海外FXトレード手法

スキャルピングとは?メリットやデメリット、FXトレードのコツを詳しく解説

スキャルピングとは?

トレーダー
「スキャルピングって何?」

トレーダー
「スキャルピングってどんなトレード方法なの?」

といった疑問をもっていませんか?

FXのトレード方法を調べていると「スキャルピング」という言葉を目にして、気になっている方は多いでしょう。

スキャルピングとは、数秒から数分の短い期間にトレードを繰り返す手法で、少額からでも効率的に利益を狙いやすい反面、難易度の高い手法として知られています。

スキャルピングで利益を狙うには、取引タイミングを瞬時に見極める判断力が求められます。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • スキャルピングと他のトレード手法との違い
  • スキャルピングのメリットやデメリット
  • スキャルピングのコツと注意点

スキャルピングの特徴を押さえ、自分に合ったトレードスタイルを見つけられれば、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

Contents

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、数秒から数分の短い期間にトレードを繰り返すトレードスタイルです。

1回のトレードで狙える利益の値幅は小さい傾向がありますが、何度もトレードを繰り返すことで利益を積み重ねていくのが一般的です。

チャートの一瞬の値動きを狙ってトレードをすることから「秒スキャ」や「スキャル」と略称されることもあります。

スキャルピングと他のトレードスタイルの違い

FXには、スキャルピングのほかにも取引期間が異なる以下のようなトレードスタイルがあります。

トレードスタイル 取引期間 特徴
スキャルピング 数秒から数分 ポジションの保有期間が短いので、急激な値動きに巻き込まれる前に損切りができ、大きな損失を出しにくい
デイトレード 当日中 ポジションを翌日に持ち越さないため、夜間に大きな損失を受けにくい
スイングトレード 数日から数週間 100pips以上の大きな利益を狙うスタイルで、チャートを見続けなくてもトレードできる
ポジショントレード 数週間以上 他のトレードスタイルより多くのスワップポイントを狙いやすい

スキャルピングは他のトレードスタイルと比べて、ポジション保有期間が短く、1回のトレードにおける獲得利益が少ない傾向があります。

例えば、デイトレードでは1回のトレードで10~100pips前後の値幅を狙いますが、スキャルピングは10pips以下を目安にすることが多いです。

そのため、1日に10~100回のトレードを繰り返すことによって、利益を狙っていくのが一般的です。

また、数秒間のトレードで一瞬の値動きを狙うスキャルピングは、瞬発力や判断力が求められるので、中級者や上級者向けの難易度の高い手法といわれています。

デイトレードのメリットやデメリットはこちらで詳しく解説!
スイングトレードのメリットやデメリットはこちらで詳しく解説!

スキャルピングのメリット

スキャルピングには、以下のようなメリットがあります。

  1. 少額資金でも効率良く利益を狙える
  2. 大きな値動きに巻き込まれにくい
  3. 隙間時間でトレードできる
  4. 就寝中や仕事中の値動きを気にする必要がない
  5. スワップポイントを気にせずトレードできる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.少額資金でも効率良く利益を狙える

