海外FX基礎

FXのウェッジとは? トレンド転換・継続のパターンや活用方法を解説

「FXのウェッジって何?」
「ウェッジにはどのようなパターンがあるの?」
「だましを避ける方法は?」

と考えていませんか?

ウェッジは、トレンドの転換はもちろんトレンドの継続でも活用できるチャートパターンです。

覚えておくことで、より相場環境を理解しやすくなるでしょう。

ただ「パターンを覚えられない」「だましを避けたいがどうすれば良いのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では以下の内容について詳しく解説します。

  • ウェッジのパターン
  • ウェッジのトレード方法
  • ウェッジを使う場合の注意点

この記事を読めば、ウェッジの使い方を知ることができるので、売買判断がしやすくなります。

ウェッジを使えるようになりたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

上昇ウェッジ・下降ウェッジとは?

ウェッジとは、高値と安値が同じ向きで切り上げもしくは切り下げながら値幅が狭くなっていくチャートパターンで、以下の2つがあります。

上昇ウェッジは、高値と安値がいずれも切り上げながら幅が狭くなっていくチャートパターンです。上昇トレンド時の転換シグナルとして出現することが多いです。

下降ウェッジは、上昇ウェッジとは逆に高値と安値がいずれも切り下げながら幅が狭くなっていきます。

下降トレンド時の転換シグナルとして出現しやすいでしょう。

また、上昇ウェッジや下降ウェッジが出現する理由は、相場において買いと売りの勢いが拮抗していて方向性がはっきりしないからです。

時間が経てば、上昇ウェッジは下方向、下降ウェッジの場合は上方向へブレイクしていきやすくなります。

上昇ウェッジの2つのパターン

上昇ウェッジには2つのパターンがあるので覚えておきましょう。

  1. トレンド反転型の上昇ウェッジ
  2. トレンド継続型の上昇ウェッジ

順番にそれぞれのパターンについて詳しく解説します。

1. トレンド反転型の上昇ウェッジ

トレンド反転型の上昇ウェッジとは、天井圏で出現するパターンです。

高値は緩やかに安値は急な角度で上昇を続けているので、値幅は狭くなっていきます。

安値が切り上がっているので、買いの勢いはあるものの、強い高値更新は起きていません。

幅が狭くなっていることからわかるように、上昇方向への勢いが衰えているため、下方向にブレイクするとそのまま下落しやすくなります。

2. トレンド継続型の上昇ウェッジ

トレンド継続型の上昇ウェッジとは、下降トレンドの途中で一時的に上昇する場合に出現するチャートパターンです。

上昇ウェッジが出現する場合、下降トレンドの勢いは弱くなっていますが、明確に上昇方向へ転換しているとは断言できません。

上昇ウェッジの安値を再び下方向にブレイクすると、トレーダーはまだ下落すると考えるので、下降トレンドは継続します。

下降ウェッジの2つのパターン

下降ウェッジも上昇ウェッジと同じく2つのパターンがあります。

  1. トレンド反転型の下降ウェッジ
  2. トレンド継続型の下降ウェッジ

それぞれのパターンについて順番に見ていきましょう。

1. トレンド反転型の下降ウェッジ

トレンド反転型の下降ウェッジは、底値圏から上昇方向へ転換する場合に出現しやすいチャートパターンです。

安値が切り下がっているため、まだ下落すると考える人もいるでしょう。ただ、徐々に値幅が小さくなっているので、売りの勢いは衰えつつあります。

したがって、下降ウェッジの高値を上方向にブレイクすると、新規の買い注文が入りやすくなります。

下降トレンド中に下降ウェッジが出現した場合は、トレンドの転換を警戒しておきましょう。

2. トレンド継続型の下降ウェッジ

トレンド継続型の下降ウェッジとは、上昇トレンドの途中に出現するチャートパターンです。

上昇トレンド中に出現する下降ウェッジは、以前から買っていたトレーダーの利確が増えていることを示唆します。

しかし、まだ上昇することを期待するトレーダーも多いので、下降ウェッジの高値をブレイクすれば再度上昇方向への動きが加速しやすくなります。

上昇ウェッジでエントリーや決済をする方法

この章では上昇ウェッジでエントリーや決済をする方法を解説します。

