海外FX基礎

FXの初期費用はいくら必要なの? 最小限のコストで取引したい人がFX業者を選ぶポイント

「FXっていくらから始められるの?」
「最初は少ない資金から取引を始めるべき? 」
「初期費用を抑えられるFX業者で取引したい...」

FXに興味があっても、どのくらいの費用がかかるのか不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

実は、FXを始めるのに多くの費用はかかりません。

ただ、初期費用を抑えるためには、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そこでこの記事では、

  • FXに必要な初期費用
  • 少ない資金でFXを始めるメリット
  • 初期費用を抑えられるFX業者を選ぶ際のポイント

について詳しく解説します。

この記事を読めば、いくらから取引を始めれば良いのかわかるようになります。ぜひ、最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXはいくらから始められる?

FXの取引がいくらから始められるかは、FX業者次第です。FXの取引をするためには、証拠金と呼ばれる担保となるお金が必要です。

また、FXではレバレッジをかけられるので、海外FXなら数百円、国内FXなら数千円あれば十分な取引ができます。

海外FXと国内FXで最低金額に差があるのは、レバレッジが異なるからです。海外FXはレバレッジが高い分、ポジション保有に必要な証拠金が少なく済みます。

なお、1通貨単位で取引できるFX業者もありますが、得られる利益は100pipsあたり1円と少ないです。

より多くの利益獲得を目指すのであれば、1,000通貨から取引を始めるのがおすすめです。

1,000通貨で取引できる海外FX業者はこちら!

国内FXと海外FXの初期費用の比較

ここからは、国内FXと海外FXで取引する際の初期費用について、もう少し詳しく見ていきましょう。

FXではレバレッジをかけられます。

最大レバレッジ25倍の国内FX業者では、ドル円を1,000通貨取引するのに必要な証拠金は(1ドル150円の場合)6,000円です。

150円×1,000通貨÷25倍=6,000円

そして、海外FX業者の場合、高いレバレッジをかけられるのでさらに初期費用が抑えられます。
例えば最大レバレッジ1,111倍のBigBossの場合、ドル円を1,000通貨取引するのに必要な証拠金は(1ドル150円の場合)わずか約135円です。

150円×1,000通貨÷1,111倍=約135円

つまり、口座に数百円入れておけば、十分取引できます。

元手の少ない人に海外FXをおすすめする理由はこちらで解説!

FX初心者が用意すべき初期費用はいくら?

FXの取引を始める際に、どのくらいの初期費用を用意するべきかは、その人の資金量次第です。

初心者であれば、最低でも1万円〜数万円は用意しておきましょう。

なぜなら、FXにはロスカットと呼ばれる制度があるからです。

ポジションを保有するのに必要な資金は数百円〜数千円ほどですが、価格がエントリーの逆方向に動くと、含み損が増えていきます。

含み損が膨らみすぎて一定の水準以下になると、ロスカットによりポジションが強制的に決済されるので、大きな損失を被ります。

つまり、資金を少額しか入れてなかった場合、エントリーと逆方向に価格が少し動くだけで、損失を被るのです。

よって、多少含み損が増えてもロスカットされないために、資金を入金しておきましょう。

初心者が初期費用を抑えるメリット

初心者の場合、取引をしても利益を得るどころか損をする可能性が高くなります。

そのため、最初から多くの初期費用を用意するのはおすすめできません。初期費用を抑えるメリットを3つ紹介します。

  1. 少ない資金から取引を始められる
  2. 大きな損をしなくて済む
  3. トレードの練習になる

それぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

1. 少ない資金から取引を始められる

FXは少ない資金から始められます。特に、レバレッジが高い海外FX業者を使えば初期費用は数百円で足りる場合もあります。

例えば、レバレッジ1,111倍のBigBossでドル/円(1ドル130円の場合)を0.01ロット保有するのに必要な証拠金は、約117円しかかかりません。

130円×1,000通貨÷1,111倍=約117円

初期費用が多くかかると、取引を始めるハードルが高くなりますが、海外FXなら少ない資金から取引を始められます。

5,000円から取引を始めるポイントはこちらで解説!

