海外FX取引ツール

FXのチャートの見方|分析のポイントやパターン、注意点も解説

「FXのチャートの見方がわからない…」
「チャートからどうやって相場分析するの?」
と悩んでいませんか?

FXを始めようと、チャート画面を開いたものの、見方がわからずに困っている方は多いのではないでしょうか。

中には、チャートを見ながら、どのように相場を分析すれば良いのか知らない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXのチャートの見方
  • FXのチャートで相場分析するポイント
  • FXのチャートを見るときの注意点

FXのチャートの見方を押さえれば、エントリーチャンスを見つけて利益を狙えるようになるでしょう。

これからFXを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXのチャートとは?

FXのチャートとは、過去の為替レートの変動をグラフ化したものです。

FXでは、円や米ドル、ユーロなどの様々な通貨を売買して利益を狙います。

それぞれの通貨の需要と供給のバランスが変わることで、為替レートが変動し、その動きを時系列に沿って確認できるようにしたのがチャートです。

FXで利益を狙うためには、相場が今後どのような動きをするのかを予測する必要があります。

チャートから過去の値動きの傾向を掴めるようになると、将来的に価格が上がるのか下がるのかを予測する手がかりとなります。

FXのチャートの種類と見方

FXのチャートには、主に以下の3種類があります。

  1. ローソク足チャート
  2. ラインチャート
  3. バーチャート

それぞれの特徴を詳しく紹介します。

1.ローソク足チャート

最もメジャーなのは、ローソク足で構成されたチャートです。

ローソク足とは、特定の期間における以下の4つの値動きを1本の棒状で表したもので、その名の通りローソクに似た見た目が特徴です。

  • 始値:その期間の開始時の価格
  • 高値:その期間中に最も高かった価格
  • 安値:その期間中に最も安かった価格
  • 終値:その期間の終了時の価格

ローソク足には、始値より終値が高い「陽線」と始値より終値が安い「陰線」の2種類があります。

下図は陽線と期間内の値動きのイメージ図です。

ローソク足チャートは、ローソク足から一定期間の始値、終値、高値、安値がわかるため、読み取れる情報量が多いのが特長です。

FX初心者は、初めにローソク足チャートの見方を覚えるのがおすすめです。

2.ラインチャート

ラインチャートは、終値を結んで折れ線グラフにしたものです。

ローソク足チャートより、読み取れる情報量が少なくなりますが、シンプルな見た目から相場の方向性が視覚的に判断しやすいメリットがあります。

3.バーチャート

バーチャートは、ローソク足と同じ仕組みで始値、終値、高値、安値を示すバーで構成されたチャートです。

バーには、下図のように4本値と3本値の2種類があります。

ローソク足チャートと比較すると、よりシンプルな見た目となるため、ラインを用いた取引がしやすいメリットがあります。

バーチャートは、アメリカでよく使われている傾向があります。

FXのチャートを見るときのポイント

FXのチャートを見るときは、以下の4つのポイントを押さえると、利益を狙いやすくなります。

  1. ラインを引く
  2. 複数の時間足で確認する
  3. チャートパターンを覚える
  4. テクニカル指標を活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ラインを引く

FXにおいて相場の方向性をつかむことは「どこでエントリーするか」「売りと買いのどちらのポジションを保有するか」といった戦略を立てるうえで欠かせません。

ただし、チャートを眺めているだけでは相場の方向性を判断しづらいため、チャート上にラインを引き、視覚的に分析しやすくすることが大切です。

例えば、下図のようにチャート上に目立つ安値同士を結び、上向きに引けたときは「上昇トレンド」と把握できます。

一方、高値同士を結び、下向きに引けたときは「下降トレンド」と判断できます。

ライントレードのポイントや注意点はこちらで詳しく解説!

2.複数の時間足で確認する

FXでは、チャートを表示する時間足を変えることで、様々な期間の値動きを表示させることが可能です。

ローソク足を月足に設定すると、1本のローソク足で1ヶ月間の始値、終値、高値、安値が確認できるようになります。

相場を分析するときは、複数の時間足を使うのが有効とされています。

例えば、5分足では上昇トレンドに見えても、4時間足などの上位足に切り替えると下降トレンドになっているなど、時間足によって相場の方向性が違うことがあるためです。

正しく相場の方向性をつかみ、利益を狙うためには、1つの時間足だけで確認せず、上位足から順番に複数の時間足で相場を分析することが大切です。

3.チャートパターンを覚える

チャートパターンとは、値動きの予測に役立つチャート上に現れる特徴的な型のことです。

様々なチャートパターンを知ることで、相場のトレンドや転換点、継続の予測ができるようになり、相場分析の精度が高まるでしょう。

ここでは、チャート上でよく見られる3つのチャートパターンを紹介します。

トライアングル

トライアングルは、チャートの値動きが上下しながら、三角形を形成していくチャートパターンです。

中でも、上図のように上限が一定の価格を保ちながら、下値が切り上がる形状をアセンディングトライアングルといいます。

エントリーポイントは、高値同士を結んだラインを突き抜けたときです。

一方、下限を一定の価格に保ちながら上値が切り上がるチャートパターンをディセンディングトライアングルといい、安値同士を結んだラインを突き抜けたときが売りのエントリーポイントです。

トライアングルは、初心者でも判別しやすいチャートパターンといわれています。

フラッグ

上図のように旗のようなチャートパターンをフラッグといいます。

フラッグは、チャート上に一定期間の高値同士、安値同士を結ぶ線を引くことで、出現を確認できます。

上昇トレンドに出現するのが上昇フラッグ、下降トレンドに出現するのが下降フラッグです。

フラッグを形成するラインを上もしくは下に抜けたときがエントリーポイントとなります。

トリプルボトム(トップ)

上図は、トリプルボトムと呼ばれるパターンで、3つの谷と2つの山で形成されているのが特徴です。

トレンドの終了を示唆し、ネックラインを越えて上昇したときがエントリーポイントとなります。

トリプルトップは、トリプルボトムと逆の形をしていて、3つの山と2つの谷で形成されています。

トレンドの終了を示唆し、エントリーポイントはネックラインを割り込んだタイミングです。

FXのおすすめのチャートパターンはこちらで詳しく解説!

