海外FX税金

BigBossの確定申告で必要な書類とは?年間取引報告書の取得方法も画像付きで解説

「BigBossで利益が出たけれど、確定申告では何が必要なの?」

「年間取引報告書の取得方法が分からない……」

と悩んでいませんか?

BigBossのみならず、海外FXで得た利益は確定申告が必要です。

ですが確定申告をしたことが無い方にとっては、何を用意すればいいのか分からなくなっていませんか?

もし確定申告をせずに放置していると、後で税務署から「追徴課税」として、通常よりも多めに税金を請求される可能性があります。

そんな事態を避けるためにも、きちんと必要書類を集めて確定申告をしておきましょう。

そこでこの記事では、

  • BigBossの確定申告が必要なライン
  • 確定申告をする前に用意する書類
  • BigBossで年間取引報告書を入手する方法

を解説します。

この記事を読めば、BigBossの確定申告で用意する書類から年間取引報告書の入手方法まで理解できるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

レバレッジ999倍で取引できるFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

BigBossで確定申告が必要なラインはFXの利益額や働き方で決まる

BigBossで確定申告が必要になるかどうかは、FXで獲得した利益額と働き方によって異なります。

それらをまとめると、以下の通りです。

確定申告が必要になるライン
給与収入がある人(サラリーマンやOL、フリーター、パートタイマーなど) 海外FXの年間利益が20万円を超えた場合
給与収入がない人(学生や専業主婦など) 海外FXの年間利益が48万円を超えた場合

サラリーマンやOLなど給与収入がある方は、海外FXの年間利益が20万円を超えると確定申告が必要になります。

また専業主婦や学生など給与収入がない方は、海外FXの年間利益が48万円を超えると確定申告が必要になります。

ただしサラリーマンやOLの方の中には、副業をしている方もいるでしょう。その場合は、副業収入とFXの年間利益の合計で確定申告が必要かどうかを判断します。

例えばサラリーマンやOLの方で「副業:7万円、FXの年間利益:43万円」の場合、合計は50万円となるので、確定申告が必要になります。

海外FXの取引でかかる税金を知りたい方はこちら!

確定申告をする前に用意する書類は4種類

BigBossの確定申告をするなら、以下の書類を用意する必要があります。

  1. 年間取引報告書
  2. 源泉徴収票(給与所得がある場合)
  3. 控除証明書
  4. 経費計上するための領収書

特に最低限用意しておきたいのが、1と2です。これらがないとBigBossで発生した利益を確定申告できませんので、注意しましょう。

必要な書類1:年間取引報告書

確定申告で必要な書類の一つ目は、「年間取引報告書」です。

BigBossで1年間にどれだけの損益が発生したかを、証明する為の書類です。

もしBigBoss以外でも海外FX業者を利用しているなら、業者ごとに発行する必要があるので、注意しましょう。

必要な書類2:源泉徴収票(給与所得がある場合)

確定申告で必要な書類の二つ目は、「源泉徴収票(給与所得がある場合)」です。

源泉徴収票とは?

1年間に会社から支払われた給与や手当、賞与、会社が代わりに納めた所得税(源泉徴収)の金額などが記載されている書類。

源泉徴収票は、11月~12月に会社が行う年末調整後に発行されます。そのため翌月の12月~1月の給料明細とともに、配布されることが多いです。

年末調整とは?

従業員の代わりに会社が所得税を支払うため(源泉徴収)、源泉徴収された所得税から控除などを差し引いて所得税を再計算すること。

転職により転職先の会社に提出してしまった場合は、前に勤めていた会社に問い合わせて入手しておきましょう。

必要な書類3:控除証明書

確定申告で必要な書類の三つ目は、「控除証明書」です。

控除証明書とは?

控除を受けるために確定申告で提出する証明書のこと。

控除とは?

「差し引く」という意味。
例えば、所得税を抑える控除は「所得控除」と呼ばれる。
所得を求める計算式において、「収入-所得控除=所得」という形で利用される。

控除を受ければ、所得税を安くすることができます。そのために用意するのが、控除証明書です。

控除証明書には、以下の種類があります。

  • 生命保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 社会保険料控除証明書
  • 個人型年金加入者掛金(iDeCo)の払込証明書
  • 住宅ローン年末残高証明書(住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書)
  • 登記事項証明書
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 不動産の売買契約書の写し
  • 寄附金受領証明書

「生命保険料控除証明書」とは、1年間に支払った生命保険料を証明する書類のこと。自分が病気になった時や家族へ財産を残すなどの目的で生命保険に加入していれば、10月中旬頃に生命保険会社から通知されます。

「地震保険料控除証明書」とは、1年間に支払った地震保険料を証明する書類のこと。地震や噴火、またはそれが原因で発生する火災や津波などによる損害を補償する目的で地震保険に加入していれば、10月中旬頃に地震保険会社から通知されます。

