海外FX取引

FXのlotはどのように決める?通貨単位やレバレッジとの関係性を解説!

FXのロットはどのように決める?

トレーダー
「FXを始めてみたけどlotの意味がわからない・・・」

トレーダー
「lotを上げ下げすると何が変わるの?」

と悩んだことはありませんか?

FXで取引量を調整するためのlot、トレードを始める前に覚えておきたい用語の1つです。

lotの調整によってFXはリスクとリターンが大きく変わるため、自分のスキルレベルや資金量に合わせながら、適切なlotでトレードを行っていくのが理想です。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • lotについて
  • レバレッジとlotの計算方法
  • 初心者向けのlot調整ポイント

lotの調整が行えるようになると、リスクをコントロールしながらもチャンス場面でしっかりと利益を増やせるトレードが行えるようになるでしょう。

lotについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXのlot(ロット)とは

lotとは、FXにおける建玉でもあるポジション量を調整するための取引単位のことです。

lotを上げることでポジション量が増えるため資金が多く投入される状態となり、lotを下げることでポジション量が減るため資金の投入量が少ない状態となります。

FXにおいて最初に覚えておくべき用語の1つではありますが、リターンやリスクをコントロールできる重要な取引単位でもあるため、多くのトレーダーが日々lot数の調整を行いながらトレードを行っています。

lotと通貨単位の関係性

FXではlotを調整することでポジション量が変化しますが、lotの調整は通貨単位の調整でもあります。

各FX業者によって設定が異なりますが、1lot=10,000通貨、10lot=100,000通貨で調整でき、lotを上げることで通貨単位も上がっていきます。

10,000通貨とはFXの通貨ペアで10,000枚分の通貨を取扱うことであり、lotの調整は保有する通貨ペアの枚数を調整することでもあるのです。

そのため、lotで取引量を増やすことは保有する通貨の枚数を増やすことを覚えておきましょう。

FXの通貨単位である1,000通貨の意味をさらに分かりやすく解説!

lotとレバレッジの関係性

FXにはレバレッジと呼ばれる、証拠金を何倍にも増やせる仕組みがあります。

レバレッジを調整することでFXはリスクを調整できると紹介されることがありますが、実際にはレバレッジではなくlotを調整することでリスクを調整できるのです。

国内FX業者のレバレッジは25倍で固定されており、lotを調整することでポジション量を調整しリスクをコントロールできます。

海外FX業者BigBossの場合だと、最大レバレッジ1,111倍で口座残高が増えていくとレバレッジの上限が低下するユーザー残高比例式のレバレッジが採用されており、その中でlotを調整してリスクをコントロールできます。

さらに独自のロイヤルティプログラムによって、取引合計日数が増えれば増えるほどレバレッジの緩和率が上がり、保有lotも増える仕組みがあるため、BigBossを使い続けることでリスクコントロールの幅が広がります。

トレーダーがトレード時に調整できるのは基本lotであり、国内FXと海外FXで仕組みが違うことを覚えておきましょう。

BigBossのレバレッジやlotのロイヤルティプログラムについて

FX業者によってlotの通貨単位が異なる

lotの通貨単位はFX業者によって異なる場合があります。

1lot=1,000通貨の業者、1lot=10,000通貨の業者、もあれば海外FX業者の場合は1lot=100,000通貨の設定が多くなります。

1lotの通貨単位を知らずにトレードしてしまうと、必要な証拠金やポジションによるリスクも変わるため注意しましょう。

FXの口座開設前、もしくはトレード前にしっかりと1lotの通貨単位について調べておくことをおすすめします。

海外FXにおける詳しいlotの解説はこちら

FXのレバレッジとlotの計算

FXはlotの調整によってリスクをコントロールできると紹介してきましたが、まずはレバレッジとの調整や1lotで必要となる証拠金などを計算できなければ、上手くリスクをコントロールできません。

ここでは、トレードのリスクを調整するために必要な情報をまとめていきます。

1lotで必要となる証拠金の計算方法

FXではまず、トレードを始めるために絶対必要となる証拠金を入金しなければなりません。

入金の際に必要となるのが1lotあたりで必要となる証拠金の計算方法です。

現在の為替レートが150円、1lot=10,000通貨、レバレッジ25倍の場合

150円×10,000通貨(1lot)÷25倍=60,000円

上記の計算によって必要証拠金が分かります。
(為替レート×1lotあたりの通貨単位÷レバレッジ=必要証拠金)

自分が使うFX業者のレバレッジや最低取引単位となるlot数を確認して計算してみましょう。

用意した資金からポジションとして持てるlot数を計算したい場合

証拠金÷為替レート×レバレッジ=通貨単位(lot数)

で計算できます。

1pips当たりの損益

lot数の調整で発生する利益と損失の数字も覚えておくと良いでしょう。

FXではトレードにおける変動幅をpipsとして、1pipsあたりで獲得できる利益と損失はlot数によって変わります。

下記表は1pipsあたりで獲得できる損益の表です。(損失の場合はマイナス)

