海外FX取引

海外FXの最大ロット数は? レバレッジとの関係性やロット数が多い業者の選び方

「海外FX業者ごとに最大ロットって違うの?」
「保有するロット数が増えるとレバレッジ制限を受けるの?」
「ロットを上げるとどのくらい損益が変わるの?」

といった疑問はありませんか?

海外FXによって最大ロット数が違うため、大きいロットで取引したい方は、どの業者なら注文できるか把握しておく必要があります。

そこでこの記事では、

  • 海外FX業者の最大ロット数の比較
  • ロット数によるレバレッジ制限
  • 最大ロット数が多い業者を選ぶ時のポイント

について詳しく解説します。

この記事では、損失を極力抑えられる取引方法についても解説します。どのくらいのロット数で取引すればよいのかわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポジション数無制限のFX業者はこちら!

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

【基礎から解説】海外FXのロットとは?

海外FXのロット(Lot)とは、取引する通貨量を表した単位です。

とはいえ、1ロットあたりの通貨量は各業者や口座により異なるため、正確に把握しておく必要があります。

まずは、ロットについての基礎知識から解説します。FXで注文する際、必ずロットを決めなければなりません。

国内FXでは1枚、2枚といった表現が使われるものの、ロットと意味は同じです。

また、一般的に1ロットあたりの取引単位は1万通貨のFX業者がほとんどです。

海外FXでは1ロット=10万通貨

実は国内FXと海外FXでは1ロットあたりの取引単位が大きく違います。

海外FXでは、一般的に1ロットを10万通貨に設定している業者がほとんどです。

そのため、国内FXの経験があるトレーダーは、1ロットあたりの取引量を勘違いしないように注意してください。

なぜなら、1ロットが1万通貨から10万通貨になると、発生する損益も10倍になるからです。間違って注文すれば、大きな損失を被るリスクが高くなります。

海外FXでロットと呼ばれる単位を使う理由

ところで、なぜロットと呼ばれる単位が使われているのでしょうか。その理由は、取引単位を間違えないようにするためです。

例えば海外では、1,000万通貨を10,000,000通貨と表します。国内FXのように漢字表記ではないので、0を1つ誤って注文するケースも想定されるでしょう。

そこで誤発注を防ぐ目的で、1,000万通貨なら100ロット(1ロット=10万通貨の場合)といったようにロット表記が使われています。

1ロットあたりの通貨量はFX業者や口座ごとに異なる

1ロットあたりの通貨量はFX業者や口座タイプによって変わります。

例えば、XMの場合、マイクロ口座とその他の口座では1ロットあたりの取引単位が全く異なります。

口座名 1ロットあたりの取引単位
マイクロ口座 1,000通貨
スタンダード口座やZero口座 10万通貨

あまりハイリスクな取引をしたくない方は、マイクロ口座の利用がおすすめです。

他方、大きめの利益を狙いたいのであれば、最大ロット数が多くポジション数の制限も厳しくない業者から選んでください。

業者によって、最大ロット数や1回の取引で保有できるポジション数は異なるため、公式サイトで確認しておきましょう。

海外FX業者の最大ロット数を比較

よりたくさんの利益を狙いたい場合は、最大ロット数の上限が高い海外FX業者から選んでください。

なぜなら、ロットを上げれば、利益も増やせる可能性があるからです。

とはいえ、実際のトレードでは、最大ロットに加えてポジション数の上限も重要です。

そこで、FX業者の口座ごとに1ロットの通貨量や最大ロット数について比較しました。

FX業者 1ロットの通貨量 最大ロット数 ポジション数の上限
BigBoss
(スタンダード口座)
10万通貨
  • FX Majorは50ロット
  • FX Minorは20ロット
  • FX Exoticは5ロット
上限なし
BigBoss
(プロスプレッド口座)
10万通貨
  • FX Majorは50ロット
  • FX Minorは20ロット
  • FX Exoticは5ロット
上限なし
XMTrading
(スタンダード口座)
10万通貨 50ロット 200ポジション
XMTrading
(マイクロ口座)
1,000通貨 100ロット 200ポジション
AXIORY
(スタンダード口座)
10万通貨 1,000ロット 上限なし
Titan FX
(スタンダード口座)
10万通貨 100ロット 200ポジション
GEMFOREX
(オールインワン口座)
10万通貨 30ロット 30ポジション
iFOREX 10万通貨 50ロット 上限なし

まず、ほとんどのFX業者が1ロットあたりの取引単位を10万通貨に設定しています。

しかし、XMはスタンダード口座とマイクロ口座で、1ロットの通貨量が異なるので注意しなければなりません。

次に、最大ロット数や最大ポジション数を見ると、FX業者によって大きな差があります。

またBigBossのように最大ロット数が少なくても、理論上は何ロットでも取引可能なFX業者もあります。

したがって、より多くの利益を狙いたい方は、最大ロットの大きさだけでなくポジション数の制限も確認しなければなりません。

保有するロット数によりレバレッジが制限されるFX業者もある

一部の海外FX業者では、ロット数の増加により、レバレッジが制限されます

レバレッジが制限されると、効率的に利益を得られなくなるかもしれません。

そこで、各FX業者の保有ロット数によるレバレッジの有無を比較しました。

FX業者 保有ロット数による制限
BigBoss なし
XM なし
GEMFOREX なし
LAND-FX
  • 口座残高49,1111ドル以下:50ロット以上で200倍に制限
  • 口座残高5万ドル~99,1111ドル:100ロット以上で100倍に制限
  • 口座残高10万ドル以上:100ロット以上で50倍に制限
HotForex 30万ドル以上で50ロットを超えると75倍に制限
FBS なし

※FX取引のみ

LAND-FXやHotForexで取引する場合、それぞれ一定のロット数を超えると、レバレッジが大幅に制限されます。

例えばLAND-FXの最大レバレッジは500倍ですが、口座残高およびロット数によって、最大で50倍まで制限されます。

一方、BigBossやGEMFOREXなどは、保有ロット数をいくら上げてもレバレッジが制限されません。

とはいえ、口座残高により、レバレッジを制限するFX業者は多く存在します。必ず、公式サイトでレバレッジが制限される条件は確認しておきましょう。

1ロットあたりの必要証拠金と取引できるロット数の計算方法とは?

