海外FX基礎

FXのテクニカル分析とは?おすすめの分析手法から用語まで解説

「FXのテクニカル分析って何?」
「テクニカル分析にも色々あるけど、どれがおすすめ?」
といった疑問をもっていませんか。

FX取引で利益を狙うためには、相場分析が欠かせません。

しかし、テクニカル分析という言葉を聞いたことはあっても、どのようなものかイメージできない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • テクニカル分析の基礎知識
  • テクニカル分析の種類
  • テクニカル分析のおすすめの手法

テクニカル分析への理解を深め、使いこなすことができれば利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXで取引を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXのテクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去のチャートから将来の値動きを予測する方法です。

過去に似たパターンがあれば、今後も同じ値動きをする可能性が高いと予測を立てて取引します。

テクニカル分析はFX以外にも、株式や仮想通貨などにも幅広く利用されています。

チャート上に売買サインが確認できるテクニカル分析は、視覚的に判断しやすく、再現性が高いので、初心者にもおすすめの分析方法です。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い

テクニカル分析とともに有名な方法が、ファンダメンタルズ分析です。

ファンダメンタルズ分析は、各国の政治や経済の動向などから相場を分析する方法を指します。

経済の動向を見極める際に役立つ情報には、各国の金融政策や経済指標、要人発言などがあり、これらが為替相場へどのような影響を与えるのかを考えながら、値動きを予想します。

ファンダメンタルズ分析は長期的な相場予想に有効ですが、各国の金融政策などを理解して判断することは初心者にとって難しいでしょう。

一方、テクニカル分析は取引ツールや分析ツールなどを使えば、ファンダメンタルズ分析よりも簡単に取り組めるので、初心者でもチャレンジしやすいといえます。

FXのテクニカル分析には大きく分けて3種類ある

FXのテクニカル分析は、大きく分けて以下の3種類に分けられます。

テクニカル分析の種類 特徴
トレンド系テクニカル分析 相場の流れや方向性を分析
オシレーター系テクニカル分析 相場の過熱感を分析
ライン系テクニカル分析 反発やブレイクなど相場の反応ポイントを分析

トレンド系テクニカル分析は、相場の流れを予測する方法で、同じ方向の値動きが続く場合に利用しやすい分析方法です。

買われ過ぎと売られ過ぎを見極めるオシレーター系テクニカル分析は、相場の反発を捉えやすい分析方法といわれています。

相場の反発とは、下落(上昇)してきた相場が値上がり(値下がり)に転じることです。

ライン系テクニカル分析は、チャート上に引いたラインから相場の反発やブレイクを予測する方法を指します。

ブレイクとは、相場が意識しているラインを上抜け、または下抜けすることです。

FXのトレンド系テクニカル分析3選

トレンド系テクニカル分析の代表的な指標には以下の3つがあります。

  1. 移動平均線
  2. 一目均衡表
  3. ボリンジャーバンド

それぞれの指標を詳しく解説します。

1.移動平均線

移動平均線とは、一定期間の価格を結んだグラフで、多くのトレーダーがテクニカル分析に利用するインジケーターです。

相場の大まかな流れを掴み、上昇や下降といった相場のトレンドを把握できます。

移動平均線では、以下のゴールデンクロスとデッドクロスの見極め方が有名です。

手法 シグナルサイン 売買方向
ゴールデンクロス 短期線が長期線を下から上に抜ける 買いのシグナル
デッドクロス 短期線が長期線を上から下に抜ける 売りのシグナル

移動平均線の見方や活用方法はこちらで詳しく解説!

