海外FX取引

BigBossはEAを使った自動売買に最適!おすすめの理由とEAを選ぶポイント

「EAの選び方がわからない」
「BigBossはEAを使った自動売買におすすめなの?」

といった悩みはありませんか?

FXで利益を得たくても、忙しくてトレードする時間が確保できない方も多くいます。

そのような悩みがある方におすすめの方法が、EAを使った自動売買です。EAをMT4・MT5に設定すれば、ルール通りに24時間いつでも自動売買してくれます。

とはいえ、BigBossではEAが利用できるのか、たくさんの種類からどのEAを選べばよいのか分からない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、

  • BigBossでEAを利用する際の注意点
  • 長期的に利益を得やすいEA探しのポイント
  • BigBossが自動売買に適している理由

などを詳しく解説します。

BigBossでEAを使って効率的に利益を上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

自動売買に最適な環境を提供しているFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座を開設する

BigBossでEAを利用する4つのメリット

BigBossではEAの利用を認めているため、MT4やMT5での自動売買が可能です。まずは、BigBossでEAを利用するメリットを4つ紹介します。

  1. 一度EAを設定したら自動的にトレードしてくれる
  2. 初心者でも利益を得られる可能性がある
  3. 24時間トレードチャンスを逃さない
  4. メンタルに左右されたトレードから抜け出せる

EAを利用すれば、トレード経験の有無にかかわらず、効率よく利益を得られる可能性があります。

それぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

1. 一度EAを設定したら自動的にトレードしてくれる

EAは一度MT4やMT5に設定すれば、24時間いつでも自動的にトレードしてくれる便利なソフトです。

裁量トレードでは、自分でチャートを見てエントリーや決済タイミングを判断しなくてはなりません。

トレードのチャンスを逃さないためには、ずっと画面を見続ける必要があり、体力・精神面ともに負担がかかります。

自動売買であれば、狙い通りのタイミングで自動的にトレードできるので、寝ている間も利益を増やせる可能性があります。

2. 初心者でも利益を得られる可能性がある

トレード初心者であっても、EAを使えば熟練したトレーダーと同様に利益が得られる可能性があります。

FXではチャート分析をしたり市場動向などを学んだりしなくてはなりません。しかし、忙しくて学習する時間が取れない方も多いでしょう。

多くのEAでは、エントリーや決済のタイミングがあらかじめ設定されています。

好成績のEAを使えば、トレーダーの能力や経験は関係なく、誰もが利益をあげられるかもしれません。

3. 24時間トレードチャンスを逃さない

為替相場は、ロンドンやニューヨークの市場が開いている時間帯に大きく変動する傾向があります。

注意しなければならないのは、ニューヨーク市場の開場時間が、日本時間の深夜とぶつかる点です。

裁量トレードでは、寝ている間に大きな変動があっても、トレードできません。

また、日中も仕事・家事・育児などで直接トレードできなければ、利益を得られないので注意が必要です。

なぜなら、裁量トレードでは自分で注文・決済をしなければならないため、チャート画面を見続ける必要があるからです。

一方、EAを使った自動売買なら注文は自動なので、昼夜問わず取引のチャンスを逃しません。

一切チャートを把握していなくても、気付けば利益を得られているケースもあります。

4. メンタルに左右されたトレードから抜け出せる

FXで利益を上げるには、メンタルコントロールが欠かせません。

そもそも人間は「損失回避」の習性があるため、利益の追求よりも損失を恐れる思考に支配されがちです。

したがって、多くの人は冷静に判断できなくなるので、以下のようなトレードをしてしまいます。

  • せっかく得た利益を失いたくないから、早く利益確定しよう
  • 損をしたくないからと反転するまで待ったら、損切りできなくなった

感情は、理論的なトレードの妨げとなります。しかし自動売買の導入により、システムが自動的にトレードを行うため、人間の感情は介入しません。

ついついトレード中に感情的になってしまう方は、EAを使った自動売買の方が安定した成績を残せる可能性があります。

BigBossでEAを利用する際に注意しなければならない4つの点を解説

EAは初期設定さえ終えれば、自動的に取引を行える便利なツールです。

ただし、いくつか注意すべきポイントもあります。

  1. 初心者には設定の手間がかかる
  2. 経済指標や突発的な出来事による急騰や急落で損失を被るケースがある
  3. EA=100%安定的に利益を得られるわけではない
  4. EAでの自動売買を行うためにはVPS契約が必要