FXでは、ポジションを保有している間は、トレードに使える資金が減ります。

そのため、短期間にエントリーと決済を繰り返すスキャルピングは、次のトレードに資金を回しやすいメリットがあります。

例えば、資金が少ないトレーダーがポジションの保有期間が長いトレードスタイルで取引すると、決済するまで新しいポジションを保有できず、資金効率が下がってしまいます。

少額資金でも効率良く利益を狙いたい方は、スキャルピングで取引するのがおすすめです。

さらに効率よく利益を狙いたい場合は、レバレッジを活用してみましょう。

レバレッジは証拠金を担保に保有資金以上の取引ができる仕組みのことです。

例えば、1,000円の証拠金でレバレッジを1,000倍にすると、100万円分の取引ができるようになります。

高レバレッジで効率よく資金を増やしたい方はBigBossで口座開設をしてみましょう。

最大2,222倍のレバレッジで取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

2.大きな値動きに巻き込まれにくい

スキャルピングは一瞬の値動きを狙ってトレードするため、大きな価格変動に巻き込まれる前に損切りすれば、大きな損失を受けるリスクを抑えられます。

また、チャートに張り付いてトレードするので、相場の変化にいち早く気付きやすいのも損失を抑えやすい理由の一つです。

ただし、米国雇用統計などの重要な経済指標の発表前後は、相場の急変動が起こりやすく、損切りが遅れる可能性も考えられます。

損失リスクを抑えるためにも、経済指標のスケジュールをチェックしたり、世界情勢・経済の情報を集めたりすることが大切です。

BigBossでは、最新マーケット情報のメールマガジンを配信しています。

配信した内容は、ブログでも更新しているので、ぜひチェックしてみてください。

BigBoss公式X(@bigboss_agent)で経済指標が確認できるようになったぞ!
ぜひフォローしてトレードに活用してくれ
Bobby

過去のメルマガ記事はこちら!
FXで重要度の高い経済指標はこちらで詳しく解説!

3.隙間時間でトレードできる

数秒から数分でエントリーから決済まで完了するスキャルピングは、隙間時間でもトレードしやすいメリットがあります。

そのため、家事や仕事との両立を考えている人にもおすすめできるトレードスタイルです。

忙しい方でも、値動きが活発になりやすい時間帯に絞って取引すれば、効率的に利益を狙えるでしょう。

4.就寝中や仕事中の値動きを気にする必要がない

一度ポジションを保有すると結果が出るまで値動きが気になってしまうトレーダーは多いでしょう。

スキャルピングは、エントリーして数秒から数分で決済するので、すぐに結果がわかります。

そのため、就寝中や仕事中に大きな値動きに巻き込まれて損失を受けることが基本的にありません。

スキャルピングは、不安を感じたまま日常生活を送るのを避けたい方におすすめのトレードスタイルです。

5.スワップポイントを気にせずトレードできる

スワップポイントとは、一日ごとに受け取れる通貨ペア間の金利差によって生じる損益のことです。

FXではスワップポイントで利益を得ることもできますが、マイナスになったときは金利差分のスワップポイントを支払う必要があります。

例えば、高金利通貨を売り、低金利通貨を買った場合、ポジションを保有している間はスワップポイントを払い続けなければなりません。

スキャルピングであれば、ポジションを持ち越すことがないので、マイナススワップを気にせずにトレードできます。

スワップポイントの仕組みや確認方法はこちらで詳しく解説!

スキャルピングのデメリット

スキャルピングは効率的に利益を狙える反面、以下のようなデメリットがあります。

  1. スプレッドの負担が大きくなりやすい
  2. 瞬発力や判断力が求められる
  3. 取引環境の影響が大きい
  4. メンタルの管理が難しい

それぞれ詳しく紹介します。

1.スプレッドの負担が大きくなりやすい

スプレッドとは、1回のトレードごとに発生する売値と買値の差額のことを差し、FX取引の実質的な取引コストに当たります。

スキャルピングはトレード回数が多くなる分、スプレッドが重なり、取引コストの負担が大きくなりやすいデメリットがあります。

スプレッドは、FX業者や通貨によって異なるので、効率良く利益を狙うためにもスプレッドの狭いFX業者や通貨を選ぶのがおすすめです。

スプレッドの狭いおすすめのFX業者はこちらで詳しく解説!

2.瞬発力や判断力が求められる

数秒間のトレードで一瞬の値動きを狙うスキャルピングには、瞬発力や判断力が求められます。

トレード時は、常にチャートでチャンスを狙いつつ、ローソク足が動いた瞬間にエントリーするのか、決済するのかを判断しなければなりません。

スキャルピングは1回の利益が少ないことから、判断が遅れて取引タイミングを逃すと利益が得られなくなってしまうこともあります。

スキャルピングで利益を狙うには、エントリーするのか見送るのか、利益確定するのか損切りするのかを瞬時に見極める判断力が必要になります。

3.取引環境の影響が大きい

スキャルピングの損益は数秒のずれで変動するため、FX業者の約定力やインターネット環境が取引成績に影響しやすい傾向があります。

例えば、約定力の弱いFX業者では、注文価格と約定価格がずれるスリッページが発生しやすくなります。

スリッページが発生すると、得られる利益が想定より減ることで、トレード成績に大きな影響が出てしまうことも考えられるでしょう。

スキャルピングをする場合は、約定力の高いFX業者を選んだり、通信速度の速いインターネット回線を使ったりすることが大切です。

スリッページが与えるトレードへの影響はこちらで詳しく解説!

