海外FXレバレッジ

海外FXのレバレッジ制限の条件とは? ハイレバレッジで取引し続ける方法も解説!

「海外FX業者でレバレッジが制限される条件は?」
「レバレッジ制限を回避する方法を知りたい」
「証拠金が増えてもハイレバレッジで取引を続けたい」

と悩んでいませんか?

海外FX業者の魅力は高いレバレッジですが、必ずしも同じ条件で取引できるわけではありません。

より多くの利益を得たいのであれば、レバレッジ制限が厳しくない業者を選ぶ必要があります。

そこでこの記事では

  • レバレッジが制限される条件
  • レバレッジを制限されないための方法
  • 制限が厳しくないFX業者の紹介

について解説します。海外FXにおけるレバレッジ制限について一通り知っておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

最大レバレッジ1,111倍で取引できる!

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

海外FX業者のレバレッジ制限とは?

レバレッジ制限とは、最大レバレッジが制限される制度で、いくつか種類があります。どんな条件を満たすとレバレッジが制限されるのか、より多くの利益を得るためにも把握しておく必要があります。

まずは、レバレッジ制限の種類について見ていきましょう。

口座残高によるレバレッジ制限は多くのFX業者で採用している

海外FXで最も主流の方法は、口座残高による制限です。

例えば、BigBossでは口座残高が300万円以上になると、レバレッジが1,111倍から555倍に制限されます。

BigBossの場合、アカウント毎の残高でレバレッジ制限の判断を行うため、他の口座に資金を移動しても制限は解除されません。

したがって、1つの口座に300万円ある時に、別の口座へ100万円移してもレバレッジ制限は解除されないので注意が必要です。

ただし、別の口座に資金を移動すれば、レバレッジ制限が解除されるFX業者もあります。

ロットを増やすとレバレッジが制限される業者もある

海外FXの中には、保有ロットが増えるとレバレッジが制限されるFX業者もあります。

例えばTraders Trustでは、1ロットまでなら最大3,000倍のレバレッジで取引できますが、1ロットを超えると最大2,000倍に制限されます。

以降は5ロット超で最大1,000倍、10ロット超で500倍というように段階的に制限がかかる仕組みです。

当然、ロットを上げるほどレバレッジが低くなり、多くのポジションを保有しにくくなります。

海外FX業者がレバレッジを制限する2つの理由

海外FX業者がレバレッジを制限する理由は2つあります。

  1. 顧客が損するリスクを抑えるため
  2. FX業者がゼロカットの際の負担を減らしたいため

順番にその理由を見ていきましょう。

1. 顧客が損するリスクを抑えるため

海外FX業者がレバレッジを制限する理由は、顧客が損するリスクを抑えるためです。

資金量が多いトレーダーの場合、多くの利益を狙うには大きいロットで取引しなければなりません。

そうなると、逆に大きな損失を被るリスクも高くなるでしょう。

口座残高が一定額を超えたタイミングでレバレッジを制限すれば、保有できるロットは少なくなりますが、万が一の損失は減らせます。

2. FX業者がゼロカットの際の負担を減らしたいため

レバレッジを制限すると、FX業者側にもメリットがあります。

多くの海外FX業者は、トレーダーの口座残高がマイナスになった場合、ゼロカットを行います。

その際、トレーダーの負ったマイナス分はFX業者が負担しなければなりません。

レバレッジを高くすれば、トレーダーが大きすぎるロットで取引しにくくなるので、マイナス残高の損失を減らせるでしょう。

その結果、ゼロカット時にFX業者が補填する金額も少なくできます。

このようにレバレッジ制限はFX業者とトレーダーの双方にメリットがある制度です。

レバレッジ制限とレバレッジ規制の違い

レバレッジ制限に似た言葉として「レバレッジ規制」がありますが、全く別のものです。

レバレッジ規制とは金融庁がFX業者に対して課した制限で、トレーダーが対象ではありません。

代表例は、日本の金融庁が国内FX業者に対して出した最大レバレッジ25倍の規制です。

一方、海外FX業者にはレバレッジ規制がありません。業者がそれぞれ最大レバレッジを設定したり、レバレッジを制限したりしています。

レバレッジ制限されそうになった時の手段

少ない資金で多くの利益を得るためには、レバレッジ制限を避けながら取引しましょう。

レバレッジ制限を避ける対策として、2つの方法を紹介します。

  1. 出金する
  2. 複数業者の口座を持っておく

順番にそれぞれの対策方法について見ていきましょう。

1. 出金する

海外FXでは、口座残高によってレバレッジが制限されるケースが多いです。

