海外FXトレード手法

FXの少額ハイレバトレードのメリット・デメリット|おすすめの海外業者の選び方を解説

「FXの少額ハイレバトレードってどうなの?」
「少額ハイレバトレードで利益を狙うにはどうしたらいい?」
といった疑問をもっていませんか?

FXを始めるにあたって、少額ハイレバトレードが気になっている方は多いでしょう。

中には、少額ハイレバトレードに挑戦したくても、デメリットや注意点がわからず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXの少額ハイレバトレードのメリット・デメリット
  • 少額ハイレバトレードのコツと注意点
  • 少額ハイレバトレードにおすすめのFX業者の選び方

この記事を読めば、少額ハイレバトレードが自分に合った手法であるかがわかり、より効率的に利益を狙いやすくなるでしょう。

少額ハイレバトレードのコツや注意点を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXの少額ハイレバトレードとは?

FXの少額ハイレバトレードとは、倍率の大きいレバレッジをかけて、少額資金で取引する手法を指します。

レバレッジとは、預け入れた証拠金を担保にして、口座資金以上の金額でトレードができる仕組みのことです。

例えば、1万円でレバレッジ1,000倍をかけると、1,000万円分の取引ができるようになります。

なお、海外FX業者では、国内FXよりも高いレバレッジをかけて取引できます。

国内FXの最大レバレッジは25倍までと法律で規制されていますが、海外FXではその法律は適用されません。

BigBossのレバレッジの上限は最大1,111倍なので、少額ハイレバトレードが可能です。

少額資金でFXを始めたい方は、BigBossで口座開設をしてみましょう。

最大1,111倍のレバレッジで取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

FXで少額ハイレバトレードをするメリット

FXで少額ハイレバトレードをするメリットは以下の通りです。

  1. 少ない資金で取引できる
  2. 大きな利益を狙える可能性がある
  3. 資金効率が高い

それぞれ詳しく紹介します。

1.少ない資金で取引できる

FXを始めたくても、資金が足りずに諦めている人も多いでしょう。

少額ハイレバトレードのメリットは、少ない資金でFX取引を始められることです。

ここでは、レバレッジが25倍の国内FX業者と1,111倍のBigBossを例に、取引に必要な資金を比較してみましょう。

国内FX業者の場合

国内FX業者の最小取引通貨は一般的に1,000通貨とされており、米ドル/円(1ドル=140円のとき)を取引する場合は、少なくとも5,600円の資金が必要となります。

140円×1,000通貨÷25倍=5,600円

BigBoss(海外FX業者)の場合

最小取引通貨量が1,000通貨(0.01ロット)であるBigBossで1,111倍のレバレッジをかけて、米ドル/円(1ドル=140円のとき)の取引をする場合、必要な資金は約126円ほどです。

140円×1,000通貨÷1111=約126円

このように、高いレバレッジを設定できる海外FX業者であれば、少額資金で取引を始められます。

2.大きな利益を狙える可能性がある

レバレッジを高く設定して取引すると、大きな利益を狙える可能性が高まります。

例えば、レバレッジが25倍の国内FX業者と1,111倍のBigBossを例に、資金10,000円で10pipsの利幅を獲得したと仮定します。

国内FX業者の場合

米ドル/円を1,000通貨保有するために5,600円の証拠金が必要な国内FX業者では、資金が1万円の場合、1,800通貨ほどのポジションしか保有できません。

10,000円÷5,600円=1.78(約1,800通貨)

1,800通貨で10pipsの値幅を獲得した場合の利益は、わずか180円です。

1,800通貨×0.1円(10pips)=180円

BigBoss(海外FX業者)の場合

1,000通貨保有するために必要な証拠金が126.01円のBigBossは、1万円の資金があれば、約79,000通貨のポジションを保有できます。

10,000円÷126.01円=79.35(約79,000通貨)

