海外FX基礎

FXで小額取引と言えば1000通貨?単位の意味や1000通貨取引のポイントを解説!

FXで少額取引

トレーダー
「FXを始めたいけど1000通貨って何の単位?」

トレーダー
「少額投資なら1000通貨って言われたけどいくらの金額?」

と疑問に思ったことはありませんか。

 

FXでは1000通貨や10万通貨と呼ばれる独自の単位が使われており、トレード初心者の方にとっては馴染みが無く意味が分からないという声をよく聞きます。

その中でも1000通貨は小額取引を行う際に使われるため、しっかりと理解しておくべきFXの用語の1つとなります。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXの1000通貨とは
  • 1000通貨取引に必要な証拠金
  • 1000通貨取引を始めるポイント

少額でFXを始めるなら1000通貨の取引は必ず通る道でもあるため、意味や計算方法をしっかりと覚えていきましょう。

1000通貨で少額取引を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXの1000通貨とは

1000通貨とは、FXで取引を行う際の取引数量の単位となります。

FXでは2国間の通貨を1つに組み合わせた通貨ペアを選んで取引を行うため、それぞれの通貨1000枚分が1000通貨です。

1000通貨は多くのFX業者で最小の通貨単位として設定されることが多いため、1000通貨=少額の取引といった共通の認識が存在します。

1000通貨とロット数

実際のFXでは1000通貨といった呼び方や表示は使わず、ロット数(Lot数)が使われています。

1000通貨は通貨1000枚の意味で固定の単位となりますが、ロット数はFX業者によって設定が異なります。

例えば、国内FX業者では1ロット=1万通貨もしくは1000通貨、海外FXでは1ロット=10万通貨で設定されています。

ロット数はFX業者によって異なるため、自分が使う業者のロット数の単位をしっかりと確認しておきましょう。

1000通貨はいくらなのか

1000通貨は取引を行う通貨ペア1000枚分を意味します。

例えば、米国のドルと日本の円の通貨ペア「ドル円」の場合だと、1000通貨は1000枚分のドルと1000枚分の円となります。

現在のドル円レートが1ドル150円だとすれば、1000通貨は1000ドル=150,000円の取引量となるのです。

150円×1000ドル=150,000円

ちなみに、もし1通貨の取引が行えるFX業者であれば1ドル=150円の取引です。

2国間の通貨ペアは常に固定ではないため、時々によって取引するお金の枚数が変わっていくことは覚えておきましょう。

FXで少額取引と言えば1000通貨

FXの世界では少額取引=1000通貨の共通認識が存在します。

1通貨から取引できるFX業者も存在しますが、多くのFX業者では1000通貨を最小単位として設定しています。

そのため、最小金額として設定できる1000通貨が少額取引として多くのトレーダーに認識されているのです。

逆に最大の通貨枚数については、国内FX業者だと100万枚、海外FX業者だと500万枚で取引可能です。(最大枚数もFX業者によって異なる場合があります。)

