海外FXトレード手法

【海外FX業者対応】ミラートレードって簡単に利益を得やすいの? EAとの違いを解説

「ミラートレードに興味がある...」
「ミラートレードなら利益を得やすいの?」
「EAとの違いがわからない...」

と考えていませんか?

国内・海外問わず一部のFX業者では、ミラートレードと呼ばれる自動売買のサービスを提供しています。

ただ、利益を得やすいのか、EAを使った自動売買と比べてどうなのか分からない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • ミラートレードの仕組みや対応業者
  • ミラートレードのメリット
  • 押さえておかなければならないデメリット

この記事を読めば、ミラートレードの弱点も分かるので、EAを使った自動売買と比べて利益を得やすいのかも判断できます。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

ミラートレードの仕組みを解説

FXに興味があるけど、仕事や家事が忙しくてチャートを見る時間がないと悩んでいる人もいるでしょう。

実はFXの取引では、必ずしもずっとチャートを見ている必要はありません。ミラートレードと呼ばれる方法を使えば、自動で取引ができます。

まずは、ミラートレードが何なのかについて見ていきましょう。

ミラートレードとは他の投資家の戦略をコピーできる取引方法

ミラートレードとは他の投資家の戦略をコピーして取引できる方法で、自動売買の1種です。

海外FXの場合、ミラートレードではなくコピートレードの名称を使っている業者もあります。

ミラートレードをしたい場合は、好きなストラテジーを選ぶだけ。ストラテジーとは、自動売買の取引情報を提供するプログラムを指します。

多くのFX業者では複数のストラテジーを提供しているので、過去の利益やリスクの大きさ、取引する通貨ペアなどの情報を元に選べます。

ミラートレードは違法性もない

他の投資家の取引戦略をコピーして取引できると聞くと、そのような手法が許されるのか、違法ではないのか不安を感じるかもしれません。

ミラートレードは違法な金融商品ではありません。

しかし、提供元の国内業者は金融商品取引法第28条4項に規定される投資運用業として金融庁の登録を受けている必要があります。

一方で、海外FXの場合は海外に拠点があるため、金融商品取引法の適用を受けません。

しかし、詐欺も多いので「FX業者が海外の金融ライセンスを取得している」「出金拒否をしていない」など信頼性を確認する必要があります。

ミラートレードを利用できる国内外のFX業者一覧

ミラートレードを利用できるFX業者は、国内外合わせても多くはありません。

以下の表は、ミラートレードを提供している国内外のFX業者一覧です。

FX業者と
サービス名
特徴
インヴァスト証券「トライオートFX」
  • ランキングから好きなストラテジーを選択できる
  • プログラミング知識なしで自分だけの自動売買が作れる
  • 利用者の62%が初心者
  • 1,000通貨からの取引に対応
セントラル短資FX「ミラートレーダー」
  • 低リスクやバランス、トレンド型などのストラテジーから選択可能
  • 変動スプレッドを採用している
  • 5,000通貨単位からの取引に対応
トレイダーズ証券「みんなのシストレ」
  • プログラムとトレーダー(人間)の2種類を提供
  • 取引スタイルやPF、フォローしている人数から判断できる
  • 国内業者で唯一、スマホでもミラートレードを利用可能
BigBoss「MASS口座」
  • 紹介者経由で専用の口座を開設する必要がある
  • レバレッジ1,111倍で取引できる
HFM「HFコピー」
  • 配信者は400人以上
  • 手数料がかかる(5〜50%)
  • 100ドルからスタート可能
  • フォロー人数は最大でも3人
Traders Trust「ソーシャル・コピートレード」
  • 50ドルから取引を始められる
  • 最大3,000倍のレバレッジが適用
  • ストラテジープロバイダの数が少ない
IronFX「コピートレード」
  • レバレッジは200倍と500倍の口座がある
  • 成功報酬は最大40%
  • ストラテジーは300種類以上

※配信者やストラテジーの数は全て2022年10月15日現在のものです。

そしてFX業者によって、手数料や最低入金額、選択できるストラテジー(またはフォロー)の人数が異なります。

利益の得やすさも変わってくるので慎重に検討しましょう。

また、以前まではFBSやTitan FXもミラートレードを提供していましたが、どちらもサービスを終了しました。

そのため、今後ミラートレードを取り扱うFX業者が増えるかは不透明な状況です。

ミラートレードを利用するメリット

この章では、ミラートレードを利用するメリットをいくつか紹介します。

  1. 知識がない初心者でも利益が得られる可能性がある
  2. 24時間自動的に取引できる
  3. 難しい設定が必要ない
  4. プロの投資家のストラテジーを利用できる
  5. 感情的なトレードを避けられる

