海外FX取引ツール

FXの基礎となるチャートとは?見方や初心者でも出来る分析方法を紹介!

FXの基礎

トレーダー
「FXを始めたいけどチャートの見方がわからない」

トレーダー
「チャートってなんだか難しそう・・・」

と悩んだことはありませんか?

FXのトレードを始めるなら必ず見なければならないのがチャートです。

チャートはFXの値動きを視覚化した図であり、過去の値動きを確認したり未来の値動きを予測することができ、多くのトレーダーがチャートを使ってトレードをしています。

FX初心者の方であれば、チャートの見方を覚えることがトレードを始めるためのスタートラインです。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXのチャートについて
  • FXのチャートの見方
  • 初心者におすすめのFXチャート

FXチャートの見方と同時に値動きを分析予測できるチャートパターンを覚えれば、FX初心者の方でも利益を狙うトレードができるようになるでしょう。

これからFXを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXのチャートとは

FXのチャートとは、FXの値動きを時間と共にグラフ化したものです。

過去から現在の値動きが視覚化されたものとして、一目で値動きを認識することができます。

トレードにおいては売買を判断するために必要なツールであり、過去の値動きをチャート上で分析することで未来の値動きを予測することも可能です。

FXのチャートの種類

FXのチャートにはいくつかの種類があり、主に以下の3種類のチャートが使われています。

  • ローソク足
  • バーチャート
  • ラインチャート

それぞれのチャートの特徴を紹介していきましょう。

ローソク足

ローソク足は、ローソクに似た形の図が描写されるチャートです。

1本のローソク足で始値、終値、高値、安値を全て表すことができ、一目で多くの情報を認識できる特徴を持ちます。

  • 始値:最初に取引された価格
  • 終値:最後に取引された価格
  • 安値:期間中の最安価格
  • 高値:期間中の最高価格

ローソク足は期間中(チャートの時間軸)の価格だけではなく、価格が伸びる方向についても認識できるチャートです。

始値より終値が高く、価格を上昇方向に更新するローソク足を「陽線」と呼び、日本のチャートでは赤色で表示します。

始値より終値が低く、価格を下降方向に更新するローソク足を「陰線」と呼び、日本のチャートでは青色で表示します。(海外のチャートのローソク足の場合、陽線を青色、陰線を赤色で表示する場合もあります。)