2. 大きな損をしなくて済む

FXはレバレッジをかけられるので大きな利益を狙える一方、大きな損失を被るリスクもあります。

しかし、初期費用を少なくしてロットを小さくすれば、失敗した時の損失額は少なくなります。

例えば、1万通貨でドル円を140円でロングした場合、価格が139円まで下落した際に発生する損失は1万円です。

(139円-140円)×1万通貨×100pips=1万円の損失

一方、1,000通貨で取引した場合、価格が139円まで下落した際に発生する損失は1,000円で済みます。

(139円-140円)×1,000通貨×100pips=1,000円の損失

仮に口座に入金した全額を失っても、被害を最小限に抑えられるでしょう。

3. トレードの練習になる

誰もが利益を得たくてFXを始めます。しかし、初心者が最初からFXで利益を出すのは簡単ではありません。

だからといって何度も取引をすると、そのたびに損失が増えていくので不安を感じるかもしれません。

ただ少額から取引を始めれば、少ないリスクでトレードの練習ができます。

ロットを上げるのは、トレードに慣れてからでも遅くありません。

初期費用を抑えて取引するデメリット

FXの初期費用を抑えた場合、以下のデメリットがあります。

  1. 大きな利益を狙えない
  2. 価格がエントリーと反対方向に進むとロスカットされやすい

それぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

1. 大きな利益を狙えない

初期費用が少ないと、保有できるロットが少なくなるので、得られる利益も少なくなります。

例えば同じ100pipsの利益幅でも、1万通貨で取引した時は1万円の利益を得られますが、1,000通貨で取引した場合は1,000円のみです。

このように、取引単位を少なくすると大きな利益を狙いにくくなります。

2. 価格がエントリーと反対方向に進むとロスカットされやすい

少ない資金で取引を始めた場合、ロスカットされる可能性が高くなります。

なぜなら同じ1,000通貨で取引をする場合でも、資金が1万円と10万円では含み損に耐えられる水準が大きく変わるからです。

そのため、エントリーと逆方向に価格が少し動いただけで、ポジションがロスカットされて口座の資金を全額失う可能性も高くなります。

資金が少ない時は、ロットを上げすぎないようにしましょう。

ロスカットされないための証拠金維持率の目安はこちらで解説!

初期費用を抑えられるFX業者を選ぶポイント

資金が少ない人にとって、取引しやすいFX業者とそうでないFX業者があるので注意が必要です。

この章では、初期費用を抑えられるFX業者を選ぶポイントを5つ紹介します。

  1. 最低取引単位が低い
  2. キャンペーンを利用する
  3. ロスカット水準
  4. 最大レバレッジ
  5. 最低入金額が少ない

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

1. 最低取引単位が低い

最低取引単位が低ければ、少ない初期費用で取引を始められます。

おすすめは1,000通貨から取引できるFX業者です。1,000通貨なら数百円〜数千円の初期費用で取引可能です。

また、100通貨や1通貨単位で取引できるFX業者もありますが、得られる利益は少ないので早めに取引単位を上げましょう。

2. キャンペーンを利用する

多くのFX業者ではキャンペーンを実施しています。

国内FX業者のキャンペーンは、キャッシュバックを受け取るために多くの資金が必要です。

海外FX業者であれば、口座開設や入金をするだけでボーナスを受け取れるので、初期費用を抑えたい人にも利用しやすいでしょう。

海外FX業者によっては、資金が全くない人でも多くの利益を狙えるので、キャンペーンを有効活用しましょう。

海外FX業者のボーナスの比較はこちら!

3. ロスカット水準

ロスカット水準が高いFX業者では、ロスカットにかかりやすくなります。

そのため、ロスカット水準が低いFX業者を選んだ方がリスクを取って多くの利益を狙える可能性が高いです。

ただしロスカット水準が低い場合、同様に多くの資金を失うリスクも高くなるので注意が必要です。

ロスカットを避ける方法はこちらで解説!

4. 最大レバレッジ

FXでは、レバレッジが高いほど危険なイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、初期費用を抑えるのであれば、レバレッジの高いFX業者がおすすめです。

取引に必要な証拠金が少なく済むため、手軽に取引を始められます。

ただし、ロットを上げすぎたりポジションを持ちすぎたりすると、大きな損失を被る可能性があるので注意しましょう。

レバレッジの高いFX業者はこちら!

5. 最低入金額が少ない

最低入金額が少ない業者なら、試しに数百円や数千円を入れて取引できます。

最低入金金額が1万円を超えるFX業者もあるので、必ず口座開設前に確認しておきましょう。

最低入金額の低い海外FX業者はこちら!

FXの初期費用に関するよくある疑問に回答

ここからはFXの初期費用に関するよくある質問について回答します。ぜひ、参考にしてみてください。

FXでは、取引資金以外にお金はかかりますか?

海外FX業者の場合は、入出金手数料やスプレッドに加えて取引手数料がかかる口座があります。

また、一部の海外FX業者では、口座開設費用や口座維持費用などがかかります。

取引する通貨ペアによって初期費用は変わるの?

取引する通貨ペアによって初期費用は変わります。

例えば、レバレッジ1,111倍でドル円とポンド円を1,000通貨取引するために必要な証拠金を計算してみましょう。

ドル円の必要証拠金は約135円(1ドル150円の場合)です。

150円×1,000通貨÷1,111倍(レバレッジ)=約135円

しかし、ポンド円(1ポンド170円の場合)の場合は、約153円かかります。

170円×1,000通貨÷1,111倍(レバレッジ)=約153円

ポンド円の方が証拠金を多く必要とするのは、為替レートがドル円よりも高いからです。

このように、通貨ペアによって必要証拠金は変わります。

スキャルピングとスイングトレードでは初期費用は変えるべき?

スキャルピングの場合は、数秒から数分でトレードが完結するため、損切りまでの値幅が浅いです。

よって、大きいロットで取引をしてもあまりロスカットされません。

一方のスイングトレードは、ポジション保有時間が長く、損切りまでの値幅が長くなります。

また、相場急変によりポジションがロスカットされる可能性が高いので、ロットは抑えめで取引しましょう。

まとめ:FXは初期費用が少ないので手軽に始められる

FXは少ない資金から始められる投資です。

特に海外FX業者では高いレバレッジを利用できるので、1,000通貨取引なら数百円の証拠金で取引を始められます。

少ない初期費用で取引を始めたい人は、レバレッジの高いBigBossをおすすめします。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