海外FX基礎

FXで重要な経済指標とは?ファンダメンタルズ分析に必要なデータを知ろう!

FXで重要な経済指標とは?

トレーダー
「経済指標ってよく聞くけど何のことだろう・・・?」

トレーダー
「経済指標とファンダメンタルズ分析ってどういう関係?」

と疑問に思ったことはありませんか?

世界各国の経済統計を発表する経済指標は、FXトレーダーにとって重要なデータの1つです。

ファンダメンタルズ分析には必須のデータであり、FXのトレードに大きな影響を与えるため、ファンダメンタルズ分析を行わない人にとっても重要であるため知識として覚えておくべきです。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXの経済指標について
  • 経済指標をファンダメンタルズ分析で使う方法
  • 経済指標を使う際のポイントと注意点

経済指標の種類やファンダメンタルズ分析での使い方を覚えておくと、中長期のトレンドを意識でき、どんなトレードでも上手く立ち回るための情報が身に付くでしょう。

経済指標について興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXの経済指標とは

FXの経済指標とは、政府や中央銀行などが発表する経済に関連する統計データのことです。

日本だけではなく世界各国が経済指標を発表しており、経済状況の変化や動向を把握でき、影響を与えやすい為替(FX)において重要なデータとして取扱われています。

FXの主要な銘柄を発行する国の経済指標は、関連する通貨ペアに大きな影響を与え値動きが発生することから、トレードにおいて確認しておくべきデータとなります。

米国の経済指標は注目されやすい

世界経済の中心でもある米国の経済指標は、トレーダーだけではなく多くの金融機関なども注目するデータです。

米国の経済状況が良好な方向に傾くと世界的に景気の良い状態となりやすく、逆に険悪な方向に傾くと世界的に景気が後退してしまいます。

そのため少しの変化でもFXの値動きに影響を与えることが多く、米国の雇用状況が知れる米国雇用統計はチャートを大きく動かす要因の1つとなります。

ちなみに、米国の代表的な経済指標としては下記があります。

  • 米国雇用統計
  • GDP(国内総生産)
  • CPI(消費者物価指数)
  • 小売売上高 など

日本の経済指標

日本でも経済指標が定期的に発表されますが、基本的にはドル円などのクロス円ペアの値動きに影響を与えます。

ただ近年はそこまで大きな影響を与えることが少なく、日本の経済指標が発表される東京時間にドル円などが大きく動くことは珍しいです。

しかし、日本銀行が発表する日銀短観や政策金利の変更などは、大きくドル円に影響を与え多くのトレーダーが注目する指標となっています。

最近では2016年から始まったマイナス金利政策が解除され、ドル円の値動きに影響を与えています。
日本の政策金利がFXに与える影響について

【一覧】FXで重要度の高い経済指標

重要度が高い経済指標ほど、発表時の相場の変動が大きくなるため、まずは以下の7つを優先的に押さえましょう。

  1. 米国雇用統計
  2. GDP(国内総生産)
  3. CPI(消費者物価指数)
  4. 小売売上高
  5. 鉱工業生産指数
  6. 景況感指数
  7. 日銀短観

それぞれ詳しく解説します。

1.米国雇用統計

米国雇用統計とは、アメリカの労働省労働統計局が毎月発表している、アメリカ労働者の雇用状況を調査した指標のことです。

基本的に、毎月12日を含む1週間を調査対象期間とし、翌月の第1金曜日にアメリカの雇用関連の統計データが10項目以上発表されます。

中でも、以下の3つのデータは、為替相場に影響を与えやすい傾向があるので、多くの投資家が注目しています。

  • 平均時給
  • 非農業部門雇用者数
  • 失業率

2.GDP(国内総生産)

GDPはGross Domestic Product(国内総生産)の略称で、一定期間に国内で生み出されたモノやサービスの付加価値の総額を表します。

GDPは国の経済規模を示す指標とされ、四半期(3ヶ月)ごとに発表されるのが一般的です。

基本的に「速報値」「改定値」「確報値」が別々に発表され、中でも注目されるのは最初に発表される速報値です。

3.CPI(消費者物価指数)

