海外FX基礎

海外FXが専業トレーダーにおすすめの理由|専業になる条件や資金を徹底解説!

「専業トレーダーになりたい」
「何をすれば専業トレーダーになれるの?」
「海外FXなら専業トレーダーになりやすいのかな?」

と考えていませんか?

専業トレーダーになるためにはさまざまな条件をクリアして、安定的に利益を得なければなりません。

ただ、具体的に何をすれば良いのか分からない方が大半ではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • 専業トレーダーになるための条件
  • 専業トレーダーになるメリットやデメリット
  • なぜ海外FXがおすすめなのか

について詳しく解説します。

この記事では、専業トレーダーになる手順も解説するので、より具体的にイメージできるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXで専業トレーダーになる人数はどのくらい?

FXで専業トレーダーをしている人数がどのくらいいるのか気になっている人もいるでしょう。

専業トレーダーが何人いるのか確かな統計は存在しません。また、FXで長期的に利益を得ている方の統計についても、1年単位の調査はありますが、数年以上となるとなかなか見つからないのが現状です。

FXの取引をした経験がある方なら分かるかと思いますが、長期的に利益を得ている人の割合はかなり少ないと予想できます。

とはいえ、テレビや雑誌の報道を見る限り専業トレーダーがいるのは間違いなく、今この瞬間にも誕生している可能性は十分あります。

専業トレーダーになるための5つの条件

どうすれば専業トレーダーになれるのか気になっている方は多いのではないでしょうか?

実は専業トレーダーになるためには、5つの条件があります。

  1. 資金が数百万円以上ある
  2. FX以外の方法で収入を得ている
  3. トータルで利益を得られる手法を確率している
  4. 毎年安定的に利益を得ている
  5. FXの勉強・分析を苦なくできる

これから紹介する条件を満たしている数が多いほど、専業トレーダーになれる可能性は高くなります。

ぜひ参考にしてみてください。

1. 資金が数百万円以上ある

FXの専業トレーダーは、トレードの収入だけで生活している人です。当然、少なくとも生活費くらいの利益を得なければ生活ができません。

仮に月々の生活費が30万円、FXで得られる月間利益が投資額の5%と考えると、少なくとも600万円の投資資金は用意しなければなりません。

600万円×5%=30万円

また、あくまでも毎月投資額の5%の利益を得た場合の計算例です。投資では毎月同じくらいの利益を得られる保証はないので、できれば1,000万円以上は用意したいところです。

もちろん、レバレッジの高い海外FX業者であれば、初めから100万円以上の資金がなくても専業トレーダーになれる可能性はあります。

しかし、資金を全額失うリスクを避けるためにも、リスクを取りすぎないようにしなければなりません。

2. FX以外の方法で収入を得ている

最初から専業トレーダーとして生計を立てている人はほぼいません。

なぜなら、会社員として働きながらトレードをし続けて収入額が増えたから、専業トレーダーになった人が大半だからです。

つまり、専業トレーダーになる前から、投資用の資金を確保できていた人がほとんどです。

したがって、専業トレーダーになった人は、会社からの給料もしくは副業で得た収入があった点が考えられます。

現時点でFX投資に回すお金があまりない場合は、トレードをしながらでも良いので、会社で出世するか副業をして収入を増やしましょう。

3. トータルで利益を得られる手法を確立している

年間トータルで利益を得ていなければ、専業トレーダーにはなれません。

長期的に利益を得続けるためには、手法が確立している必要があります。その理由は、感情の赴くままにトレードをしても利益を得られないからです。

当然、手法が確立するまでには、数百回・数千回とトレードを繰り返さなければなりません。

トレード手法の決め方はこちらで詳しく解説!

4. 毎年安定的に利益を得ている

専業トレーダーになる人は、総じて毎年安定的に利益を得ています。

なぜなら、何年も連続で損失が利益を上回っていれば、投資資金や貯金が尽きて専業トレーダーを続けられなくなるからです。

もちろん、相場環境が日々変わっているので、1日・1週間・月単位では損失額が大きくなるケースはあります。

しかし、専業トレーダーがずっとその地位を保てるのは、1年を振り返った時にトータル損益がプラスになっているからです。

5. FXの勉強・分析を苦なくできる

長期的に利益を得るには、FXの勉強や相場分析を淡々とできる能力が必要です。

失敗が続いているからと、勉強や分析を怠っていた場合、専業トレーダーは務まりません。

その理由は、相場環境は日々変わり続けており、同じ相場は二度とやってこないからです。

そのため、専業トレーダーとしてやっていく気持ちがある人は、数年トレードをして億万長者になれるとは思わない方が良いです。生涯勉強するつもりでトレードをしましょう。

FX初心者におすすめの勉強方法はこちらで解説!