10pipsの値幅を獲得した場合は、7,900円の利益を得られます。

79,000通貨×0.1(10pips)=7,900円

このようにレバレッジの高い海外FX業者を利用した方が、多くの利益を狙いやすくなります。

3.資金効率が高い

少額ハイレバトレードは、低レバレッジで取引するよりも、多くのポジションを保有できるのでその分資金効率が上がります。

例えば、証拠金が1万円でレバレッジ10倍にすると10万円分の取引しかできませんが、1,111倍の場合は1,111万円のポジションが保有できます。

保有できるポジションが多いほど、狙える利益も大きくなるので、資金が少ない状態でも効率的に利益を狙いやすくなるでしょう。

FXで少額ハイレバトレードをするデメリット

FXで少額ハイレバトレードをする際、以下のようなデメリットがあります。

  1. 大きな損失を被るリスクがある
  2. レバレッジが制限されることがある

それぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

1.大きな損失を被るリスクがある

少額ハイレバトレードは大きなリターンを狙える方法ですが、ロットを上げ過ぎると、少し価格が逆行しただけで大きな損失を受けるリスクがあります

例えば、0.1ロットの取引であれば、10pips逆行した場合の含み損は1,000円です。

しかし、10ロットで取引した場合、10万円の含み損が発生します。

多くの利益が欲しいからといって資金に見合わないロットで取引しないようにしましょう。

2.レバレッジが制限されることがある

口座残高や保有ロット数によっては、レバレッジが制限されることがあります。

加えて、アメリカもしくは主要国の大統領選挙や経済指標の発表など、大きな値動きが予測されるタイミングにレバレッジが制限される可能性も考えられます。

レバレッジが制限されると、取引に必要な証拠金が多くかかり、大きなロットでの取引ができなくなります。

レバレッジの制限を避けるためにも、FX業者ごとのルールをチェックしておくことが大切です。

なお、BigBossでは口座残高が20,000ドル以上になると、レバレッジが555倍に制限されます。

BigBossのレバレッジルールはこちらで詳しく解説!

FXの少額ハイレバトレードのコツ

FXの少額ハイレバトレードをする際は、以下のコツを押さえると、利益を狙いやすくなります。

  1. ボラティリティの高いメジャー通貨を選択する
  2. 取引期間の短いトレードスタイルで利益を狙う
  3. エントリーするタイミングを絞る

それぞれ詳しく解説します。

1.ボラティリティの高いメジャー通貨を選択する

少額ハイレバトレードで効率的に利益を狙うためには、ボラティリティの高い通貨ペアを選ぶのがおすすめです。

マイナー通貨は、ネガティブなニュース1本で大きな損失を被るリスクがあるため、基本的には取引を避けた方が良いでしょう。

ドルやユーロ、円などのメジャー通貨かつボラティリティの高い通貨を選ぶと、利益を重ねやすくなります。

初心者におすすめの通貨ペアはこちらで詳しく解説!

2.取引期間の短いトレードスタイルで利益を狙う

FXには主に、エントリーから決済までの時間が異なる4つのトレードスタイルがあります。

トレードスタイル 取引期間
スキャルピング 数秒から数分
デイトレード 当日中
スイングトレード 数日から数週間
ポジショントレード 数週間以上

スキャルピングやデイトレードは、1回のトレードで得られる利益は小さいものの、その分損失を抑えたトレードが可能です。

ハイレバトレードは大きな損失を出す可能性があるため、リスクを抑えたトレードがしやすいスキャルピングやデイトレードと相性が良いとされています。

これらのトレードスタイルにハイレバトレードを組み合わせれば、少額資金でも利益が狙いやすくなるでしょう。

3.エントリーするタイミングを絞る

利益を狙おうと、タイミングを選ばずにハイレバレッジで取引すると、大きな損失を出すリスクがあります。

ハイレバレトレードをするなら、リスクを抑えるためにも、利益を狙いやすいタイミングに絞ることが大切です。

例えば、一定の範囲で価格が動くレンジ相場の天井や底に絞るのが有効です。

一度反発した価格帯は、その水準を突破しない限り、何度も価格が反転しやすい傾向があります。

そのため「高値圏で売り」「安値圏で買い」の手法は、利益が狙いやすいとされています。

FXの少額ハイレバトレードの注意点

FXの少額ハイレバトレードは、大きなリスクを受ける可能性があるため、以下の注意点を押さえたうえで取引をすることが大切です。

  1. 最初は小さいロットで取引する
  2. 損切りラインを決めておく
  3. 経済指標や要人発言を確認する

それぞれ詳しく解説します。

1.最初は小さいロットで取引する

トレードのコツをつかむまでの間は、大きな損失を出さないために、小さいロットで取引するのがおすすめです。

ちなみに、米ドル/円で取引した際のロット別の利益額は以下の通りです。

pips 0.1ロット 1ロット
1pips 100円 1,000円
10pips 1,000円 10,000円
100pips 10,000円 100,000円

為替レートが想定していた方向と反対に動いたときは、上表の金額が損失額となります。

2.損切りラインを決めておく

少額ハイレバトレードは、大きな損失を受ける可能性が高いため、リスク管理を徹底したトレードが欠かせません。

中でも、損切りラインを事前に決めて、損失の拡大を抑えることが大切です。

「○○円の損失が出たら決済する」のように、あらかじめ損切りのルールを決めておくと、冷静に損切りしやすくなり、損失の拡大を最小限にできるでしょう。

損失を確定させたくない感情から、落ち着いて損切りできない場合は、逆指値注文を活用して自動的に決済されるように設定しておくのもおすすめです。

損切りルールの決め方はこちらで詳しく解説!

