海外FXスキャルピング

海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説

「海外FXでNDD方式と聞くけれど、どんな方式なの?」

「DD方式と何が違う?」

と疑問に思っていませんか?

NDD方式やDD方式というのは、FX業者の取引方式のことです。国内FXならDD方式が主流ですが、海外FXだとNDD方式が主流なので、それぞれ内容が全く異なります。

内容が異なればメリット・デメリットも異なるので、どんな違いがあるのか理解できれば、みなさんにとって最適な業者を選ぶことができます。

そこでこの記事では、

  • DD方式とNDD方式の違い
  • DD方式とNDD方式のメリットとデメリット
  • NDD方式を採用しているおすすめのFX業者

を解説します。

この記事を読めば、DD方式とNDD方式の違いから、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で業者選びに役立てることができるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

レバレッジ999倍でNDD方式のFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

DD方式とNDD方式の違い

海外FXの取引方式は、大きく分けて「DD方式」と「NDD方式」の二つがあります。

DD方式とは?

Dealing Desk(ディーリング・デスク)の略。
顧客とインターバンク市場の間にFX業者が入って取引すること。
FX業者のディーラーが顧客の注文に対して反対注文をしたり、インターバンク市場に流したりなどを行っている。

NDD方式とは?

No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)の略。
顧客注文をインターバンク市場へ直接流して取引すること。
FX業者は顧客の注文には介入せず、システムを通してインターバンク市場へ流すだけとなる。

インターバンク市場とは?

FX業者や銀行など機関投資家が参加する市場のこと。

DD方式とNDD方式の最大の違いは、顧客の注文にFX業者が介入しているかしていないかにあります。

DD方式は主に国内FXで取られている方式であり、NDD方式は海外FXで取られている方式です。

DD方式とNDD方式の違いをまとめると、以下の通り。

取引方式 DD方式 NDD方式
取引への介入 あり なし
取引の透明性 低い 高い
決済スピード 遅い 早い
スプレッド 狭い 広い
FX業者の利益 「顧客の損失」がメイン 「スプレッド」や「取引手数料」がメイン

DD方式は呑み行為で注文を受け付けている

DD方式は顧客から注文が受けた際に、呑み行為で注文を受け付けています。

呑み行為とは、顧客注文をインターバンク市場へ直接流さずに、いったん業者側が注文を受け付けること。

呑み行為で受け付けた注文は、業者のディーラーが反対注文を出したり、他の顧客の反対注文と相殺させたりして処理しています。呑み行為をする理由は、顧客の損失を業者が回収できるからです。

例えば、1ドル100円の注文をFX業者が呑んでからレートが動くと、以下のような損益が業者側に発生します。

レート変動と顧客の行動 業者側の損益
110円→130円に値上がりしたので利確 20円分の損失
110円→90円に値下がりしたので損切り 20円分の利益

業者は顧客の利確注文で20円分の損失が発生しそうになると、

  • 他の顧客の反対注文と相殺させる
  • レートが元に戻った時点でインターバンク市場へ流す

という対応で損失を抑えています。

また反対に損切り注文があれば、インターバンク市場で損失として失われるはずだった20円分を業者側が利益として残せるのです。

他にもユーザーが勝てそうな注文はインターバンク市場へ流し、そうでない場合はいったん呑むなどもしています。

つまりDD方式とは、呑み行為によってインターバンク市場で損失として失われるはずだった資金を回収する取引方式とも言えます。

NDD方式はスプレッドや取引手数料が発生する

NDD方式は顧客が注文をした際に、スプレッドや取引手数料が発生します。

なぜなら顧客の損失を回収するDD方式とは違い、スプレッドや取引手数料がNDD方式の収益源となるからです。

DD方式では顧客の損失分を回収して利益にしているため、スプレッドを広くする必要がありません。しかしNDD方式では、スプレッドや取引手数料を収益源としているため、DD方式よりもスプレッドを広く設定する必要があります。

ただし、NDD方式では注文を受けてからシステムによってインターバンク市場へ自動的に流していますので、DD方式よりも素早く取引が完了します。対してDD方式だと呑み行為によってタイムラグが発生するので、NDD方式よりも遅くなりがちです。

よってNDD方式は、スプレッドや取引手数料がかかる分、注文が素早く実行される取引方式とも言えます。

DD方式のメリット:スプレッドが狭い

DD方式はFX業者が顧客の注文に介入しますが、「スプレッドが狭い」というメリットがあります。

DD方式は、顧客の損失分を業者側が回収するため、わざわざスプレッドを広くする必要がありません。

またスプレッドが狭ければ取引コストが安くなるため、コスト削減を意識したい方にも役立ちます。

DD方式のデメリットは3つ

国内FXの多くが採用しているDD方式ですが、デメリットが3つあります。

【DD方式のデメリット】

  1. リクオートやスリッページが発生しやすい
  2. 取引が不透明になりやすい
  3. スキャルピングが禁止されやすい

国内FXを選ぶ基準にもなりますので、一つずつ理解しておきましょう。

DD方式のデメリット1:リクオートやスリッページが発生しやすい

DD方式のデメリット一つ目は、「リクオートやスリッページが発生しやすい」です。

リクオートとは?