専業トレーダーになるメリット

専業トレーダーになると、以下のようなメリットがあります。

  1. 自由に休める
  2. いつでもどこでもトレードができる
  3. 人間関係に悩まなくて済む

順番に専業トレーダーになるメリットを見ていきましょう。

1. 自由に休める

専業トレーダーになれば、基本的には自宅の部屋(トレードルーム)でトレードを行います。

会社員のように出勤する必要はなく、好きな時間に起きたり寝たりも可能です。

また、1日の労働時間も自由に決められるので、上手くいけば効率よく利益を得られる可能性があります。

2. いつでもどこでもトレードができる

専業トレーダーは、インターネットを使わない仕事とは異なり、いつでもどこでもトレードが可能です。

さらに為替市場は平日なら24時間開場しており、いつでも利益を得られるチャンスがあります。

また、パソコンだけでなくスマホでのトレードもできるため、外で用事があってもチャンスを逃しません。

3. 人間関係に悩まなくて済む

専業トレーダーの仕事は、チャート分析をしてエントリーと決済を繰り返すこと。

したがって、営業や接客業のように誰かと会う必要がなく、人間関係に悩まされる心配がありません。

上司や取引先に謝ったり、同僚から飲み会に誘われたりしないので、人間関係に悩んでいる方にはぴったりの仕事です。

専業トレーダーになる際の注意点

専業トレーダー=楽で簡単な仕事と考えているかもしれません。

しかし、専業トレーダーになる場合、いくつか注意点があります。

  1. 毎月安定的に利益を得られると思わない方が良い
  2. 結果が全ての世界
  3. 孤独が当たり前
  4. 社会的信用が低くなる

専業トレーダーになるのであれば、これらの注意点は受け入れましょう。

1. 毎月安定的に利益を得られると思わない方が良い

副業でのトレード成績が良いと、ついつい、このまま毎月安定した利益を得られると感じるものです。

ただ、専業トレーダーになる方の多くは、ずっと好成績を収められるわけではありません。

なぜなら、為替相場の状況の変化により、どうしても利益を得やすい時期と得にくい時期があるからです。

したがって、時には月単位での成績でも損失が発生するケースがあります。

一方で、時には普段の数倍以上の利益を得られるケースもあるため、1年を通して収支がプラスであれば良いと考えましょう。

2. 結果が全ての世界

専業トレーダーになると、結果が全ての世界です。

会社員の仕事のように、時には成果だけでなくプロセスが評価されるといった点はありません。

得た成果については、自分で責任を取らなければならないので注意が必要です。

専業になると収入源はFXのトレードのみになるため、赤字が続けば、生活が苦しくなる危険性もあります。

結果が求められる分、思うような成果を出せなければ、多大なストレスもかかります。

3. 孤独が当たり前

専業トレーダーは、自宅の一室に引きこもってトレードをするため、家族以外の人に会う機会が多くありません。

よって、人と会うのが好きな人やリモートワークの経験がない人にとっては、寂しさを感じるのではないでしょうか。

専業トレーダーは、基本的に自分の力で成績を向上していく必要があるので、孤独から来る寂しさに打ち勝たなくてはなりません。

もし、孤独に耐えられないのであれば、会社員を続けながら副業としてトレードすることも検討しましょう。

4. 社会的信用が低くなる

専業トレーダーになると、当然ながら会社に雇われないので、個人事業主(法人化する場合もある)という扱いになります。

専業トレーダーは収入が保証されない仕事です。数千万~数億円の利益を得ていたとしても、社会的信用は低くなるため、住宅ローンやクレジットカードの審査に通らなくなる確率が高くなります。

クレジットカードを持ちたい人・家や車のローン契約をしたい人は、審査に通りやすい会社員の間に手続きを済ませておきましょう。

専業トレーダーになるなら海外FX業者がおすすめの理由

専業トレーダーとして大きな利益を得たいと考えている人には、海外FX業者をおすすめします。

その理由は5つあります。

  1. 高いレバレッジをかけて取引ができる
  2. 透明性の高い環境で取引できる
  3. スキャルピングOKのFX業者が多い
  4. メタトレーダーで自動売買ができる
  5. カスタマイズ性のある取引ツールを使える

順番にそれぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

1. 高いレバレッジをかけて取引ができる

海外FX業者では、高いレバレッジをかけて取引が可能です。

以下の表を見ても分かるように、国内業者よりも海外FX業者の方が、ポジション保有に必要な証拠金は低くなります。

FX業者 最大レバレッジ 1ロット(10万通貨)保有時の必要証拠金※
BigBoss 1,111倍 約11,701.1円
XM 1,000倍 13,000円
AXIORY 400倍 32,500円
Titan FX 500倍 26,000円
国内FX業者 25倍 52万円