一定期間中の値動きが全て1本のローソク足から確認できるため人気のチャートであり、国内ではほとんどのトレーダーがローソク足を使用しています。

ちなみに、ローソク足は江戸時代の相場師の本間宗久が考案したチャートであり、日本人投資家にとってはなじみ深いチャートでもあります。

バーチャート

バーチャートは、1本縦線と2本の横線で構成されるチャートです。

線のみで表示されるチャートでありつつも、始値から終値までをしっかりと視認できる特徴を持ちます。

左側に出る横線が始値、右側に出る横線が終値、縦線の一番下側が安値、縦線の一番上側が高値を表示します。

ローソク足同様に、陽線なら赤色、陰線なら青色表示となります。

1本のバーチャートで値動きを確認しやすい特徴を持ちますが、線が小さく視認し辛いといった弱点を持つチャートでもあります。

ラインチャート

FXのチャートの中で最もシンプルなのがラインチャートです。

終値を結び続けるチャートでありシンプルな1本の線で表示される特徴を持ちますが、シンプルが故に得られる情報が少ないといったデメリットも持ちます。

ただし、人によっては陽線やヒゲといった特徴を確認できないことから余計な情報に惑わされず、終値だけを追うことができるメリットを持つとも言われます。

FXのチャートの見方

FXのチャートの種類を紹介してきましたが、各チャート共通での見方が存在します。

  • チャートの横軸と縦軸
  • チャートの時間軸

チャートの見方を覚えれば全てのチャートをトレードで使うことができ、FXの価格を追い始めることが可能です。

実際にローソク足を使ったチャートの見方を紹介していきます。

チャートの横軸と縦軸

チャートは横軸を時間軸とし、縦軸を価格軸として表示します。

横軸で見ると左に向かえば過去の時間となり、右側でチャートが切れる部分が現在の時間で表示します。

縦軸で見ると上側が高値を表示し、下側が安値を表示します。

そのため、チャートが右上に進む時は価格が上昇し続ける状態と認識でき、チャートが右下に進む時は価格が下降し続ける状態と認識できます。

チャートを左側にスライドさせると過去の値動きが確認できるため、過去の値動きを知りたい場合に活用しましょう。

チャートの時間軸

チャートは時間軸を設定して表示させることができます。

分足、時間足、日足、週足、月足、と各種チャートツールごとに設定があり、設定した時間軸がローソク足に反映されます。

例えば、1分足のチャートに設定するとローソク足1本が1分間の値動きを表示するようになり、1日足のチャートに設定するとローソク足1本が1日の値動きを表示するようになります。

チャートの時間軸を変更することで細かい値動きを追ったり、長い時間での価格を追うことができ、各種トレードを行う際のスタイルに合わせることが可能です。

FXのトレードで設定すべきトレードスタイルの解説はこちら

FXのチャートが形成する相場

FXのチャートが形成する相場は大きく2種類が存在します。

  • トレンド相場
  • レンジ相場

2種類の相場で構成されることから、現在どちらの相場なのかを判断できれば優位にトレードが行えます。

実際にチャートが形成する2種類の相場を紹介します。

トレンド相場

トレンド相場は、チャートが継続的に上昇を続ける、もしくは下落を続ける相場のことです。

価格が上昇を続ける状態において、チャートが右肩上がりに伸びていく相場を上昇トレンドと呼びます。

対して価格が下落を続ける状態において、チャートが右肩下がりに降りていく相場を下降トレンドと呼びます。

トレンド相場は一定方向に価格が伸びやすくチャートの価格変動予測も行いやすいことから、トレードを行いやすい環境です。

レンジ相場

レンジ相場は、チャートが一定の価格帯を行ったり来たりする相場のことです。

方向性が無く一定の価格において上昇と下落を繰り返す特徴を持ちます。

一定の価格帯を往復しますが不規則に動くこともあり、トレンド相場に比べると方向性が無いためFX初心者の方にとってはトレードを行いづらい環境です。

FXのレンジ相場とトレンド相場との見分け方を詳しく解説!

FX初心者におすすめのチャートはローソク足

FXのチャートはトレーダー自身が自由に設定し、トレードで使うことができます。

紹介してきた通りいくつかの種類があるため、どのチャートを選べばいいのか悩んでしまうことがあるかもしれませんが、基本的にFX初心者の方であればローソク足を使うことをおすすめします。

