海外FX基礎

BigBossで口座凍結になる原因とは?対策方法も2つ紹介!

「BigBossで口座凍結になると、どうなるの?」

「原因や対策はあるの?」

と疑問に思っていませんか?

FX業界では一般的に口座凍結になると、取引や入出金が不可能になります。

また業者によって、口座凍結になる原因はさまざまです。

そのためBigBossで口座凍結になる原因や、ならないための対策方法を知っている方は少ないのではないでしょうか?

BigBossは何をきっかけに口座凍結をするのか、またどのような対策方法があるのかを取引前に一度把握しておきましょう。

そこでこの記事では、

  • BigBossの口座凍結の状態
  • 口座凍結になる原因と対策
  • 口座凍結の解除方法の有無

を解説します。

この記事を読めば、BigBossの口座凍結の状態から解除方法の有無まで理解できるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

BigBossの口座凍結とはどんな状態か?

口座凍結とは?

業者により規約違反があると認められた場合、取引や出金などの一切の操作が行えない状態になること。

BigBossで口座凍結になると一切の操作ができなくなるだけでなく、口座自体が削除されます。

違反した場合には該当する全ての取引を無効にし、入金された元本(すでに出金済の金額がある場合は差し引いた金額のみ)を返金し、その後該当アカウントを削除する、という流れです。

BigBossのガイドラインはこちら

例えば20万円を入金して、それを元手に15万円の利益を上げたとします。もしこの時点で口座凍結になると、最初に入金した20万円までは返金されるのです。

つまり利益がいくら口座にあったとしても、口座凍結になった時点で一切出金できなくなるので、注意しましょう。

BigBossで口座凍結になる原因は6つ

BigBossで口座凍結になる原因は、主に6つあります。

  1. 自己を偽った本人確認書類を提出した場合
  2. EAを用いた過度な注文とキャンセルを繰り返す取引をした場合
  3. サーバーに支障を与えるレベルのスキャルピングをした場合
  4. 複数口座をまたいだ両建て注文をした場合
  5. レートが急変動する場面を狙った取引をした場合
  6. 複数人で同一口座の利用が疑われる場合

上記のいずれかに該当すると、BigBossの判断で口座凍結に踏み切る可能性が高いです。

原因1:自己を偽った本人確認書類を提出した場合

BigBossで口座凍結になる原因一つ目は、「自己を偽った本人確認書類を提出した場合」です。

口座開設の際には本人確認書類として、運転免許証やパスポートなどをBigBossに提出する必要があります。

しかし次のような行為は、後でマネーロンダリングに抵触するとして、口座凍結になる可能性があります。

  • 記載内容を改ざんするような行為
  • 掲載写真を別人にすり替える行為

マネーロンダリングとは?

犯罪などで不正入手した現金の出処を分からなくする目的で、入出金すること。
日本語訳で「資金洗浄」と呼び、犯罪で汚れたお金を洗浄してきれいにしているように見えることから、こう呼ばれる。

ですので本人確認書類を提出する際は、自己を偽るような行為はマネーロンダリングを疑われるので、絶対にやめましょう。

海外FX業者で本人確認が必要な理由や書類を知りたい方はこちら!

原因2:EAを用いた過度な注文とキャンセルを繰り返す取引をした場合

BigBossで口座凍結になる原因二つ目は、「EAを用いた過度な注文とキャンセルを繰り返す取引をした場合」です。

EAとは?

Expert Adviserの略で、FXの自動売買プログラムのこと。
EAを利用することによって、相場に張り付かなくても自動的に取引を行ってくれるメリットがある。

EAを利用すれば、手動では行えないような大量の注文とキャンセルを繰り返すような取引を、高速で行うことができます。

しかしBigBossではそのような大量注文をされると、サーバーの執行能力に支障をきたすと考えています。

発見次第、BigBossの担当部門が取引停止を勧告しますが、それでも注文頻度などが改善されない場合は口座凍結に踏み切る可能性があるので、注意してください。

原因3:サーバーに支障を与えるレベルのスキャルピングをした場合

BigBossで口座凍結になる原因三つ目は、「サーバーに支障を与えるレベルのスキャルピングをした場合」です。

スキャルピングとは?

数秒から数分以内に、何度も注文と決済を繰り返して利益を追求する手法のこと。

スキャルピングは短時間に大量注文する傾向があるため、サーバーの執行能力に支障をきたす可能性があります。

例えばEAのような自動プログラムを利用したスキャルピングだと、大量の往復注文が発注される影響で、サーバーに負荷がかかりやすくなります。そのためBigBossでは、口座凍結という形で対処する可能性があるのです。

ただしBigBossでは、スキャルピング自体を禁止している訳ではありませんので、手動で行う範囲でなら問題はないでしょう。

原因4:複数口座をまたいだ両建て注文をした場合

BigBossで口座凍結になる原因四つ目は、「複数口座をまたいだ両建て注文をした場合」です。

両建て注文とは?