したがって、レバレッジ制限される水準まで証拠金が増える前に出金する方法が最もシンプルな対策です。

口座残高が300万円以上でレバレッジが制限されるのであれば、口座資金が300万未満になるように出金します。

なお、すでにレバレッジを制限された場合の解除方法はFX業者によって異なるため注意が必要です。

BigBossでレバレッジを制限された時は、全ての口座の残高合計額を300万円未満にすれば午前6時10分(冬時間は午前7時10分、共に日本時間)に制限が解除されます。

2. 複数業者の口座を持っておく

レバレッジ制限を回避するには、複数の海外FX業者の口座で資金を分ける方法もあります。

例えば運用資金が500万円ある場合、一つのFX業者の口座に全額入金すると、レバレッジが制限されるケースがほとんどです。

そこで対策として、3つの海外FX業者の口座に170万・170万・160万と分けて入金すれば、レバレッジが制限されません。

ただし、FX業者によってレバレッジ制限される口座残高が異なるので、事前に確認しておきましょう。

また、複数業者を使って運用する場合、うっかり両建てをしないように注意しなくてはなりません。

なぜなら、海外FX業者では単一の口座での両建ては許可されていますが、複数口座間での両建て取引は禁止されているからです。

うっかり複数業者間で両建てをした場合、口座凍結されたり利益分を没収されたりしてしまうので注意が必要です。

海外FX9社のレバレッジ制限一覧

レバレッジ制限の段階は、各業者によって異なります。最低限、利用したいFX業者のレバレッジ制限は把握しておきましょう。

特に100万円以上の資金がある方は、より多くのロットで取引をするためにも、必ずおさえておくべきです。

以下のFX業者のレバレッジ制限について順番に解説します。

  1. BigBoss
  2. XM
  3. GEMFOREX
  4. AXIORY
  5. Titan FX
  6. HFM(旧HotForex)
  7. LAND-FX
  8. FBS
  9. Traders Trust

各海外FX業者のレバレッジ制限について、それぞれ見ていきましょう。

1. BigBoss

BigBossは2013年からサービスを開始した海外FX業者で、セントビンセント・グレナディーンに拠点があります。

BigBossのレバレッジ制限は以下の通りです。

業者名 BigBoss
最大レバレッジ 1,111倍
口座残高300万円以上のレバレッジ 555倍
口座残高500万円以上のレバレッジ 200倍
口座残高1,000万円以上のレバレッジ 100倍

BigBossでは、口座残高が300万円以上になると、レバレッジが制限されます。

以下の条件でレバレッジが1,111倍と555倍の時、保有できるロットを計算しましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
1,111倍 10万円×1×100円÷1,111=9,001円 100万円÷9,001円=約111ロット
555倍 10万円×1×100円÷555=18,018円 100万円÷18,018円=約55ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

100万円で取引できるロットを計算すると約111ロットです。しかし、口座残高が300万円以上になるとレバレッジが555倍に制限されるので、100万円の資金で保有できるロットは約55ロットに減ります。

取引毎にBigBossPointがもらえる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

2. XM

引用元:XM

XMは日本人に人気の高い海外FX業者で、最大レバレッジ1,000倍で取引可能です。

業者名 XM
最大レバレッジ
  • スタンダード口座 1,000倍
  • Zero口座 500倍
口座残高200万円以上のレバレッジ 全口座タイプ 200倍
口座残高1,000万円以上のレバレッジ 全口座タイプ 100倍

XMでは口座資金が200万円以上になると、すべての口座タイプでレバレッジが200倍に下がります。

そして、証拠金が1,000万円以上になった場合、レバレッジが100倍まで制限されます。

レバレッジが1,000倍と200倍で、どのくらい取引できるロット数に差があるのか、計算してみましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
1,000倍 10万円×1×100円÷1,000=1万円 100万円÷1万円=100ロット
200倍 10万円×1×100円÷200=5万円 100万円÷5万円=20ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