CPIとは、消費者が購入するモノやサービスの価格の水準を表す数値で、インフレ状況や景気を判断する際に重要視される指標です。

CPIは「経済の体温計」とも呼ばれ、モノやサービスを買う人が増えれば上昇し、減ると下落する傾向にあります。

日本では原則として、全国の前月分の指数が毎月19日を含む週の金曜日の午前8時30分に発表されます。

アメリカのCPIは、10日から15日付近の日本時間午後9時30分(冬時間は10時30分)に発表されるのが一般的です。

4.小売売上高

小売売上高は、百貨店やスーパーマーケット、コンビニといった小売業者の売上額をまとめた指標で、アメリカの小売売上高のことを指すのが一般的です。

アメリカでは個人消費がGDPの7割近くを占めるので、小売売上高からアメリカのおおまかな景気が読み取れます。

原則、毎月第2週(13日ごろ)の日本時間午後9時半(冬時間10時半)に前月分が発表されます。

5.鉱工業生産指数

鉱工業生産指数は、コンピューターや自動車、電子製品といった工業品の生産高をまとめた経済指標で、サービス業の景況や個人消費の動向を把握できます。

例えば、電化製品の生産高の増加が見られたら、個人消費が活発になっている可能性が高いといえるでしょう。

鉱工業生産指数は、日本やアメリカ、イギリス、ドイツなどで毎月発表されます。

アメリカの鉱工業生産指数は、毎月14日から17日の日本時間午後10時15分(冬時間11時15分)に発表されます。

6.景況感指数

景況感指数は、消費者やアナリストに現在の景気や今後の景気動向についてアンケート調査を行い、結果をまとめた指標です。

注目度の高い景況感指数は以下の通りです。

重要な景況感指数 特徴 発表日時(日本時間)
ZEW景況感指数 ・ドイツの民間調査会社であるZEWがアナリストや機関投資家を対象にアンケート調査を行い作成する指数
・IFO景況感指数に先行して発表される
・数値がプラスのときは景気良好、マイナスのときは景気後退気味であることを表す
毎月中旬の午後6時(冬時間7時)
IFO景況感指数 ・ドイツのIFO経済研究所が全ドイツの約9000社を対象にアンケート調査を行い作成する指標
・基準年を100とし、100未満だと基準年より景気が悪く、100以上だと基準年より景気が良いことを表す
毎月下旬の午後5時(冬時間6時)
アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数 ・アメリカの民間調査機関であるコンファレンスボードが消費者にアンケート調査を行い作成する指標
・1985年を基準に、数値が100未満だと1985年より景気が悪く、100以上だと1985年より景気が良いことを表す
毎月最終火曜日の午後11時(冬時間12時)
ミシガン大消費者信頼感指数 ・アメリカのミシガン大学が消費者にアンケート調査を行い作成する指数
・アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数に先行して発表される
・1966年を基準にし、数値が100未満だと1966年より景気が悪く、100以上だと景気が良いことを表す
毎月10日前後の金曜日の午後11時(冬時間12時)

7.日銀短観

日銀短観の正式名称は「全国企業短期経済観測調査」です。

四半期に一度発表され、日銀が全国の民間企業約10,000社に景況感などをヒアリングしたうえで作成する指標です。

日銀短観の結果が良いと、円の需要が高まり、円高につながりやすくなります。

逆に結果が悪いと、円の需要が下がり、円安につながる可能性があります。

FXの経済指標はファンダメンタルズ分析で使う

経済指標は単に世界各国の経済情勢を知るため以外に、ファンダメンタルズ分析で使われます。

経済情勢が上向く国の通貨を買うのか、経済情勢が傾く国の通貨を売るのかなど、経済の変化から為替の値動きを予測しトレードに役立てていくのです。

では実際、どのような方法で経済指標を確認しファンダメンタルズ分析で使っていくのか、簡単な分析の流れを紹介していきます。

経済指標の発表日時を事前に確認

経済指標を使ったファンダメンタルズ分析を行う場合、まずは過去の経済指標と現在の経済指標を確認することから始めます。

経済指標は今回発表される内容だけでは経済がどのように変化をしたのか分析できないため、前回の数値を確認して比較し経済の変化を把握します。

実際には確認する経済指標を決めて過去の数値を確認し、発表される経済指標の日時を把握して、発表当日もしくは翌日に公表される数値を確認し、為替の値動きを予測していくのです。

