海外FX基礎

FXのトレンドラインとは?引き方やトレードでの使い方を解説

「トレンドラインって何?」
「トレンドラインの引き方や使い方がわからない…」
と悩んでいませんか?

FXのトレード手法を調べていると「トレンドライン」という言葉を目にすることもあるでしょう。

中には、トレンドラインの引き方や使い方を知って、トレードに活かしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • トレンドラインの基礎知識
  • トレンドラインの引き方
  • トレンドラインを活用したトレード手法

トレンドラインの引き方やトレード手法を身に付ければ、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXで取引を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXのトレンドラインとは?

トレンドラインとは、相場を分析する際にチャート上に引く線のことです。

そもそもトレンドとは、上向きや下向きの相場変動が継続している状況を指します。

為替相場は上昇トレンドや下降トレンド、トレンドが発生していないレンジ相場の3つに分類され、下図のように相場の方向性を示します。

一度発生したトレンドは継続する傾向があるので、トレンドに乗った取引ができれば、大きな利益を狙える可能性があります。

FXで利益を狙うためにも、トレンドラインを引いて現在の為替相場の方向性やエントリーポイントを視覚的にわかりやすくすることが大切です。

トレンドラインの種類

トレンドラインには、安値同士をつないだサポートライン(下値支持線)と、高値同士をつないだレジスタンスライン(上値抵抗線)があります。

サポートラインが上向きに引けたときは上昇トレンド、レジスタンスラインが下向きに引けたときは下降トレンドと判断できます。

上昇トレンドでのサポートライン(下値支持線)

上昇トレンドでのサポートラインは、価格を下支えする線となります。

相場が上昇トレンドの場合は、サポートライン付近で反発を繰り返しながら、価格の上昇が続きます。

そのため、価格がサポートラインに到達したら、価格の上昇を予測して買いエントリーをするのが一般的です。

ただし、サポートラインを下回ると一気に下落する可能性もあるので注意が必要です。

下降トレンドでのレジスタンスライン(上値抵抗線)

下降トレンドでのレジスタンスラインは、価格の上昇を押さえつける線となります。

下降トレンドの場合は、レジスタンスライン付近で反発をしながら、価格の下落が続く傾向があります。

そのため、価格がレジスタンスラインに触れたときに、価格が下落することを予測して売りエントリーをするのが効果的です。

レジスタンスラインを突き抜けたときは、一気に上昇するケースもあるため、必ずしも利益が狙えるわけではないので注意しましょう。

トレンドラインとチャネルラインの違い

チャネルラインとは、トレンドラインと平行になるように引く線のことです。

上昇トレンドでのサポートラインと平行に引く線を「上昇チャネルライン」、下降トレンドでのレジスタンスラインと平行に引く線を「下降チャネルライン」といいます。

上昇チャネルラインは、サポートラインと平行になるように高値同士を結んで引きます。

一方、下降チャネルラインは、レジスタンスラインと平行になるように安値同士を結ぶのが基本です。

トレンドラインとチャネルラインの間にできる「チャネル」の中で値動きすることが多いため、売買のタイミングを判断する際に活用できます。

トレンドラインがFXトレードに有効な理由

トレンドラインに限らず、テクニカル分析がチャート上で機能するのは、市場に参加している投資家が同じ売買サインを同じタイミングで見ているためです。

例えば、ローソク足が上昇トレンドでのサポートラインに触れると、多くの投資家は価格の上昇を期待して、買いエントリーします。

買いエントリーが増えると、需要が高まるので価格が上昇します。

そのため、トレンドラインで利益を狙うには、より多くの投資家が意識する価格帯を見極めてラインを引くことが大切です。

トレンドラインの引き方

ここからは、トレンドラインの引き方を以下の3パターンに分けて紹介します。

  1. 上昇トレンド(サポートライン)
  2. 下降トレンド(レジスタンスライン)
  3. レンジ相場

なお、どの時間足のチャートでトレンドラインを引くべきかは、トレードスタイルによって以下のように異なります。

トレードスタイル 取引期間 よく使われる時間足
スキャルピング 数秒~数分 ・1分足
・5分足
・15分足
デイトレード 当日中 ・5分足
・15分足
・30分足
・1時間足
・4時間足
・日足
スイングトレード 数日~数週間 ・1時間足
・4時間足
・日足
・週足
ポジショントレード 数週間以上 ・日足
・週足
・月足