EAを利用する前に、これらの注意点は把握しておいた方が良いでしょう。それぞれの注意点について、順番に解説します。

1. 初心者には設定の手間がかかる

EAを利用する際には、取引ツールであるMT4やMT5の初期設定が必要です。

また、設定したEAが意図した通りに作動するかのチェックも忘れずに行わなければなりません。

EAの初期設定に慣れないうちは戸惑う方も多いでしょう。

しかし、EAの設定方法を解説する記事や動画は豊富にあるため、慣れていない方でも手順通りに操作を行えば問題ありません。

2. 経済指標や突発的な出来事による急騰や急落で損失を被るケースがある

雇用統計など経済指標の発表前後や、要人の発言などによって為替相場は急激に変動しやすくなります。

特に、リーマンショックや新型コロナウイルスの感染拡大など、インパクトの大きな出来事が発生すると相場は不安定な局面に移ります。

EAは、あくまでも一定のルールに従って自動的に売買を行うツールなので、相場環境次第では大きな損失を被るかもしれません。

為替変動リスクを回避するには、経済指標発表時や要人の発言時はEAを停止させるなどの工夫も必要です。

3. EA=100%安定的に利益を得られるわけではない

自動売買は便利な手法ですが、どんな相場でも対応できるEAはありません。

細かな上下動が継続する「レンジ相場」と、上昇・下降が一定方向にしばらく続く「トレンド相場」では、成績も大きく変わります。

例えば、一部のEAで採用されている作戦に「ナンピン」があります。

ナンピンは、保有したポジションで含み損が発生しても、さらに同じポジションを買い増す手法です。

ナンピン型のEAを値動きが狭いレンジ相場で使うと、多くの利益を積み重ねられます。

しかし、トレンド相場に移行した場合、ポジション数の多さも相まって含み損が急速に膨らむため注意しなければなりません。

選んだEAが現在の相場と合っているか、事前に把握してからトレードしましょう。

4. EAでの自動売買を行うためにはVPS契約が必要

EAを稼働させ続けるためには、VPSが必要です。VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)とは、仮想専用サーバーです。

VPSを利用すれば、オンライン上のサーバーでEAを稼働し続けられるので、パソコンの電源が切れても自動売買ができます。

また、オンライン上にMT4やMT5があり、停電が発生してもEAは止まりません。

他方、自分のパソコンでEAを稼働させるのは困難です。その理由は、パソコンの電源が停止すると、EAでのエントリーや決済ができなくなるからです。

なお、VPSは月額500~3,000円程度の出費がかかります。

加えて、サーバー上で操作するため、クリックや入力時の反応が遅かったりフリーズしやすかったりする点にも注意が必要です。

5. 本格的なEAの稼働前に少額で検証する

導入したEAをいきなり資金の入金された口座に入れて、大きめのロットで稼働させようとしていませんか?

本格的に稼働する前に、利益を上げられるか確かめる必要があります。

また、デモ口座の成績を過信して、大きめのロットで動かすのもおすすめしません。

なぜなら、デモ口座で利益が出ていても、リアル口座で稼働し始めると成績の悪くなるEAもあるからです。

最初は少額の資金を入れて、小さいロットからEAを稼働させてみましょう。

BigBossでEAを設定する手順を解説

ここからはBigBossでEAを設定する手順を解説します。

  1. EAをダウンロードする
  2. MT4のデータフォルダにセットする
  3. パラメーター設定を行う
  4. EAを稼働させる

画像付きで解説するので、初心者の方でも簡単に設定できます。詳しい手順を見ていきましょう。

1. EAをダウンロードする

まずはEAをダウンロードしましょう。EAはインターネット上に無料で配布されていたり有料で販売されていたりします。

MQL5GogoJungleなどで多くのEAが販売されています。

2. メタトレーダーのデータフォルダにセットする

EAをダウンロードしたら、いよいよメタトレーダーにセットしましょう。

まずは、パソコンにダウンロードしたEAのファイルをコピーしておきます。

その状態でメタトレーダーを起動しましょう。左上の「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックしてください。

データフォルダが開くので、「MQL4」をクリックしましょう。

続いて、「Experts」をクリックします。

 