為替に強い影響を与える経済指標や発表結果の内容が予測を上回る場合、即座に為替変動で結果がでるため結果はリアルタイムで確認することがおすすめです。

経済指標発表の内容から値動きを確認

過去と現在の経済指標の数値を確認したら、ファンダメンタルズ分析で為替の値動きを予測していきます。

シンプルな分析としてドル円において米国雇用統計を使う場合、前回の雇用統計の数値から今回の数値が上昇したなら、米国の雇用者数が増加しており経済が上向いていることが確認できるため、ドルが強くなりドル円が上昇傾向に動いていくと予測できます。

このように、経済指標の数値から各国の経済状況が変化しているのかを把握し、為替にどのような値動きの傾向が出るのかを予測するのです。

ただし、経済指標には予想値なども公表され、過去の前回値と予想値の両方から今回値が変化したのかなども考慮しないといけないため、単純に経済指標の結果が良かったからと言って予測通りの動きが起こるわけではなかったりします。

BigBoss公式X(@bigboss_agent)で経済指標が確認できるようになったぞ!
ぜひフォローしてトレードに活用してくれ
Bobby

米国雇用統計についてさらに詳しい解説はこちら

ファンダメンタルズ分析は短期よりも中長期トレードとの相性が良い

経済指標からファンダメンタルズ分析で為替の値動きを予測したら、中長期のトレードで予測を活用していきましょう。

経済指標発表時は大きな値動きが起こりやすいのですが、ファンダメンタルズ分析から予測される結果は中長期のトレンドに反映されやすく、スイングトレードなどのトレードスタイルと相性が良いです。

経済指標発表後からトレンドが発生する方向へのエントリー、現在保有するポジションが予測とは逆方向なら入れ替え、ポジションと同方向なら利益をしっかり伸ばすといったトレードが可能となります。

FX初心者でも利益を狙いやすいスイングトレードの始め方

FXで経済指標を使ったファンダメンタルズ分析のポイント

FXのトレードで経済指標からファンダメンタルズ分析を行う場合、いくつかのポイントがあります。

今回はファンダメンタルズ分析を行う上で押さえておくべきポイントを紹介するので、興味がある人は参考にしてください。

値動きが起こりやすい経済指標を知る

FX関連の経済指標の全てが為替の動きに大きな影響を与えるわけではありません。

発表されても無風な経済指標もあれば、強風として為替が大きく動く経済指標もあります。

影響力の小さな経済指標も調べていくと大変なため、影響力の強い経済指標をメインの分析として取扱っていきましょう。

できれば経済指標発表時のチャートの値動きを追ってみたり、過去の発表時の値動きを把握しておけば、さらにファンダメンタルズ分析で役立てることも可能だったりします。

まずは今回紹介した米国の経済指標で注目されやすい米国雇用統計やGDPの発表などから確認していくと、ファンダメンタルズ分析が行いやすいです。

米国の経済指標は出来る限り確認する

米国の経済指標は注目されやすいと紹介しましたが、結局のところ経済指標といえばほぼ米国の発表がメインとなっています。

朝起きてチャートが大きく動いていたという日は、前日や前夜に米国の経済指標が発表されていた場合が多く、ほとんどのトレードが指標発表時にはチャートを注目しています。

発表時の雰囲気や値動きの特徴を覚えていくためにも、米国の経済指標発表は出来る限りリアルタイムで確認しておきましょう。

ただ、指標によっては深夜帯の公表であったり、生活の時間帯によって確認出来ないということも十分あり得るため、そういった場合は翌日に確認しておきましょう。

政策金利の変動はトレンドに大きな影響を与える

経済指標の中で各国の政策金利に関わる情報は、為替のトレンドに強い影響を与えます。

為替は値動きの特徴として金利の高い国の通貨が買われやすい、金利の低い国の通貨が売られやすいため、2国間の金利差が縮まったり逆転することで、トレンドも逆転する可能性があり得ます。

