海外FXトレード手法

FXのネックラインとは? 正しい引き方・活用方法・注意点を解説

「ネックラインって何?」
「正しい引き方がわからない」

と考えていませんか?

ネックラインはトレンド転換を狙って取引したい人なら、覚えておきたいラインです。

とはいえ、なぜ重要なのか、どのように引けば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では以下の内容について詳しく解説します。

  • ネックラインの意味
  • 正しい引き方
  • 活用する方法

この記事を読めば、ネックラインの意味やトレードへの活用方法を知ることができます。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

ネックラインとは?

ネックラインとは、以下のようなローソク足のチャートパターン分析において、トレンドの転換となるラインのことです。

  • 三尊天井
  • 逆三尊
  • ダブルトップ
  • ダブルボトム
  • トリプルトップ
  • トリプルボトム

これらは、相場の大底や天井で出現しやすいチャートパターンです。

ネックラインは、以下のように直近安値や高値に引くラインですが、この部分は多くのトレーダーが意識しているポイントでもあります。

ネックラインをローソク足が終値で抜けると、それまでのトレンドが転換する可能性が高くなります。

トレンド転換を狙った逆張りのトレードをする人は、どこにあるのか探せるように意識してみましょう。

ネックラインの正しい引き方

ネックラインを活用するためには、正しい引き方を覚える必要があります。

そこで、チャートパターン毎に正しい引き方について解説します。

  1. ダブルトップ・ダブルボトムのネックラインの引き方
  2. トリプルトップ・トリプルボトムのネックラインの引き方
  3. 三尊天井・逆三尊のネックラインの引き方

順番にネックラインの引き方を見ていきましょう。

1. ダブルトップ・ダブルボトムのネックラインの引き方

ダブルトップとは、2つの高値が同じくらいの高さにあるチャートパターンで、Mのような形をしています。

ダブルトップのネックラインは、直近の安値に引きます。

ネックラインを割ると、下落方向への動きが加速しやすくなるでしょう。

続いて紹介するのが底値圏で出現しやすいダブルボトムです。ダブルボトムは、Wのような形をしているチャートパターンです。

ネックラインは、直近高値に引いてみましょう。

ネックラインを超えていった後は上昇方向への動きが加速しやすくなります。

ダブルトップ・ダブルボトムはこちらで詳しく解説!

2. トリプルトップ・トリプルボトムのネックラインの引き方

トリプルトップは、以下のように3つの高値と2つの安値で構成されるチャートパターンです。

天井圏で出現すると下落を示唆します。

ネックラインは2つの安値に結んでみましょう。

ネックラインを割ると、下落しやすくなります。

続いてトリプルボトムは、トリプルトップとは逆に底値圏で出現しやすいチャートパターンです。

3つの安値と2つの高値で構成されていますが、ダブルボトムよりは出現頻度は少なくなります。

2つの高値を結んだネックラインを超えると、上昇方向への動きが加速しやすくなるでしょう。

トリプルトップ・トリプルボトムはこちらで詳しく解説!

3. 三尊天井・逆三尊のネックラインの引き方

三尊天井とは、中央の高値が最も高いチャートパターンで、天井圏で出現することが多いです。

三尊天井では、1つ目と2つ目の安値をつけた箇所にネックラインを引きます。

そして、このネックラインを割ると、下落しやすくなります。

以下のチャートでは、底値圏で逆三尊が出現しています。逆三尊は真ん中の安値のみが深い位置にあるチャートパターンです。

逆三尊の出現後、1つ目と2つ目の高値同士を結んだネックラインを超えると上昇しやすくなるでしょう。

ネックラインの活用方法

ネックラインは、天井圏や底値圏から転換するかどうかの分岐点にあります。

トレンド転換を狙って取引する場合は、以下のような活用方法もあるので覚えておきましょう。

  1. 一度抜けたネックラインはレジスタンスラインとして機能する
  2. 天井や大底からのエントリーとして利用できる
  3. 利確する場所の目標設定に使える
  4. 長期足でネックラインを抜けたら短期足でエントリーする