そして、空いた場所のどこでもよいので、コピーしたEAを貼り付けましょう。

これで、EAがメタトレーダーに入りました。しかし、このまま使おうとするとEAが反映されないので、一旦メタトレーダーを閉じてください。

 

3. パラメーター設定を行う

メタトレーダーを再び開くと、左にある「ナビゲーター」内の「エキスパートアドバイザー」に、先ほど入れたEAが反映されます。EAを選択したら、そのままチャート画面へドラッグ&ドロップしましょう。

すると、パラメーターを設定できる画面が開くので、入力を進めて「OK」をクリックします。なお、入力された数値のまま使用する場合は、何もいじらずに「OK」をクリックしても問題ありません。

 

4. 稼働させる

最後にメタトレーダーの上にある「自動売買」をクリックしてください。クリック後は、現状赤色の部分が緑色に変わります。ここまでの作業が完了すれば、自動的にトレードが行われるようになります。

長期的に利益が得られるEAを探すための4つのポイント

EAの種類は1,000種類以上あるので、成績もさまざまです。

そのため、どのEAを購入すればよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

また、必ずしも高いお金を支払ったEAの成績が良いわけではありません。

そこで、長期的に利益が得られるEAを探す4つのポイントを紹介します。

  1. 緩やかな右肩上がりで成績も上がっている
  2. プロフィットファクターが1.5以上
  3. 取引期間が長い、または取引回数が多い
  4. フォワードテストの結果がよい

それぞれのポイントについて順番に解説します。

1. 緩やかな右肩上がりで成績も上がっている

EAを選ぶ時は、成績グラフが穏やかな右肩上がりのものを選びましょう。

というのも、グラフが右肩上がりのEAは、継続的に利益を出してきたと言えるからです。

加えて、一時的に含み損が大きくなるリスクも低く、利益も安定しやすいといえます。

一方、グラフが上昇傾向であっても乱高下を繰り返しているEAは、大きな損失を被るリスクがあります。

そして、当然グラフが右肩下がりのEAは、利益も出ていないので避けましょう。

2. プロフィットファクターが1.5以上

成績の良いEAは、プロフィットファクターが1.5以上です。

プロフィットファクターとは、総利益と総損失の割合を表し、次の式で計算できます。

プロフィットファクター(PF)=総利益 ÷ 総損失

プロフィットファクターが1以上なら利益、逆に1以下の場合は損失が発生しています。

EAを選ぶ時は、プロフィットファクターが1.5以上のものがおすすめです。

では、プロフィットファクターが1.5以上のEAとそうでないEAには、損益にどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの例を2つずつ紹介します。

