海外FX基礎

海外FXの年齢制限とは?高校生でも口座開設できる理由を徹底解説!

「海外FXは何歳から始められるの?」
「高校生でも海外FXで取引できるの?」

海外FXには年齢制限があるため、条件を満たしていないと口座開設を断られてしまいます。特に高校生や20歳未満の人は、何歳から取引ができるのかよく確認しなければなりません。

そこで当記事では

  • 海外FXの年齢制限
  • 海外FXを早く始めた方が良い理由

について紹介します。

口座開設できる年齢を満たしているのであれば、海外FXを早く始めた方が今後の生活にも良い影響があります。

記事の最後には、高校生でも取引できる海外FX業者を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

海外FX業者と国内FX業者の年齢制限の違い

国内FXの場合、2022年3月31日までは20歳以上でなければ口座を作れませんでした。

しかし、2022年4月1日に成人年齢が18歳に引き下げられたことで、多くの国内FX業者で口座開設ができるようになりました。

そのため、FX業者の口座開設のハードルは下がったといえます。では、海外FX業者はどうなのか見ていきましょう。

海外FXは18歳以上なら口座開設可能

海外FX業者の多くは以前から18歳以上であれば、口座開設が可能でした。

加えて、親の同意書がなくても取引できる業者がほとんどなので、高校生でも取引できます。

なお、一部のFX業者では、80歳など年配の人になると口座開設ができない制限を設けています。

次の表は海外FX業者の年齢制限についてまとめたものです。

FX業者 年齢制限 高校生の口座開設 親の同意書
BigBoss 18歳以上 可能 不要
XM 18歳以上 可能 不要
HFM 18歳以上 可能 不要
AXIORY 18歳以上 可能 不要
Tradeview 18歳以上 可能 リスク同意書が必要
GEMFOREX 18歳以上 可能 不要
iFOREX 18歳以上 可能 不要
Exness 18歳以上 可能 不要
FBS 18歳以上 可能 不要
FxPro 18歳以上 可能 不要
GENETRADE 18歳以上 可能 不要
Traders Trust 18歳以上 可能 不要
LAND-FX 18歳以上 可能 不要

ほとんどのFX業者では高校生でも親の同意なしで、口座開設ができます。

国内FXでも年齢制限が緩めになった

日本は2022年4月から成人になる年齢が20歳から18歳に引き下げられたので、高校生でも親の同意書を必要としない業者が増えました。

例えば、以下のFX業者なら18歳以上でも取引を始められます。

  • SBI FXトレード
  • FXトレードフィナンシャル
  • 岡三オンライン証券FX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商

なお、国内FXについては、80歳など高齢になると口座開設ができない業者があります。

20歳未満の人が海外FXで取引するメリット

一般的に投資は判断力が必要になるため、若年層には危険といったイメージがあるかもしれません。

確かにFXでは損失を被るケースはありますが、20歳未満の人でもFXの取引をすればさまざまなメリットがあります。

  1. 国内FXよりも簡単に口座開設できる
  2. 投資経験が身につく
  3. アルバイトよりも効率的に利益を得られる可能性がある

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

1. 国内FXよりも簡単に口座開設ができる

ほとんどの海外FX業者では、18歳になっていれば高校生でも親の同意書なしに口座開設できます。

さらに、海外FXは口座開設の手間も少なく、即日で取引を始められます。

例えば、BigBossでは3分もあれば口座開設が完了し、審査が終わるまで長い時間待つ必要はありません。

加えて、本人確認なしでも取引を始められます。したがって、すぐに取引を始めたい人には、海外FXがおすすめです。

2. 投資経験が身につく

海外FXで取引すると世界経済に興味や関心を持つようになり、お金の流れにも詳しくなります。

また、資金管理も必須となるので、金銭感覚が身につきマネーリテラシーも高まります。

このような投資経験や経済への関心は就職活動でも有利に働き、企業へのアピールにも使えるでしょう。

3. アルバイトよりも効率的に利益を得られる可能性がある

アルバイトで働いた場合は成果にかかわらず、時給分の給料しかもらえないのに比べ、海外FXは大きな利益を得られる可能性があります。

また、パソコンやスマホがあればどこでもできるため、自由度が高く平日なら24時間利益を狙えます。

つまり、アルバイトのみをするよりも、海外FXでトレードした方が収入を増やせるかもしれません。

18歳以上の人が海外FXで取引する際の注意点

18歳以上の人が海外FXで取引する際、以下の点に注意しなければ、大きな損失を被るリスクがあります。

  1. 投資経験の乏しさから大きな損失を被るリスクがある
  2. 金銭感覚が麻痺する可能性がある
  3. 利益が出ると支払う税金が高くなる

それぞれの注意点を詳しく解説していきましょう。

1. 投資経験の乏しさから大きな損失を被るリスクがある

海外FXはレバレッジが高いため、少ない資金でも高額の取引が可能です。反面、損失が大きくなるリスクもあります。

とはいえ、ほとんどの海外FX業者にはゼロカットシステムがあるので、口座残高がマイナスになっても追加入金する必要はありません。

ただ、大きな損失を被らないようにするには、リスクを押さえた方法で取引する必要があります。

一般的に安全なのは、1回のトレードの損失を口座資金の2~3%に限定する方法です。

このくらいリスクを抑えておけば、何回連続で負けても、損失を抑えられます。

大損する代表的なパターンはこちら!

