海外FX基礎

FXの板情報とは?板の見方やトレードでの使い方、注意点を解説

FXの板情報とは?

トレーダー
「板情報って何?」

トレーダー
「FXではどうやって板情報を使うの?」

と悩んでいませんか?

FXを始めるにあたって「板情報」という言葉を聞き、何を表しているものなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

中には、板情報をトレードに活用したいと考えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • 板情報の見方
  • 板情報を使ったトレード手法
  • 板情報の注意点

板情報の見方や注意点を押さえておけば、FXトレードでの活用方法がわかり、利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXで取引を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXの板情報とは?

板情報とは「どの価格にどのくらいの注文が入っているのか」を示す情報です。

板情報を見ることで、市場に出された注文状況が把握でき、トレーダーの動向や相場の方向性を把握できます。

ただし、FXは株式投資のように証券市場で直接取引するのではなく、FX業者とトレーダーとの取引になるため、為替市場全体の板情報を確認することができません。

チャートやFX業者のデータから見られる板情報は、あくまで業者内の注文状況をまとめたものなので、参考程度に活用するのが良いでしょう。

FXの板情報の見方

 

FXの板情報は、上図のように中心に価格、左右に注文状況を棒グラフで表示しているものが一般的です。

価格帯は、現在の価格を中心に上下に記載され、左に売りの注文量、右に買いの注文量が価格ごとに表示されます。

この注文量は、他のトレーダーが現在入れている指値・逆指値の注文の総計となります。

指値注文や逆指値注文はこちらで詳しく解説!

板情報を使ったFXのトレード手法

板情報を使った代表的なFXのトレード手法は、以下の2つがあります。

  • 相場の方向性を把握する
  • 反発する価格帯を把握する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

相場の方向性を把握する

板情報は、買いの注文量と売りの注文量のどちらが多いのかを確認することで、相場の方向性をおおよそ把握できます。

例えば、買いの注文量が多い場合は、買い圧力が強いことがわかり、今後相場が上昇する可能性が高いと予測できます。

一方、売りの注文量が多い場合は、売り圧力が強いと判断でき、相場が下落することが予測できるでしょう。

上図の板情報では、青の売りの注文量が赤の買いの注文量よりも、多いことがわかります。

売り圧力が強く、相場が下落する可能性が高いため、このタイミングでの買い注文はリスクが高いと判断できるでしょう。

反発する価格帯を把握する

下図のように、一部の価格帯に注文が集まっている板情報を見ることもあります。

以上の板情報からは、以下の情報が読み取れます。

  • 売り注文が集中しているのは「141.90円」
  • 買い注文が集中しているのは「141.55円」
  • 現在の価格は「141.80円」

この場合、為替レートが上がって「141.90円」に到達すると、たまった売り注文が約定されることで、価格上昇が止まってしまい、下落トレンドに転換する可能性が高いと判断できます。

一方、為替レートが下がって「141.55円」になった場合は、買い注文が約定し、価格が下げ止まることで上昇トレンドに転じる可能性が高いことがわかります。

板情報で注文が集中している価格は、相場が反発するポイントになりやすいため、この価格付近で順張りをするのはリスクが高いといえるでしょう。

FXの板情報の注意点

FXで板情報を使ってトレードする場合は、以下の3点に注意しましょう。

  1. FX業者によっては板情報を確認できない
  2. 成行注文は反映されていない
  3. 為替市場全体の注文状況は把握できない

それぞれ詳しく解説します。

1.FX業者によっては板情報を確認できない

FXは、株式投資と比べると板情報を重視しない傾向があるため、板情報を公開しているFX業者は少ないのが現状です。

このようにFX業者で違いがあるため、口座開設前に板情報が確認できるのかを確認しておくと良いでしょう。

ただし、板情報が確認できるFX業者でも、レバレッジが低かったり自動売買が使えなかったりする場合もあります。

FXトレードで利益を狙うためにも、自身のトレードスタイルにあったFX業者を選ぶことが大切です。

おすすめの海外FX業者や選び方はこちらで詳しく解説!

