海外FX基礎

GDPとは?GNIやGNPとの違い、指標の見方をわかりやすく解説

トレーダー
「GDPって何?」

トレーダー
「GDPが高いとどうなるの?」

といった疑問をもっていませんか?

GDP(国内総生産)とは、国内の景気動向を知るうえで重要な指標です。

ところが、GDPの意味や見方がわからず、困っている方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • GDPの概要
  • 世界のGDPランキング
  • FXでGDPを活用するポイント

GDPの意味や見方を知っておけば、FXで利益を狙いやすくなるでしょう。

FXで利益を狙いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

GDP(国内総生産)とは

GDP(国内総生産)とは「Gross Domestic Product」の略称で、一定期間内に国内で生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を指します。

付加価値とは、販売されたモノやサービスの価格から原材料費や流通費用を差し引いたものです。

そのため、GDPは国内でどれだけの利益が生み出されたのかを示す指標といえます。

また、GDPはある年のみの数値で経済状況を判断するのではなく、過去のGDPと比較することで経済成長率を把握できます。

例えば、前年のGDPが600兆円、今年のGDPが660兆円だった場合、GDP成長率は10%となり、国内の経済が成長していることがわかるのです。

(660兆円-600兆円)/600兆円×100=10%

一方、前年のGDPが600兆円、今年のGDPが540兆円だった場合は、-10%の経済成長率で悪化しているといえます。

(540兆円-600兆円)/600兆円×100=-10%

GDPを確認するときは、過去の数値からどのように変化しているのかを比較することが大切です。

名目GDPと実質GDPの違い

GDPには、名目GDPと実質GDPがあります。

名目GDPは、物価変動を加味せず、生産数量に市場価格をかけて算出された合計値です。

そのため、前年から生産されたモノやサービスの量が変わらなくても、物価が2倍になると名目GDPも2倍になってしまいます。

実際にどのような経済規模だったのかを知るためには、名目GDPから物価変動の影響を取り除く必要があります。

この名目GDPから物価変動の影響を取り除いたものが実質GDPです。

なお、名目GDPを実質GDPで割って算出できる「GDPデフレーター」から、経済がインフレなのかデフレなのかを判断することができます。

GDPデフレーターが1以上であれば物価上昇が続いているインフレ、1未満となれば物価下落が継続しているデフレと判断できます。

GDPとGNI(GNP)の違い

GDPと似た指標としてGNIとGNPが存在します。

GNP(Gross National Product)は国民総生産のことで、その国民がある一定期間に生産したモノやサービスの付加価値の合計を指します。

国内で生産されたものに限定しているGDPに対し、GNPは国内に限らず、海外で生産されたモノやサービスの付加価値も対象としているのが特徴です。

GNPはかつて国の経済規模を測る指標として使われていましたが、国内の経済活動状況を正確に把握できないため、GDPが重視されるようになりました。

その後、GNPの概念はなくなり、代わりとして国内居住者が国内外から1年間に得た所得の合計を表すGNI(Gross National Income)が新たに導入されました。

世界のGDPランキングトップ10

2022年の名目GDPの順位は、以下の通りです。

順位 名目GDP(億ドル) 前年比(億ドル)
1 アメリカ 254,397 +21,246
2 中国 179,632 +1,427
3 日本 42,322 -7,734
4 ドイツ 40,825 -1,960
5 インド 34,166 +2,663
6 イギリス 30,891 -524
7 フランス 27,791 -18,03
8 ロシア 22,404 +4,035
9 カナダ 21,379 +1,365
10 イタリア 20,497 -1,056

アメリカはGDPランキングで常に1位を維持し続けている、世界最大の経済大国です。

アメリカ経済が世界経済に与える影響は大きく、多くの投資家がアメリカのGDPに注目しています。

GDPがFXに与える影響

国の経済状況が把握できるGDPは、為替市場に大きな影響を与えます。

例えば、名目GDPを実質GDPで割ったGDPデフレーターからは、その国がインフレなのかデフレなのかが判断でき、今後どのような金融政策が取られるのかをある程度予測できるのです。

一般的に、過度なインフレが起きると中央銀行は物価上昇を抑えるために、金利の引き上げを検討します。

一方、デフレが続き、経済活動の停滞が見られたときは、金利を引き下げる政策を取ります。

その結果、各国で金利差が生まれると、金利の高い通貨が買われ、金利の低い通貨が売られやすくなるのです。

つまり、GDPデフレーターが1以上(インフレ)であれば金利上昇により、その国の通貨の価格が上がり、1未満(デフレ)となれば金利の引き下げにより、通貨の価格が下落する可能性が高まると予測できます。