「社会保険料控除証明書」とは、1年間に納付した国民年金保険料を証明する書類のこと。10月中旬頃に日本年金機構から通知されます。

「個人型年金加入者掛金(iDeCo)の払込証明書」とは、60歳以降に掛け金と運用益をもらう目的で加入したiDeCoにて、1年間に拠出した金額を証明する書類のこと。10月頃にiDeCoを管理している国民年金基金連合会から通知されます。

「住宅ローン年末残高証明書(住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書)」とは、12月31日の時点で後どれくらい住宅ローンが残っているかを証明する書類のこと。10月から翌年1月の間に、ローンを組んでいる金融機関から通知されます。

住宅ローン控除を受けるなら、必要になる書類その1です。

登記事項証明書とは、不動産の所有者や住所、構造、大きさなどが記されている書類のこと。法務局のホームページから請求すれば、入手できます。

住宅ローン控除を受けるなら、必要になる書類その2です。

「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」とは、住宅ローンの内容や所有している住宅の面積や価格などを記入し、住宅ローン控除額を計算する書類のこと。国税庁のホームページから入手できます。

住宅ローン控除を受けるなら、必要になる書類その3です。

「不動産の売買契約書の写し」とは、土地や住宅の契約時に作成した書類の写しのこと。不動産を購入した際にもらっているはずなので、自宅内を探してみましょう。

住宅ローン控除を受けるなら、必要になる書類その4です。

「寄附金受領証明書」とは、ふるさと納税で自治体に寄付したことを証明する書類のこと。大体2カ月以内に、ふるさと納税を支払った地方自治体から送付されます。

もし「ワンストップ特例制度」を利用しているなら、1年間に5件までの申し込みなら確定申告が免除になります。しかし6件以上だと、寄附金受領証明書が必要になるので、注意しましょう。

以上の控除証明書は、確定申告の1月1日から12月31日までに支払ったものを証明する書類になります。そのため控除を受けて節税するつもりなら、できるだけ用意するようにしましょう。

必要な書類4:経費計上するための領収書

確定申告で必要な書類の四つ目は、「経費計上するための領収書」です。

必要経費とは?

所得を得る場合に必要となった経費のこと。

BigBossを含め、海外FX取引で必要になったものを経費として計上すれば、所得税を小さくすることができます。

必要経費にできるものは、以下の通り。

  • FXに関する書籍
  • FXのセミナーや講習代
  • セミナーや講習に参加するための交通費
  • パソコン代
  • 電気代やインターネット料金 など

経費計上をするなら証拠を残す必要があるので、レシートや領収書、クレジットカードの利用明細書などは捨てずに残しておきましょう。

BigBossで年間取引報告書を入手する方法

BigBossでどれだけの損益が発生したかを証明するためには、年間取引報告書が必要です。

年間取引報告書は、MT4やMT5から入手することができます。

MT4とMT5での年間取引報告書の入手方法は、同じです。

ここからは、MT4とMT5で年間取引報告書の入手方法を解説していきます。

【BigBossの年間取引報告書を入手する方法】

  1. MT4かMT5を起動しログインする
  2. 「ターミナル」を表示させる
  3. 「口座履歴」タブに切り替える
  4. 期間を指定する
  5. レポートを保存する

手順1:MT4かMT5を起動しログインする

BigBossのMT4かMT5を起動し、ポップアップ画面の

  • Login
  • Password

をそれぞれ入力し、ログインします。

ログインに成功すると、画面右下が緑色になります。

(※ログインできていない場合は、赤色になります)

もしログインのポップアップ画面が表示されない場合は、画面左上の「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックしましょう。そうするとポップアップ画面が表示されます。

手順2:「ターミナル」を表示させる

MT4/MT5の画面下に「ターミナル」が表示されていない場合は、画面左上の「表示」から「ターミナル」をクリックして表示させます。

手順3:「口座履歴」タブに切り替える

画面下の「ターミナル」にある「口座履歴」タブをクリックして、画面を切り替えます。

手順4:期間を指定する

「口座履歴」の画面上で右クリックし、「期間のカスタム設定」をクリックします。

「期間のカスタム設定」画面で確定申告をする年の1月1日から12月31日を指定して、「OK」をクリックします。

手順5:レポートを保存する

期間指定が完了すると1年分の取引履歴が表示されるので、「口座履歴」画面で右クリックし、「レポートの保存」をクリックします。

そうすると「名前を付けて保存」という画面が表示されるので、「年間取引報告書」など好きな名前を入力して「OK」をクリックして保存しましょう。

これで年間取引報告書の入手は、完了です。

まとめ:書類の用意は難しくないので、確定申告は忘れずに行おう

BigBossの確定申告は必要書類を揃えれば、誰でもかんたんに行うことができます。

年間取引報告書はMT4やMT5からダウンロードできるので、この記事で書いた内容を見ながらやれば入手できるはずです。

また控除証明書や領収書を利用すれば節税もできるので、できるだけそれらも揃えてから行うようにしましょう。

なお、総合力の高い海外FX業者をお探しなら、おすすめはBigBossです!

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大999倍のレバレッジで取引できる
  2. ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはボーナスに交換できるので、取引の元手として利用可能です。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

レバレッジ999倍で取引できるFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

-海外FX税金