なお、トレンド反転型・トレンド継続型のどちらのパターンであっても、エントリー方法や決済方法に大きな違いはありません。

まず、上昇ウェッジが出現したら、安値をローソク足の終値がブレイクした時点で売ってみましょう。

損切りする価格は、上昇ウェッジの高値のやや上に置きます。

利確をするタイミングは、上昇ウェッジの入り口と同じ値幅をそのままブレイクから下方向に適用するだけです。

下降ウェッジでエントリーから決済する方法

下降ウェッジでエントリーや決済をする方法を解説します。

まず、下降ウェッジが出現後に、高値をローソク足の終値がブレイクしたら買ってみましょう。

損切りする価格は、下降ウェッジの安値のやや下に置きます。ぎりぎりの位置に設定すると、損切りが執行された後に再び上昇方向へ動くケースもあるので注意が必要です。

利確をするタイミングは、下降ウェッジの入り口と同じ値幅をそのままブレイクから上方向に適用するだけです。

ウェッジとフラッグ・ペナント・トライアングルとの違い

フラッグ・ペナント・トライアングルはウェッジと似た形をしています。

それぞれのチャートパターンとウェッジの違いをまとめると以下の通りです。

上昇時のウェッジ(下降ウェッジ)は、高値も安値も切り下げています。

しかし、ほかのチャートパターンを見ると、切り上げ・切り下げの両方だったり、幅が狭くなっていなかったりとそれぞれ違う点があります。

それぞれの違いについて把握しておきましょう。

ウェッジを使う場合の注意点

トレードでウェッジを使う場合は、以下の点に注意してみましょう。

  1. 短期トレードではだましが多くなる
  2. ウェッジの否定パターンを把握しておく
  3. 逆方向にブレイクした場合はウェッジではない可能性がある

それぞれの注意点を順番に解説します。

1. 短期トレードではだましが多くなる

ウェッジのシグナルが出現しても、短期トレードではだましが多くなるので注意が必要です。

だましを避けるためには、ウェッジだけでなく移動平均線やRSIを活用してみましょう。

例えば、上昇トレンド中に下降ウェッジの上抜けと移動平均線での反発が同時に出現した場合、より上昇方向へ動きやすくなります。

また、RSIが買われすぎを示しているのに加えて上昇ウェッジも出現していれば、より下落しやすくなるでしょう。

2. ウェッジの否定パターンを把握しておく

トレンド反転型では、以下のようにウェッジが否定されるパターンもあるので覚えておきましょう。

ウェッジの否定パターンが出現する理由は、トレンド相場では押し目買い(下降トレンドでは戻り売り)をしているトレーダーが増えるからです。

このパターンは、一度ウェッジの外側に飛び出すものの、再度ウェッジの値幅の中に戻ってきます。

3. 逆方向にブレイクした場合はウェッジではない可能性がある

ウェッジによって、どの方向に動きやすいかは決まっています。しかし、想定とは逆方向に抜けていくケースもあるでしょう。

例えば、下降トレンド時に継続型の下降ウェッジが出現したものの、上方向へ抜けていくパターンです。

この場合、ウェッジではなくトリプルボトムや逆三尊が出現する可能性があります。したがって、ウェッジのルールでエントリーしないように注意してみましょう。

ブレイクアウトを狙う方法はこちらで詳しく解説!

まとめ:
FXのウェッジはトレンドの転換・継続どちらでも使える

FXのウェッジはトレンドの転換だけでなく、継続する際のシグナルとしても使うことができます。

ただ、ウェッジだけでは精度が高くないので、移動平均線やRSIなど他のインジケーターと組み合わせて使用するのをおすすめします。

なお、ウェッジを使いながらトレンド相場で大きな利益を得るためには、レバレッジの高いFX業者を利用してみましょう。

レバレッジが高いおすすめのFX業者はBigBossです。

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. STP/ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはガチャを回すことができ、最大$5,000のボーナスがもらえる可能性があります。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