ただし、通貨ペアの需要と供給のバランスは、片方の国の経済状況だけで変動するわけではありません。

そのため、実際に取引する際は、両国の経済状況や金利を確認することが大切です。

FXトレードでGDPを活用する手順

FXトレードでGDPを活用する際は、以下の手順で進めるのがおすすめです。

  1. GDPの発表日時を確認する
  2. 投資家の予想を確認する
  3. GDPの発表内容を踏まえてトレードする

順番に詳しく解説します。

1.GDPの発表日時を確認する

GDPは、アメリカや日本、イギリスなどの様々な国が発表しています。

発表日時は、国によって異なるので、事前に取引プラットフォームや各FX業者の公式サイトで経済指標カレンダーをチェックしておきましょう。

GDPの発表前後は、値動きが大きくなりやすく、効率的に利益を狙える可能性があります。

ただし、想定外の値動きに巻き込まれ、大きな損失を出すこともあるため、FX初心者は発表日時を押さえてGDP発表前後の取引を控えることも検討しましょう。

2.投資家の予想を確認する

GDPの発表日時をチェックしたあとは、投資家やFX業者が公表している予想値を確認します。

事前に投資家やFX業者の予想値を確認しておくことで、GDP発表後のトレード戦略が立てやすくなります。

GDPを活用したトレードに慣れてきたら、自分でGDPの発表内容を予想してみることも大切です。

投資家などのGDPの予想値を確認するときに、その根拠などをチェックしておくと、今後自身で予想するときの参考になります。

3.GDPの発表内容を踏まえてトレードする

GDPは、四半期(3ヶ月)ごとに「速報値」「改定値」「確報値」が別々に発表されるのが一般的です。

最初に発表される速報値から、改定値や確報値の数値が大幅に変更されていたら、為替相場が大きく動く要因となります。

また、GDPの発表内容とあわせて、事前に確認しておいた予想値との違いを踏まえたうえでトレードするのも効果的です。

例えば、アメリカの実質GDPが前期比+3.3%と予想されていたものの、実際には+3.5%と発表された場合は、米ドルの価値が上がる傾向があります。

FXトレードでGDPを活用する際のポイント

FXトレードでGDPを活用する際は、以下のポイントを押さえましょう。

  1. 損切りラインを決めておく
  2. GDP発表前にポジションを整理しておく
  3. 他の経済指標も確認する

それぞれ詳しく解説します。

1.損切りラインを決めておく

GDPの発表により、想定外の値動きに巻き込まれると、大きな損失を受けてしまう可能性があります。

損失の拡大を抑えるには「〇〇pips逆行したら損切りする」のように、事前に損切りラインを決めておくことが大切です。

損を確定させたくない感情から、冷静に損切りできないときは、逆指値注文を活用して自動的に決済されるように設定しておくのがおすすめです。

損切りラインの決め方はこちらで詳しく解説!
逆指値注文の設定方法はこちらで詳しく解説!

2.GDP発表前にポジションを整理しておく

ポジションを多く保有している状態で、GDPの発表を迎えると、結果内容によっては大きな損失を受ける可能性があります。

大きな含み損を抱えないためには、GDPの発表前にポジションを解消しておくのがおすすめです。

GDPなどの経済指標を活用してトレードする際は、発表内容を踏まえたうえで、エントリーポイントを探す方がリスクを抑えやすくなります。

3.他の経済指標も確認する

為替市場は、GDPだけでなく、米国雇用統計といった他の経済指標の影響も受けます。

GDPだけを見てトレードをしていると、他の経済指標が原因で想定外の値動きに巻き込まれ、損失を受ける可能性があります。

FXで利益を狙うためにも、GDPだけでなく他の経済指標の発表日時も把握しておきましょう。

BigBoss公式X(@bigboss_agent)で経済指標が確認できるようになったぞ!
ぜひフォローしてトレードに活用してくれ
Bobby

FXで重要度の高い経済指標はこちらで詳しく解説!
米国雇用統計を活用したFXトレードのコツはこちらで詳しく解説!

まとめ:GDPをFXトレードに活用して利益を狙おう

GDPとは、一定期間内に国内で生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を指します。

過去のGDPと比較することで経済成長率を確認できたり、GDPデフレーターからインフレ・デフレを把握できたりします。

GDPをFXトレードで活用する際は、事前に損切りラインを決めるなどして、大きな損失を受けないように対策することが大切です。

FXでより多くの利益を狙いたい方は、レバレッジの高い業者を選びましょう。

レバレッジが高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最短3分で口座開設できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