それぞれのメリットを見ていきましょう。

1. 知識がない初心者でも利益が得られる可能性がある

FXと聞くと、勉強した上でトレードの練習をずっと続けなければいけないイメージを持っているかもしれません。

しかし、ミラートレードではプロのトレーダーがみなさんの代わりに取引してくれるので、知識がない初心者でも利益を得られる可能性があります。

この点、通常の取引方法よりも手軽です。

2. 24時間自動的に取引できる

FXで最も値動きが大きく動く時間帯は日本時間の夜9時〜深夜の3時です。

ただ、深夜になると多くの日本人は寝る必要があり、チャンスがあっても取引するのは難しいでしょう。

しかし、ミラートレードなら24時間自動的に取引ができるので、チャンスを逃しません。

みなさんが忙しい時間でも取引できるため、普段の生活と両立できるか不安な人にもおすすめです。

3. 難しい設定が必要ない

EAを使った自動売買をする場合、以下のような設定をしなければなりません。

  • MT4やMT5のダウンロード
  • EAの購入およびダウンロード
  • パラメーターの設定

インターネットに慣れていない人にとって、これらの設定は難しく面倒に感じるでしょう。

しかし、ミラートレードは、ほぼストラテジーを選択するだけです。

自動売買が初めての人でも、安心して始められます。

EAを使った自動売買の設定方法はこちらで解説!

4. プロの投資家のストラテジーを利用できる

ミラートレードでは、プロのトレーダーやFX業者が開発した優秀なプログラムを利用できます。

FXの経験が少ない人でも、プロのトレード戦略で自動的に取引できるので、安定的に利益を得られるかもしれません。

5. 感情的なトレードを避けられる

FXで難しいのが感情的なトレードからの脱却です。以下のような感情的なトレードを続けていると、損失は大きく、利益は小さくなってしまいます。

  • 損をしたくないため、損切りが遅れる
  • 含み益が減るのを恐れるあまり、早い段階で利確してしまう

なんとか感情的なトレードを脱却しようとしても、適切な損切りや利確ができずに悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、ミラートレードは自動売買なので、自分の感情がトレードに介入しません。

結果的に損小利大のトレードを実現できる可能性があります。

ミラートレードを利用するデメリット

ミラートレードは初心者でも利用しやすい取引方法です。しかし、いくつかデメリットもあるため、注意が必要です。

  1. 成績の悪いストラテジーもある
  2. トレードスキルが身につかない
  3. 手数料がかかる
  4. 取り扱っているFX業者が少ない
  5. ミラートレードの詐欺が多い
  6. パラメーターの設定を変えられない

それぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

1. 成績の悪いストラテジーもある

ミラートレードがあればプロのトレードをコピーできるので、FXで安定的な収入を得られると考えるかもしれません。

しかし、成績の悪いストラテジーもあるため、注意が必要です。

また今は成績が良くても、相場環境が変わると、暴騰や暴落により大きな損失を被るリスクもあります。

ストラテジーの選択は慎重に行わなければなりません。

2. トレードスキルが身につかない

ミラートレードは自分で取引するわけではないので、トレードスキルがほとんど身につきません。

また、プロのトレード戦略を自分で真似て取引するのも不可能です。なぜなら、トレードスタイルや手法の内容について若干の説明はあるものの、トレードの肝となる部分まではわからないからです。