成績がよいEAのプロフィットファクターの特徴

最初に成績がよいEAの代表例を2つ見ていきましょう。

EAの種類 勝率 1回あたりの利益 1回あたりの損失
A 3割 100万円 10万円
B 8割 20万円 50万円

どちらのEAもそれぞれ10回ずつ取引したと仮定した場合、利益と損失の割合は以下のようになります。

EAの種類 計算式
A 総利益(100万円×3回)÷総損失(10万円×7回)=4.3
B 総利益(20万円×8回)÷総損失(50万円×2回)=1.6

両方ともプロフィットファクターが1.5以上のため、優秀といえます。

また、勝率だけで比べるとBの方が優秀に見えますが、プロフィットファクターの数値はAの成績が3倍近く良好です。

成績がよくないEAのプロフィットファクターの特徴

一方で成績がよくないEAの例についても、紹介します。

EAの種類 勝率 1回あたりの利益 1回あたりの損失
C 3割 100万円 100万円
D 8割 20万円 100万円

同じく10回の取引で比較すると、以下の結果となります。

EAの種類 計算式
C 総利益(100万円×3回)÷総損失(100万円×7回)=0.43
D 総利益(20万円×8回)÷総損失(100万円×2回)=0.8

どちらのEAもプロフィットファクターが1を下回っているので、損失が発生しています。

このようなEAを稼働し続けた場合、今後も損失が増えるかもしれません。

3. 取引期間が長いか取引回数が多い

EAを選ぶ時は、取引期間が長く、取引回数の多いものを信頼しましょう。

その理由は、短期的にたまたま成績が良かったり検証期間が短かったりすれば、実態よりも高いプロフィットファクターがはじき出されるからです。

検証期間はおおむね1年以上あれば十分です。1年検証すれば、レンジ相場からトレンド相場まで幅広い環境を乗り越えているため、テストの成績も信頼しやすくなります。

加えて、取引回数も多いかどうかチェックを忘れないようにしましょう。

4. フォワードテストも確認する

優秀なEAか検証するには、フォワードテストでの確認も有効です。

そもそも、EAの成績は、2種類の方法でテストできます。

バックテスト 過去の為替データから、一定期間にEAを稼働させた場合の成績を検証する方法
フォワードテスト EAを口座で実際に稼働させて成績をチェックする方法

バックテストの成績も重要ですが、パラメーターを調整すれば有利な成績に改ざんできるので注意が必要です。

一方、フォワードテストは、リアルタイムのデータを使うためごまかしが効きません。

また、EAを選ぶ際は、MT4とMT5のどちらに対応しているかも確認しましょう。

なぜなら、MT4・MT5ともに同じ会社が開発したツールですが、異なるプログラミング言語を使っているからです。

MT4対応のEAが、MT5の環境下でも稼働するとは限らないため、事前に確認が重要です。

BigBossがEAを使った自動売買におすすめの理由とは?

BigBossではEAを使った自動売買が可能です。とはいえ、EAに対応している海外FX業者は多くあります。

では、BigBossがEAを使った自動売買におすすめの理由は何なのでしょうか?

  1. レバレッジ999倍でロスカット水準が20%と低い
  2. 約定力が高い
  3. スプレッドが狭い
  4. MT4、MT5ともに対応

BigBossがおすすめの理由を1つずつ解説します。

1. レバレッジ999倍、ロスカット水準20%でトレードができる

BigBossはスタンダード口座、スプレッドの狭いプロスプレッド口座ともに、最大レバレッジ999倍で取引できます。

ハイレバレッジなら同額の証拠金でより多くのポジションを保持できるので、少ない資金でも大きな利益を得られる可能性があります。

含み損が大きくなるリスクもありますが、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は20%以下と低水準です。

したがって、相場が逆行しても、すぐにロスカットされる心配はありません。

2. 約定力が高い

トレーダーが取引をする際、スムーズに注文が成立するかどうかも重要です。

約定力の低い業者では、注文価格から離れて約定するスリッページや、約定拒否が発生しやすい傾向があります。

一方で、約定力が高い業者を選べば、注文した通りのレートで約定するため、利益も得やすくなります。

BigBossは、国際的に信頼性が高く高性能なEquinix社のサーバーを利用しているので、約定力は高いです。

3. スプレッドが狭い

BigBossのプロスプレッド口座は、狭いスプレッドを提供しています。さらに、取引毎にBigBossPointがもらえます。

通貨ペア ドル円 ユーロ円 ポンド円 ユーロドル ポンドドル
スプレッド 1.2pips 1.2pips 2.3pips 1.1pips 1.6pips

※スプレッドは変動制(2022年4月14日1時時点)

※表に記載されているBigBossのスプレッドは、BigBossポイント換算分を含めた実質スプレッドです。

したがって、取引回数が多いスキャルピングのEAでも、利益を残しやすくなります。

4. MT4だけでなくMT5にも対応

BigBossで取り扱っている取引ツールは、MT4だけではありません。高機能の取引ツールであるMT5に対応しています。

世界的に主流なMT4の後継ツールとして注目されるMT5は、使用したトレーダーの多くが「サクサク動く」と高く評価しています。

MT5であれば、スムーズに注文できるのはもちろん、より細かいチャート分析も可能です。

このように、BigBossはEAを使った自動売買にぴったりの環境で取引ができます。スキャルピングも認められているので、ぜひ口座開設してみてください。

最大レバレッジ999倍で取引できるFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座を開設する

まとめ:BigBossはEAを使った自動売買に最適

忙しくてなかなかトレードに専念できない方でも、EAを利用すれば、大きな利益を得られる可能性があります。

EAは初期設定さえできれば、寝ている間や仕事の合間にも自動的にトレードが可能です。

また、EA次第では、初心者でも経験豊富なトレーダーと同じような成績を上げられるかもしれません。BigBossのMT4やMT5でも、EAを使用した自動売買に対応しています。

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大999倍のレバレッジで取引できる
  2. ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはボーナスに交換できるので、取引の元手として利用可能です。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

約定力が高くスプレッドも狭いFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座を開設する

-海外FX取引