海外FX取引

海外FXのロットの計算方法は?適切なロットの決め方も解説!

FXのロット(Lot)とは、取引単位(通貨)のことです。

ロットの基本的な計算方法や、トレード手法別に適切なロットの設定方法、上げ方など、ロットについて知っておくべきことは数多くあります。

国内FXと海外FXでは、ロットが大きく異なるので注意しましょう。また、海外FXはレバレッジによって資金が少なくても大きな利益を狙えますが、損失も大きくなる可能性があるため、ロットについて理解することは重要です。

この記事では、FX初心者に向けて、ロットの基礎知識やレバレッジとの関係性、ロットの計算方法、最適なロット数を解説します。0.01ロットから高いレバレッジで取引できる業者も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

1ポジション最大50ロットまで保有できる!

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXのロット(Lot)とは

FXのロット(Lot)は、FXにおける取引単位(通貨)のことです。国内と国外のFX会社によって、1ロットあたりの通貨量が異なりますので、注意しなければなりません。

国内外のロットの違いをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

国内FXは1万通貨が多い

ほとんどの国内FX業者では1ロット=1万通貨です。1ドル100円のときにドル円を1ロット売買する場合、100万円分のポジションを保有できます。

  • 100円×1万通貨=100万円

そして、国内FXの最大レバレッジは25倍のため、1ロットのポジションを保有するのに必要な資金は4万円です。

  • 100万円÷25倍=4万円

また、100pips動くと1万円の損益が発生します。

海外FXでのpips(ピップス)とは?1pipsでいくらの損益が発生するのか徹底解説

海外FXは10万通貨が多い

海外FXは1ロット=10万通貨の業者が多くなっています。

国内FXの1ロットとは取引単位が異なるので、誤ってロットを上げすぎると大きな損失を被る恐れがあります。十分に注意しましょう。

1ドル100円のときにドル円を1ロット売買する場合、1,000万円分のポジションを保有できます。最大レバレッジ1,000倍の業者で取引した場合、1ロットのポジション保有に必要な資金は1万円のみです。

そして、100pips動いた時の損益は10万円です。

海外FXの最大ロット数は? レバレッジとの関係性やロット数が多い業者の選び方

ロットとレバレッジの違い

取引単位を示すロットとレバレッジは深く関わり合っています。レバレッジはテコの原理を利用しており、証拠金に最大25倍を掛けた金額で取引できます。また、国内FXのレバレッジは最大25倍ですが、海外FXは25倍よりも高く設定されているケースが多いです。

特にBigBossの場合は、最大1,111倍のレバレッジをかけられるのが特徴です。また、ロットとレバレッジは証拠金を算出するためにも重要です。計算式は次の通りです。

  • レート×ロット÷レバレッジ=証拠金

例えば、1ドル100円のときに、25倍のレバレッジで3ロットを購入するためには、12万円の資金を要します。それに対して、購入するロット数を3ロットから1ロットに減らした場合、実効レバレッジは25倍から半分以下の8倍になります。

要するに、ロットの増減に伴って、レバレッジが増えたり減ったりするということです。

海外FXのロット計算方法

海外FXにおけるロットの計算方法を解説します。

1ロットあたりの必要証拠金の計算方法

1ロットあたりの必要証拠金の計算式は、次の通りです。

  • 通貨ペアのレート×取引単位(1ロットの場合10万)÷レバレッジ=必要証拠金

例えば、1ドル100円でレバレッジ1,111倍で取引する際、1ロット分のポジションを保有するのに必要な証拠金は次のように計算します。

  • 100円×10万ドル÷1,111=9,001円

ユーロ円の必要証拠金も計算してみましょう。1ユーロ120円でレバレッジ1,111倍を取引するときは、1ロット分のポジションを保有するのに必要な証拠金が10,801円になります。計算式は次の通りです。

  • 120円×10万ドル÷1,111=10,801円

ドル円よりもユーロ円のポジションを保有したときに必要証拠金が高くなるのは、1ユーロと1ドルに20円分の差があるためです。

1ロットで取引した際に発生する損益の計算方法

まず、1ロット取引した際に発生する損益の計算方法を解説します。レートが1ドル100円のとき、1ロットと0.1ロット、0.01ロットで運用した場合のそれぞれの損益をロット別に見ていきましょう。