そして、特に注意しなければならない点は、ミラートレードのサービスが終了するリスクです。

当然サービスが終了すれば、今まで通り安定的に収入を得られなくなるため、また別の業者のミラートレードでトレーダーを探さなければなりません。

ミラートレードに依存しすぎると、トレード技術が一切身につかないので注意が必要です。

3. 手数料がかかる

一般的にミラートレードでは、手数料がかかるため、以下のような点に注意しましょう。

  • 導入費用や最低入金額が高すぎる
  • 通常の取引よりもスプレッドを多く徴収される
  • フォローしているトレーダーへの成功報酬が高い

例えば、スキャルピングをメインにトレードしているトレーダーを選択すると、当然取引頻度が多くなるので支払うスプレッドの合計も高くなります。

また、フォローしているトレーダーへの成功報酬が最大50%に設定されるケースもあります。

成功報酬が高すぎると、手元に残る利益が少なくなるため、必ず確認しておきましょう。

4. 取り扱っているFX業者が少ない

ミラートレードを取り扱っているFX業者は多くありません。

この点、海外FXならほとんどの業者で利用可能なEAを使った自動売買とは大きく異なります。

また、ミラートレードを提供しているFX業者の取引条件が必ずしも魅力的とは限りません。

「レバレッジが低い」「スプレッドが広がりやすい」といった特徴を持つFX業者を利用すれば、大きな利益を期待できなくなります。

ミラートレードを利用する場合は、FX業者の選択肢が限られる点に注意しましょう。

5. ミラートレードの詐欺が多い

ミラートレードは、裁量トレードよりも手間をかけずに利益を得られる可能性があるため、初心者の利用者も多くいます。

しかし、ミラートレードによる詐欺も多く存在しているので、警戒が必要です。

利用料を振り込んで音信不通になるパターンや利用しても全く利益を得られないなどの被害報告も多数投稿されています。

SNSなどで「ミラートレードは簡単に利益が得られる」と勧誘されたら、詐欺を疑いましょう。

6. パラメーターの設定を変えられない

ミラートレードは、EAを使った自動売買とは異なり、パラメーターの設定を自由に変えられません。

よって、EAのようにパラメーターを変更して、より利益の最大化を目指すのは不可能です。

さらに、トレード戦略の中身も確認できないため、良くも悪くもストラテジーの成績に左右されます。

相場環境によっては全く利益を得られなくなる可能性もあるので、ストラテジーは慎重に選ぶ必要があります。

ミラートレードで利益を得るためのポイント

ミラートレードをしても上手くいかない人もいます。失敗を避けるためには、以下のポイントを元にストラテジーやサービスを選びましょう。

  1. 長期的に安定した利益を残しているストラテジーを探す
  2. 最大ドローダウンを確認する
  3. 手数料が多く掛からないものを選ぶ
  4. レバレッジが高い業者を選ぶ

それぞれのポイントについて順番に解説します。

1. 長期的に安定した利益を残しているストラテジーを探す

損益や勝率だけでストラテジーを選ぶのはおすすめできません。

その理由は、ナンピンやマーチンゲール、損切りをほとんどしないなどリスクの高い戦略を採用している可能性があるからです。

そのような戦略は勝率が高いため、利益も増えやすいですが、相場環境が変化すると資金を全額失うリスクがあります。

ストラテジーを選ぶ時は、長期的に安定して利益を残しているものがおすすめです。

そのようなストラテジーは、リスクも抑えられているので、安心して運用ができます。

2. 最大ドローダウンを確認する

ストラテジーを選ぶ際、最大ドローダウンは必ず確認しておきましょう。

最大ドローダウンとは、特定の期間において最大資産から最も大きく下落した割合のこと。

例えば、利益合計が100万円から70万円まで下落した場合の最大ドローダウン率は、30%です。

一般的には最大ドローダウンが30%以上のストラテジーは、大きな損失を被る可能性が高くなります。

損失額が増えると、自動売買とはいえ、安心して取引を任せられません。なるべく最大ドローダウンが低いストラテジーを選びましょう。

3. 手数料が多く掛からないものを選ぶ

より多くの利益を獲得するためには、スプレッドが広くなく、成功報酬も高くないストラテジーを選びましょう。

成功報酬は、一律の割合で決まっているケースとストラテジー毎に設定されているケースがあります。

例えば、成功報酬が10%と30%のミラートレードでは、同じ100万円を獲得した場合でも手元に残る利益額は全く異なります。

成功報酬10%を引いた利益額 90万円
成功報酬30%を引いた利益額 70万円

なるべく、成功報酬が高すぎないストラテジーを選びましょう。

4. レバレッジが高い業者を選ぶ

ミラートレードを利用する際、レバレッジの高さも重要です。

一般的にはレバレッジが高すぎると、ロットを上げやすい反面、損失リスクが高くなるので危険です。

しかし、資金管理が得意なプロのトレーダーのストラテジーを利用した場合、レバレッジの高い方が利益を増やしやすくなります。

多くのFX業者は、ミラートレードも通常の取引方法と同じレバレッジを適用できます。

なるべくレバレッジの高いFX業者を選びましょう。

レバレッジの高い海外FX業者はこちら!

ミラートレードとEAの違い

FXで自動売買をするには、ミラートレード(コピートレードやソーシャルトレードなど)もしくはMT4でEAを使う2つの方法があります。

そこで、ミラートレードとEAを使った自動売買を簡単に比較してみました。

項目 ミラートレード EAを使った
自動売買
利用できるFX業者 少ない MT4やMT5を導入しているFX業者のほとんど
設定方法 基本的にストラテジーを選ぶだけ EAをMT4やMT5に設定する必要がある
種類の豊富さ FX業者次第で、多くても400種類ほど 数千種類
レバレッジ レバレッジがそのまま適用されるケースが多い FX業者のレバレッジがそのまま適用される
口座開設の手間 専用の口座の開設を求められるFX業者が多い 普段使っている口座でそのまま使える
手数料 スプレッドが広くなったり成功報酬を徴収されたりする スプレッドや取引手数料のみ

まずミラートレードは、ストラテジーを選ぶだけなので、設定の容易さを求める人におすすめです。

ただし、手数料の高さやストラテジーの中身をいじるのは難しいといったデメリットもあります。

EAを使った自動売買は設定が難しいですが、種類は豊富。多くの利益を得たい人やお気に入りのルールで取引したい人におすすめです。

EAの見つけ方はこちらで解説!

まとめ:
ミラートレードとEAの両方が利用できるBigBossがおすすめ

初心者であれば、簡単に自動売買を始められるミラートレードでも十分です。しかし、手数料の高さやトレードの自由度を考えると、不満を感じる可能性があります。

EAについても、お気に入りのルールで取引できますが、設定に慣れるのに時間がかかります。

そこで、おすすめの海外FX業者はBigBossです。

BigBossならEAを使った自動売買だけでなく、MASS口座を開設してミラートレードができます。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FXトレード手法