レバレッジが200倍に制限されると1ロット保有するために5万円の証拠金を用意しなければなりません。

したがって、100万円で取引できるロットは、レバレッジ1,000倍時の5分の1になります。

3. GEMFOREX

引用元:GEMFOREX

GEMFOREXは海外FXでは珍しく、DD方式を採用している業者です。

業者名 GEMFOREX
最大レバレッジ 1,000倍
口座残高200万円以上のレバレッジ 500倍

GEMFOREXは最大レバレッジが1,000倍ですが、口座残高200万円以上になると500倍に制限されます。

レバレッジが1,000倍と500倍の時に、どれだけ証拠金に差が出るのか計算しました。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
1,000倍 10万円×1×100円÷1,000=10,000円 100万円÷1万円=100ロット
500倍 10万円×1×100円÷500=20,000円 100万円÷2万円=50ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

GEMFOREXでは、レバレッジが500倍になると必要証拠金が2倍かかるようになります。

したがって、100万円の資金で保有できるロット数も、100ロットから50ロットに減ってしまいます。

4. AXIORY

引用元:AXIORY

AXIORYは約定率を公式サイトで公開しており、透明性も高い海外FX業者です。

最大レバレッジは400倍と他の海外FX業者に比べて低いですが、約定力の高いFX業者です。

業者名 AXIORY
最大レバレッジ 400倍
口座残高1,000万円以上のレバレッジ 300倍
口座残高2,000万円以上のレバレッジ 200倍
口座残高3,000万円以上のレバレッジ 100倍

AXIORYの最大レバレッジは400倍ですが、証拠金が1,000万円以上になると300倍に下がります。

AXIORYは、レバレッジ制限されても資金効率はあまり下がりません。

しかし、レバレッジが制限されると必要証拠金が高くなるので、注意しましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
400倍 10万円×1×100円÷400=25,000円 100万円÷25,000円=40ロット
300倍 10万円×1×100円÷300=約33,333円 100万円÷33,333円=約30ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

AXIORYでレバレッジが400倍から300倍へ制限されると、1ロットあたりの必要証拠金は8,000円ほど高くなります。

したがって、100万円で保有できるロットも40ロットから約30ロットまで減ります。

5. Titan FX

引用元:Titan FX

Titan FXは多くの海外FX業者とは違い、レバレッジの制限がありません。

業者名 Titan FX
最大レバレッジ 500倍
レバレッジ制限 なし

レバレッジ500倍の取引をする際の必要証拠金と保有ロットを計算してみましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
500倍 10万円×1×100円÷500=2万円 100万円÷2万円=50ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

Titan FXでは、1ロットあたりの証拠金は2万円なので、100万円あれば最大50ロットまで保有できます。口座残高が数千万円以上になってもレバレッジが制限されないため、証拠金が多い方にはメリットがあります。

6. HFM(旧HotForex)

引用元:HFM

HFMはレバレッジ制限が緩めの海外FX業者です。口座資金が3,000万円未満の場合、各口座とも最大レバレッジで取引ができます。

業者名 HFM
最大レバレッジ(マイクロ口座の場合) 1,000倍
口座残高3,000万円以上のレバレッジ 全口座タイプ75倍

ただし、レバレッジ制限されると途端にレバレッジが75倍まで下がります。

そこで、レバレッジが1,000倍と75倍の時に、保有できるロットにどのくらいの差があるのか見てみましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
1,000倍 10万円×1×100円÷1,000=1万円 100万円÷1万円=100ロット
75倍 10万円×1×100円÷75=約13万3,333円 100万円÷13万3,333円=約7.5ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

HFMの場合、レバレッジが75倍に制限されると、100万円あっても7.5ロットしか取引できなくなります。

そのため、口座資金が3,000万円になる前に出金しましょう。

7. LAND-FX

引用元:LAND-FX

LAND-FXは2013年に設立され、2021年には「International Business Magazine」を受賞した海外FX業者です。

業者名 LAND-FX
最大レバレッジ 無制限
口座残高10万円以上のレバレッジ 2,000倍
口座残高50万円以上のレバレッジ 1,000倍
口座残高300万円以上のレバレッジ 500倍
口座残高2,000万円以上のレバレッジ 200倍

LAND-FXでは口座資金10万円未満であれば、レバレッジが無制限になります。

とはいえ、あまりにも大きいロットで取引すると、すぐにロスカットにかかります。

また、口座資金が10万円以上になるとレバレッジは2,000倍に制限されるので注意しましょう。さらに口座残高が50万円以上で1,000倍、300万円以上で500倍と段階的に制限されます。