ある通貨ペアで、買いと売りの両方のポジションを保有する注文方法のこと。

BigBossでは、同一口座内の両建て注文なら禁止していません。

ですがそれ以外の両建て注文、つまり複数口座をまたいだ両建て注文は禁止しています。

例えば、BigBossのX口座とY口座を所有している場合を考えてみましょう。

ドル円をX口座で買い注文、Y口座で売り注文をすると、複数口座をまたいだ両建て注文となります。

ではBigBoss口座と他社口座を所有していた場合は、どうでしょうか?

ドル円をBigBoss口座で買い注文、他社口座で売リ注文をすると、やはりこの場合も複数口座をまたいだ両建て注文となります。

つまりBigBossや他社は関係なく、複数口座をまたいだ両建て注文をした時点で口座凍結の対象となるので、注意してください。

BigBossで禁止されている両建て方法を詳しく知りたい方はこちら!

原因5:レートが急変動する場面を狙った取引をした場合

BigBossで口座凍結になる原因五つ目は、「レートが急変動する場面を狙った取引をした場合」です。

アメリカ大統領選挙や雇用統計など、レートが急変動する可能性が高い場面では、あらかじめレバレッジを高くした状態で取引すると、莫大な利益を得ることがあります。ですが逆にレートが動くと、莫大な損失を生む可能性もあります。

ですがBigBossにはゼロカットがあるので、仮に残高がマイナスになったとしても、ハイリターン・ゼロリスクの取引が成立してしまうのです。

ゼロカットとは?

口座資金を超える損失を出して残高がマイナスになった場合、そのマイナス分をFX業者が負担してゼロに戻してくれるシステムのこと。
国内FX業者だとマイナス分は「追証(おいしょう)」として請求されるので、借金の原因となりやすい。

そんな取引を防止する目的でBigBossでは、レートが急変動する場面を狙った取引をした場合は、口座凍結することがあります。

原因6:複数人で同一口座の利用が疑われる場合

BigBossで口座凍結になる原因六つ目は、「複数人で同一口座の利用が疑われる場合」です。

例えばグループで一つの口座を共有して利用、もしくはアクセスすることを禁止しています。

これはBigBossが、「第三者への口座名義貸し」を禁止しているからです。

BigBossでは口座へアクセスするIPアドレスを常時チェックしているため、複数人での口座利用が判明した場合は、その時点で口座凍結する可能性があります。

IPアドレスとは?

ネットワークに接続されたパソコンやスマホを特定するために割り振られた番号のこと。

一つの口座に複数のIPアドレスからのアクセスがあれば、複数人の利用を疑うのです。

したがって複数人で同一口座を利用するような行為は、絶対にやめましょう。

口座凍結にならないための対策は2つ

ここからは、BigBossで口座凍結にならないようにするための対策を2つご紹介します。

  1. 規約を守る
  2. サポートセンターへ事前に確認する

ここで紹介する対策を実行できれば、口座凍結になる可能性は限りなくゼロにできます。

対策1:規約を守る

口座凍結にならないための対策の一つ目は、「規約を守る」です。

BigBossでは、こちらで規約を公開しています。

また規約の内容は、公式サイトで「ガイドライン」として分かりやすく解説しています。

「ガイドライン」には、トレードや入出金、利用上の注意点などが記載されているので、できるだけ取引する前に目を通しておくようにしましょう。

対策2:サポートセンターへ事前に確認する

口座凍結にならないための対策の二つ目は、「サポートセンターへ事前に確認する」です。

というのも、自分では良いと考えている取引手法や行動は、内容によってはBigBossにてNGと判断する場合があるからです。

自己判断で取引を行うと、後で「禁止事項に抵触した」として、口座凍結になる可能性があります。

ですので取引で分からないことがあったら、自己判断で行う前に、BigBossのサポートセンターへ事前に確認してから行うようにしましょう。

口座凍結の解除方法はあるか?

BigBossで口座凍結になってしまったら、まずはサポートセンターへ問い合わせてみましょう。

理由によっては、解除される場合があります。

ただしBigBossが悪質と判断するような場合は、解除されずに2度と利用できないこともあります。

口座凍結にならないためにも、規約を守って正しく利用しましょう。

まとめ:規約を守って取引すれば、口座凍結は防げる

BigBossで口座凍結になる原因のほとんどは、規約違反によるものです。そのため、規約を守って取引すれば、口座凍結になることはまずありません。

もし口座凍結で不安になったら、この記事で紹介した原因や対策を一度見直すようにしましょう。

なお、総合力の高い海外FX業者をお探しなら、おすすめはBigBossです。

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大1111倍のレバレッジで取引できる
  2. ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはボーナスに交換できるので、取引の元手として利用可能です。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

レバレッジ1,111倍で取引できるFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