4.メンタルの管理が難しい

スキャルピングは数秒~数分間の作業で1回のトレードが終了するため、トレーダーのメンタルとの関係性は低そうに思えますが、実際にはトレード当日のメンタルが大きな影響を与えます。

メンタルが落ち着いた日はトレードの精度が上がり結果も良くなり、荒れる日は間違った判断からミスを連発して結果が悪くなる、といったようにメンタルとトレードの結果が直結
してしまいます。
さらにメンタルの調子が良い日でも、負けを連発すると落ち込んでしまい、以降のトレードでも負けが続いてしまうこともあるのです。

スキャルピングはメンタルの影響を受けやすく、負けトレード連発するとメンタルにも影響を与えやすいため、他のトレードスタイルよりも自分の精神面には気を使う必要があります。

スキャルピングが向いている人と向いていない人

スキャルピングはトレードとしての難易度が高く、向いている人と向いていない人の特徴が明確に分かれます。

実際にスキャルピングの向き不向きの特徴をまとめつつ、自分がスキャルピングに向いているのかを確認する方法を紹介します。

スキャルピングが向いている人

スキャルピングに向いている人の特徴は以下のとおりです。

  • 高い集中力を維持できる人
  • 迅速に意思決定を繰り返せる人
  • 緊急時に適切な対応を取れる人
  • 即座に相場を確認できる人
  • 短期的に小さな利益を追い求められる人

一瞬の値動きを狙うスキャルピングには高い集中力と、即座に判断が下せる意思決定力が必要となります。

それと一瞬の値動きはいつでも発生する可能性があるため、できるだけすぐチャートを確認してトレードできる人と相性が良いです。

1回のトレードで得られる利益も小さいため、小さな利益でもコツコツと積み重ねていける人が向いていると言えるでしょう。

スキャルピングが向いていない人

スキャルピングが向いていない人の特徴は以下のとおりです。

  • 長期的な視野を持ってトレードする人
  • 深く時間を掛けて思考を行う人
  • 集中力の維持が難しい人
  • リスク管理が苦手な人
  • メンタルの影響を受けやすい人

スキャルピングはその場その場の判断の繰り返しとなるため、長期的な視野で深い思考を行う人だと合わない可能性があります。

特に一度トレードに取り組むとチャンスが来るまでチャートを監視する必要があり、値動きを見逃さないためにも集中力の維持が必要です。

そして、リスク管理を徹底しなければ負けトレードの繰り返しによって資金が減りやすく、負けと資金減少によってメンタルがぶれると次の負けを誘発してしまうこともあります。

実際にトレードを行って確認してみる

もし自分がスキャルピングに向いているのか、向いていないのかを確認したい場合は、実際にスキャルピングでトレードを行ってみましょう。

他のトレードスタイルよりも短時間で終わるスタイルのため、すぐに取り組むことができ、スキャルピングを実感できます。

実際にトレードを行ってみて、すぐに売買するスタイルが合うと感じたなら、スキャルピングを行ってみると良いです。

逆に一度持ったポジションをすぐに手放すことができず、含み益になるまで待ち続けたりと、即座に判断して売買できないのであれば向いていない可能性があります。

FXについて色々と調べてみることも大切ですが、実際に体験してみた方が多くの情報や経験を得られることもあるのです。

スキャルピングで利益を狙うためのコツ

難易度の高いスキャルピングですが、以下のようなコツを押さえることで、初心者でも利益を狙えるようになります。

  1. スキャルピングに適したテクニカル分析を身に付ける
  2. デモトレードや少額トレードで練習する
  3. トレード環境を整える
  4. 値動きが活発になりやすい時間帯に取引する
  5. トレードルールを決めておく
  6. スキャルピングに適したFX業者で取引する
  7. スプレッドが狭い銘柄ペアを選ぶ

それぞれ詳しく解説します。

1.スキャルピングに適したテクニカル分析を身に付ける

スキャルピングで利益を狙うには、以下のようなスキャルピングに適したテクニカル分析を使うのが効果的です。

  • ローソク足のパターン分析
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド など

これらのテクニカル分析を身に付ければ、感覚や勘に頼ったトレードが減り、トレード成績が安定するようになるでしょう。

ただし、必ずしもテクニカル分析の売買サイン通りに価格が動くわけではないので、事前に損切りラインを決めたうえでエントリーすることが大切です。

スキャルピングで効果的な移動平均線のトレード手法はこちらで詳しく解説!
ボリンジャーバンドの使い方やおすすめのトレード手法はこちらで詳しく解説!
損切りラインの決め方はこちらで詳しく解説!