1ロットの損益

1ロットで取引したときの損益の目安をまとめました。

為替の変動 損益
1pips 1,000円
10pips 1万円
100pips 10万円

1pips動いただけでも1,000円の損益が発生し、得られる利益が大きいのと同時に、リスクが高くなるとも言えます。

0.1ロットの損益

0.1ロットで取引した場合の損益の目安は次の通りです。

為替の変動 損益
1pips 100円
10pips 1,000円
100pips 1万円

10pips以上動けば1,000円の損益が発生しますが、1pipsの損益は100円程度です。リスク管理と利益を両立できるのが特徴です。

0.01ロットの損益

0.01ロットで取引した際の損益の目安を次の表にまとめました。多くのFX業者が、0.01ロットを最低取引単位に設定しています。

為替の変動 損益
1pips 10円
10pips 100円
100pips 1,000円

0.01ロットで取引する場合、利益は少ないですが損失も抑えられます。資金の少ない方や、練習を兼ねた実践トレードをしたい方におすすめです。

FXのトレード時における最適なロットの決め方

最適なロットを決めるためには、次の3点を意識しましょう。

  • トレード手法で決める
  • 資金量とレバレッジで決める
  • 損失許容額で決める

それぞれの基準をわかりやすく解説します。

1. トレード手法で決める

トレード手法によってポジションの保有期間が異なるため、利益確定(利確)と損切りラインの値幅は大きく異なります。

スキャルピング

スキャルピングとは、数秒から数分という非常に短い時間でトレードする手法です。スキャルピングする際の利確ラインは10pipsで、損切りラインは5pipsが主な目安です。スキャルピングで効率的に利益を狙うコツは、ロット数を通常より少し上げることです。数分では、利確ラインと損切りラインの両方の値幅が小さいためです。

例えば、10前後のロットでいつもトレードしている場合は、13前後のロットに上げてスキャルピングすると、損失リスクを最大限に抑えながら、効率よく利益を求められるでしょう。

スキャルピングは小さな値幅を何度も狙う取引手法ですので、1回あたりに狙う値幅を10pipsとすると、1ロットの取引で1万円の利益を狙えます。100万円の資金がある場合は、10ロット程度の取引でもリスクはそれほど高くないでしょう。

デイトレード

デイトレードは、その日のうちにトレードを完結させる取引手法です。スキャルピングに比べてポジションの保有時間が長いため、より大きな値幅を狙えるでしょう。デイトレードの利確ラインは50pipsで、損切りラインは25pipsが主な目安です。

デイトレードで効率よく利益を狙うためには、通常のロット数より少し低めに設定するのがポイントです。例えば、10〜13ロットでいつもトレードしている場合は、5〜7ロットに抑えてデイトレードすると、利益とリスク管理を両立できるでしょう。

スイングトレード

スイングトレードは、数週間から数ヶ月ポジションを保有して、大きな値幅を狙う取引手法です。スイングトレードの利確ライン300pipsで、損切りラインは100pipsが主な目安です。

スイングトレードは、ポジションの保有時間が長くなる分、損失が大きくなるリスクが高まりますので、ロットを上げすぎないように注意しましょう。例えば、資金が100万円の場合、1ロット以下になるように取引するとよいと一般的に言われています。

2. 資金量とレバレッジで決める

口座にある保証金に対して、何倍のレバレッジでトレードするのかが、資金量でロット数を決める際のポイントです。次の条件をもとに、具体例を見ていきましょう。

  • 証拠金:10万円
  • レート:1ドル100円
  • 取引通貨:1万ドル(証拠金×レバレッジ÷レート)
  • レバレッジ:10倍

1ロットが1万通貨の場合は1万ドルが1ロットになり、1ロットが10万通貨の場合は0.1ロットになります。まずはレバレッジを設定すると、最適なロット数を計算できるでしょう。FX初心者に最適なレバレッジは3〜7倍で、高くても10倍以内でトレードするのが一般的です。