ここからは、LAND-FXのレバレッジが2,000倍と500倍の時に、必要証拠金や保有できるロットがどう変わるのか計算しました。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
2,000倍 10万円×1×100円÷2,000=5,000円 100万円÷5,000円=200ロット
500倍 10万円×1×100円÷500=2万円 100万円÷2万円=50ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

レバレッジが2,000倍から500倍へ制限されれば、保有できるロット数は4分の1になります。

LAND-FXは、細かくレバレッジ制限されるため、自分の資金量で適用されるレバレッジを把握しておきましょう。

8. FBS

引用元:FBS

FBSは最大レバレッジが3,000倍と非常に高いレバレッジを採用していますが、口座資金の変動によって細かくレバレッジが制限されるので注意が必要です。

業者名 FBS
最大レバレッジ 3,000倍
口座残高2万円以上のレバレッジ 2,000倍
口座残高20万円以上のレバレッジ 1,000倍
口座残高50万円以上のレバレッジ 500倍
口座残高300万円以上のレバレッジ 200倍
口座残高1,500万円以上のレバレッジ 100倍

FBSでは口座資金が2万円未満なら、最大3,000倍のレバレッジで取引が可能です。

しかし、口座資金が2万円以上になるとレバレッジは2,000倍に制限され、証拠金も多く必要になります。さらに、口座残高が増えるごとに、レバレッジは制限されます。

レバレッジが3,000倍と500倍の時に、証拠金にどれだけ差が出るのか計算式を用いて説明しましょう。

レバレッジ 1ロット保有するのに必要な証拠金 100万円の資金で保有できるロット
3,000倍 10万円×1×100円÷3,000=3,333円 100万円÷3,333円=約300ロット
500倍 10万円×1×100円÷500=2万円 100万円÷2万円=50ロット

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

レバレッジ3,000倍の場合、1ロットあたりの必要証拠金は、わずか3,333円です。

レバレッジが500倍まで制限されると、1ロットあたりの必要証拠金が2万円になるので、100万円で保有できるロットも約300ロットから50ロットまで減ってしまいます。

9. Traders Trust

引用元:Traders Trust

Traders Trustは、レバレッジ制限を他の海外FX業者より細かく設けている業者です。

また他の業者とは異なり、口座証拠金ではなく、保有ロット数によって制限が課されます。

業者名 Traders Trust
最大レバレッジ 3,000倍
1ロット以上のレバレッジ 2,000倍
5ロット以上のレバレッジ 1,000倍
10ロット以上のレバレッジ 500倍
20ロット以上のレバレッジ 200倍
50ロット以上のレバレッジ 100倍
100ロット以上のレバレッジ 50倍
300ロット以上のレバレッジ 33倍
500ロット以上のレバレッジ 25倍

Traders Trustの最大レバレッジは3,000倍ですが、1ロット以上保有するとレバレッジは2,000倍に下がります。さらに10ロット、20ロット、50ロットと段階毎にレバレッジが制限されるので注意しましょう。

そこで、レバレッジが2,000倍と1,000倍の場合では、必要証拠金がどう変わるのか計算します。

レバレッジ 必要な証拠金
2,000倍 10万円×1×100円÷2,000=5,000円(1ロットあたり)
1,000倍 10万円×5×100円÷1,000=5万円(5ロット)

※1ドル100円の時にドル円を取引する場合

1ロット保有する場合のレバレッジは2,000倍のため、必要証拠金は5,000円です。しかし、5ロット以上保有した場合は、レバレッジが1,000倍に制限され、必要証拠金も5万円になります。たくさん利益を得ようとロットを上げれば、証拠金が多く必要になるので注意しましょう。

レバレッジ制限が緩いおすすめの海外FX業者3選

レバレッジが制限されると、証拠金が多く必要になり大きなロットで取引しにくくなります。資金が増えてもより多くのロットで取引するには、レバレッジ制限が緩いFX業者を選ぶべきです。