2.デモトレードや少額トレードで練習する

スキャルピングで求められる判断力や瞬発力を高めるには、知識を身に付けるだけでなく、実際にトレードして慣れていくことが大切です。

しかし、実際に資金を使ってトレードすると、損失を出す不安からエントリーできない可能性もあります。

そのため、まずはデモトレードでテクニカル分析を使って取引してみるのがおすすめです。

デモトレードで慣れてきたら、少額取引で経験を積み重ねていきましょう。

FXトレードの練習方法はこちらで詳しく解説!
デモトレードにおすすめのFX業者はこちらで詳しく解説!

3.トレード環境を整える

瞬発力が必要となるスキャルピングは、トレードに使うパソコンやインターネット環境による影響を大きく受けます。

動作の遅いパソコンや通信速度の遅いインターネット回線を使っていると、チャートがリアルタイムで動かなかったり、注文から約定までに時間がかかったりして利益を逃してしまう可能性があります。

スキャルピングで利益を狙うには、パソコンやインターネット回線を見直すといったトレード環境を整えることが大切です。

FX取引におすすめのパソコンや環境設定はこちらで詳しく解説!

4.値動きが活発になりやすい時間帯に取引する

短時間でトレードを繰り返すスキャルピングでは、値動きが活発になりやすい時間帯に絞ってトレードすることで効率良く利益を狙うのがおすすめです。

為替相場の値動きが活発になりやすい時間帯は、以下の通りです。

日本時間(夏時間) 日本時間(冬時間)
東京時間の開始直後 9時~10時

(特に仲値が発表される9時55分が活発になる)

9時~10時
ロンドン時間の開始直後 16時~17時 17時~18時
ロンドンフィキシング 24時 25時
ニューヨーク時間の開始直後 21時~23時 22時~24時
ニューヨーク時間の正午 25時~27時 26時~28時

トレード成績を安定させるためにも、自分の生活スタイルに合わせながら、値動きが活発になりやすい時間帯に絞って取引しましょう。

FXの日本時間の詳細はこちらで詳しく解説!
FXのロンドン時間の詳細はこちらで解説!
FXのニューヨーク時間の詳細はこちらで詳しく解説!

5.トレードルールを決めておく

スキャルピングでエントリーや決済するタイミングをいち早く見極めるためには、事前にトレードルールを決めておくことが大切です。

トレードルールでは一般的に、以下の項目を明確にしておきます。

  • 通貨ペアは何にするか
  • 取引する時間帯はいつにするか
  • どのような条件が揃ったらエントリーするか
  • どのようなタイミングで決済するか

冷静に取引するためにも、トレードルールを決めたうえで取引を始めましょう。

6.スキャルピングに適したFX業者で取引する

スキャルピングは、スプレッドの負担が大きくなったり、スリッページの影響を受けやすかったりします。

そのようなデメリットをカバーするためには、スプレッドが狭く、約定力の高いFX業者を選ぶことが大切です。

BigBossでは、スプレッドの狭いプロスプレッド口座が利用でき、約定力の高さにも定評があります。

スキャルピングに適したFX業者を探している人は、BigBossで口座開設してみましょう。

最大2,222倍のレバレッジで取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

スキャルピングにおすすめのFX業者はこちらで詳しく解説!

7.スプレッドが狭い銘柄ペアを選ぶ

スキャルピングにおいてスプレッドの影響を大きく受けることを紹介しましたが、銘柄選びも大切なポイントです。

マイナーでスプレッドが広い銘柄ペアを選ぶと、トレードを繰り返すたびに手数料が積み重なり不利となるでしょう。

逆にメジャーな米ドル円やユーロ米ドルといった銘柄ペアを選ぶことで、狭いスプレッドでスキャルピングが行いやすくなります。

そのため、できるだけスプレッドが狭い銘柄ペアを選んでトレードを行うようにしてみましょう。

BigBossがスキャルピングに適している理由はこちらで詳しく解説!