ローソク足は一目で過去から現在の値動きを認識しやすく分析も行いやすく、初心者の方でもすぐに慣れて使い始められます。

もし、どのチャートを使えばいいのか悩んだときはローソク足でFXを始めましょう。

それとローソク足がどのように形成されるのか、チャートが形成するトレンド相場とレンジ相場の見方も覚えておくと良いです。

それぞれ分かりやすく解説していきます。

ローソク足と値動きの見方

チャートのローソク足はいきなり出現するのではなく、時間と共に値動きが発生しローソク足が形成されています。

上図のように始値からスタートし、安値と高値が記録され、一定時間が経過すると終値が記録されローソク足となります。

どれだけ長い実体を持つローソク足でも、チャートの流動的な動きで形成されるため、上図のように形成されることを覚えておきましょう。

ローソク足についてのさらに詳しい解説はこちら

トレンドの見方はローソク足にラインを1本引く

現在の相場がトレンド相場なのかを見分ける手段として1本のラインを引く方法があります。

上昇トレンドの場合は安値同士を結び、上昇の下支えのライン(サポートライン)を引くことで把握できます。

下降トレンドの場合は高値同士を結び、下落の上値抵抗のライン(レジスタンスライン)を引くことで把握できます。

現在のトレンドを明確にしておきたい場合は、チャートにラインを引いて目視できるようにしておくと、トレードを行いやすい環境を整えられます。

トレンドラインのさらに詳しい解説はこちら

レンジ相場の見方はローソク足に水平線を2本引く

現在の相場がレンジ相場なのかを見分ける手段として、2本の水平線を引く方法があります。

高値と安値において、同じ価格で反発する箇所を見つけて水平線を引くことで、レンジ相場の価格帯を見つけられます。

ただレンジ相場は一定の価格を往復する動きが出始めなければ見分けにくいため、判別するまでに少し時間が掛かってしまう場合もあります。

レンジ相場の詳しい解説はこちら

ローソク足のチャートパターンで分析

チャートの基本的な特徴や見方を紹介してきましたが、チャートをただ見るだけではFXの勝率を上げることは難しいです。

そこで多くのトレーダーがテクニカル分析と呼ばれるチャートを使った未来の価格予測を行い、トレードで利益を狙っていきます。

テクニカル分析の中にはチャートから値動きを予測するチャートパターンがあり、FX初心者の方でも形を覚えることで即戦力の分析として使えます。

ここからは、ローソク足を使うチャートパターンの分析方法を紹介していきます。

ヘッドアンドショルダートップorボトム

ヘッドアンドショルダートップは、3つの山が描かれ真ん中の山が一番高くなるチャートパターンです。

出現すると相場の天井を示唆し、上昇から下降にチャートが転じていきます

そのため、ヘッドアンドショルダーの3つ目の山が確認できた時には2つの谷が重なるラインのネックラインから、売り(ショート)の注文でトレードを始めることで利益を狙えます。

ちなみに、3つの山を描く場合はヘッドアンドショルダートップと呼び、3つの谷を描く場合はヘッドアンドショルダーボトムとして下降から上昇に転じるパターンも存在します。

ダブルトップorダブルボトム

ダブルトップは2つの山を描くチャートパターンです。

出現すると相場の天井を示唆し、上昇から下降にチャートが転じていきます。

そのため、1つの谷の水平となるネックラインから、売り(ショート)の注文でトレードを始め利益を狙うことが可能です。

ちなみに、ダブルトップにも逆に谷を2つ描くダブルボトムのチャートパターンも存在し、下降から上昇にチャートが転じていきます。

他にもFXで使えるチャートパターンを知りたい場合はこちら!

フラッグ

フラッグは旗の形を描くチャートパターンです。

上昇トレンド中に一時的に下降を描く上昇フラッグ、下降トレンド中に上昇を描く下降フラッグの2種類が存在します。

フラッグは安値同士と高値同士を直線で結ぶことで並行なチャネルラインが形成され、上昇フラッグなら上側へのブレイク、下降フラッグなら下側へのブレイクでチャートが大きく動きます。

トレンド継続を示唆するチャートパターンなので、トレンド方向への注文(エントリー)が有効的です。

フラッグの詳しい解説はこちら

チャート見方でトレードを上達させるポイント

FXでトレードを行う際の値動きの予測や分析の多くはチャートを使います。

チャートの見方を覚えつつ、しっかりと上達を意識した使い方をしていかなければトレードが上達していきません。

ここからは、チャートの見方でトレードを上達させるポイントを紹介していきます。

テクニカル分析を使ってチャートの分析力を高める

チャートは単に見るだけではなく、テクニカル分析を使うことでワンランク上の分析予測が行えるようになります。

チャートパターンでの分析方法は紹介しましたが、他にもテクニカル指標をチャートに導入する分析方法やローソク足の形で分析する方法も存在します。

テクニカル分析が自分に合ってるのかは使ってみなければ分からないため、気になるテクニカル分析は積極的に使って値動きの予測などを行ってみましょう。

それと1種類だけではなく2種類や3種類のテクニカル分析を組み合わせることもできるため、自分だけの分析方法を見つけてトレードに役立てることも可能です。

テクニカル分析についてはこちらの記事でも解説

値動き予測からシナリオを立てる

チャートとテクニカル分析などを使って値動きを予測する際には、単に次の値動きだけを予測しておくのではなく、その後の行動についてもシナリオを立てながら決めてみましょう。

例えば、チャートから現在上昇トレンド中と把握できた場合、さらに上昇トレンドが続くと予測できます。

次に

  • 上昇トレンドがどこまで続くのか考える
  • 上昇トレンドに乗ってロングポジションを持った場合はどこで利確をするのか考える
  • もし上昇トレンドがすぐに終わって含み損が出たらどこで損切りを行うのか考える

