海外FXトレード手法

FXトレーダーがプロの手法を学ぶべき理由|勝率の高いトレード手法を身に付ける方法を解説

「FXのプロはどんな手法を使うの?」
「FXで億トレーダーになるにはどうしたらいいの?」
といった疑問をもっていませんか?

FXで勝率の高いトレード手法を身に付けるために、プロの手法を参考にしたいと考えている方は多いでしょう。

中には、FXを始めるからには億トレーダーを目指したいという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  1. 億トレーダーを目指すならプロの手法を学ぶべき理由
  2. プロのFXトレーダーが使う基本的な手法
  3. 勝率の高いトレード手法を身に付ける4つのステップ

FXのプロの手法を学べば、初心者トレーダーでも短い期間でトレードスキルが伸び、利益を狙えるようになるでしょう。

これからFXで成功を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXの億トレーダーを目指すならプロの手法を学ぶべき2つの理由

プロのトレーダーは、トレード手法を研究し、試行錯誤を繰り返したうえで利益を狙えるようになっています。

そのため、一から相場分析の方法を研究するよりも、稼いでいるプロのトレーダーの手法を参考にする方がトレードスキルの向上につながりやすい傾向があります。

まずは、FXの億トレーダーを目指す人がプロの手法を学ぶべき理由を紹介します。

勝率の低いトレードを減らせる

プロのトレーダーのトレード手法を参考に、自身の手法を決めて取引すれば、勝率の低いトレードを減らせます。

トレード手法を決めずに取引していると、感覚や感情に頼った取引が増えやすく、トレードスキルも伸びにくい傾向があります。

プロのトレーダーの手法を学ばず、根拠のない取引を続ければ、利益を狙えなくなるだけでなく、大きな損失を出すリスクも高まるでしょう。

勝率の高いトレード手法を身に付けられる

プロのトレーダーは、初心者と比べると、取引経験が豊富です。

取引回数が多ければ、自身のトレード手法を分析したり、様々な手法を研究したりしている時間も自然と長くなるでしょう。

そのようなトレーダーの手法は、試行錯誤を重ねた結果なので、うまく取り入れられると勝率を高められる可能性があります。

プロのFXトレーダーの分析手法は2種類ある

プロのFXトレーダーは、ただ闇雲にエントリーや決済をしているわけではなく、以下の手法で相場を分析しています。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

それぞれの分析手法について順番に見ていきましょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、ローソク足や移動平均線などのテクニカル指標を使って値動きを分析する手法です。

テクニカル分析と聞くと、一見難しそうに感じるかもしれませんが、指標の見方や手法を覚えるだけで利益を狙えるようになります。

ただし、必ずしもテクニカル指標の売買サインの通りに価格が動くわけではないので、複数の手法を組み合わせるのがおすすめです。

テクニカル分析の基礎知識やおすすめの手法はこちらで詳しく解説!

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、GDPや雇用統計発表などから各国の経済状況を分析して、今後の値動きを予測する方法です。

ファンダメンタルズ分析は、経済指標の結果やそれを受けたトレーダーの感情を正しく読み取るスキルが必要です。

しかし、経済指標の結果を正確に予測するのはプロでも難しいため、FX初心者の方は取引に慣れてから相場分析に役立ててみましょう。

FXで重要度の高い経済指標はこちらで詳しく解説!

プロのFXトレーダーが使う代表的なトレードスタイル

プロのFXトレーダーが使う代表的なトレードスタイルは以下の4つです。

トレードスタイル 取引期間
スキャルピング 数秒~数分
デイトレード 当日中
スイングトレード 数日~数週間
ポジショントレード 数週間以上

プロの手法を学ぶ際は、自身と同じトレードスタイルのトレーダーを参考にするのがおすすめです。

それぞれのトレードスタイルの特徴を見ていきましょう。

1.スキャルピング

スキャルピングとは、数秒から数分のトレードで小さな利益を獲得する取引手法です。

1回のトレードで得られる値幅は少ないですが、トレード回数を重ねたり、ロットを上げたりすることで利益を狙いやすくなります。

スキャルピングは、利益を狙えるチャンスが多い反面、取引回数がかさむのでスプレッドの負担が大きくなりやすい傾向があります。

スキャルピングの特徴やコツはこちらで詳しく解説!

2.デイトレード

デイトレードは、1日で取引を完結させる取引手法で、ポジションを翌日まで持ちこさないのが特徴です。

FXで値動きが大きくなりやすいのは日本時間の21時から深夜2時頃といわれているので、寝ている間に損失を出すのが怖い方におすすめのトレードスタイルです。

デイトレードもスキャルピングと同様に、取引回数が多くなりやすいため、スプレッドの狭い業者や通貨ペアを選ぶことが大切です。

デイトレードの特徴やコツはこちらで詳しく解説!

3.スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間ポジションを保有し、100pips以上の大きな利益を狙う取引手法です。

ポジションの保有期間が長く、チャートを見続けなくても良いので、落ち着いて取引したい方におすすめです。

スイングトレードは、ある程度損切り幅に余裕を持たせる必要があるため、長期間含み損を抱えた状態が続くケースもあります。

スイングトレードをする際のポイントはこちらで詳しく解説!