FXで1000通貨取引に必要な証拠金

1000枚分の通貨ペアの取引が行える1000通貨ですが、実際に取引を行う際には1000枚分の通貨よりも少ない証拠金(資金)で取引を行えます。

実際の必要となる証拠金は国内FX業者と海外FX業者、設定するレバレッジによって異なるのです。

国内と海外、それぞれのFX業者で想定できる1000通貨取引に必要な証拠金の計算を行ってみましょう。

国内FXの場合

FXで取引を行うために最低限必要となる証拠金については「通貨ペアの為替レート×通貨単位÷レバレッジ」で計算できます。

国内FXの場合は最大レバレッジが25倍に規制されているため、レバレッジは最大で25倍となります。

ドル円のレートが1ドル150円でレバレッジ25倍を掛ける場合

150円×1000通貨÷25倍=6,000円

約6,000円の資金を入金すれば取引を行うことができます。

FXは1万円以内の少額から取引を始められるということです。

海外FXの場合

海外FXの場合、最大レバレッジは業者によって設定が異なります。

500倍や1000倍といったレバレッジを設定でき、国内FXよりもリターンとリスクが高い取引が可能です。

ドル円のレートが1ドル150円でレバレッジ1111倍を掛ける場合

150円×1000通貨÷1111倍=約135円

約135円の少額で取引を始められます。

高いレバレッジが取扱える海外FXの方が、国内FXよりも少ない資金で取引を始められることは覚えておきましょう。

必要証拠金以上の入金は必要

国内FXと海外FXで必要となる証拠金を紹介しましたが、必要証拠金だけでは取引を継続できない可能性があります。

というのも、1000通貨の取引でも1pipsの値動きで1円、10pipsで10円、100pipsで100円の利益もしくは損失が発生します。

国内FXで6,000円の証拠金を入金した後に-100pipsの損失を出して5,900円の証拠金となった場合、必要証拠金に届かないため取引を再開できません。

万が一、損失を出して証拠金が減ってしまった時のことを考えて、必要証拠金以上の資金をFXの口座には入金しておきましょう。

1pipsあたりの利益と損失の詳しい計算解説はこちら

FXで1000通貨の少額トレードを始めるポイント

少額の証拠金で取引が始められる1000通貨ですが、FX初心者の方が始める際にはいくつかの意識しておかなければならないポイントが存在します。

  • FXの練習環境として使う
  • 利益を狙うなら高いレバレッジを使う
  • 徐々に資金を増やしていく

FXで上達していく上で必要なポイントであるため、しっかりと確認していきましょう。

FXの練習環境として使う

1000通貨の取引は100pipsの値幅を取れたとしても、利益として発生する金額は100円程度です。

FXの利益としては非常に少額であり、100pipsの値幅を取れた対価として相応しくありません。

そのため、1000通貨の取引は練習環境として使うことをおすすめします。

実際に少額のお金を取扱う取引、FXに慣れるまでの環境、新しい手法の練習や研究、といった使い方との相性が良いです。

デモトレードを使うよりもお金が変動する点において、緊張感もあるため初心者の方にとっては良い練習になるでしょう。

徐々に資金を増やしていく

1000通貨の取引でどれだけ勝ち続けても、利益を増やす幅には限界があります。

FXで少しでも利益を増やしたい場合には、徐々に資金を増やして証拠金を積み増していきましょう。

2000通貨、5000通貨、8000通貨と枚数を増やしていき、まずは1万通貨の取引を行えるだけの資金が目標です。

1000通貨の10倍の資金で1万通貨の取引を始められるため、6,000円の証拠金なら60,000円、135円の証拠金なら1,350円です。

少しでも資金量は多い方が取引において有利なため、1000通貨スタートでも資金を少しずつ追加していきましょう。

高いレバレッジの業者を使う

もし、少額しか用意できないが少しでも多い利益を狙いたいという場合には、高いレバレッジが取扱えるFX業者を選びましょう。

1万円の資金しか用意できない場合、国内FXだと1000通貨の取引しかできませんが、海外FXのBigBossの場合1,111倍のレバレッジで1,111万円の資金によって1万通貨の取引を始められます。

少額取引でもレバレッジを使えばしっかりと利益を狙えるため、国内FXよりも海外FXの方が人気という側面も持ちます。

自身のトレードスキルに自信があるなら、高いレバレッジを使ってみるのも良いでしょう。

FXのレバレッジのメリットとリスクを徹底解説!

FXで1000通貨の少額トレードを行う際の注意点

1000通貨で取引を行う際には注意しなければいけないポイントも存在します。

  • 証拠金が少ないと分割エントリーや決済ができない
  • 少額でも資金を失う可能性がある

取引においても重要なポイントであるため、しっかりと確認しておきましょう。

証拠金が少ないと分割エントリーや利確ができない

FXには分割して発注を行う分割エントリー(発注)や分割利確といった技術があります。

分割エントリーを行うことでポジションの平均取得単価を操作したり、利確のタイミングを分割することで利益を伸ばすことが可能です。

しかし、最小通貨単位1000通貨のFX業者において1000通貨分の資金しか用意してない場合には、分割によるエントリーが行えません。

2000通貨分の資金を用意することで1000通貨ずつ分割のエントリーが行えるようになるため、1000通貨ギリギリの証拠金ではトレードとしてできることが減ってしまう点には注意しましょう。

分割エントリーを活かせる押し目と戻りについての解説はこちら

少額でも資金を失う可能性がある

これは当たり前のことでもありますが、少額資金でも負けが続くと資金を失っていきます。

1000通貨の取引で増減する利益と損失は非常に小さいものですが、積み重なることで必要証拠金を下回り取引が出来なくなる可能性があるのです。

少額でも資金を失えば負けであり、トレーダーとしては結果を残せたとは言えません。

最終的に結果を残せるトレーダーを目指すためにも、1000通貨の少額取引からでも負けない取引を心がけていきましょう。

FXで負けないためのコツを解説

まとめ:
FX初心者はまず1000通貨からトレードをはじめてみよう

1000通貨とは、FXで取引を行う際の取引数量の単位のことで、多くのFX業者が最低取引単位として設定するため少額取引の代名詞でもあります。

1000通貨による取引はデモトレードでは感じられない「お金が動く」といった体験を感じられ、FX初心者のスタートや練習に最適です。

これからFXを始めるのであれば、まずは1000通貨から取引を始めて徐々に資金を増やして通貨数を上げていきましょう。

ちなみに、少額でもしっかりと利益を狙っていきたいのであればレバレッジを活用することも1つの手段です。

国内FXよりも高いレバレッジを使える業者をお探しなら、BigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner
banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