※1ドル130円の時にドル円を保有した場合

より多くのポジションを保有できる分、海外FXの方が利益を得やすくなります。

2. 透明性の高い環境で取引できる

実は、国内FXと海外FXでは注文方式が異なっているので、注意しなければなりません。

FX業者 注文方式 FX業者で働くディーラーの介在
国内FX DD方式 あり
海外FX NDD方式が多い なし

国内FXでは、顧客から注文を受けると、ディーラーの判断でインターバンクに流すかどうか決めます。

この注文方式を採用しているFX業者で取引するトレーダー側のデメリットは2つあります。

  1. 受けた注文を業者がインターバンクに流さない可能性がある
  2. ディーラーの判断で約定拒否や価格の再掲示ができる

注文を抱えた時に顧客が損をすると、逆にFX業者は利益を得られます。そのため、仕組み上、成績の悪い顧客の注文のみをわざとインターバンクに流さない選択も可能です。

また、ディーラーの判断で注文を受け付けなかったり(約定拒否)、別の価格を提示(リクオート)したりもできます。

一方、海外FXの場合、インターバンクへ顧客からの注文を流す際にディーラーは介在できません。

つまり、顧客の注文は強制的にインターバンクへ流され、約定拒否やリクオートも不可能です。

スキャルピングやデイトレードなどスピードと約定力の高さが損益に直結するケースでは、海外FXの方が安心して取引できます。

3. スキャルピングOKのFX業者が多い

国内FX業者では、スキャルピングを完全に禁止していないものの、短時間での注文を繰り返し行う行為は禁止しています。

一方、海外FXではスキャルピングがOKかつポジション保有時間に制限をつけていないFX業者がほとんどです。

なぜなら、海外FX業者はトレーダーにたくさん取引をしてもらうことで、スプレッド収入が増えるからです。

トレーダーも海外FXの方が、安心してスキャルピングができます。

4. メタトレーダーで自動売買ができる

海外FX業者では、メタトレーダーによる自動売買も一般的です。

市販されているEAをメタトレーダーに設定すれば、自動的に注文や決済ができます。

自動売買を導入すると、為替が大きく動きやすい深夜の時間帯もトレードしてくれるので、わざわざ遅くまで起きている必要がありません。

チャートをずっと見続けるストレスからも解放されるため、自動売買で生計を立てている専業トレーダーもいます。

メタトレーダーの機能はこちらで詳しく解説!

5. カスタマイズ性のある取引ツールを使える

海外FXではメタトレーダーやcTraderといった高機能でカスタマイズ性のある取引プラットフォームを無料で利用できます。

価格の予測に必要なインジケーターや描画ツールなども多く揃っており、より精度の高いテクニカル分析が可能です。

この点、初心者向けにわかりやすさを重視して開発されている国内FX業者の取引プラットフォームとは大きな違いがあります。

このように、専業トレーダーは海外FX業者を利用した方が、利益を得やすくなります。

FXの専業トレーダーになる手順

専業トレーダーになりたいけど、どうやってなれば良いのかわからない人も多いでしょう。

専業トレーダーになるには、以下の手順に沿って進めていきます。

  1. 資金を十分に用意する
  2. トレード手法を確立する
  3. 何百回・何千回とトレードを繰り返す
  4. 成績が安定化したら専業トレーダーになる

詳しく手順を見ていきましょう。

1. 資金を十分に用意する

まずは資金が必要です。会社員の場合、いきなり給料を増やすのは難しいので、ボーナスなどまとまったお金が入ってきたらトレード資金として貯蓄しましょう。

加えて、ブロガーやエンジニアなど、在宅でできる副業もおすすめです。

最低でも1年分の生活費と投資資金100万円以上は貯めましょう。生活費も貯めておけば、専業トレーダーになってからすぐに成果が出なくても、生活費の心配をせずに済みます。

2. トレード手法を確立する

長期的にFXで利益を得るには、トレード手法の確立が必須です。

100%利益を得られる手法はないので、トレードのルールはもちろん、成功・失敗した場合のシナリオも立てましょう。

また、1回のトレードでどのくらいの損失まで受け入れるのかなど資金管理についても考える必要があります。

そして、過去のチャートを見ながら検証して、長期的に成果が出そうか判断してみてください。

3. 何百回・何千回とトレードを繰り返す

過去検証の結果、長期的に利益を得られる可能性が高いと判断したら、決めた手法を元に何百回・何千回とトレードを繰り返しましょう。

間違っても、少し成績が悪いだけで、違う手法に変えてはなりません。なぜなら、コロコロ手法を変えると、いつまで経ってもトレード技術が身につかなくなるからです。

4. 成績が安定化したら専業トレーダーになる

成績が安定化してきて、生活していけるくらいの収入を安定的に得られるようになったら、専業トレーダーになりましょう。

そして、専業トレーダーになっても利益を得るために、トレードの勉強を続けます。

まとめ:専業トレーダーになるなら、海外FX業者を利用しよう

専業トレーダーになりたいのであれば、海外FX業者を利用しましょう。

海外FXならレバレッジが高く、約定力の高い環境で取引ができるのでスキャルピングやデイトレードにもおすすめです。

レバレッジが高く、約定力の高いFX業者を探している方には、BigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

取引毎にBigBossPointがもらえる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