海外FX基礎

FXの取引を上達させたい!トレードの練習方法を解説

「FXを始めたいけれどトレードのやり方がわからない」
「まずは練習してトレードのコツを掴みたい」
と悩んだ事はありませんか?

海外FXには確かにリスクはありますが、しっかりと勉強をし、練習を重ねることでリスクを減らし、利益を得られるようになる可能性があります。未経験のままいきなり取引を始めると、瞬く間に資産を減らす恐れがありますが、練習することでリスクを減らせるのです。

リスクを減らすには、なにより練習が大事です。練習をして経験を積むことで、リスクを減らし、利益率を高められる可能性がアップします。

この記事では以下について詳しく解説します。

  • 低リスクなFXの練習方法
  • トレードルールの作り方
  • FXのトレードスキルを習得するコツ

ここで紹介する練習方法を実践することで、初心者が陥りがちな失敗を未然に防ぎ、さらには利益を狙えるようになるでしょう。

これからFXを始めたいひとは、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXの練習方法とは?

FXの練習方法というと、大きく分けると2種類あります。少額の資金で練習する方法とデモ口座で練習する方法の2種類です。

中には緊張感を保つためにわざと大金を使って練習するというリスキーなトレーダーもいますが、初心者のうちはできるだけ低リスクな練習方法を選ぶことをおすすめします。

FXは勘に頼ったトレードや、取引に不慣れな状態でトレードをすると利益を逃すばかりか、大きな損失を被ってしまうリスクがあるため、利益を得るにはトレードスキルが必要になります。

しかしトレードスキルというのは一朝一夕で習得できません。何度も繰り返し練習してはじめて習得できる技術です。FXで稼ぐためにも、まずは低リスクな環境でトレードを練習してみてください。

少額取引で練習する方法

海外FXというと大金での取引をイメージしがちですが、FX業者によっては少額からの取引も可能です。例えばBigBossの場合、最小ロット数が0.01ロットです。0.01ロットということは1000通貨より取引できるので、1万円未満の少額からでもFXを始められます。

0.01ロットの少額取引であれば、たとえ急激な為替変動で予想とは異なる動きをしたとしても、大きな損失を被る恐れは低いです。

もちろん、少額であっても損失が発生する可能性はありますが、トレーダーとしては常に緊張感のある環境でFXの練習ができるというメリットがあります。

少額取引で練習するメリット

少額取引で練習するメリットというと、まずは実践さながらの環境で練習できることです。

デモ口座のようなノーリスクで取引できる環境と違い、少額取引は利益を得ることもできれば損失が発生する可能性もあるので、常に緊張感をもったトレードをすることができます。

FXで稼ぐためには、取引時のストレスに耐えられるだけのメンタルも必須です。トレードのコツを学びつつ、さらにメンタルトレーニングにもなるなど、実践的な環境で練習するメリットは大きいです。

なにより少額取引であれば、大きな損失を被る可能性も低いので初心者の方でも安心してFXを始められます。

デモ口座で練習する方法

デモ口座を使用すれば、ノーリスクでFXの取引練習ができます。

デモ口座とは本物のFX口座と同条件でトレードが体験できる口座のことで、利用にあたってお金はかかりません。

資金を用意することなく取引を始められるので、まさにノーリスクな練習方法です。

BigBossでもデモ口座の開設は可能です。MT4などのプラットフォームよりBigBossのデモ口座を開設すれば、いつでもBigBossの取引環境をノーリスクで体験できます。

最短3分で口座開設できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

デモ口座で練習するメリット

デモ口座でトレードの練習をする最大のメリットは、ノーリスクでFXの練習ができることです。

海外FXといえばハイリスクハイリターンで有名です。たった一回のトレードで大きく稼げることもあれば、大損することもあります。取引をしたことのない初心者だと、大金を預けて取引をすることは難しいでしょう。

しかし、デモ口座を使用すれば実践さながらの取引環境でトレードの練習をすることができます。

デモ口座を通じてチャートの見方や注文方法、ツールの使い方など、基礎的な部分を学ぶことができます。

デモ口座で取引をしている限り、損失が発生しても、あくまでもデモ口座内の資金なので実際に損失が発生することはありません。まさにノーリスクな環境で取引ができるのです。

デモ口座で練習するデメリット

デモ口座はノーリスクで取引できる反面、緊張感が湧かず、危機意識が持ちにくいというデメリットがあります。

実際にお金をかけて取引をするのと、お金の心配をせずに取引をするのでは、やはりストレスに大きな違いがあります。

デモ口座では上手くいったのに、本番では失敗するというトレーダーが多いのも、この本番の緊張感で差が生じるからです。

特に注意したいのが、デモ口座で成功した経験を基にすぐに大金を投じてFXを始めるようなケースです。

FXは、たとえプロのトレーダーでも損失を被ることがあります。デモ口座で利益を出せたからといって、実際の取引でも利益を出せるとは限りません。

デモ口座で練習したら、次は少額取引で練習をするなどして、実践経験を積むと良いでしょう。

トレードルールの作成

少額取引もしくはデモ口座での取引であれば低リスクな環境下でトレードの練習ができます。取引環境を整えたら、次の段階としてトレードルールを作成してみましょう。

トレードルールとは、トレード時に取るべき行動指針のことです。あらかじめトレードルールを決めておけば、いつ、どのタイミングで売買をするのかを明確にすることができます。

FXで稼ぐためにはトレードスタイルを確立することが重要です。ただし、トレードスタイルは人によって様々です。そのため、まずは実際に取引をしてみて、自分がもっとも利益を出せるトレードルールを確立してみてください。