2.一目均衡表

一目均衡表は、細田悟一氏(筆名は一目山人)が発案者とされている「いつ相場が動くのか」といった時間軸に着目した分析方法です。

一目均衡表は、以下の5つの線から構成されます。

基準線 直近26日間の最高値と最低値の平均を結んだ線
転換線 直近9日間の最高値と最低値の平均を結んだ線
先行スパン1 基準線と転換線の平均値を26日先行して表示させた線
先行スパン2 直近52日間の最高値と最低値の平均値を26日先行して表示させた線
遅行スパン 当日の終値を26日さかのぼって表示させた線

先行スパン1と先行スパン2の間を「雲」と呼び、価格を下支えする支持帯、価格の上昇を押さえつける抵抗帯としての役割をもつことがあります。

一目均衡表は、下図の雲を使ったトレード手法が有名です。

シグナルサイン 売買方向
現在の価格が雲を上に突き抜ける 買いのシグナル
現在の価格が雲を下に突き抜ける 売りのシグナル

一目均衡表の見方とトレード手法はこちらで詳しく解説!

3.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、単純移動平均線を中心として上下に標準偏差に基づく線を引いて値動きの変動幅を示した指標です。

標準偏差とは、この平均線周辺でどの程度ばらついているかを示す指標を指します。

ボリンジャーバンドの標準偏差に基づいたラインには「±1σ標準偏差」や「±2σ標準偏差」などがあります。

ライン内に値動きが収まる確率は以下の通りです。

標準偏差 ライン内に収まる確率
±1σ(シグマ) 68.3%
±2σ(シグマ) 95.4%
±3σ(シグマ) 99.7%

標準偏差を表す上下のラインに近づくほど、反発や反落する可能性が高いと考えられます。

ボリンジャーバンドは、価格が上昇しているときの流れに従って買いエントリーしたり、ボリンジャーバンド付近で売りエントリーしたりと、順張りと逆張りのどちらにも活用できるインジケーターです。

ボリンジャーバンドの使い方やおすすめの手法はこちらで詳しく解説!

FXのオシレーター系テクニカル分析3選

FXで利用されるオシレーター系テクニカル分析には、以下の3つがあります。

  1. MACD
  2. RSI
  3. ストキャスティクス

順番に解説します。

1.MACD

MACD(マックディー Moving Average Convergence/Divergence)は、より新しいデータに比重を置く考えに基づき、移動平均線を発展させた指標のことで、移動平均収束拡散手法とも呼びます。

具体的にはMACDライン、シグナルラインの2つのラインを使って分析します。

MACDラインがシグナルラインを上に抜いた際は買いサインのゴールデンクロス、下に抜いた際は売りサインのデッドクロスとみなされます。

MACDの見方や手法はこちらで詳しく解説!

2.RSI

RSI(アールエスアイ Relative Strength Index)とは、一定期間の為替相場の上昇幅と下落幅の累計を算出し、上昇幅の累計が値動きの全体の何%を示しているかを指数化した指標で、相対力指数とも呼びます。

RSIのトレード手法は下図のように、70%を超えると買われ過ぎと判断し売り注文、30%以下の場合は売られ過ぎのため買い注文を入れるのが一般的です。

RSIの使い方や手法はこちらで詳しく解説!

3.ストキャスティクス

RSIと同様に、ストキャスティクスは「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を表す指標です。

一定期間の最高値と最安値の幅の中で、直近の取引価格が相対的にどの位置にあるのかを表します。

一般的にストキャスティクスの数値が80%以上の場合は買われ過ぎのため売り注文、20%以下の場合は売られ過ぎのため買い注文の目安として活用されます。

ストキャスティクスは、一定の幅で上昇・下降を繰り返すレンジ相場で力を発揮する指標です。

FXのライン系テクニカル分析3選

FXのライン系テクニカル分析の代表的な指標には、以下の3つがあります。

  1. 水平ライン
  2. トレンドライン
  3. チャネルライン

順番に解説します。

1.水平ライン

水平ラインとはその名の通り、チャート上に水平方向へ引く線のことです。

水平ラインは、チャート上で目立つ安値同士を結んだ「サポートライン」、高値同士を結んだ「レジスタンスライン」の2つに大別できます。

サポートラインやレジスタンスラインは、多くのトレーダーが意識しているラインであるため、価格の反発・反落が起きやすくなります。

水平ラインを使った手法は、価格の反発・反落とラインブレイクを狙ったエントリーが一般的です。

2.トレンドライン

トレンドラインとは、相場の方向性を分析するときにチャート上へ引くラインです。

トレンドラインは更に、チャート上の目立つ安値同士を結んで上向きに引ける「上昇トレンドライン」と高値同士を結んで下向きに引ける「下降トレンドライン」の2種類に分けられます。