そこでレバレッジ制限が緩い海外FX業者3社を紹介します。

  1. BigBoss
  2. HFM
  3. Titan FX

それぞれのFX業者の特徴について順番に見ていきましょう。

1. BigBoss

BigBossは、レバレッジ制限が緩いおすすめの海外FX業者です。

業者名 BigBoss
最大レバレッジ 1,111倍
口座残高300万円以上のレバレッジ 555倍
口座残高500万円以上のレバレッジ 200倍
口座残高1,000万円以上のレバレッジ 100倍
金融ライセンス SVG(セントビンセント・グレナディーン金融庁)
ボーナス あり
サポート対応時間 月曜日~金曜日(日本時間10:00~24:00)
スプレッド(USD/JPY) 1.3pips

※スプレッドは2022年4月14日1時時点
※表に記載されているスプレッドは、往復の取引手数料を含めた実質スプレッドです。

BigBossでは口座資金が300万円以上になるとレバレッジが555倍に制限されます。他の業者では、口座資金200万円以上で200倍に制限される業者もあるため制限幅は穏やかです。

したがって、資金が300万円以上でも大きなロットでの取引が行えるFX業者といえます。

他にもBigBossには以下のようなメリットがあります。

  • 取引ごとにもらえるBigBossPointをボーナスに変換できる
  • グループ会社がジョージアとカナダの金融ライセンスも取得
  • スキャルピングもできる
  • 資金の管理方法が分別管理

BigBossのグループ会社ではジョージアとカナダの金融ライセンスも取得しています。

それらの金融ライセンスはオフショア地域よりも規制や審査が厳しいため、取得しているBigBossは信頼性の高い海外FX業者だと言えます。

スキャルピングも可能で、分別管理により保管するので、安心して取引が可能です。

レバレッジ制限が緩く、ボーナスがもらえるFX業者を探しているのであれば、BigBossを利用しましょう。

約定力の高い環境で取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

2. HFM

引用元:HFM

HFMは、レバレッジ制限の条件が緩めの海外FX業者です。

業者名 HFM
最大レバレッジ 1,000倍
口座残高3,000万円以上のレバレッジ 75倍
金融ライセンス SVG(セントビンセント・グレナディーン金融庁)
ボーナス あり
サポート対応時間 月曜日~金曜日(日本時間15:30~24:00)
スプレッド(USD/JPY) 1.2pips

※スプレッドは2022年4月14日1時時点
※表に記載されているスプレッドは、往復の取引手数料を含めた実質スプレッドです。

HFMでは、口座資金が3,000万円未満の場合、1,000倍のレバレッジで取引できます。

また、HFMを使うメリットとして

  • NDD方式を採用
  • 出金対応が早い
  • 複数の金融ライセンスを取得

といった点が挙げられます。

複数の金融ライセンスを取得しているため、FX業者の中でも信頼性は高く、数百万円単位の入金も安心してできます。

ただし、ボーナスにクッション機能がついていないので、大きなロットでの取引はロスカットされやすくなります。

HFMの公式サイトはこちら

3. Titan FX

引用元:Titan FX

Titan FXはスプレッドが狭いと評判の海外FXです。

業者名 Titan FX
最大レバレッジ 500倍
レバレッジ制限 なし
金融ライセンス VFSC(バヌアツ共和国金融当局)
ボーナス なし
サポート対応時間 月曜日~金曜日(24時間)
スプレッド(USD/JPY) 1.1pips

※スプレッドは2022年4月14日1時時点
※表に記載されているスプレッドは、往復の取引手数料を含めた実質スプレッドです。

Titan FXにはレバレッジ制限もないので、証拠金が多くても500倍のレバレッジで取引できます。そして、他にも以下のようなメリットがあります。

  • 約定力が高い
  • Zeroブレード口座のスプレッドが狭い
  • スキャルピングが可能

Titan FXの注文実行率は99.98%と高く、平均約定スピードも速い水準です。

ただし、ボーナスキャンペーンがないので、ボーナス目当てでの利用はできません。

▶︎Titan FXの公式サイトはこちら

まとめ:レバレッジ制限が厳しくない業者を利用しよう

海外FXはレバレッジが高く、国内FX業者よりも少ない資金で多くの利益を得られる可能性があります。

とはいえ、レバレッジ制限があるので、ずっと最大レバレッジで取引できるわけではありません。

また、業者ごとにレバレッジ制限されるタイミングも変わるため、注意が必要です。

したがって、口座残高が増えてきたら、出金も検討しましょう。

レバレッジ制限が緩めのFX業者で取引したい方には、BigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

口座残高300万円以上でも555倍で取引可能!

BigBossで今すぐ口座を開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FXレバレッジ