中長期的なトレンドに強い影響を与えると同時に、短期的にも強い値動きが金利変動時には起こる可能性があるため、政策金利の変動に関わる経済指標は極力確認しておくようにしましょう。

FXで経済指標を使うファンダメンタルズ分析の注意点

経済指標とファンダメンタルズ分析をトレードで使う場合には注意点もあります。

経済指標の扱い方を間違えるとトレードのミスに繋がることもあるため、トレード前に注意点を把握してから取り組むようにしましょう。

経済指標を使うファンダメンタルズ分析での注意点を紹介します。

経済指標の発表結果が値動きに影響を与えないこともある

毎回大きな値動きが起こる経済指標だとしても、時に値動きに大きな影響を与えないこともあります。

例えば、米国雇用統計発表時には毎回ドル円において100pips近く動いていたのに、今回は10pisp近くしか動かない時も当然あります。

前回経済指標と今回の内容で変化があまりなかった場合などに起こり得ますが、大きな変化があったのに動かない場合もあるのです。

これは為替市場に参加する投資家や金融機関が、経済指標の変化を織り込み済みな時に起こったりと、事前に値動きに影響があるのかないのかは予測が難しいのです。

そのため、経済指標を使ったファンダメンタルズ分析では、値動き自体を予測するのではなく大まかなトレンドなどの予測に用いると、分析を使ったトレードの勝率を高めるために役立てられます。

経済指標発表時の短期トレードはギャンブルに近い

実際の経済指標の発表時には単純に一方方向に値が大きく動くわけでは無く、買いと売りが殺到して一定の価格を往復するように動き、その後売買が優勢となった方向に大きく動いていきます。

そのため、大きなヒゲを持つローソク足が形成され、短期トレードを行うと大きな値動きに巻き込まれて簡単にロスカットされてしまいます。

さらに、値動き自体の予測が難しいことから経済指標発表時の短期トレードはギャンブルに近くなってしまうので、FX初心者の方は控えるようにしましょう。

FX業者によっては経済指標の発表時のトレードを禁止している業者もあるため、発表時前後のトレードには注意が必要です。

海外FXで経済指標を使ったトレードが禁止されている理由

経済指標以外の情報もファンダメンタルズ分析には必要

ファンダメンタルズ分析は経済指標以外の情報も分析として使えます。

代表的なものとしては政府や中央銀行の主要ポストに就任する要人の発言、紛争や各国のトラブル、災害などが為替に影響を与えます。

まずは定期的に公表される経済指標を分析つつ、慣れてきたら経済指標以外の情報も集めて分析するようにしていきましょう。

経済指標以外の情報は突発的なものも多かったりしますが、インターネットを使えば情報を集められるため、情報収集能力も高めておくと有利に分析できるようになります。

まとめ:ファンダメンタルズ分析を行わなくても経済指標の発表は確認しよう

経済指標とは、政府や中央銀行などが発表する経済に関連する統計データのことで、ファンダメンタルズ分析のための情報として使われます。

経済指標は前回の数値と今回発表される数値を比較することで世界各国の経済情勢を把握できるため、発表前に前回の数値を確認しておくだけでも簡単な分析が可能となります。

特に値動きで大きな影響が出る米国雇用統計などは、ファンダメンタルズ分析を行わないトレーダーにとっても大きな値動きが発生する場面でもあるため、情報だけは覚えておくようにしましょう。

指標発表を知らずにトレードを行ってしまい、値動きに巻き込まれてもトレードの世界では自己責任としての失敗となります。

それと、ファンダメンタルズ分析を行いながらトレンドを追うトレードでレバレッジを活かしたいなら、高いレバレッジで取引ができるBigBossを一度使ってみてください。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

 

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