これらのラインは、価格の下落を下支えするサポートライン、上昇を押さえつけるレジスタンスラインと呼ばれることもあります。

トレンドラインは水平ラインと同様に、価格の反発・反落やラインブレイクを狙ったエントリーが一般的です。

トレンドラインの引き方やトレード手法はこちらで詳しく解説!

3.チャネルライン

チャネルラインは、トレンドラインと平行になるように引く線のことです。

上昇トレンドラインと平行に引ける線を「上昇チャネルライン」、下降トレンドラインと平行に引ける線を「下降チャネルライン」といいます。

トレンドラインとチャネルラインの間で価格が変動することが多いため、それぞれの近くでエントリーするのが効果的です。

決済するタイミングもわかりやすいので、トレンドラインとあわせて使い方をマスターしておきましょう。

ライントレードのポイントや注意点はこちらで詳しく解説!

FXのテクニカル分析でよく使う用語

FXのテクニカル分析では専門用語があり、あらかじめ理解しておくとスムーズに取引できるでしょう。

特にFXでよく使われる用語は、以下の4つです。

  1. ローソク足
  2. 順張り
  3. 逆張り
  4. シグナル

それぞれの用語を詳しく解説します。

1.ローソク足

ローソク足とは、設定した時間内の始値、終値、高値、安値を視覚的に表したものです。

形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名づけられました。

ローソク足は2種類に分けられ、設定した期間の始値よりも終値の方が高い場合を「陽線」、始値より終値が低い場合を「陰線」と呼びます。

始値と終値の間に挟まれた部分を実体と呼び、上下に伸びる線をヒゲと呼びます。

1分単位から月単位までの期間で表示設定できるので、自分の取引手法や取引スパンに合わせて活用しましょう。

ローソク足の見方はこちらで詳しく解説!

2.順張り

順張りとは、現在のトレンドの向きにあわせて取引する方法です。

例えば、現在価格が下落していて、さらに下がると予想して売り注文を入れるイメージです。

トレンドにうまく乗れれば、比較的大きな利益を狙いやすくなるでしょう。

3.逆張り

逆張りとは上昇トレンドのときに売り、下落トレンドのときに買いを入れるトレンドに逆らって取引する方法です。

レンジ相場でも利益を狙えるため、エントリー機会が多いのが特徴です。

短期的な利益を狙える反面、トレンド転換しなかった場合に大きな損失を受ける可能性があるため、損切りラインを設定するなどのリスク管理が欠かせません。

順張り・逆張りでのトレード方法はこちらで詳しく解説!

4.シグナル

シグナルとは、相場が今後上昇するのか下降するのかを判断する合図になるものです。

例えば、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスが挙げられます。

FXでテクニカル分析を活用する際の3つのポイント

テクニカル分析を理解しても、どのように使えばいいのか戸惑う方もいるでしょう。

ここからは、テクニカル分析を活用するための3つのポイントを解説します。

  1. 簡単なテクニカル分析から取り入れてみる
  2. 2つのテクニカル分析を組み合わせる
  3. テクニカル分析を過信し過ぎず損切りラインを決めておく

それぞれのポイントを詳しく解説します。

1.簡単なテクニカル分析から取り入れてみる

テクニカル分析を活用する際は、簡単なものから取り入れていくのがおすすめです。

例えば、移動平均線などの視覚的に理解しやすいものから活用すると、テクニカル分析への抵抗感が薄れ、自分に合った分析方法が見つかりやすくなるでしょう。

インターネットや書籍の情報を眺めるだけでは手法を身に付けるのは難しいため、実際に使ってみることが大切です。

いきなりお金を使って損失を出すのが怖い場合は、デモトレードを活用してみましょう。

デモトレードは、仮想のお金を使って取引できるので、失敗を気にせずにトレードできます。

デモ口座対応のおすすめの海外FX業者はこちらの記事で詳しく解説!

