海外FX基礎

FXのA-bookやB-bookって何?どちらのFX業者を利用すべきか徹底解説

「A-bookやB-bookの業者って何? 」
「B-bookよりもA-bookの業者を選んだ方が良いの?」

FX業者を選ぶ時にA-bookやB-bookについて聞いたことがあるかもしれません。

また、興味のあるFX業者がA-book・B-bookのどちらなのか知りたい人もいるでしょう。

そこでこの記事では、

  • A-bookやB-bookの違い
  • A-bookやB-bookのメリット・デメリット
  • どちらがおすすめなのか

について、詳しく解説します。

この記事を読めば、A-bookとB-bookのどちらのFX業者を選べば良いのか分かるようになります。

ぜひ、この機会に口座開設してみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

A-bookとB-bookの違い

FX業者には、A-bookとB-bookがあります。

実は、利用しているFX業者がA-bookかB-bookかで、投資成績にも大きな影響が生じるケースもあるほど重要です。

A-bookとは、顧客から受けた注文を自動的にインターバンクへ流しているFX業者を指す言葉です。

NDD方式の注文方法を採用しているFX業者は、A-bookと呼ばれています。

A-bookのFX業者は、顧客が注文した際に支払うスプレッドや取引手数料のみを収益源としています。

つまり、FX業者としては顧客となるトレーダーに取引をしてもらう必要があります。

一方、B-bookのFX業者もあります。B-bookとは、顧客と相対取引を行うため、注文をインターバンクへ流さない仕組みです。

一般的には、DD方式(またはOTC方式)と呼ばれています。

この場合、ディーラーの判断でインターバンク市場の金融機関にも同じ注文を出したり、他の顧客の注文と相殺したりするのです。

また、顧客から受けた注文を他の注文と相殺せずに抱え続けるケースもあります。注文を抱えた場合、顧客の損失がまるまるFX業者の利益となります。

このように、顧客から受けた注文をどのように処理するかによりA-bookとB-bookに分けられるのです。

DD方式とNDD方式の違いの比較はこちらで解説!

A-bookとB-bookのFX業者を利用するメリット・デメリット

トレーダーはA-bookとB-bookのどちらを採用しているFX業者を選べば良いのでしょうか?

その判断をするためには、A-bookとB-bookのFX業者それぞれを利用するメリットとデメリットを知る必要があります。

A-bookのFX業者を利用するメリット・デメリット

A-bookのFX業者を利用するメリットは透明性が高い環境で取引できること

顧客の注文は確実にインターバンクへ流れるため、FX業者が介入してレートを操作できません。

取引でたくさんの利益を得ても、FX業者に妨害されず、安心して取引ができます。

その一方で、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

  • スプレッドは広く約定力が低い
  • スリッページや約定拒否のリスクはある
  • レバレッジは低い

A-bookのFX業者では、収入源がスプレッドや取引手数料のみです。よって、スプレッドを広げなければ、事業を継続できなくなります。

さらにインターバンク市場の注文とマッチングしなかった場合、スリッページや約定拒否となるリスクもあります。

レバレッジも低いFX業者が多いので、資金の少ない初心者には取引しにくくなるでしょう。

スリッページの原因と対策はこちらで解説!

B-bookのFX業者を利用するメリット・デメリット

B-bookのFX業者を利用するメリットは、3つあります。

  1. インターバンクに流せなくても注文が通る
  2. スプレッドが狭く手数料もかからない
  3. レバレッジが高い

B-bookのFX業者では、必ずしも顧客の注文をインターバンクへ流しません。そのため、約定拒否やスリッページのリスクは高くないのです。

さらに、スプレッドが狭くレバレッジが高い点から、多くの利益を狙いやすいと言えるでしょう。

ただし、利益を出しすぎた場合、口座凍結になるリスクもあります。B-bookのFX業者は、以下のように顧客と利益相反の関係になります。

顧客の注文 FX業者の抱えている注文
利益 損失
損失 利益

あまりにも顧客が利益を出しすぎると、FX業者は大きな損失を被るため約定拒否やスリッページを発生させる可能性もゼロではありません。

よって、スキャルピングを禁止したりロットに制限を設けたりするFX業者も多いです。

A-bookとB-bookのどちらも一概に悪いわけではない

A-bookとB-bookのメリット・デメリットについて解説してきました。

ここまでの解説を見た人は、B-bookの方が利益相反の関係があるからたくさんの利益を出しづらいイメージを持っている人も多いでしょう。

ただ、どちらにもメリット・デメリットがあるので、一方的にどちらかをおすすめできるわけではありません。

そこで、A-bookとB-bookそれぞれの業者がどのような人におすすめなのか解説します。

これからFXの取引を始めたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

A-bookの利用をおすすめする人

A-bookのFX業者では、保有ロットやスキャルピングに制限がないので、たくさん利益を得ても口座を凍結されません。

むしろ、FX業者側もトレーダーにたくさんの取引機会を提供したいと考えています。

よって、A-bookのFX業者は以下のような人におすすめします。

  • 資金の多い人
  • 大きいロットで取引したい人

このような人は、レバレッジの高さよりも安定して取引ができる環境を求めています。よって、レバレッジの高さはそこまで求めていません。

レバレッジが低くボーナスをもらえないため、資金の少ない人が選んでもA-bookのメリットを活かせないでしょう。

海外FX業者の最大ロットの比較はこちら!

B-bookの利用をおすすめする人

次にB-bookのFX業者の利用をおすすめする人を挙げると、以下の通りです。

  • 資金の少ない人
  • ボーナスをもらいたい人
  • 狭いスプレッドで取引したい人
  • 約定力の高い環境で取引したい人

B-bookのFX業者では、ボーナスがもらえたりレバレッジが高かったりします。よって、資金の少ない人でも取引しやすいです。

また、スプレッドが狭く約定力も高いため、より利益を得やすくなります。

ただし、積極的なスキャルピングや大きすぎるロットでの取引、ボーナスを使った両建てなどを制限しているFX業者もあるので注意が必要です。

海外FX9社のスプレッドはこちらで比較!

A-bookとB-bookを併用している業者もある

FXの取引をする場合、国内FXだけでなく、海外FXの選択肢もあります。

海外FX業者の場合は、以下のいずれかに分けられます。

  • 全てA-book
  • 全てB-book
  • A-bookとB-bookを併用

A-bookとB-bookを併用している海外FX業者の場合、顧客の成績や投資金額に応じて分けています。

ただ、自社がA-bookかB-bookなのか公開しているFX業者は多くありません。

そのため、どちらのFX業者が、自身にとって魅力的な条件で取引できるかで判断した方が良いでしょう。

まとめ:
投資金額やトレードスタイルで利用するFX業者を決めよう

国内外問わずFX業者は、A-bookかB-bookのどちらか、あるいは両方を併用しています。

そのため、A-bookやB-bookの違いよりも、レバレッジの高さや約定力の高さといった条件に合うFX業者を選ぶのをおすすめします。

レバレッジが高くてボーナスキャンペーンがあるFX業者を探している人には、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