FXの取引をする際には、以下の点に注意してください。

  1. 1ロットあたりの必要証拠金
  2. 現在の資金で取引できるロット数

1ロットあたりの必要証拠金は以下の方法で計算します。

為替レート×取引単位÷レバレッジ

1ドル110円でレバレッジが1,000倍の時は、以下のように計算しましょう。

110(円)×10万(通貨)÷1,000(レバレッジ)=11,000円

つまり、レバレッジ1,000倍のFX業者で取引する場合、口座に11,000円以上入っていれば1ロット取引ができます。

1ロットあたりの必要証拠金を理解できると、資金量に見合ったロット数の計算が楽になります。

また、口座にある資金で何ロット取引できるのか算出しやすくなるでしょう。

取引可能なロット数を求める計算式は、以下の通りです。

海外FXの口座残高÷1ロットあたりに必要な証拠金

1ドル110円・口座残高11万円・レバレッジが1,000倍の条件で、取引可能なロットを計算してみましょう。

11万(口座残高)÷11,000円(必要証拠金)=10ロット

つまり口座残高が11万円の場合、最大で10ロットまで取引可能です。トレード戦略を練る際にも役立つので、覚えておきましょう。

1ロットの取引で発生する損益の計算方法を解説

FXで継続的に利益を得るためには、自分のトレードでどのくらいの損失が発生するのか把握しておかなければなりません。

適当なロット数で取引した場合、思わぬ損失を被るリスクも高くなり、最悪のケースでは口座の証拠金を全額失うかもしれません。

そこで、損失リスクを少しでも避けるために、ロットと値動きにより損益がどのくらい変わるのかまとめました。

ロット数 1pips※ 10pips 100pips
0.1ロット
(1万通貨)
100円 1,000円 1万円
1ロット
(10万通貨)
1,000円 1万円 10万円
10ロット
(100万通貨)
1万円 10万円 100万円
100ロット
(1,000万通貨)
10万円 100万円 1,000万円

※1ロット=10万通貨の場合
※pipsとは、値動きを表す最小単位で1pips=0.01円

例えば、100ロットのポジションを持った時に相場が10pips動くと、100万円の損益が生じます。

では、1ロットで取引した場合は、どうなるでしょうか?

この場合、10pips動いた場合の損益は1,000円です。

つまり、ロット数が大きいほど損益は大きくなります。資金が少ない方は、損失額を抑えるためにロット数は抑えましょう。

取引するロット数は投資資金の2〜3%ほどが目安

海外FX業者での取引に慣れていない場合は、少ないロット数から売買しましょう。

具体的には、投資資金の2~3%ほどがおすすめです。

例えば、口座資金が100万円ある場合の2〜3%は、0.2〜0.3ロット(2〜3万通貨)です。

仮に0.2ロットで取引した場合、100pipsのマイナスでも2万円しか損失が発生しないため、49連敗しても一部の証拠金は残ります。

  • 0.2ロット×100pips=2万円
  • 100万円(口座資金)-{2万円(損失)×49回}=2万円

一方で、ロット数を1ロットに上げて取引すると、損失は10万円になります。

1ロット×100pips=10万円

この場合、10連敗すれば、その時点で100万円を全額失うでしょう。

1回のトレードの損失を抑えれば、利益が残りやすくなります。

特に資金が少ない方は、小さいロットから取引を始めましょう。

海外FXで最大ロット数の多い業者を選ぶときのポイント

海外FXで最大ロット数の大きい業者を選ぶ際には、以下のポイントについて理解しておきましょう。

  1. ロットの上げすぎは、損失を被るリスクにつながる
  2. ポジション数の上限があるかどうか注意する

順番にそれぞれのポイントについて解説します。

1. ロットの上げすぎは、損失を被るリスクにつながる

ロットの上げすぎは、利益だけでなく多大な損失を被るリスクも高くなります。

例えば、0.1ロットと1ロットの取引では、損益にも10倍の差が生じます。

そのため、無闇にロットを上げるのではなく、取引にあてる資金に見合った量で取引をしましょう。

2. ポジション数の上限があるかどうか注意する

一部のFX業者では、ポジション数に上限があります。ポジション数の上限が少ないFX業者を選ぶと、大きな利益が狙いにくくなります。

特にスキャルピングのように短時間で細かく利益を取る場合、一度に多くのロット数で取引しなければなりません。

したがって、ポジション数やロット数の上限が高いFX業者を選ぶべきです。

最大ロット数やポジション数の上限は、FX業者の公式サイトで確認しておいてください。

まとめ:多くの利益を得たいなら最大ロット数が多い海外FX業者を選ぶ

FX業者によって、最大ロットやポジション数の上限は異なります。

より多くの利益を狙うためにも、最大ロット数やポジション数の上限が多い業者を選びましょう。

また、スキャルピングが禁止されていないかどうかも確認してください。

スキャルピングOKかつより多くのロット数で取引できるFX業者を探しているのであれば、BigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

最大レバレッジ1,111倍で取引できるFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座を開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX取引