2.成行注文は反映されていない

板情報には、指値注文や逆指値注文の状況が反映されています。

指値注文とは注文時点の価格よりも有利な為替レートを指定する注文方法で、逆指値注文は不利な為替レートで指定する注文方法です。

このように、将来の為替レートにあわせて約定する注文方法であれば板情報に反映されますが、現在の為替レートで注文する「成行注文」は板情報で確認することが基本的にできません。

板情報にすべての注文が反映されているわけではない点は、念頭に置いておきましょう。

3.為替市場全体の注文状況は把握できない

株式の板情報の場合は、証券取引所の注文数を反映できるため、正確な注文状況を確認しやすい傾向があります。

一方、FXの場合は、トレーダーとFX業者との取引が基本となり、為替市場全体の注文状況を把握するのが困難です。

FXの板情報は、各業者の注文量が反映されることであり、為替市場全体の注文量を表しているわけではないので、板情報から導き出せた相場の方向性が実際の値動きとは異なることもあるでしょう。

板情報だけでは売買タイミングをつかむのは難しい

先述した通り、板情報だけでは、為替市場全体の注文状況を正確に把握できません。

また、強いトレンドのときは、板情報をひっくり返すほどの大きな価格変動が発生することもあります。

板情報だけで売買タイミングをつかむのは難しいため、インジケーターなども活用しながらエントリーポイントを探しましょう。

▶︎FXトレードに活用できるインジケーターはこちらの記事で詳しく解説!

板情報をFXトレードで活用するときのポイント

板情報をFXトレードで活用するときは、以下のポイントを押さえましょう。

  1. 複数のテクニカル指標を活用する
  2. 経済指標や要人発言を確認する
  3. 損切りラインを決めておく
  4. トレード記録を付ける

それぞれ詳しく解説します。

1.複数のテクニカル指標を活用する

板情報だけでは、売買タイミングをつかむのは難しいため、ローソク足やインジケーターなどの複数のテクニカル指標を活用することが大切です。

インジケーターを活用すると、売買判断の情報が増えるだけでなく、相場の方向性やエントリーポイントが視覚的に判断しやすくなります。

複数のテクニカル指標の売買サインが重なったときは、勝率の高いエントリーポイントとなるため、利益を狙いやすくなるでしょう。

おすすめのテクニカル分析はこちらで詳しく解説!

2.経済指標や要人発言を確認する

経済指標の発表や要人発言は、為替相場が大きく変動する要因となります。

そのため、板情報やテクニカル指標だけに頼って取引すると、想定外の値動きに巻き込まれ、大きな損失につながる可能性があります。

経済指標の発表や要人発言があったあとの相場の動きは、経験豊富なトレーダーでも、予測するのが困難とされています。

大きな損失を避けるためにも、初心者のうちは取引を控えた方が良いでしょう。

為替相場に影響を与える原因と分析方法はこちらで詳しく解説!

3.損切りラインを決めておく

板情報やテクニカル指標で導いた売買サインは、必ずしもその通りに相場が動くとは限りません。

そのため、「〇〇pips逆方向に価格が動いたら損切りをする」といった損切りラインを決め、損失を最小限に抑えることが大切です。

ただし、損失を確定させることに抵抗を感じ、損切りができない方もいるでしょう。

損切りルールを決め、徹底的に守ることも大切ですが、感情に邪魔されて損切りできない場合は、逆指値注文で自動的に決済されるように設定しておくのがおすすめです。

▶︎損切りラインの決め方はこちらで詳しく解説!

4.トレード記録を付ける

板情報は、様々なテクニカル指標とあわせて使うのがおすすめですが、どの組み合わせが使いやすいのかは人によって異なります。

最適な組み合わせを見つけ、自分に合ったFXのトレード手法を確立させるには、トレード記録を付けるのがおすすめです。

例えば、以下の項目をノートやパソコンに記録してみましょう。

  • 取引した通貨
  • 取引した時間帯
  • 板情報やテクニカル指標
  • エントリーした理由
  • 決済したタイミング
  • 取引結果

特に「エントリーした理由」は、板情報やテクニカル指標のどのような売買サインを見て、エントリーしたのかを明確に記載することが大切です。

「根拠をもって最適なタイミングでトレードできた」「この場面でのエントリーは失敗しやすい」などの記録は、自分にとって利益の狙いやすいトレード手法を見つける際に役立つでしょう。

まとめ:板情報を活用してFXトレードで利益を狙おう

板情報は、価格ごとの注文量を確認できるため、相場の方向性を判断する際に役立ちます。

ただし、為替市場全体の注文量がわかるわけではないので、他のテクニカル指標と組み合わせて使うのが効果的です。

板情報以外の情報を見ながらトレードをしたい方は、30種類以上のインジケーターやEA(自動売買プログラム)を利用できるMT4やMT5を採用しているFX業者を選びましょう。

MT4やMT5に対応していて、レバレッジの高いFX業者を探しているなら、BigBossをおすすめします。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