海外FX基礎

FXのニューヨーク時間の特徴|サマータイムやロンドン時間との違いを紹介

「FXのニューヨーク時間は日本時間でいうと何時?」
「ニューヨーク時間にFXトレードする時のポイントは?」

FXトレードができる時間帯の中でも、ニューヨーク時間が気になった方もいるでしょう。

しかし、FXのニューヨーク時間が日本時間の何時になるのか、どのような特徴があるのかがわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、

  • FXのニューヨーク時間とは何か
  • ニューヨーク市場の特徴
  • ニューヨーク時間にFXトレードするコツ

について詳しく解説します。

FXのニューヨーク時間の特徴とトレードのコツを正しく理解しておけば、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXのニューヨーク時間(アメリカ時間)とは?

FXのニューヨーク時間(アメリカ時間)とは、日本時間の21時から翌朝6時(冬時間22時から翌朝7時)で、世界三大市場の1つであるニューヨーク市場が開いている時間を指します。

世界三大市場で最大の取引高を誇るロンドン市場に次ぐニューヨーク市場は、米ドル/円やユーロ/米ドルなどの通貨ペアでのトレードが盛んです。

FXのニューヨーク時間の特徴

FXのニューヨーク時間の特徴は、以下の3つです。

  1. 夏時間(サマータイム)が導入されている
  2. ニューヨークオプションカットが行われる
  3. 経済イベントが多い

夏時間(サマータイム)が導入されている

ニューヨーク時間は、夏時間(サマータイム)が導入されており、夏と冬で開場と閉場のタイミングに1時間のずれが生じます。

夏時間(サマータイム)は、3月中旬から11月上旬の約半年間です。

ニューヨーク時間の夏時間(サマータイム)と冬時間を、日本時間にすると下表の通りです。

名称 現地時間(ニューヨーク) 日本時間
夏時間(サマータイム) 8時から17時 21時から翌朝6時
冬時間(通常時間) 9時から18時 22時から翌朝7時

開場時間を間違えると、エントリーやポジションの解消ができなくなってしまうので、トレード日が夏時間(サマータイム)に該当しないかを必ず確認しておきましょう。

ニューヨークオプションカットが行われる

日本時間23時(冬時間24時)にニューヨークオプションカットが行われ、取引が活発化することで為替相場の値動きも激しくなる傾向があります。

オプションカットとは、将来のある期日までにあらかじめ決めた価格で売買するオプション取引権の行使を締め切ることです。

このオプション取引の権利行使の締め切り時刻はカットオフタイムとも呼ばれています。

経済イベントが多い

ニューヨーク時間は、経済イベントによって相場が変動しやすい特徴があります。

主な経済イベントには、以下のようなものが挙げられます。

  • ロンドンフィキシング
  • ニューヨークオプションカット
  • アメリカの経済指標の発表

特にニューヨーク市場の開場直後の日本時間21時から22時は、アメリカの経済指標発表のタイミングと重なるため、急激にトレードが活発化す可能性があります。

経済指標の発表による相場変動は、プロのFXトレーダーであっても読みにくいといわれており、注意が必要です。

経済指標を確認する際は、雇用統計やFOMC、フェデラルファンド金利(FF金利)などに注目するとよいでしょう。

ニューヨーク時間とロンドン時間の違い

FXにおいてニューヨーク時間だけでなく、ロンドン時間の特徴を押さえておくと、トレードの判断がしやすくなります。

FXのロンドン時間は、日本時間16時から26時(冬時間17時から27時)です。

ロンドン時間にもサマータイムが導入されており、主役通貨はユーロです。

また、日本時間24時(冬時間25時)にロンドンフィキシング(フィックス)という「金の価格決め」が実施され、この決定金額が為替相場に影響を与える場合があるので注意が必要です。

ニューヨーク時間にFXトレードの利益を狙うコツ

ニューヨーク時間にFXトレードの利益を狙うコツは、以下の3つです。

  1. アメリカの経済指標発表の前後は無理に取引しない
  2. 時間帯に応じてトレードスタイルを変える
  3. チャート分析でトレンドを読みエントリーポイントを見極める

アメリカの経済指標発表の前後は無理に取引しない

アメリカの経済指標が発表されると、価格変動が変則的になりやすくなります。

FXのプロトレーダーであっても急激な値動きを予測することが難しいため、FX初心者がトレードすると損失リスクをより高めてしまいます。

FXトレードに慣れていない方は、経済指標発表の前後のトレードは控えた方がよいでしょう。

FXの値動きの詳細はこちらで詳しく解説!

時間帯に応じてトレードスタイルを変える

ニューヨーク時間では、時間帯によって取引量が異なります。

開場直後はトレードが盛んになる傾向にありますが、閉場に近づくにつれて徐々に穏やかになっていきます。

そのため、各時間帯の取引状況に応じてスキャルピングやデイトレードなど、適切なトレード手法を選択するのが大切です。

特に、値動きが激しい時間帯は大きな利益を狙うと、その分損失リスクが高まってしまうので、小さな利益を積み重ねていく手法を取り入れるとよいでしょう。

デイトレードの詳細はこちらで詳しく解説!
スキャルピングの詳細はこちらで詳しく解説!

