海外FXトレード手法

FXのブレイクアウト手法は大きな利益を狙える? だましが多い理由や対処法を解説

「ブレイクアウトって何?」
「ブレイクアウトなら大きな利益を狙えるの?」
「だましが多くて悩んでいる...」

ブレイクアウトは、初心者から上級者まで幅広い投資家に知られている手法です。

しかし、エントリー条件がわからない人やだましが多いために使いにくいと考えている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では以下の内容について詳しく解説します。

  • ブレイクアウトを狙う方法
  • 利用するメリットやデメリット
  • だましが多い理由や対処法

この記事を読めば、ブレイクアウトのエントリー方法やだましを避ける方法について理解できるようになります。

ブレイクアウトをこれから使いたい人やだましに遭う回数を減らしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXのブレイクアウトとは?

ブレイクアウトとは、過去何度も跳ね返されてきた価格帯を抜けて、流れが加速することを指します。

よって、レンジ相場や保ち合い相場から大きなトレンド相場へ発展する場合に出現しやすい形です。

ブレイクアウトが成功すると、ブレイクした方向に大きく動きやすくなります。

多くの値幅を獲得できる可能性があるため、FXに限らず株式・仮想通貨の投資家も幅広く利用している手法です。

ここからは上昇方向と下落方向それぞれのブレイクアウトについて順番に見ていきましょう。

上昇方向のブレイクアウト手法

上昇方向のブレイクアウト手法は、レンジ相場においてレジスタンスラインを超える動きを狙ってトレードする方法です。

したがって、ローソク足の終値がレジスタンスライン(直近で上昇から反転した価格水準に引くライン)を超えたら買い注文を出してみましょう。

ブレイクした後は、他のインジケーターや上位足のサポートライン・レジスタンスラインの位置などを見ながら利確する場所を判断します。

一方で、上昇方向へブレイクしたものの、その動きが長く続かないケースもあります。逆にサポートラインを割ってしまった場合は、だましとなるので損切りしなければなりません。

下落方向のブレイクアウト手法

下落方向のブレイクアウト手法は、レンジ相場においてサポートライン(直近で下落から反転した価格水準に引くライン)を超える動きを狙ってトレードする方法です。

したがって、ローソク足の終値がサポートラインを割れたら売り注文を出してみましょう。

ブレイクした後は、他のインジケーターや上位足のサポートライン・レジスタンスラインの位置などを見つつ、どの価格で利確するか判断します。

一方で、下落方向へブレイクした後すぐに上昇方向へ押し戻されるケースも珍しくありません。さらに、レジスタンスラインも超えて上昇した場合は、だましになるのですぐに損切りしましょう。

ブレイクアウトを見つける方法

ブレイクアウトを見つける方法は主に以下の2つがあります。

  1. サポートラインやレジスタンスラインを引く
  2. ボリンジャーバンドの収縮を見つける

2つの方法について、詳しく解説します。

1. サポートラインやレジスタンスラインを引く

ブレイクアウトは、サポートラインやレジスタンスラインを引いて見つける方法が一般的です。

チャートで何度も価格が反転している箇所を探してラインを引きます。

何度も反転下落している箇所は強いレジスタンスラインとなっています。

しかし「反転した回数が多い」「狭い価格で推移している時期が長い」レジスタンスラインであるほど、ひとたびその価格帯を超えた場合に上昇方向への動きが加速しやすくなります。

まずは、チャートを見てレジスタンスラインやサポートラインとなる相場を確認してみましょう。

2. ボリンジャーバンドの収縮を見つける

ボリンジャーバンドの収縮を探してブレイクアウトを見つける方法もあります。

ボリンジャーバンドは、値動きが狭い範囲で動いている場合は3本のラインの幅が収縮しています。

しかし、トレンド相場になると、ボリンジャーバンドの幅も拡大する習性があるので注意が必要です。

つまり、ボリンジャーバンドが収縮している場所を見つければ、ブレイクアウト前の相場を把握できる可能性があります。

レジスタンスラインやサポートラインと併用して利用すれば、ブレイクアウトを狙いやすいでしょう。

FXのブレイクアウト手法を使うメリット

FXのブレイクアウト手法は初心者から中上級者まで幅広い投資家が利用しています。
幅広い投資にこの手法が受け入れられている理由は、ブレイクアウト手法に以下のメリットがあるからです。