4.テクニカル指標を活用する

テクニカル指標を活用することで、相場の方向性や売買サインを視覚的に把握しやすくなります。

ここからは、代表的なテクニカル指標を4つ紹介します。

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の価格の平均値を折れ線グラフとして表示させるテクニカル指標です。

チャート上に表示させることで、トレンドの方向性や強さを把握しやすくなります。

移動平均線は、平均値を算出する対象期間を自由に変更しながら、2~3本の線を組み合わせて使うのが効果的です。

代表的な手法に、対象期間が異なる短期線と長期線の動きから売買サインを導く「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。

手法 シグナルサイン 売買方向
ゴールデンクロス 短期線が長期線を下から上に抜ける 買いのシグナル
デッドクロス 短期線が長期線を上から下に抜ける 売りのシグナル

移動平均線の見方や活用方法はこちらで詳しく解説!

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、単純移動平均線を中心に、標準偏差に基づく線を上下に引き、値動きの変動幅を示すテクニカル指標です。

標準偏差とは、この平均線周辺でどの程度散らばっているかを示すものです。

ボリンジャーバンドの標準偏差に基づいたラインには「±1σ標準偏差」や「±2σ標準偏差」などがあります。

それぞれのライン内に値動きがとどまる確率は以下の通りです。

標準偏差 ライン内に収まる確率
±1σ(シグマ) 68.3%
±2σ(シグマ) 95.4%
±3σ(シグマ) 99.7%

標準偏差を表す上下のラインに価格が近づくほど、反発や反落する可能性が高いと考えられています。

ボリンジャーバンドの活用方法はこちらで詳しく解説!

RSI

RSI(アールエスアイ Relative Strength Index)とは、一定期間の為替相場の上昇幅と下落幅の累計を算出し、上昇幅の累計が値動きの全体の何%を示しているかを指数化したテクニカル指標です。

RSIが70%以上の場合は価格が下落する可能性が高く、逆に30%以下の場合は上昇する可能性が高いとされています。

そのため、以下のような売買サインとしても使えるでしょう。

シグナルサイン 売買サイン
RSIが70%以上 売りエントリー
RSIが30%以下 買いエントリー

RSIの使い方や手法はこちらで詳しく解説!

MACD

MACD(マックディー Moving Average Convergence/Divergence)は、より新しいデータに比重を置く考えに基づき、移動平均線を発展させたテクニカル指標のことです。

MACDラインとシグナルラインの2つのラインを使って分析するのが基本です。

手法 シグナルサイン 売買方向
ゴールデンクロス MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける 買いのシグナル
デッドクロス MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける 売りのシグナル

MACDの見方や手法はこちらで詳しく解説!

FXのチャート分析をする際の注意点

FXのチャート分析をする際は、以下の3点に注意しましょう。

  1. チャートを確認するときはパソコンで見る
  2. 損切りラインを設定しておく
  3. 経済指標や要人発言を確認する

一つずつ詳しく解説します。

1.チャートを確認するときはパソコンで見る

スマホとパソコンでは、チャートの見え方に違いがあります。

スマホの場合は、パソコンよりも画面が小さいため、表示できるチャートの範囲に限界があるため、相場の方向性がつかみにくい場合があります。

隙間時間でトレードする場合は、スマホが重宝しますが、相場分析の精度を上げるためにも、パソコンでじっくり取引するのがおすすめです。

FXの取引におすすめのパソコンはこちらで詳しく解説!

2.損切りラインを設定しておく

チャートから相場の方向性を判断できたり、今後の値動きを予測できたりしても、100%予想通りにいくとは限りません。

そのため「○○円の損失が出たら、決済する」のように、事前に損切りラインを決め、損失を最小限に抑えることが大切です。

損失を確定させたくない気持ちから、損切りできない場合は、逆指値注文で自動的に決済されるように設定しておくのがおすすめです。

損切りルールの決め方はこちらで詳しく解説!
逆指値注文の設定方法の詳細はこちらで詳しく解説!

3.経済指標や要人発言を確認する

経済指標の発表や要人発言は、為替相場が大きく変動する要因となります。

経済指標や要人発言を確認せず、チャートだけを見て取引すると、想定外の値動きに巻き込まれ、大きな損失につながる可能性があります。

経済指標の発表や要人発言のあとの相場は、経験豊富なトレーダーでも予測が困難といわれているので、FX初心者の場合は取引を避けるのも一つの手段です。

為替相場に影響を与える原因と分析方法はこちらで詳しく解説!

まとめ:FXのチャートの見方を身に付けて利益を狙おう

FXのチャートとは、過去の為替レートの変動をグラフ化したもので、適切に相場分析をし、利益を狙うためには見方を押さえなければなりません。

ただし、チャートを眺めるだけでは、相場の方向性やエントリーポイントを判断するのは難しいため、ラインを引いたりテクニカル指標を活用したりすることが大切です。

様々なテクニカル指標を使って取引をしたい方は、30種類以上のインジケーターを利用できるMT4やMT5を採用しているFX業者を選びましょう。

MT4やMT5に対応していて、レバレッジの高いFX業者を探しているなら、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX取引ツール