水平ラインと同様に反発を狙ったエントリーと、ラインブレイクを狙ったエントリーが基本です。

例えば、下図のように為替レートが上昇トレンドラインまで下がったとき(A)に買いエントリーします。

上昇トレンドライン エントリー下降トレンドラインの場合は、為替レートが下降トレンドラインまで上がったとき(B)に売りエントリーします。
下降トレンドライン エントリー

次にラインブレイクを狙ったエントリー手法を見ていきましょう。

トレンドラインのブレイクは、価格の上昇や下落が始まる「トレンド転換」のサインとなる可能性があります。

下図のように上昇トレンドでラインブレイクが起こったタイミング(C)は、下降トレンドへの転換が予想されるため、売りエントリーすると利益を狙える可能性があります。

トレンド転換 エントリー

反対に下降トレンドでラインブレイクが起きると、上昇トレンドへ転換する可能性があるので買いエントリーします。

ただし、ラインブレイクがだましの可能性もあるため、ラインを抜けてからすぐにエントリーするのは避けましょう。

だましを回避するためにも、一度ラインに戻ってきたのを確認し、トレンド転換しているかを判断したうえでエントリーするのがおすすめです。

チャネルライン

チャネルラインを活用する場合は、反発を狙ったエントリーが基本となります。

下図のようにトレンドライン(A)で売りエントリーし、チャネルラインの底(B)で決済すると利益が得られます。

チャネルライン エントリー

上昇チャネルラインを活用する場合は、トレンドラインで買いエントリーし、チャネルラインの天井で決済します。

このようにチャネルラインはエントリーポイントだけでなく、決済のタイミングもわかりやすいのが特徴です。

損切りの目安としても活用できるので、トレンドラインとあわせてチャネルラインが引けないかを確認しておきましょう。

また、ローソク足がチャネルラインから上向き、もしくは下向きに抜けたときは、トレンドが転換している可能性があります。

大きな利益を狙える一方で、だましになることが多いので、エントリーをせずに新たなチャネルラインを引いてチャンスを待つのもよいでしょう。

FXのライントレードの注意点

FXのライントレードの注意点には以下の4つがあります。

  1. 無理やりラインを探さない
  2. だましに注意する
  3. ラインの正確性にはこだわらない
  4. 要人発言や経済指標も確認する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

無理やりラインを探さない

水平ラインやトレンドラインは、引こうと思えばいくらでも引けます。

しかし、すべてのラインが機能するとは限らないので、信頼性の高いラインを引かなければ意味がありません。

ラインを引く際は、結べる箇所をひたすら探すだけではなく、反発回数にも注目してみましょう。

特に初心者のうちは、ラインを引くことが目的になってしまう傾向があるので、本来の目的を見失わないことが大切です。

無料のデモトレードなどを活用しながら、ラインを引く感覚を磨いていきましょう。

だましに注意する

だましによる予想外の値動きに巻き込まれると、大きな損失につながる恐れがあります。

ラインブレイクを狙ったエントリーをする際は、ラインを突き抜けたあとの値動きを見てからトレードすることを意識しましょう。

また大きな損失を避けるには、少額エントリーで相場の様子を見たり、あらかじめ損切りラインを設定したりすることが大切です。

ラインの正確性にはこだわらない

FXのチャートは提供している会社によってズレが生じるので、細かく丁寧に引くのではなく、要点を押さえて引くことが大切です。

値動きを予測する際も、ラインとしてよりも「帯」として見ることを意識しましょう。

例えば、サポートラインの下降反発を狙ってエントリーする場合、ラインぴったりに触れるまで待っていると、チャンスを逃してしまうかもしれません。

為替レートはラインの手前で反発したり、ラインを抜けたあとに反発したりと、必ずしもラインにあわせた値動きをするとは限らないためです。

帯として捉えることは、だましの回避にもつながるので、ラインを引くとき・見るときは正確性にこだわりすぎないように注意しましょう。

要人発言や経済指標も確認する

為替レートは、要人発言や経済指標の発表などがあると大きく動く傾向があります。

そのため、要人発言や経済指標を確認せず、ラインだけを見てトレードしていると、大きな損失につながる可能性があるのです。

FXにおける要人とは、以下のような人たちを指します。

  • 国や政府の代表者(大統領、首相など)
  • 国の経済政策を担当する大臣
  • 各国の中央銀行の代表者(日本銀行総裁、FRB議長、ECB総裁など)

要人発言や経済指標が発表されたあとの相場は、プロのトレーダーでも予測が困難だといわれています。

これらのタイミングは大きな利益が狙える一方で、損失リスクが高まることを認識しておきましょう。

また、リスクの高い「ギャンブルトレード」を禁止しているFX業者もあるので、トレード内容がガイドラインに違反していないかを確認しておくことが大切です。

ギャンブルトレードの詳細はこちらで詳しく解説!

FXのライントレードで利益を狙うためのポイント

FXのライントレードで利益を狙うためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  1. 複数のラインを同時に使う
  2. 上位足をベースにラインを引く
  3. トレード記録を付ける

それぞれ詳しく見ていきましょう。

複数のラインを同時に使う

ライントレードでの勝率を高めるには、水平ラインやトレンドラインなど、複数のラインを同時に使うことが大切です。

具体的には、それぞれのラインのエントリーポイントが重なるタイミングを狙うのがおすすめです。

ただ、ラインを引きすぎるとチャートが見にくくなったり、注目しているラインを見失ったりする可能性があります。

まずはラインを引く練習を繰り返し、信頼性の高いラインを見極めるコツを少しずつ身に付けていきましょう。

上位足をベースにラインを引く

ライントレードで利益を狙うには分足だけでなく、時間足や日足といった上位足をベースにラインを引くことが大切です。

上位足でラインを引く理由は、長期的な視点で相場を見た方がトレンド状況を確認しやすいためです。

中には5分足で上昇トレンドに見えても、4時間足などの上位足に切り替えると下降トレンドとなっているケースがあります。

信頼性のあるラインを引くためにも、上位足をベースにすることを意識してみましょう。

トレード記録を付ける

ライントレードの勝率を上げるためには、トレード記録を付けるのがおすすめです。

例えば、以下の項目をノートやパソコンに記録しましょう。

  • 取引した通貨
  • 取引した時間帯
  • ラインを引いた理由
  • エントリーした理由
  • 決済したタイミング
  • 取引結果

自分が引いたラインが機能していたのかを振り返って、改善点を見つけることが大切です。

また、トレーダーによってラインの引き方やエントリーポイントが異なるので、自身のクセを知ることにもつながります。

実践と分析を繰り返すことで、自分の中で勝率の高いパターンを見つけておくのもよいでしょう。

まとめ:FXで勝率を上げるためにライントレードを活用しよう

ライントレードとは、チャート上に引いたラインを参考に、値動きを予測する取引手法です。

ライントレードで活用される代表的なラインには「水平ライン」「トレンドライン」「チャネルライン」の3種類があります。

ラインごとに引き方やエントリーポイントが異なるので、実際にチャートを見ながらラインを引く練習を積み重ねることが大切です。

また、信頼性の高いラインを引くには、無理やり結べる箇所を探すのではなく、反発回数や時間足にも注目することを意識しましょう。

また、FXでより多くの利益を狙いたい方は、レバレッジの高い業者を選びましょう。

レバレッジが高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

 

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