2. 金銭感覚が麻痺する可能性がある

海外FXで大きな利益を手にした場合、金銭感覚が麻痺するかもしれません。

その結果、資金に見合わないロット数で取引したり、損失を取り戻すために生活費を使ってしまったりするケースもあります。

金銭感覚が麻痺している状況では、利益を増やすのは難しいので、一度相場と距離を取りましょう。

また、慣れるまではロットを落として取引するのをおすすめします。

3. 利益が出ると支払う税金が高くなる

海外FXでは利益が出れば出る程、支払う税金が高くなります。

また、親の扶養から外れてしまったり勤労学生控除が使えなくなったりします。勤労学生控除とは、働きながら学校に通う学生の税金の負担額を減らす制度です。

扶養から外れると両親の支払う税金が増え、健康保険料も支払わなくてはならなくなります。

親に迷惑を掛けたくないのであれば、学生のうちは年間利益を抑えておきましょう。

海外FXの利益にかかる税金はこちらで詳しく解説!

【20歳未満の人向け】海外FX業者の口座開設の手順

海外FXに興味があるけど、口座開設方法がわからない人も多いでしょう。そこで、海外FX業者の口座開設手順を解説します。

  1. 公式サイトから口座開設を行う
  2. 本人確認書類と住所証明書類のアップロードを行う
  3. 口座開設後、入金する

詳しく見ていきましょう。

1. 公式サイトから口座開設を行う

まずは海外FX業者の公式サイトから、口座を開設しましょう。

入力するのは簡単な個人情報と開設する口座を選ぶだけなので、口座開設は数分で完了します。

海外FX業者では複数の口座タイプを提供しているため、自分に合った口座を選びましょう。

2. 本人確認書類と住所証明書類のアップロードを行う

口座開設が済んだら、次は証明書を提出して口座を有効化します。

必要な書類は次の通りです。

  • 本人確認書類(マイナンバーカードやパスポート)
  • 住所証明書(住民票や健康保険証)

FX業者によっては、本人と本人確認書類が一緒に撮影されたセルフィー画像の提出を求めるケースもあります。

書類のアップロードはスマホからでもできるので、画像を撮影して提出すれば、スムーズに手続きを進められます。

3. 口座開設完了後、入金する

口座を開設したら、入金をしましょう。

入金するには、国内銀行送金やクレジットカードが口座反映も早く手数料もかからないため、おすすめです。ただし、各方法によって細かい設定をしなければならないケースもあります。

例えば、BigBossの国内銀行送金では、入金額が5万円以上でなければ手数料1,000円が発生します。また、クレジットカードを使った入金は、本人とカードが一緒に写った画像を提出しなければなりません。

事前に入金方法をよく調べておきましょう。

18歳以上におすすめの海外FX業者3選

18歳以上になってFXを始めたい方に、おすすめの海外FX業者を3社紹介します。

  1. BigBoss
  2. XM
  3. HFM

判断基準は、少ない資金でも取引が始められ、親の同意書が必要ない海外FX業者です。

それでは、各業者の魅力について紹介していきましょう。

1. BigBoss

BigBossは高校生でも取引を始められる海外FX業者。

FX業者 BigBoss
金融ライセンス セントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁
年齢制限 18歳以上
高校生の口座開設 可能
最低入金額 設定なし
取引できるFXの通貨ペア 43種類
最大レバレッジ 1,111倍
クイック口座開設への対応 可能

最低入金額の設定がない国内銀行送金を利用できるので、取引資金を多く用意できない高校生でも始められます。

また、国内FXよりもレバレッジが高いため、高額な利益を狙いやすいです。

BigBossではグループ会社を通して他の国のトレーダーにもサービスを提供しているため、ジョージアとカナダの金融ライセンスも取得しています。

それらの金融ライセンスはオフショア地域よりも規制や審査が厳しいため、取得しているBigBossは信頼性の高い海外FX業者だと言えます。

親の同意書も必要ないので、ぜひ、口座を開設してみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

2. XM

出典:XM

XMは、日本人トレーダーの間で知名度の高い海外FX業者です。

FX業者 XM
金融ライセンス セーシェル金融庁
年齢制限 18歳以上
高校生の口座開設 可能
最低入金額 5ドル
取引できるFXの通貨ペア 57種類
最大レバレッジ 1,000倍
クイック口座開設への対応 不可

XMは常に口座開設ボーナスを実施しており、登録するだけで3,000円のボーナスがもらえます。

レバレッジも1,000倍と高いため、もらったボーナスだけでも取引を始められます。

ただし、スプレッドがやや広めな点がネックです。最初は大きな影響がないかもしれないですが、取引に慣れてくると、取引コストに満足できないかもしれません。

3. HFM

出典:HFM

HFMはHotForexからブランドが変更された海外FX業者です。

FX業者 HFM
金融ライセンス セントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁
年齢制限 18歳以上
高校生の口座開設 可能
最低入金額 5ドル
取引できるFXの通貨ペア 53種類
最大レバレッジ 1,000倍
クイック口座開設への対応 可能

HFMでは最低入金額が5ドルになっており、少額でも取引を始めやすい海外FX業者。

入金ボーナスや取引ボーナスもあり、資金を増やしやすいです。

ただし、ボーナスがもらえる条件が複雑なので、注意しなければなりません。

まとめ:海外FXなら年齢を気にせず取引できる

多くの海外FX業者では18歳以上なら口座を開設できます。レバレッジも高いので、少ない資金でも取引を始めやすいです。

しかし、レバレッジが高い分、誤った方法で取引をすると大きな損失を被るリスクがあるため注意しなければなりません。

したがって、最初は0.01ロットから取引を始めましょう。

18歳以上から口座開設ができるおすすめの海外FX業者を探しているのであれば、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\数千円の資金から取引を始められる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