  1. トレンド相場の値幅を大きく取れる
  2. 手法がシンプルで初心者でも使いやすい

それぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

1. トレンド相場の値幅を大きく取れる

ブレイクアウト手法を使うと、トレンド相場の初動から乗ることができるため、大きな値幅を獲得できる可能性があります。

以下はドル/円の日足チャートですが、ブレイクアウト発生直後にエントリーをすれば3,000pips以上の値幅を取れていました。


ブレイクアウトは、トレンド相場で多くの利益を狙いたい人におすすめの手法です。

2. 手法がシンプルで初心者でも使いやすい

ブレイクアウト手法はシンプルなルールのため、FX初心者でも使いやすいです。

なぜなら、サポートラインおよびレジスタンスラインを引くだけで、ブレイクアウトしそうなタイミングを見極めやすくなるからです。

またエントリーの条件や損切りの基準も明確なので、トレードルールを探しているFX初心者にもおすすめの手法といえるでしょう。

FXのブレイクアウト手法を使う際の注意点

FXのブレイクアウトは、初心者でも大きな利益を獲得できる可能性がある手法です。

しかし、トレードに使う際はいくつか注意点があります。

  1. だましが多い
  2. いつも長期的なトレンドにつながるわけではない
  3. エントリーできる機会が少ない

それぞれの注意点について順番に見ていきましょう。

1. だましが多い

ブレイクアウト手法は、だましが多い点に注意が必要です。実際、1回のブレイクアウトのみで、大きなトレンド相場にならないケースも多いです。

ブレイクアウトのチャンスでエントリーを繰り返しても、損切りの回数が増えるため、多くの損失を被る可能性があります。

ブレイクアウト手法を使う場合は、より優位性の高い局面に絞って取引した方が、トレード成績は向上するでしょう。

2. いつも長期的なトレンドにつながるわけではない

ブレイクアウトに成功しても、トレンドが長く続くとは限りません。

以下のチャートのように、ブレイク後ほとんど上昇せずに下落方向へ動くケースもあります。

このようなケースでは、利確をできないまま損切りとなる可能性があります。

ブレイクした価格からある程度上昇したら、損切りの位置をエントリーした価格帯まで引き上げておきましょう。そうすることで、損切りにかかっても損失を被る可能性は低くなります。

3. エントリーできる機会が少ない

FXの相場では「トレンドが3割、レンジが7割」といわれています。トレンド相場自体が少ないため、トレンドの初動を狙うブレイクアウト手法でエントリーできる機会は多くありません。

以下のチャートは、2023年4月6日のドル/円の5分足です。

ブレイクアウトは5回発生していますが、仮に夜しかトレードができない場合、1日のエントリーチャンスが2回しかありません。


チャンスが来た場合チャートを見ていなければ利益を獲得するのは難しくなります。

エントリーの機会を増やしたいのであれば、複数の通貨ペアでブレイクアウトの有無を確認する必要があります。

ブレイクアウトのだましが多い理由

ブレイクアウト手法のだましが多い理由は、大口の投資家が大きな利益を得るために相場を動かすからです。

ブレイクアウト手法は初心者にも広く知られている投資手法であり、トレンド相場を利用して多くの利益を狙うことができます。

よって、多くの個人投資家は価格が上抜けすると、上昇方向へのブレイクアウトと判断して買い注文を出すでしょう。

しかし、大口の投資家は個人投資家が一斉に買った際、逆に売り注文を出すことがあります。

大口の投資家は個人投資家よりも相場を動かす力が強く、ブレイクアウトから一転、価格は急落します。

急落を見た多くの個人投資家は、損失の拡大を防ぐために損切りを行います。損切りは買いの反対注文(つまり売り注文)となり、価格はさらに下落するでしょう。

そうなれば、ブレイクアウトした直後に売っていた大口の投資期は大きな利益を得ることができます。

よって、ブレイクアウトが出現するたびにエントリーしてもうまくいかないケースが多くなります。

ブレイクアウトのだましを避ける方法

ブレイクアウトで利益を得るには、だましに遭う頻度を減らす必要があります。

だましを避けるためには、以下の方法があります。

  1. 長期足のブレイクアウトを狙う
  2. 長期間のレンジ相場しか狙わない
  3. ブレイクアウト直後に発生する一時的な戻しを待つ

それぞれの方法について順番に見ていきましょう。

1. 長期足のブレイクアウトを狙う

一般的に、ブレイクアウト手法は、1分足や1時間足のような短期足よりも4時間足以上の長期足の方が優位性があります。

よって、スキャルピングやデイトレードでブレイクアウトを使っても、何度もだましに遭う可能性があります。

だましに遭うリスクをできるだけ減らしたいのであれば、短期足よりも勝率が高くなりやすい4時間足や長期足でのブレイクアウトを狙ってみましょう。

なおスキャルピングやデイトレードでブレイクアウト手法を使いたい場合は、長期足の値動きと同じ方向のみエントリーすることで、優位性のあるトレードをしやすくなります。

2. 長期間のレンジ相場しか狙わない

ブレイクアウト手法は、長期間のレンジ相場になるほど、多くの利益を狙いやすくなります。
なぜなら、長期間のレンジ相場は、大きく上昇(あるいは下落)するためにエネルギーを貯めていると解釈することができるからです。

同じ価格帯で何度も反転しているレンジ相場でも大きなトレンドを狙いやすいでしょう。

3. ブレイクアウト直後に発生する一時的な戻しを待つ

ブレイクアウト発生直後にそのまま上昇(あるいは下落)するのではなく、一旦戻してから再度伸びていくケースがあります。

特に、ブレイクしたローソク足がレジスタンスラインやサポートラインから大きく離れている場合は、一旦戻してきてからエントリーした方が有利なレートで取引できるでしょう。

加えて、ブレイクアウトしてからすぐにエントリーをすると、損切り水準までの値幅も大きくなる可能性があります。

ブレイクアウト直後にすぐエントリーするかどうか、慎重に検討してみましょう。

まとめ:
ブレイクアウトを活用すれば大きなトレンドに乗ることができる

ブレイクアウトを活用すれば、トレンド相場の初動からエントリーが可能になるため、大きな利益を狙うことができます。

ただ、だましが多いので、安易なエントリーは控えましょう。

なお、ブレイクアウトで短期間に大きな利益を得るには、ハイレバレッジで取引できるFX業者を選ぶ必要があります。

ハイレバレッジで取引できるおすすめの海外FX業者はBigBossです。

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. STP/ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはガチャを回すことができ、最大$5,000のボーナスがもらえる可能性があります。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法