トレーダーが注文した価格で約定されずに、FX業者が提示した価格で約定されること。

スリッページとは?

注文価格と約定価格の差のこと。
不利な価格で約定した時の価格差のことを一般的に指す。

DD方式でディーラーが注文を呑む場合、実際のレートに上乗せする形でリクオートが発生します。

また注文を呑まずにインターバンク市場へ流したとしても、動き続けるレートの影響で、約定価格は注文時点の価格よりもどうしてもズレてしまいます。その結果、スリッページが発生してしまうのです。

つまり取引にディーラーが介入することで、リクオートやスリッページが発生しやすくなります。

DD方式のデメリット2:取引が不透明になりやすい

DD方式のデメリット二つ目は、「取引が不透明になりやすい」です。

DD方式では、注文を呑んでいるのかインターバンク市場へ流しているのかを、外部からは判断できません。

そのため、どんな基準で取引をしているのかが分からないため、取引が不透明になりやすいという欠点があります。

DD方式のデメリット3:スキャルピングが禁止されやすい

DD方式のデメリット三つ目は、「スキャルピングが禁止されやすい」です。

スキャルピングとは?

数秒~数分間のペースで何度も往復取引をして、短時間で利益を狙うトレード手法。

スキャルピングで短時間に大量注文を出されると、ディーラーが注文を呑むかインターバンク市場へ流すかの判断が間に合わなくなります。

そうなると業者が不要な損失を被るケースが多くなるため、DD方式の業者はスキャルピングを禁止しているのです。

NDD方式のメリットは3つ

NDD方式は海外FX業者の多くが採用している取引方式で、メリットが3つあります。

【NDD方式のメリット】

  1. リクオートやスリッページが発生しにくい
  2. 取引が不透明になりにくい
  3. スキャルピングが許可されやすい

海外FXを選ぶ基準にもなるので、1つずつ把握しておきましょう。

NDD方式のメリット1:リクオートやスリッページが発生しにくい

NDD方式のデメリット一つ目は、「リクオートやスリッページが発生しにくい」です。

NDD方式はDD方式のように呑み行為はせず、そのままインターバンク市場へ注文を流す取引方式です。

もし呑み行為があれば、レートに上乗せして注文価格を再提示するリクオートが発生します。

またディーラーがインターバンク市場へ流すかどうかの判断をしている間に、レートはどんどん変化していくので、注文価格との差であるスリッページも発生してしまいます。

そのため呑み行為をしていないNDD方式なら、リクオートやスリッページは発生しにくいのです。

NDD方式のメリット2:取引が不透明になりにくい

NDD方式のデメリット二つ目は、「取引が不透明になりにくい」です。

NDD方式はDD方式のように顧客の注文には介入せず、直接インターバンク市場へ流しています。そのため注文に一切の操作が加えられていないので、希望通りの価格で注文が通ることになります。

NDD方式で顧客の注文を受けた場合は、インターバンク市場で提示されている価格の中で最も有利な価格と自動的に約定するので、安心して取引できるのです。

よってNDD方式なら、取引が不透明になりにくくなります。

NDD方式のメリット3:スキャルピングが許可されやすい

NDD方式のデメリット三つ目は、「スキャルピングが許可されやすい」です。

スキャルピングは短時間に大量注文をして利益を上げる手法ですが、NDD方式の業者なら許可している場合がほとんどとなります。

理由はDD方式の業者のように顧客の損失分を収益源としているのではなく、NDD方式ではスプレッドや取引手数料で利益を稼いでいるケースが多いからです。

スキャルピングを許可した方が注文回数に比例して収益が上がりますので、メリットが大きいのです。

また大量注文があったとしても、DD方式のように逐一注文を呑むかどうかの判断はせずに、システムによって自動的にインターバンク市場へ流します。そのため、決済スピードを重視するスキャルピングと相性が良いのです。

以上の理由から、NDD方式の業者ではスキャルピングが許可されやすい傾向があります。

スキャルピングと相性のよいFX口座はこちら!