チャート分析でトレンドを読みエントリーポイントを見極める

ニューヨーク時間では、経済指標発表などのイベント終了後の23時以降は市場が落ち着く傾向があります。

急激な値動きが予想されない時間帯は、過去のチャートから今後の値動きを予測するテクニカル分析を活用すると利益が狙いやすくなるでしょう。

ニューヨーク時間でトレードする際は、インジケーターやシグナルなどを確認しながらエントリーポイントを探すのがおすすめです。

エントリーポイントの決め方の詳細はこちらで詳しく解説!

【時間帯別】ニューヨーク時間でのFXトレードのポイント

ニューヨーク時間にFXトレードを行う際のポイントを、時間別に解説します。

  • ニューヨーク時間の開始直後:日本時間21時から23時
  • ニューヨーク時間の正午:日本時間25時から27時
  • ニューヨーク時間の午後:日本時間28時(翌朝4時)から31時(翌朝7時)

ニューヨーク時間の開始直後:日本時間21時から23時

FXのニューヨーク時間の開始直後は、ロンドン市場が開場していることもあり、トレードが活発になりやすい傾向があります。

また、アメリカの経済指標発表によって急激な値動きやトレンド転換が起こるなど相場が読みにくくなります。

急激な値動きに巻き込まれないためにも、FX初心者はポジションを整理したうえで、無理にエントリーをしないのがおすすめです。

ニューヨーク時間の正午:日本時間25時から27時

FXのニューヨーク時間の正午は、開場直後に比べて相場は落ち着くものの、トレードは依然として盛んな状態が続きます。

取引量が多い相場では、細かいトレードを積み重ねる手法で着実に利益を狙うのがおすすめです。

ただ、ロンドン市場のロンドンフィキシング(金の価格決定)によって相場が急変する可能性がある点には注意が必要です。

ニューヨーク時間の午後:日本時間28時(翌朝4時)から31時(翌朝7時)

FXのニューヨーク時間の午後は、日本時間の早朝にあたります。

ニューヨーク市場の閉場に向かうため、値動きは安定する一方で、流動性が下がることから他の時間帯より注文が成立しにくい傾向があります。

特に最後の1〜2時間はニューヨーク市場が閉場に向かう一方で、翌日のオセアニア時間(日本時間6時から9時)の開場直前となるため、注文や相場予測が難しいケースがあります。

また、早朝までトレードを続ける際は、体調や生活リズムを崩さないように注意しましょう。

ニューヨーク時間でトレードする際の注意点

ニューヨーク時間でトレードする際の注意点は、以下の3つです。

  1. 開場直後は経済指標の発表で相場が変わりやすい
  2. 深夜のFXトレードで体調を崩しやすい
  3. 休日はFXトレードできない

開場直後は経済指標の発表で相場が変わりやすい

日本時間の21時頃に、アメリカの経済指標が発表されます。

主要なアメリカの経済指標の一例は次の通りです。

  • 雇用統計
  • FOMC
  • フェデラルファンド金利(FF金利)

FXのニューヨーク時間の相場は、これらのイベントによって大きな影響を受けるケースがあります。

加えて、ニューヨーク時間の開場時刻とタイミングが重なるため、予期せぬ相場変動に巻き込まれる可能性もあります。

経済指標の発表による価格変動はプロでも見極めることが難しいといわれているので、FX初心者のうちはトレードを避けるのがよいでしょう。

深夜のFXトレードで体調を崩しやすい

ニューヨーク時間の後半は、日本時間の24時以降にあたります。

遅い時間までトレードすると、眠気によって冷静な判断ができない状況もあるでしょう。

また、深夜帯のトレードが毎日続くと生活リズムが乱れ、体調不良を起こしかねません。

ニューヨーク時間でトレードする際は、体調や生活リズムに配慮しながら取り組むようにしましょう。

休日はFXトレードできない

FXのニューヨーク時間には休日があり、通常時と異なる値動きをするケースがあります。

ニューヨーク時間(アメリカ)の代表的な休日は下表の通りです。

休日 時期・日付
元日 1/1
マーチン・ルーサー・キング誕生日 1月第3月曜日
メモリアルデー 5月最終月曜日
奴隷解放記念日 6/19
独立記念日 7/4
レイバーデー 9月第1月曜日
コロンブスデー 10月第2月曜日
感謝祭 11月第4木曜日
クリスマス 12/25

ニューヨーク市場以外の市場でトレードすることもできますが、通常時よりも取引量が減少する傾向があるので、注文が約定しにくく、狙ったトレードができない可能性が高くなります。

まとめ:FXトレードの前にニューヨーク時間を正しく理解しておこう

ニューヨーク市場でFXトレードする場合は、ニューヨーク時間の特徴とトレードのコツを押さえておくことが大切です。

アメリカの経済指標発表やロンドンフィキシングの急激な値動きに巻き込まれると、思わぬ損失につながる可能性があります。

ニューヨーク時間と他の時間帯との違いを抑えて自分に最適な市場を見つけたらレバレッジの高いFX業者で取引しましょう。おすすめの業者はBigBossです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