FX初心者がスキャルピングを始める時のポイント

スキャルピングを始める時のコツとは別に、FX初心者の方がスキャルピングを始める時には、意識することでスムーズにスキャルピングを体得できるポイントがあります。

  • まずはデイトレードやスイングトレードから始める
  • スキャルピングの経験を重ねる
  • チャートを見る時間を増やす
  • 1日や1週間のトータルの勝敗と結果を意識する

4つのポイントを分かりやすく紹介していきます。

まずはデイトレードやスイングトレードから始める

もし、FX初心者の方の中でスキャルピングを一番最初のトレードスタイルとして選んだのであれば、まずはデイトレードやスイングトレードを経験してからにしましょう。

というのもスキャルピングはデイトレードやスイングトレードに比べると、求められるFXのトレードスキルが高く、トレード経験が無ければ失敗してしまう可能性が高いです。

まずはデイトレードやスイングトレードでトレードの経験を積んでから、スキャルピングに取り組むことで成功の確率を上げられます。

それか、メインでスイングトレードを行いながら、時間ある時にスキャルピングにも取り組んでみるといったスタイルとも相性が良いです。

スキャルピングの経験を重ねる

スキャルピングに取り組み始めたのであれば、しっかりとスキャルピングを繰り返して経験値を積み重ねていきましょう。

スキャルピングは価格変動の予測といった技術よりも、その場の値動きに反応して瞬時に対応する集中力やスキルが求められます。

トレード回数が多くなるスキャルピングは他のトレードスタイルよりも経験値を積み重ねやすく、チャレンジした回数が多ければ多いほどスキルを上げることができます。

他の利益を得ているトレーダーに追いつくためにも、スキャルピングを始めたらしっかりとトレードを繰り返していきましょう。

チャートを見る時間を増やす

スキャルピングは他のトレードスタイルよりもチャートの値動きを追い続ける必要があるため、チャートを見る時間をできるだけ増やしてチャートを見る目を養いつつ、値動きの特徴を覚えていきましょう。

特にスキャルピングでは1分足を使ってトレードを行うことが多いため、1分足を集中的に追い続けるのが良いです。

ただ最初は、1分足だけを見続けてもどの値動きなのかを確認できないため、15分足や1時間足といった現在のトレンドも確認できる時間足と同時に確認するのがおすすめです。

1日や1週間のトータルの勝敗と結果を意識する

コツコツと勝ちと小さな利益を積み重ねていくスキャルピングは、その時の結果ではなく1日や1週間といった、一定期間におけるトータルの勝敗や損益に注目しましょう。

1時間のトレードで負けていたとしても1日で見ると買っていたり、1日で負けていたとしても1週間で見ると買っている、といった事例が起こり得ます。

1回1回のトレードで勝ちを積み重ねていくことも大切ですが、トータルで勝ち越すことがスキャルピングの全てです。

しっかりとトレードの記録を付けながら、1週間や1カ月単位での結果が大切なことを意識して、トレードに取り組みましょう。

スキャルピングが禁止されているFX業者もある

FX業者によっては、スキャルピングを禁止している場合があります。

禁止されているFX業者でスキャルピングをすると、口座が凍結されたり、その業者で二度と取引ができなくなったりすることがあります。

スキャルピングをする際は、禁止行為に該当しないのかを確認したうえで取引しましょう。

スキャルピングが禁止されていないFX業者はこちらで詳しく解説!

まとめ:取引経験を重ねたらスキャルピングで利益を狙おう

スキャルピングは数秒から数分の短期間でトレードを繰り返す手法で、少額資金でも効率的に利益を狙いやすいメリットがあります。

しかし、瞬発力や判断力が求められるため、スキャルピングに適したテクニカル分析を身に付けたり、トレードルールを決めたりしたうえで取引を始めることが大切です。

もし自分にスキャルピングが向いているのかを確認したい場合には、実際に少しスキャルピングでトレードを実践して、向いているのかを確認してみましょう。

ちなみに、スキャルピングを禁止しているFX業者があるので、スキャルピングが禁止行為に該当しないかの確認が必要です。

スキャルピングを許可し、約定力の高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

 

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法