資金量の多い少ないに関係なく、資金量とレバレッジのバランスを考慮するとよいでしょう。

3. 損失許容額で決める

損失許容額は個人差がありますので、「自分の場合はいくらまでなら落ち着いてトレードできるか」で判断しましょう。一般的な損失許容度は資金の2%といわれています。10万円の元手で10回連続で損失が生じたとしても、元手の8割が残るためです。

例えば、資金が50万円で、損失許容額が2%と10%のケースで解説します。まず、50万に対して損失許容額が2%の場合、1万円の損失まで許容できます。1ロット保有する場合は10pipsを、0.1ロットであれば、100pipsの損失が許容範囲になります。

それに対して、損失許容額が10%の場合、5万円までの損失を許容できます。1ロット保有する場合は20pips、0.1ロットであれば200pipsの損失までが許容可能です。つまり、許容損失額が高いほど、より多くのロットで取引しやすくなります。

ロットを上げる条件やタイミング

ロットを上げるほど大きな利益を狙えますが、上げすぎるとロスカットのリスクが高くなるので注意しなければなりません。ロットを上げてもよい条件をまとめました。

  • ルールを守ってトレードできている
  • 成績が安定している
  • メンタルに影響が少ない

順番に見ていきましょう。

1. ルールを守ってトレードできている

一時的な感情やその場の考えだけのトレードを繰り返すと、FXがギャンブルになってしまい、勝率が安定しません。ルールが確立していない状況では、ロットを上げると大きな損失を被る恐れがあるでしょう。

したがって、自分で決めたトレードルールを遵守することが大切です。勝率や損益が安定しますので、ロット数を上げても同じくらいの損益率を見込めるでしょう。相場がどのような状況になっても、自分で決めたルールを遵守したトレードができれば、徐々にロット数を上げても問題ないはずです。

2. 成績が安定している

安定したトレード成績を残していれば、トレードで一貫した利益を上げていることになります。例えば過去3ヵ月〜6ヵ月の間に、70%以上のトレードで利益をもたらしている場合、ロット数を増やす一つの指標になります。

また、ドローダウン(一時的な損失)の大きさもチェックしましょう。安定した利益を上げていたとしても、大きなドローダウンが続けば、ロットを増やしたトレードに高いリスクが伴うためです。

3. メンタルに影響が少ない

ロット数を上げすぎたトレードは動揺したり、感情的な判断になったりするため、メンタルに影響が出るほどロット数を上げてはいけません。損切りの遅れや利益を伸ばせない事態につながる可能性もあります。

例えば、0.01ロットをいきなり0.1ロットに上げると損失額も10倍になり、メンタルが安定せず、冷静な判断ができなくなるかもしれません。ロットを上げる場合は、0.01ロットずつ増やしていくなど、少しずつ上げるとよいでしょう。

ロットを計算する際の注意点

ロットを計算する際の注意点を2つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

ロットの上限と下限

多くの海外FX業者はロットに上限が設定してあるため、一度に保有できるポジションに限界があります。例えば、BigBossの場合は、最大ロット数が50ロットで、最小ロット数は0.01ロットです。

BigBoss以外の海外FX業者でも同様に、ロット数の上限と下限が決められているため、トレードする前にチェックするとよいでしょう。

1ロットごとの通貨量は口座のタイプによる

1ロットごとの通貨量は各FX業者が用意する口座タイプによっても違いがあります。例えば、ある海外FX業者の場合、一般的な口座では1ロットが10万通貨で通常値ですが、別の口座では、1ロット1,000通貨になっています。

桁が2つ違う分、トレード時に必要な計算式に大きな違いが生じるかもしれません。今使っている口座の1ロットが何通貨なのかを確認しましょう。なお、BigBossはスタンダード口座とプロスプレッド口座の2種類を用意していますが、どちらも1ロット10万通貨です。

BigBossの最大ロット数は?ポジションを多く保有するメリットを解説!

まとめ:海外FXで取引する際のロットは慎重に決めよう

海外FXで取引する際は、手法や損失許容額などの基準をもとにロットを決めましょう。また、ロットは、少しずつ上げることをおすすめします。一気にロットを上げると、損失額が大きくなるので注意が必要です。

0.01ロットから高いレバレッジで取引できる業者を探しているのであれば、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

大量のポジションを保有できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX取引