2.2つのテクニカル分析を組み合わせる

自分に合う手法が見つかったら、2つのテクニカル分析を組み合わせて使ってみましょう。

トレンド系とオシレーター系は互いの欠点を補えるため、組み合わせることで相場分析の精度が上がりやすくなります。

例えば、移動平均線とMACDを組み合わせて使う場合は、両方の売買シグナルが出ているポイントを狙うのがおすすめです。

2種類のテクニカル指標を使うことで、だましに遭う確率も減らせるでしょう。

3.テクニカル分析を過信し過ぎず損切りラインを決めておく

テクニカル分析は優れた分析方法ですが、相場が必ずしも売買シグナル通りに動くとは限りません。

想定外の値動きに巻き込まれて、大きな損失を受けないためには、「損失が○○円になったら損切りする」のように損切りラインを決めておくことが大切です。

感情に流されずに損切りするためにも、エントリーする前に損切りポイントを設定しておきましょう。

それでも冷静に損切りができない場合は、設定した値で自動決済される逆指値注文を利用するのがおすすめです。

損切りラインの決め方はこちらで詳しく解説!
逆指値注文の設定方法はこちらで詳しく解説!

FXでテクニカル分析を活用する際の3つの注意点

テクニカル分析にもデメリットがあり、把握したうえで対策することが必要です。

ここからは、テクニカル分析するときの3つの注意点を解説します。

  1. すべてのシグナルが機能するとは限らない
  2. 値動きが大きいタイミングにトレードしない
  3. テクニカル分析は短い時間足では効きにくい

特に注意すべきポイントから解説します。

1.すべてのシグナルが機能するとは限らない

テクニカル分析では、売買シグナルと異なる方向に価格が動く「だまし」が起きる可能性があります。

例えば、移動平均線でゴールデンクロスやデッドクロスがチャート上に出れば売買サインとみなされますが、このサインがだましとなることもあります。

だましを回避するためには、テクニカル指標ごとの特徴を把握し、複数のテクニカル指標を参考にしたうえで総合的に判断することが大切です。

2.値動きが大きいタイミングにトレードしない

為替市場では、経済指標の発表や要人発言などの経済イベントによって、大きな値動きをすることがあります。

テクニカル分析は、平均的な過去の値動きを元に予測するため、このような出来事に対応できないケースがほとんどです。

経験豊富なトレーダーでも値動きの予測が難しいので、FX初心者の場合は経済イベントがあるタイミングでの取引を控えるのがおすすめです。

大きな値動きに巻き込まれないためにも、日頃からニュースなどを確認し、世界情勢にも目を向けておきましょう。

3.テクニカル分析は短い時間足では効きにくい

テクニカル分析の売買シグナルのほとんどが為替レートが動いたあとに出るため、日足などの長い時間足の方が活用しやすいといわれています。

また、短期取引では突発的な値動きが頻発しやすく、だましが多くなる傾向があります。

長い時間足で相場の方向性を捉えてから、エントリーチャンスを探りましょう。

まとめ:テクニカル分析を活かしてFXで利益を狙おう

テクニカル分析は、チャートから視覚的に判断できるので、初心者でも取り入れやすい分析方法です。

テクニカル指標を使えるようになれば、相場分析の精度が上がり、利益が狙いやすくなるでしょう。

これからFXを始めようと考えている人は、複数のインジケーターや自動売買が利用できるMT4やMT5を採用しているFX業者を選びましょう。

MT4やMT5に対応していて、初期費用の少ない人でも利用しやすいFX業者を探しているなら、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