1.上昇トレンド(サポートライン)

上昇トレンドでのサポートラインは、チャートで目立つ2ヶ所以上の安値を結ぶことで引けます。

なお、トレンドラインを引くときに、ローソク足のヒゲを含めるかどうかは、投資家によって異なります。

必ずしもどちらかが正しいというわけではありませんが、ヒゲの先端はローソク足の高値・安値を示しているため、まずはヒゲを含めてラインを引いてみるのがおすすめです。

2.下降トレンド(レジスタンスライン)

下降トレンドでのレジスタンスラインは2ヶ所以上の高値を結ぶことで引けます。

チャート上で特に目立つ高値同士を結んで、右下に向かうイメージを持つと、スムーズに引けるでしょう。

3.レンジ相場

レンジ相場の場合は、高値同士を結ぶレジスタンスラインと安値同士を結ぶサポートラインの両方を引きます。

レンジ相場では、同じ価格帯の高値や安値を2ヶ所以上結び、水平になるように引くのが基本です。

レンジ相場で引ける線は、水平線とも呼ばれます。

水平線を使ったFXトレード手法と注意点はこちらで詳しく解説!

トレンドラインを活用したエントリーポイントの見極め方

トレンドラインを活用したエントリーポイントの代表的な見極め方には、以下の3つがあります。

  1. 反発ポイントを狙う
  2. ラインブレイクを狙う
  3. チャネルラインと組み合わせる

それぞれ詳しく解説します。

1.反発ポイントを狙う

1つ目は、トレンドライン付近で為替レートが反発するタイミングを狙ってエントリーする方法です。

トレンドラインの反発を狙ったエントリーは、トレンドの方向にあわせて取引する順張りの一つです。

例えば、下図のように為替レートが上昇トレンドでのサポートラインまで下落したとき(A)に買いエントリーします。

上昇トレンドでのサポートラインで一時的に為替レートが下がったタイミングで買いエントリーすることを「押し目買い」といいます。

下降トレンドでのレジスタンスラインの場合は、下図のように為替レートがレジスタンスラインまで上がったとき(B)に売りエントリーするのが一般的です。

下降トレンドで一時的に価格が上昇したタイミングで売りエントリーをすることを「戻り売り」と呼びます。

2.ラインブレイクを狙う

為替レートがトレンドラインを突き抜けたこと(以後、ラインブレイク)を確認し、エントリーするのも効果的です。

ラインブレイクは、トレンド転換のサインとなる可能性が高いとされています。

下図のように上昇トレンドでのサポートラインでラインブレイク(C)が起こると、下降トレンドへの転換が予測でき、売りエントリーをすると利益を狙える可能性があります。

反対に下降トレンドでラインブレイクが起こった場合は、上昇トレンドへの転換が示唆され、買いエントリーのサインとなります。

ただし、ラインブレイクがだましとなる可能性も考えられるため、ラインを抜けてすぐにエントリーするのは避けた方が良いでしょう。

だましを回避するためにも、ラインブレイク後はしばらくの間、為替レートの動きを観察し、トレンド転換が確認できてからエントリーするのがおすすめです。

トレンド転換を予想する際は、ダイバージェンスを活用すると視覚的に判断しやすくなります。

▶︎ダイバージェンスの使い方と注意点はこちらで詳しく解説!