1pips 10pips 100pips
0.1lot(1,000通貨) 10円 100円 1,000円
1lot(10,000通貨) 100円 1,000円 10,000円
10lot(100,000通貨) 1,000円 10,000円 100,000円

lot数を上げると1pips当たりの獲得利益が増えることが分かります。

自分が用意した資金量から1pipsや10pipsあたりで期待と許容できる損益を考え、lot数を調整してトレードを行うと良いでしょう。

FX初心者向けのlot調整のポイント

lotやレバレッジとの関係や必要な証拠金の計算方法を解説してきましたが、それだけを知っていても上手くトレードに活用できないこともあります。

そこで、FX初心者の方向けにlot調整におけるポイントをいくつか紹介します。

  • まずは最小lotからトレードを始める
  • 証拠金を増やせる状況でlotを上げていく
  • 明確なチャンスが訪れたらlotを上げる
  • トレードが不調の時はlotを下げる
  • 少額資金トレードの場合はレバレッジを活用

トレードにおけるリスクやリターンのコントロールについてしっかりと触れていくので、これからトレードを始める方はぜひ参考にしてみてください。

まずは最小lotからトレードを始める

FX初心者の方にとって、慣れてない状態でのトレードはある意味でリスクが高い状態です。

1pips当たりの損益を把握していたとしても、トレードにおいては5pipsや20pipsほどレートが動く場面も存在します。

lotの計算だけでは把握できない為替市場のリスクを知るためにも、まずは最小lotでトレードを始めてFXに慣れていきましょう。

いきなり多いlot数で損失を出してしまうよりも、最小lot数で成功や失敗を積み重ねていく方が資金やメンタル的にも安定しながら成長していけます。

まずは少額の最小lotからトレードを始めて、経験を得ることを優先させましょう。

証拠金を増やせる状況でlotを上げていく

ある程度トレードに慣れてきたら、証拠金を増やすかlotを上げていきましょう。

FX業者によって上げられるlot数の単位は異なりますが、1lotでのトレードに慣れたら2lot、勝率の高い手法を身に付けたり結果を残せるようになればしっかりと10lot以上に上げていくことも可能です。

もちろん、急にlotを上げ過ぎるとリスクも高くなるため、段階的に上げていくことをおすすめします。

ちなみにトレードの勝率を上げるためには、しっかりと市場の分析を行い勝つための手法を身に付ける必要があるため、鉄板となる勝率の高い手法を使えるようなることが理想です。

FXで鉄板手法を見つける方法はこちら

明確なチャンスが訪れたらlotを上げる

為替相場において明確なチャンスが訪れた場合は、lotを上げるべき場面でもあります。

例えば、テクニカル分析で次のトレンドが予測できた場合、自分が得意なチャートパターンが出現した場合、トレードの勝率が高い状態が続いている時期、などです。

このような状況が訪れた時には、リスクを取ってリターンを狙うためlotを上げることが有効的です。

こういったチャンス時にトレードが成功すれば資金を大きく増やせるため、lotを上げられるだけの資金を準備しつつ、テクニカル分析などを使って日々チャートは分析しておきましょう。

トレードで使えるテクニカル分析の種類を紹介

トレードが不調の時はlotを下げる

FXにおいて明確なチャンスが訪れたり勝ち続けられる好調な場面もあれば、逆に負けが続いてしまう不調な時期もあります。

負けが続いてしまう状態に陥った場合、証拠金の大きな減少を防ぐためにlot数を現在よりも下げてトレードを行いましょう。

勝率が低い状態でトレードを行うと当然ながら負けやすく、トレードを休むかlotを下げることでリスクを調整できます。

とにかくトレードの回数を増やして経験を積み上げていきたい場合には、lotを下げてトレードに取り組んでいきましょう。

もちろん、不調な時は休むことも大切であり、資金を失わずに済むため一度休憩を入れることをおすすめします。

少額資金トレードの場合はレバレッジを活用

lotを上げるためには相応の資金が必要なことが、1lotで必要となる証拠金の計算方法から分かります。

しかし、どうしても少額資金でのトレードを続けていくのであれば、レバレッジをしっかりと活用するのも手段です。

国内FXでは最高25倍のレバレッジ、海外FXのBigBossなら最高1,111倍のレバレッジが使え、少額資金でのトレードなら海外FXの方が資金効率が良くなります。

少額資金でもトレードに慣れてきて、効率よく利益を得たいと考える場合なら海外FXを使ってみると良いでしょう。

圧倒的に高いレバレッジでもゼロカットと呼ばれる追証発生を防げるシステムもあるため、最大限のリスクはしっかりと抑えられた状態でトレードが可能です。

海外FX特有のゼロカットシステムについて解説

まとめ:lotを調整してチャンスを掴める準備をしよう

lotはFXにおける建玉でもあるポジション量を調整するための取引単位のことで、lotを上げれば利益と損失が上昇し、lotを下げれば利益と損失が減少します。

基本FX業者のレバレッジは固定されていることが多いため、lotの調整でリスクコントロールができます。

ちなみに、lotを調整しつつもFXで勝率を上げるためにはテクニカル分析などを使ったトレードの攻略が必要となるため、しっかりと手法やトレードルールを組み立てておきましょう。

それと少額でトレードを始めるなら、今回のlot調整によるリスクコントロールを覚えて海外FXの高いレバレッジを使うと効率が良いです。

もし高いレバレッジが使える海外FX業者をお探しなら、最大1,111倍に設定できるBigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner
banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX取引