それぞれの活用方法について順番に解説します。

1. 一度抜けたネックラインはレジスタンスラインとして機能する

ネックラインを抜けると、トレンドが転換する可能性が高くなります。そして、一度抜けた後はレジスタンスラインとして機能することがあるので覚えておきましょう。

以下のチャートを見ると、三尊天井が出現した後にネックラインを割っています。

ただ、その後、一直線に下落しているわけではありません。

一旦上昇方向への動きを見せた後、ネックライン付近で再度反転下落していることがわかります。

さらに、2回目の上昇がネックラインにより止められた後は、一気に下落方向へ価格が動きました。

ネックラインを割れた後にすぐ上昇してきた場合は、より有利な価格でエントリーできる可能性があります。

2. 天井や大底からのエントリーとして利用できる

ネックラインは、トレンド相場に乗っているトレーダーの立場で考えると、抜けて欲しくないラインです。

ネックラインを割ることは、それまでのトレンド方向への勢いが衰えていることを示唆するので、転換する可能性が高くなります。

正しい引き方を覚えれば、天井や大底からの転換を狙う際に、どの価格でエントリーするのか迷わなくなるでしょう。

3. 利確する場所の目標設定に使える

ネックラインを抜けた後は、抜けた方向へ価格が動きやすくなります。

ただ、トレンド転換をした後に、利確するポイントがわからない人もいるのではないでしょうか?

正しい引き方を知っていれば、どこまでポジションを引っ張るか予測しやすくなります。

一般的に三尊天井やトリプルトップなどでネックラインを割れた場合、利確ポイントは以下のように設定します。

チャートパターン 利確するポイント
三尊天井 ネックラインと真ん中の高値の値幅をそのまま下落方向へ適用する
逆三尊 ネックラインと真ん中の安値の値幅をそのまま上昇方向へ適用する
トリプルトップ・ダブルトップ ネックラインと高値の値幅をそのまま下落方向へ適用する
トリプルボトム・ダブルボトム ネックラインと安値の値幅をそのまま上昇方向へ適用する

三尊天井であれば、以下のように利確するポイントを決めてみましょう。

4. 長期足でネックラインを抜けたら短期足でエントリーする

ネックラインは長期足で相場の流れを読む場合にも活用できます。

長期足でトレンド転換を示唆するチャートパターンが出現した後にネックラインを抜けた場合、短期足も同じ方向に動きやすくなるでしょう。

例えば、日足でトリプルボトムのネックラインを抜けると、下落方向への動きが加速しやすくなります。

よって、1時間足や5分足のトレードでも下落方向のシグナルに従った方が、多くの利益を狙える可能性があります。

ネックラインを使う場合の注意点

ネックラインを使う場合、いくつか注意点があります。

  1. レンジ相場では一時的にネックラインを抜けても戻ってきやすい
  2. ネックラインは他のテクニカル指標と併用する
  3. いつもネックラインが水平とは限らない

それぞれの注意点について順番に見ていきましょう。

1. レンジ相場では一時的にネックラインを抜けても戻ってきやすい

レンジ相場についても直近の高値や安値にネックラインを引くことはできます。

しかし、レンジ相場の場合は、そのまま抜けた方向へ動くケースは多くありません。トレンド転換を判断する場合に使ってみましょう。

2. ネックラインは他のテクニカル指標と併用する

ネックラインを抜けても、いつも想定通りに価格が動くとは限りません。

抜けた後も逆にトレンドが継続するケースもあります。

少しでも精度を上げるには、インジケーターやプライスアクションなど、ほかのテクニカル指標も併用してみましょう。

取引する回数は減りますが、損切りも減るので、トレード成績が良くなる可能性があります。

プライスアクションのパターン7つはこちらで解説!

3. いつもネックラインが水平とは限らない

本やインターネット上のサイトで説明されているネックラインは、概ね水平です。

しかし、いつも水平ではなく、右肩上がり・右肩下がりのネックラインが出現するケースも多くあります。

例えば、上の三尊天井は左よりも右の高値が高い水準にあるため、ネックラインも右肩上がりとなります。

多くのチャンスを狙いたい場合は、右肩上がりや右肩下がりのパターンも狙ってみましょう。

まとめ:
ネックラインの引き方を覚えてトレードに活用してみよう

ネックラインは、三尊天井やダブルボトムなどトレンド転換を示唆するチャートパターンで引くことができるラインです。

正しい引き方がわかれば、エントリーポイントや利確ポイントを判断しやすくなります。

トレンド転換で積極的に取引したい場合は、正しい引き方を覚えておくと便利です。

なお、トレンド転換を狙って多くの利益を狙うならレバレッジの高い海外FX業者をおすすめします。

インジケーターが多数搭載されているMT4・MT5を利用でき、レバレッジが高いFX業者を探しているなら、BigBossがおすすめです。

BigBossは、以下のメリットもあるFX業者です。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. STP/ECN方式に対応しており約定力が高い
  3. BigBossPointや入金ボーナス(不定期)ももらえる

BigBossなら証拠金が200万円を超えても比較的高いレバレッジで取引ができるため、効率的に利益を得られる可能性があります。

また取引毎にもらったBigBossPointはガチャを回すことができ、最大$5,000のボーナスがもらえる可能性があります。ぜひ、BigBossの口座を開設してみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法