4.ポジショントレード

ポジショントレードとは、数週間以上ポジションを保有する手法です。

FXでは、通貨ペアの金利差でスワップポイントを狙うことができます。

スワップポイントがプラスの場合は、ポジションを保有している限り、金利差分の利益を毎日受け取れます。

そのため、ポジションの保有期間が長いポジショントレードは、多くのスワップポイントを狙いやすいのが特徴です。

一方、大きな値幅を狙う手法であるため、失敗すると数百pips以上の損失を受ける可能性があるので注意しましょう。

FXでトレードするならシンプルなトレンドフォローがおすすめ

FX初心者が最初に取り入れるなら、シンプルなトレンドフォローがおすすめです。

トレンドフォローとは、相場の流れに沿ってトレードする手法で、順張りとも呼ばれています。

相場が上昇基調であれば「買い」、下落基調であれば「売り」でトレードする手法なので、エントリーポイントがわかりやすいのが特徴です。

加えて、トレンドフォローは、トレンドがすでに発生している状態でエントリーするため、急激な値動きに巻き込まれない限り、大きな損失を受けにくいのもおすすめできる理由の一つです。

ここからは、実際のチャートを見ながら、トレンドフォローについて解説します。

押し目買い

押し目買いとは、上昇トレンドのときに、価格が一時的に下落したタイミングで買いエントリーする手法です。

押し目買いをする際は、チャート上の目立つ安値同士をつないだトレンドラインを引いて、エントリーポイントを見極めます。

上図のようにトレンドラインを引けた場合は、為替レートがラインまで下落した(A)が押し目買いのチャンスです。

戻り売り

戻り売りとは、下降トレンドのときに、価格が一時的に上昇したタイミングで売りエントリーする手法です。

戻り売りは、チャート上の目立つ高値同士を結び、下向きのラインが引けたときに活用します。

上図のように為替レートがラインまで上昇した(B)がエントリーポイントです。

押し目買いと戻り売りの手法はこちらで詳しく解説!

FXで勝率の高いトレード手法を身に付けるための4つのステップ

FXで勝率の高いトレード手法は、以下の4つのステップで身に付けるのがおすすめです。

  1. FXの基本的なトレード手法を知る
  2. プロの手法をブログやSNSから学ぶ
  3. トレードルールを決めて同じ手法を繰り返し使う
  4. 自身の取引を振り返って改善点を見つける

1ステップずつ詳しく解説します。

1.FXの基本的なトレード手法を知る

いきなりプロの手法を学ぼうとブログやSNSをチェックしても、基礎知識を押さえていなければ、理解できない場合があります。

そのため、最初はFXの基本的なトレード手法を知ることが大切です。

まずは、移動平均線といった代表的なテクニカル指標の見方や使い方を学ぶことから始めましょう。

2.プロの手法をブログやSNSから学ぶ

基本的なトレード手法を学んだあとは、FXのプロが運用するブログやSNSをチェックしてみましょう。

億トレーダーの中には、ブログにトレード履歴を残していたり、SNSで取引結果や手法を発信していたりする人がいます。

プロの発信から得られる情報を集め、自身が身に付けた知識を使いながら、勝率を高めるヒントを探しましょう。

ただし、発信内容が間違っていることもあるため、特定の情報だけを鵜呑みにしないことが大切です。

取り入れてみたい手法が見つかったときは、デモトレードで一度試してみるのが良いでしょう。

3.トレードルールを決めて同じ手法を繰り返し使う

手法を頻繁に変えると、自身のトレードの改善点や強みが分析しにくくなったり、トレードスキルが伸びにくくなったりします。

そのため、実際に使ってみたい手法が見つかったら、トレードルールを決め、その内容に従って取引することを徹底しましょう。

トレードルールでは、以下の内容を明確にします。

  • 通貨ペアは何にするか
  • 取引する時間帯はいつにするか
  • どのような条件が揃ったらエントリーするか
  • 含み損が発生したときはどのタイミングで損切りするか

トレードルールに合致する場合のみに取引を絞り、トレードを複数回繰り返してから自分にあった手法なのかを確認してみましょう。

初心者におすすめのトレードルールや決め方はこちらで詳しく解説!

4.自身の取引を振り返って改善点を見つける

手法の勝率を高めるためには、自身の取引を振り返って改善点を見つけることが大切です。

プロの手法をそのまま使っても、自身のスタイルに合わず、利益が狙えないこともあります。

大切なのは、経験を重ねながら、使いやすいように改良していくことです。

そのためには、トレード記録を付けて、自身の取引を振り返る時間を設けましょう。

具体的には、以下の項目をノートやパソコンに記録し、取引結果だけでなく勝てた理由や負けた原因を分析しやすくすることが大切です。

  • 取引した通貨
  • 取引した時間帯
  • エントリーしたタイミングと理由
  • 決済したタイミングと理由
  • 取引結果

勝率が上がらないときはトレードルールを見直し、複数のテクニカル指標を組み合わせたり、利確や損切りの幅を変更したりすることも検討しましょう。

FXトレードの期待値や勝率を高める方法はこちらで詳しく解説!

まとめ:プロの手法を学んでFXトレードで利益を狙おう

プロのトレーダーは、手法を研究し、試行錯誤を繰り返しながら利益を狙えるようになっています。

そのため、稼いでいるプロのトレーダーの手法を参考にすると、短い時間でトレードスキルが伸び、利益を狙いやすくなるでしょう。

FXでより多くの利益を狙いたい方は、レバレッジの高い業者を選びましょう。

レバレッジが高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

 

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法