NDD方式のデメリット:スプレッドが広い

海外FXの多くが採用しているNDD方式ですが、唯一「スプレッドが広い」というデメリットがあります。

というのも、NDD方式を採用している業者の収入源はスプレッドや取引手数料が中心です。そのためどうしても、スプレッドを広くとる必要があります。

逆にDD方式では、呑み行為によって顧客の損失分がそのまま業者側の収入源となるので、金額が小さいスプレッドをわざわざ狭くする必要がないのです。そのため、DD方式ではNDD方式よりもスプレッドが狭くなる傾向があります。

したがってNDD方式ではスプレッドが広くなりますが、呑み行為を避けるための手数料と割り切ればいいでしょう。

スプレッドの狭い海外FX業者を比較したい方はこちら!

海外FXの主流はNDD方式|約定拒否なしで素早く決済可能

国内FXの主流はDD方式ですが、海外FXの主流はNDD方式です。そのため海外FX業者を選べば、約定拒否なしで素早く決済が可能となります。

なぜならNDD方式は、DD方式のように注文を業者内部で約定させる呑み行為をしていないからです。

呑み行為は業者のディーラーが行うため、他の顧客の注文と相殺させたりインターバンク市場へ流したりする影響で、決済に時間がかかります。

したがって呑み行為による約定拒否や決済の遅延を排除したければ、呑み行為が無いNDD方式を採用している海外FXを選ぶようにしましょう。

約定拒否なし&素早く取引できる海外FXは、BigBossがおすすめ

約定拒否なしで、かつ素早く取引したければNDD方式を採用している海外FXから選びましょう。その中でもおすすめしたいのが、BigBoss(ビッグボス)です。

BigBossではNDD方式を採用しているので、呑み行為によるリクオートやスリッページが発生しません。もちろんスキャルピングも許可しているので、短期間で利益を狙うこともできます。

スキャルピングに関するルール

スキャルピング手法での取引に厳しい制限は設けておりません。

出典:BigBoss

BigBossなら「クイック口座開設」にて最短3分で口座開設できます。

またレバレッジを999倍と高く設定できるので、スキャルピングと合わせればより効率良く資産形成ができる可能性があります。

例えば、口座資金が1万円しかなかったとしても、レバレッジ999倍なら999万円までの取引ができるのです。

さらにゼロカットを採用しているため、万が一トレードで口座残高がマイナスになったとしても、BigBossが帳消しにするので、借金を負う心配はありません。

また取引するごとにボーナスへ交換可能な「BigBossPoint」がもらえるので、スキャルピングのように大きいロットで取引すれば多くのボーナスを獲得できます。

少しでも取引コストを抑えつつ、レバレッジ999倍のNDD方式で取引をしたければ、BigBossで口座開設しておきましょう。

最大レバレッジ 999倍
スプレッド(USD/JPY) 1.4pips(2022年3月4日14:21時点)

公式HPトップページにてご確認ください

出金方法
  • 国内銀行送金
  • BXONE
取引プラットフォーム MT4、MT5、BigBoss QuickOrder(BBQ)
ゼロカット あり
ロスカット 20%
資金管理 分別管理
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン諸島金融サービス庁(SVGFSA)
日本語サポート あり
ボーナス
  • 期間限定100%入金ボーナス
  • BigBossPoint

【BigBossの特徴】

  • NDD方式なので約定拒否やリクオート、スリッページが発生しない
  • スキャルピングが可能
  • 口座開設は最短3分で完了
  • 日本語サポートもバッチリ
  • レバレッジ999倍なので口座資金が少なくても取引しやすい
  • 追証なしのゼロカットあり
  • 取引毎にBigBossPointがもらえる

レバレッジ999倍でNDD方式のFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

まとめ:約定拒否やリクオートが嫌なら、NDD方式を採用している海外FXから選ぼう

海外FXでは、NDD方式を中心に採用しています。逆に国内FXではスプレッドが狭いDD方式を中心に採用していますが、呑み行為により約定拒否やリクオートが発生することがあります。

もしみなさんが、スプレッドの狭さよりも約定拒否なしや素早い決済を求めているなら、NDD方式を採用している海外FXから業者を選びましょう。

国内FXよりもスプレッドは広めですが、NDD方式を利用する手数料と割り切れば、快適に取引ができます。

とはいえ「NDD方式を採用している海外FXの中で、取引しやすい海外FX業者はどこだろう?」と悩んでいるなら、BigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大999倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いECN方式を採用

BigBossでは最大999倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、スタンダード口座・プロスプレッド口座ともにECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

レバレッジ999倍でNDD方式のFX業者はこちら

BigBossで今すぐ口座を開設する

-海外FXスキャルピング