逆指値注文の設定方法の詳細はこちらで詳しく解説!

3.経済指標や要人発言を確認する

経済指標の発表や要人発言は、為替相場が大きく変動するきっかけとなります。

そのため、経済指標や要人発言を確認せずに取引すると、想定外の値動きに巻き込まれて大きな損失を受ける可能性が高まります。

経済指標の発表や要人発言の前後は、経験豊富なトレーダーでも値動きが予測できないといわれているので、FX初心者の場合は取引を控えることも検討しましょう。

FXで重要度の高い経済指標はこちらで詳しく解説!

少額ハイレバトレードができる海外FX業者を選ぶ際のポイント

少額ハイレバトレードをしたい場合は、高いレバレッジが活用できる海外FX業者の中でも、以下の特徴があるところを利用するのがおすすめです。

  1. 金融ライセンスを取得している
  2. レバレッジが高い
  3. スプレッドが狭い
  4. 約定力が安定している

それぞれのポイントについて順番に解説します。

1.金融ライセンスを取得している

海外FX業者と聞くと、トラブルに巻き込まれないか不安になる人も多いでしょう。

安心して取引しやすい海外FX業者であるかは、金融ライセンスを取得しているかで確認できます。

金融ライセンスとは、企業がFXなどの金融業を行うために必要な許可のことです。

各国の金融庁などが金融ライセンスを発行することで、国や地域で活動するFX業者を規制する目的があります。

金融ライセンスを取得するには、業者の経営状況からトレーダーの保護体制まで厳しく審査されるため、金融ライセンスは安全性を示すものといっても過言ではありません。

金融ライセンスの種類はこちらで詳しく解説!

2.レバレッジが高い

少額ハイレバトレードをするためには、レバレッジの高い業者を選ぶ必要があります。

国内FXの場合は上限が25倍と決められていますが、海外FX業者は、業者によって異なるので口座開設する前に確認しておきましょう。

BigBossでは1,111倍のレバレッジをかけて取引ができるので、少ない資金で効率よく利益を狙いたい人は口座開設してみましょう。

最大1,111倍のレバレッジで取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

高いレバレッジで取引できるおすすめのFX業者はこちらで詳しく解説!

3.スプレッドが狭い

FXでは、通貨の売値と買値で価格差が生じ、その差額がスプレッドと呼ばれる取引コストとして引かれます。

たとえば、米ドル/円の売値が140.110円、買値が140.112円で1,000通貨の取引をすれば、「(140.110円-140.112円)×1,000=-2円」となり、スプレッドは2円です。

スプレッドは、取引回数が多くなるほど負担額が増えるので、コストを抑えるためにスプレッドが狭いFX業者を選ぶことが大切です。

細かくトレードを繰り返すスキャルピングなどの取引手法では、1日に数十回のトレードをするため、スプレッドだけで100円以上のコストが発生することもあります。

少額ハイレバトレードと相性の良いスキャルピングやデイトレードをする場合は、スプレッドが狭い会社を選んでおけば、取引コストを抑えやすくなるでしょう。

スプレッドの狭いおすすめの海外FX業者はこちらで詳しく解説!

4.ゼロカットシステムを採用している

ゼロカットシステムとは、トレーダーが口座の資金以上の損失を受けたときに、マイナス分をFX業者が負担してくれる仕組みのことです。

FXでは、含み損の拡大により証拠金維持率が一定の水準まで下落すると、強制的にポジションを決済する「ロスカット」が執行されます。

国内FXでは、証拠金維持率が一定の水準を下回ると、追加で証拠金の入金を求められるため、口座資金以上の損失につながって日常生活に影響を及ぼすこともあります。

ゼロカットシステムを採用しているFX業者を選べば、預けた資金以上の損失を受けずに済むでしょう。

▶︎ゼロカットシステムを採用しているおすすめの海外FX業者はこちらで詳しく解説!

まとめ:コツを押さえて少額ハイレバトレードで利益で狙おう

少額ハイレバトレードは、大きな利益を狙いやすく、資金効率を高められるメリットがある反面、大きな損失を受けるリスクがあります。

そのため、少額ハイレバトレードを取り入れたい人は、小さいロットから始めて取引のコツをつかんだり、損切りラインを決めたりすることが大切です。

高いレバレッジをかけて、口座資金以上の損失を受けたくない人は、ゼロカットシステムを導入しているFX業者を選びましょう。

ゼロカットシステムを導入しているFX業者を探している方には、BigBossがおすすめです。

 

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

 

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法