自分の勝ちパターンを見つける

トレードルールを作るコツは、自分の勝ちパターンを見つけることです。

こういう場面ではこういう売買をすれば勝てるという、自分だけの必勝パターンを見つけ、ルール化することが重要です。

ルールに沿って取引をすることで、利益を得ることができるようになるでしょう。

FXで利益を得るコツは、利益を得られそうなチャンスのときのみに取引をすることです。利益が出せるかわからないなど、判断に迷いが生じた場合は取引をせずに見送ることも大切です。

確実に勝てるという、自分だけの必勝のパターンを見つけ、それをいつでも再現できるようにルール化することが大切です。

エントリーと決済のタイミングをルール化する

トレードルールを作るにあたって、まずはいつエントリーをし、どのタイミングで決済をするのかをルール化してみましょう。

例えば上昇トレンドが発生したタイミングでロングでエントリーをし、トレンド終了のタイミングで決済をすることを目標にルールを作ることで、上昇トレンドに強いトレードルールを作成できます。

為替相場は常に変動しています。しかし似たような動きをすることは往々にしてよくあります。チャートの動きをパターン化し、今後の動きを予測し、それに相応しいロジックを形成してトレードルールを確立してみましょう。

利確と損切りをルール化する

FXで稼ぐためには利確と損切りをしなければなりません。そこでトレードをする際には、利確と損切りの幅をルール化してみましょう。

利確と損切りをルール化することで、感情に左右されることなく常に冷静に利確と損切りを行えるようになり、損失を抑えつつ利益を得ることができるようになるでしょう。

具体的な損切りと利確のタイミングは、値幅(pips)や損失額、テクニカル分析をヒントに決めてみましょう。例えば利確10pips、損切り5pipsなど数字をあらかじめ決めてルール化しておくと、利確や損切りがしやすくなります。

取引の練習をしつつ、自分のトレードスタイルに相応しい利確と損切りのラインを設定してみてください。

順張りのトレードルールがおすすめ

FXの世界にはあえて相場に逆らう、いわゆる逆張りという手法も存在します。ただ逆張りは短期間で利益が出る反面、トレンド転換しなかった場合には損失が大きくなる可能性もあります。

トレードルールを確立する際には、順張りを前提にしたトレードスタイルで検討してみましょう。

取引をする際には、相場が上昇傾向にあるなら「買い注文」、下落傾向であれば「売り注文」といった具合で相場の動きに合わせてエントリーをしてみましょう。

例えば米ドル円相場で1ドル100円から101円と上昇相場であるなら、「買い注文」を入れるといったイメージです。

順張りはトレンドにうまく乗れれば利益を狙いやすいです。勝率の高いトレードを実践しやすいのです。リスクを減らし、安定した利益を狙うなら長期でのトレンドに合わせてトレードをする順張りがおすすめです。

取引しないという選択も視野に入れる

為替相場は常に変動していますが、常に取引チャンスに恵まれているわけではありません。場合によってはエントリーのチャンスがなく、エントリーしたとしても稼げないこともあります。

FXで稼ぐには、無理をしないことも重要です。トレードルールにそぐわない相場が発生している際には、無理をせずに取引を中断して休んでみましょう。

トレードルールを確立して必勝のパターンを発掘したら、次にするべきことはチャンスがあるまで待つことです。決してトレードルール以外の行動は取らないようにしてください。

FXの世界では、稼げる人ほど待機時間が長いものです。チャンスが来るまでひたすら待ち続ける忍耐力もFXで稼ぐには必要です。

相場の状況やチャートを見て、勝てそうにないと判断した場合は取引をせず、あえて休むようにしてみましょう。

トレードスキルを上達させるコツ

FXの練習をする時は、できるだけ成功している人のやり方を模倣することをおすすめします。

幸いなことに、ネットで検索すればプロの手法やトレードルールをいくらでも調べられる時代です。どうしてこのトレーダーは成功しているのか、なぜこの方法で上手くいくのか、など成功している人から学んでみましょう。

成功者のモデルを参考にすることが、成功への近道です。

できないことは諦める

FXの練習をしてみた結果、どうしても自分にはこのトレードスタイルは合わないと感じたらスパっと諦めることも大事です。

人には得手不得手があります。スキャルピングが得意な人もいれば長期投資の方が向いているという人もいます。

米ドルが得意という人もいれば、ユーロが得意な人もいますし、ポンドの方が性に合うという人もいます。

深夜帯が得意な人もいれば、早朝の方が得意な人もいますし、その反対もあります。

自分にはこれは無理だと判断したら諦めて、できる事に集中してみてください。FXには様々な手法がありますが、すべての手法を学ぶ必要はありません。

これなら稼げるという手法が一つか二つあれば十分です。苦手な分野を克服する必要はありません。得意分野だけ伸ばせば十分です。できないことは無理してやらない、できることだけやるというのもFXを上達させるコツです。

まとめ

FXで稼ぐ手法は世の中には沢山あります。しかし、どの手法が自分に向いているのかは、実際にトレードしてみるまでわかりません。

しかし、だからといって練習をせずに取引をすると、高確率で資産を失って市場から退場する危険性があります。

しかし少額取引もしくはデモ口座など、低リスクな環境で取引をすれば、いくらでも練習は可能です。

練習環境を整えたら、あとは実際に取引をして自分ならではのトレードルールを確立するだけです。自分ならこの手法で稼げるという、得意分野を練習を通じて発掘してみてください。

BigBossでは1000通貨からの少額取引やデモ口座の取引まで、FXの練習をしたい人におすすめな環境が用意されています。

海外FXを始めたいけれど、どこのFX業者を選べば良いのかで迷っているなら、ぜひBigBossで口座を開設してみてください。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