3.チャネルラインと組み合わせる

トレンドラインとチャネルラインの間で価格の上昇・下落を繰り返すことが多いので、反発を狙ったエントリーが効果的です。

例えば、下図のように下降トレンドでのレジスタンスラインに触れたタイミング(A)で売りエントリーし、下降チャネルライン(B)に触れたタイミングで決済すると利益を狙えるでしょう。

一方、上昇トレンドの場合は、サポートライン付近で買いエントリーし、上昇チャネルラインに触れたら決済します。

為替レートがチャネルラインを抜けたときは、トレンド転換が予測できますが、だましになる可能性もあります。

無理にエントリーせず、チャネルラインを新しく引いて次のチャンスを待つのも良いでしょう。

トレンドラインは損切りの目安としても使える

トレンドラインは、エントリーだけでなく損切りの目安にも使えます。

上昇トレンドでのサポートラインの反発を狙って買いエントリーした場合、為替レートが反発せずに下抜けすると含み損が発生します。

損切りが間に合わなければ、含み損が膨れ上がり、大きな損失を受けてしまうでしょう。

ラインブレイクを確認したタイミングで損切りできれば、損失が大きくなるのを防げます。

ラインブレイクを損切りの目安にするのも良いですが、「〇〇pips逆行したら損切りする」といった損切りルールを決めておくのもおすすめです。

損切りルールの決め方はこちらで詳しく解説!

FXでトレンドラインを使うときの注意点

FXでトレンドラインを使うときは、以下の5点に注意しましょう。

  1. だましに注意する
  2. 1つの時間足だけで確認しない
  3. チャート上にラインを引き過ぎない
  4. 複数のテクニカル指標を組み合わせる
  5. 経済指標や要人発言を確認する

それぞれ詳しく解説します。

1.だましに注意する

だましとは、トレンドラインなどのテクニカル指標による売買サインと異なる方向に価格が動くことです。

トレンドラインから読み取れた相場の方向性やエントリーポイントは、必ずしも正解であるとは限りません。

だましに遭ったときに大きな損失を受けないためには、あらかじめ損切りラインを設定しておくことが大切です。

損を確定させたくない気持ちから損切りできない場合は、逆指値注文を活用して自動的に決済されるように設定しておくのもおすすめです。

逆指値注文の設定方法はこちらで詳しく解説!

2.1つの時間足だけで確認しない

「1分足でトレンドラインを引いたときは下降トレンドに見えたが、日足などの上位足にすると上昇トレンドになっている」のように、時間足によって相場の方向性が異なるケースはよくあります。

そのため、トレンドラインを使うときは1つの時間足だけで確認せず、上位足から順番に複数の時間足で相場を分析することが大切です。

3.チャート上にラインを引き過ぎない

トレンドラインは、引き方にルールがないので、引こうと思えばいくらでも引けます。

チャート上にラインを引き過ぎると、チャートが見にくくなったり、注目していたラインを見失ったりする原因になります。

チャンスを逃すことにつながるので、FXトレードに慣れるまでは、ラインの本数を絞って引くのがおすすめです。

4.複数のテクニカル指標を組み合わせる

FXで利益を狙うには、トレンドラインだけでなく、ローソク足や移動平均線といった他のテクニカル指標と一緒に活用することが大切です。

複数のテクニカル指標の売買サインが重なったときは、勝率の高いエントリーポイントといえます。

だましに遭うリスクも抑えられるので、使いこなせるテクニカル指標を少しずつ増やしていきましょう。

初心者でも取り入れやすいテクニカル分析手法はこちらで詳しく解説!

5.経済指標や要人発言を確認する

経済指標の発表や要人発言があると、為替レートが大きく変動することがあります。

トレンドラインだけを見て、経済指標や要人発言を確認せずに取引すると、予想外の値動きに巻き込まれて大きな損失を受ける可能性があります。

為替相場に影響の大きい経済イベントがあるタイミングは、損失リスクが高まるため、FX初心者は無理に取引しないほうが良いでしょう。

為替相場に影響を与える原因と分析方法はこちらで詳しく解説!
FXで重要度の高い経済指標はこちらで詳しく解説!

まとめ:トレンドラインで相場を見極めて利益を狙おう

トレンドラインを引くと、為替相場の方向性が視覚的にわかりやすくなり、エントリーポイントを見極める際にも役立ちます。

トレンドラインの引き方やトレード手法を身に付ければ、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

FXでより多くの利益を狙うには、レバレッジの高い業者を選ぶことが大切です。

レバレッジが高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