海外FXトレード手法 海外FX基礎

FXのフラッグとは?特徴から使い方まで初心者向けに解説!

bigboss_fx-flag

トレーダー
「フラッグって実際どう使えばいいの?」

トレーダー
「フラッグと相性の良いテクニカル分析って何だろう・・・?」

と疑問に思ったことはありませんか?

チャートパターンのフラッグはテクニカル分析として使いやすく、FX初心者の方であれば覚えておくべきパターンの1つです。

しかし、パターンを覚えるだけではフラッグは使いこなせず、基本的な使い方から組み合わせるべきテクニカル分析を意識することで、最大限の効果を発揮できます。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • フラッグの基本と使い方
  • フラッグと相性の良いテクニカル分析
  • フラッグを使う際の注意点

チャートパターンの1つでしかないフラッグですが、しっかりと使い方を覚えることで確実にトレードスキルを上げることができるでしょう。

フラッグの使い方を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FXのフラッグについて

フラッグとは、ローソク足が旗の形を形成するチャートパターンの1つです。

トレンド発生中の一時的な反発点で発生し、フラッグ出現後は再びトレンドが継続する特徴を持ちます。

上昇トレンドと下降トレンドの両方でフラッグは出現し、それぞれのトレンドでフラッグの形状が異なります。

上昇トレンドで発生する上昇フラッグと下降トレンドで発生する下降フラッグ、それぞれの形を実際のチャートで見ていきましょう。

上昇フラッグ

上昇フラッグは上昇トレンド中の一時的な下落の反発点で出現します。

上昇の勢いが止まり緩やかな下落をチャートが描く際、高値同士と安値同士を結ぶチャネルラインで上昇フラッグを確認できます。

2本のラインを並行に引くことができ、一定期間チャネルライン内をチャートは行ったり来たりした後、上側のラインをブレイクすると再び上昇トレンドが継続します。

上昇トレンド中の一時的な押し目として出現するため、次の上昇トレンドを狙えるポイントになりやすいです。

下降フラッグ

下降フラッグは下降トレンド中の一時的な上昇の反発点で出現します。

下落の勢いが止まり緩やかな上昇をチャートが描く際、高値同士と安値同士を結びチャネルラインで下降フラッグを確認できます。

2本のラインを並行に引くことができ、一定期間チャネルライン内をチャートは行ったり来たりした後、下側のラインをブレイクすると再び下降トレンドが継続します。

下降トレンド中の一時的な戻りとして出現するため、次の下降トレンドを狙えるポイントになりやすいです。

FXのフラッグの基本的な使い方

フラッグをトレードで使う際には、ブレイクとチャネルライン内でのトレード2種類が存在します。

トレードの行い方や狙い目が異なるため、2種類の基本的なフラッグの使い方を紹介していきましょう。

フラッグのブレイクを狙うエントリー

フラッグの一番基本的な使い方は、チャネルラインのブレイクを狙うトレードです。

上昇フラッグであれば上昇トレンド中の押し目として出現するため、フラッグ中の買いエントリーで再び上昇トレンドに乗れるチャンスを掴めます。

フラッグ内のエントリーでも問題ありませんが、だましを避けるためにもラインブレイクの次の瞬間からのエントリーがおすすめです。

トレードに確実は存在しませんが、少しでもテクニカル分析としての信頼度を上げるのであれば、トレンド継続のサインであるラインブレイクを狙うのが良いでしょう。

(下降フラッグの場合は、逆に売り方向でのエントリーとなります。)

フラッグ内でのトレード

フラッグの使い方としてもう1つ、チャネルライン内でのトレードに使うことができます。

フラッグはラインブレイクするまでチャネルライン内を行ったり来たりすることから、ラインの往復を狙うトレードが行えます。

上側のラインにチャートが到達で反発の売りエントリー、下側のラインにチャートが到達で反発の買いエントリー、といった具合に淡々とトレードを行っていけます。

しかし、フラッグ内のトレードはフラッグ継続の期間が短い場合もあり、1回のトレードで狙える値幅も少ないためスキャルピングなどの短期トレードが基本となります。

フラッグ出現からブレイクまでの期間が短く、上昇フラッグ中の売りエントリーでブレイクが発生すると、大きな価格上昇に巻き込まれて損失を抱えてしまう恐れもあるため、中級者以上のトレーダーが使えるトレード方法となるでしょう。

FXでフラッグと相性の良いテクニカル分析と使い方

フラッグは単体でも使う事ができるチャートパターンですが、他のテクニカル分析と組み合わせることでさらに勝率の高いトレードが行えるようになります。

ただ、全てのテクニカル分析と相性が良いわけではなく、フラッグと相性の良いテクニカル分析が存在するでの、3つの組み合わせを紹介していきましょう。

エリオット波動の2波と4波

エリオット波動はチャートが描く波をパターン化したテクニカル分析です。

トレンドの波を5波で捉えることができ、エリオット波動の2波と4波部分でフラッグが出現すると予測でき、トレンド中のトレードに役立てられます。

例えば、上昇トレンドが5波の段階であれば次の下落でフラッグが出現してもダマシであると判断できたり、3波の段階で下落が出現すれば4波への移行でフラッグが出現を待つこともできます。