といったポジションを持って決済するまでのシナリオも立ててみましょう。

チャートから見える情報の次の立ち回りまで考えることで、ワンランク上のトレードを行える技術を磨くことができます。

市場に参加する投資家の心理を考えてみる

FXのチャートは単に値動きが発生しているのだけではなく、その裏には市場に参加する投資家の心理も隠れています。

上昇トレンドが続けば「もっと上がる」という気持ちから投資家は楽観的であると把握できたり、ヘッドアンドショルダートップが出現すると上昇の限界を察した投資家がトレンド転換を期待し始めると把握できます。

このように、チャートの動きには投資家の心理も伴っており、この心理を考えてみることで次に多くの投資家が取る行動を予測し、そこからチャートの動きも予測することができます。

ただし、投資家の心理を考えることは非常に難しい技術でもあるため、実際のチャートで何度も考えながら読む練習などを繰り返してみましょう。

FX初心者がチャート見る時の注意点

チャートはFXにおいて必須なツールですが、使い方やチャートパターンにおいては気を付けなければいけない注意点も存在します。

実際にトレードを行う時の状態も想定した、FX初心者がチャート見る時に注意すべき点を紹介します。

チャートとローソク足の見方を徹底的に覚える

チャートとローソク足はトレードを行う際には必ず確認するツールです。

テクニカル分析を行うにしてもチャートは見れることが前提のため、FXを始めたばかりの初心者の方であればチャートとローソク足の見方から徹底的に覚えておきましょう。

それと、少しトレードに慣れて来た状態でもローソク足の形の特徴は覚えきれないということもあります。

トレンド転換を示唆するローソク足が1つ出現しただけでも相場の状況は変わることもあるため、ローソク足の特徴もしっかりと覚えておきましょう。

チャートをいつでも確認できる環境を整える

チャートの見方を覚えることを意識するのであれば、チャートを見る回数を増やす方法が有効的です。

まずはチャートに慣れるという意味からも、いつでもチャートを確認できる環境を整えましょう。

室内にいる時はパソコン、外出時はスマートフォンといったように、チャートにいつでも触れられる環境をダウンロードして整えると良いでしょう。

ちなみに本気でトレードを行っていくなら、スマートフォンだけではなくパソコンが必須となるため、スマートフォンとパソコン両方を揃えておきましょう。

FXで快適なトレードが行えるおすすめのパソコンを紹介

複数の時間軸で環境認識

チャートは1つの時間軸のみで確認するのではなく、複数の時間軸でチャートの方向性や勢いなどの環境認識を行いましょう。

基本的にFXの値動きは時間軸が長いチャートの影響を受けやすく、分足や時間足のチャートよりも日足チャートの方が影響力が強いです。

日足チャートの価格が上昇を続けている際、5分足チャートで価格の下降が起きると影響力が弱いため下降は一時的なものであり、その後下降から上昇に転じる可能性が高いです。

影響力の大きいチャートの状況を無視しないためにも、メインで見るチャートの時間軸より長い時間軸のチャートを必ず確認するようにしましょう。

トレードを始める前には、日足、4時間足、1時間、といったように長い時間軸のチャートから順番に確認することをおすすめします。

FXの環境認識の詳しい解説はこちら

チャートパターンは必ずではない

チャートパターンが出現すると、次に特定の値動きが発生すると紹介してきましたが、チャートパターン出現後に必ず予測通りの値動きがは発生するわけではありません。

チャートパターンを無視した値動きが発生することもあれば、チャートパターンとは反対方向に動きながらも再び反転してチャートパターン通りの動きに沿うダマシなどが発生することもあります。

チャートパターンは予測として十分使える分析ですが、その予測は100%当たるというわけでは無いことを覚えておきましょう。

FXで損失を回避するために覚えておくべきダマシについて解説

まとめ:チャートの見方を覚えてトレードを始めてみよう

FXのチャートは値動きと時間をグラフ化したもので、ローソク足、バーチャート、ラインチャートなどいくつかの種類が存在します。

チャートの中でもローソク足は価格や値動きの傾向を認識しやすく、多くのトレーダーが使うツールとしてFX初心者の方におすすめです。

ちなみに、チャートツールは各FX業者によって使えるツールが異なり、できるだけ高性能なツールを使うことで有利に分析やトレードが行います。

もし、高性能かつカスタム性が高いMT4やMT5対応のFX業者を使いたいなら、BigBossをおすすめします。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX取引ツール