海外FXスプレッド

FXの手数料には何がある?スプレッドとの違いとコストを抑える方法を解説

「FXはどんな手数料がかかるの?」
「スプレッドって何?」
といった疑問をもっていませんか?

FXを始めるにあたって、手数料が気になる方は多いでしょう。

中には、手数料を調べているときにスプレッドという言葉を目にして、意味や仕組みを詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXで発生する手数料の種類
  • 手数料とスプレッドの違い
  • FXの手数料を抑える方法

FXの手数料やスプレッドを押さえておくと、効率的に利益を狙えるようになるでしょう。

これからFXを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXで発生する手数料一覧

FXで発生する主な手数料は以下の通りです。

口座開設手数料 口座開設するときにかかる手数料
入出金手数料 資金の入出金にかかる手数料
取引手数料 取引するたびに発生する手数料
口座維持手数料 一定期間取引や入金がない休眠口座の維持にかかる手数料
資金移動手数料 口座通貨が異なる口座間での資金移動で発生する手数料
ロスカット手数料 ロスカット(証拠金維持率が一定の水準に達したときにポジションが強制決済される仕組み)の執行時にかかる手数料

FX業者によって、手数料の有無や金額が異なるので、口座を開設する前に確認しておきましょう。

なお、これらの手数料に加えて、実質的なコストとなるスプレッドも把握しておく必要があります。

BigBoss利用時にかかる手数料はこちらで詳しく解説!

手数料とスプレッドの違い

FXでは、同じ通貨ペアでも、買うときの価格(買値)と売るときの価格(売値)が異なります。

スプレッドとは、この通貨ペアの間で発生する買値(Ask)と売値(Bid)の価格差を指します。

FXでは、一定のスプレッドが常に発生しており、実質的な取引コストとしてかかるため、手数料と認識しても間違いではないでしょう。

ただし、金額があらかじめ決められている口座開設手数料や入出金手数料と違い、スプレッドは通貨ペアや時間帯によって変動します。

そのため、取引コストを抑えるには、スプレッドの仕組みや計算方法を把握しておくことが大切です。

スプレッドの計算方法

スプレッドによる取引コストは「スプレッド×取引通貨量」で計算できます。

具体例として、米ドル/円を買値140.00円のときに1万通貨の買いポジションを持ったとします。

為替レートが変動する前に売値140.05円ですぐに売った場合の取引コストは以下の通りです。

5銭(0.05円)×1万通貨=500円

この場合、5pipsを超える利益を獲得しなければ、為替差益を得られません。

スプレッドが広いほど、利益を狙いにくくなるため、スプレッドが狭い通貨ペアやFX業者を選んで取引することが大切です。

各FX業者のスプレッドはこちらで詳しく解説!

FXの手数料とスプレッドを抑える方法

FXで手数料とスプレッドを抑える方法は、以下の3つがあります。

  1. スプレッドが広がる時間帯での取引を避ける
  2. 入金から出金までのトータルコストで考える
  3. ボーナスやポイントプログラムを利用する

一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.スプレッドが広がる時間帯での取引を避ける

スプレッドは、流動性の低くなる時間帯に広がる傾向があります。

FXにおいての流動性とは、取引の成立しやすさを表す言葉です。

市場参加者が少なくなったり、注文が買いもしくは売りの一方向に偏ったりするときは、売買相手が見つかりにくく、流動性が低くなりやすいタイミングといえます。

具体的には、以下のような時間帯やタイミングにスプレッドが広がりやすくなります。

  • 経済指標の発表前後
  • 突発的な出来事が起きたあと
  • 早朝

FRB政策金利発表などの重要な経済指標の発表前では、様子見をするトレーダーが多くなるため、一時的に市場参加者が減りやすくなります。

一方、経済指標の発表後や災害といった突発的な出来事が起きたあとは、買いまたは売りのいずれかに注文が偏って、流動性が失われやすくなります。

FXで取引コストを抑えるためにも、スプレッドが広がる時間帯での取引は避けるようにしましょう。

早朝にスプレッドが広がりやすくなる理由はこちらで詳しく解説!

2.入金から出金までのトータルコストで考える

FXで利益を狙うためには、入金から取引中、出金までにかかるトータルコストがどのくらいかを把握することが大切です。

スプレッドを抑えた取引を意識したとしても、他の手数料の負担が大きければ、手元に残る利益が減ってしまいます。

例えば、入出金をする際に、クレジットカードで入金することで手数料が無料になったり、国内銀行送金を活用することで手数料が安くなったりする場合があります。

FX業者によって、発生する手数料やスプレッドの広さが異なるので、口座開設をする前に確認しておきましょう。

3.ボーナスやポイントプログラムを利用する

FX業者によっては、ボーナスやポイントを受け取れる場合があります。

一般的にボーナスは口座資金として活用でき、ポイントも一定数貯めることでボーナスに交換できます。

ボーナスの入手条件はFX業者によって異なりますが、利用すれば口座資金を増やせるので、相対的に手数料やコストの削減につながります。

代表的なボーナスの種類は、以下の通りです。

ボーナスの種類 内容 金額
口座開設ボーナス 新規の口座開設でもらえるボーナス 数千円~数万円
入金ボーナス 入金額に応じてもらえるボーナス 入金金額の0~100%
取引ボーナスやポイントプログラム 取引ごとにもらえるボーナスやポイント 1ロット(10万通貨)につき〇ポイントなど

FX業者を選ぶ際は、スプレッドの狭さに加えて、開催中のキャンペーンも確認しておきましょう。

海外FX15社のボーナスの比較はこちらで詳しく解説!

手数料を抑えられるおすすめのFX業者はBigBoss

手数料や取引コストを抑えたい方には、スプレッドが狭く、ボーナスが充実しているBigBossがおすすめです。

中でも、プロスプレッド口座は狭いスプレッドで提供しているため、コストを抑えた取引ができるでしょう。

BigBossの基本情報は以下の通りです。

最大レバレッジ 1,111倍
口座タイプ ・スタンダード口座(取引手数料:なし)
・プロスプレッド口座(取引手数料:片道4.5ドル)
ボーナス ・BigBossPoint
・入金ボーナス(不定期)
取引プラットフォーム ・MT4
・MT5
・CRYPTOS
ロスカット水準 20%
日本語サポートの時間 ・平日10〜24時(メール、ライブチャット)
・毎日24時間(チャットボット)

BigBossでは、1ロットの取引毎にBigBossPointがもらえます。

貯まったポイントは6BBP=1ドル分のボーナスに交換可能です。

ポイントを貯めて、手数料や取引コストの削減につなげたい方は、BigBossで口座開設をしてみましょう。

最大1,111倍のレバレッジで取引できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

BigBossPointの概要はこちらで詳しく解説!

まとめ:手数料を抑えたいならスプレッドの狭いFX業者を選ぼう

FXは口座開設手数料や入出金手数料などの他に、スプレッドによって取引コストが発生します。

手数料の有無や金額、スプレッドの狭さは、FX業者によって異なるので、口座を開設する前に確認しておきましょう。

手数料を抑えたい方には、スプレッドが狭くて、ボーナスやポイントプログラムなどのキャンペーンが充実しているFX業者を選ぶのがおすすめです。

より多くの利益を狙うためには、スプレッドの狭さだけでなく、約定力やレバレッジの高さも重視してFX業者を選ぶことも大切です。

約定力やレバレッジが高いFX業者を探しているなら、BigBossをおすすめします。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FXスプレッド