2波と4波で確実にフラッグが出現するとは限りませんが、予測しておくことで押し目のチャンスとしてエントリーが行いやすくなるでしょう。

エリオット波動の使い方はこちらで解説

移動平均線でトレンドを確認

フラッグはトレンド中の反発が起きなければ出現を予測できないため、トレンドの一時的な転換を早く知ることができれば、フラッグの出現予測も早くなります。

トレンドをラインで認識できるようになるトレンドラインを用いることで、トレンドの転換を早く知りフラッグ出現に役立てることができます。

ちなみに、トレンドラインは1本でも傾きによってトレンド転換を把握できますが、2本の期間が異なるトレンドラインを用いてゴールデンクロスやデッドクロスを使えば、確実にトレンドラインを把握できるため、トレンドの把握に自信がない場合は2本のトレンドラインを使ってみましょう。

移動平均線の使い方はこちらで解説

MACDでもトレンドを確認できる

移動平均線の代わりに、MACDと呼ばれるオシレーター系のテクニカル分析を用いることもできます。

MACDはオシレーター系で相場の過熱感を予測するテクニカル分析ですが、同時に移動平均線を使ったトレンド系の性質も持ち合わせています。

先程の移動平均線同様に、MACDのゴールデンクロスとデッドクロス、傾きを見ることでフラッグの出現からブレイクまでを認識しやすくなります。

移動平均線だと2本のラインを表示しなければなりませんが、MACDなら1つのテクニカル分析を表示させるだけで済ませられるため、使いやすい方を使ってみましょう。

MACDの使い方はこちらで解説

FXで実際にフラッグを使う際の注意点

チャートパターンのテクニカル分析としては使いやすいフラッグですが、いくつかの注意しなければならないポイントも存在します。

1つのミスが大きな損失に繋がることもあるため、しっかりとフラッグの注意点も確認しておきましょう。

フラッグの出現頻度は高くない

フラッグはトレンド発生中の反発において、チャネルラインが並行に引ける場合に出現するため、他のチャートパターンと比べると出現頻度は高くはありません。

常にフラッグのみを狙うのではなく、他のチャートパターンも同時に狙ったり、テクニカル分析を使ってエントリーの機会を増やすと良いでしょう。

それと、FXの相場はトレンド相場よりもレンジ相場の方が出現しやすいため、時期によってはフラッグがほとんど発生しないこともあるため注意しましょう。

(自分が使うチャートの時間軸によって出現頻度は変わります。)

すぐに使えるチャートパターンまとめはこちら

フラッグにはダマシがある

これはテクニカル分析全般に言えることですが、フラッグにはダマシが存在します。

ダマシとは、チャートがフラッグを形成するように見せかけて、フラッグのブレイクとは逆方向に動いてしまう現象です。

例えば、上昇トレンド中に上昇フラッグが出現したのにも関わらず、チャートが上昇ではなく下降方向にブレイクしてしまうことを指します。

もしフラッグのチャネルラインの中で、フラッグを狙うエントリーを行った後にダマシが発生すると、エントリーとは逆方向の値動きで大きな損失を抱えてしまう恐れがあります。

ダマシは短期トレードの短期チャートでよく出現する傾向があるため、フラッグはブレイク後のエントリーを狙うとダマシに遭いにくくなります。

トレードで注意すべきダマシについて

テクニカル分析は急には使えない

テクニカル分析は様々な場面で何度も使っていくことで、自分のトレードスキルとして上達させていくことができます。

これはフラッグでも同じで、今日フラッグを使い始めても上手く使いこなせないこともあります。

フラッグも何度も予測したりブレイクを狙ったエントリーを繰り返すことで、自分のトレードでも上手く使えるようになっていくため、まずは使い続けてみましょう。

何度も使い続けることで、着実にエントリーのタイミングやダマシの回避が上手く行えるようになっていきます。

まとめ:フラッグを覚えてトレンド攻略に役立てよう

フラッグとは、チャートが旗を形成するチャートパターンの1つで、トレンド中に発生しトレンド継続で値幅を狙えるテクニカル分析です。

トレンドを活かしたトレードを行う人にとっては使いやすいパターンとして、特徴や使い方を覚えておいて損はありません。

ただダマシや発生頻度がそこまで多くないといった特徴もあるため、他のテクニカル分析と組み合わせて使うのがおすすめです。

ちなみに、フラッグをトレードで使うのであれば描写機能でラインを引ける取引ツールを使う必要があります。

他のテクニカル分析を使いながら描写機能も使える取引ツールとしてはMT4もしくはMT5がおすすめなので、取扱える海外FXのBigBossを使うのが良いでしょう。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大2,222倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

banner

 

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FXトレード手法, 海外FX基礎