海外FXトレード手法

海外FXの両建て方法は全部で3種類!禁止されている方法はなぜバレる?

「業者で禁止している両建てがあるけれど、なんでバレるの?」

「バレるとペナルティはあるの?」

と両建てする前に悩んでいませんか?

海外FXの両建て方法は3種類ありますが、業者によっては禁止しているものがあります。

もし禁止された両建てがバレた場合、ペナルティとして出金拒否や口座凍結などが課せられることもあります。

そこでこの記事では、

  • 両建てのメリットとデメリット
  • 海外FXの両建て方法3つ
  • 両建てがバレる理由2つ
  • バレたときのペナルティ
  • 両建てができるオススメ海外FX業者

を解説します。

両建てにオススメの海外FX業者もランキング形式で紹介しているので、まだ口座開設してない方も、ぜひ最後までご覧ください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

 

「両建て」とはどんな手法?

「両建て」は昔からある手法の一つで、江戸時代の米相場で使われていたほどです。

ですが「聞いたことはあるけれど、意味が分からないから使っていない」と、敬遠している人が多いのではないでしょうか?

ここでは両建てがどんなものか、メリットとデメリットを合わせて解説していきます。

同じ通貨ペアで「買い」と「売り」のポジションを同時に保有すること

両建てとは、同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションを同時に保有すること。

そのため相場がどちらに動いたとしても、一方のポジションでは含み益、もう一方のポジションでは含み損となります。

例えば、1ドル120円で両建てをした後に、レートが123円に上がった場合を考えてみましょう。

それぞれのポジションの損益は、以下の通り。

買いポジション 3円の含み益
売りポジション 3円の含み損

この場合の収支は、「3円の含み益」+「3円の含み損」で「プラスマイナスゼロ」となります。

よって両建てとは、どちらかのポジションを決済しない限り、いつまでも損益をゼロにしておける手法なのです。

メリットは「相場が動いても様子見できる」

両建てのメリットは「相場が動いても様子見できる」ことです。

両建ては相場がいくら動いても損益がプラスマイナスゼロなので、含み損の心配がありません。そのため「エントリーしたいけれど、含み損を抱えるのは嫌だな……」と、悩む場面で活躍します。

例えば、金利政策や経済指標など、相場が大きく動く局面を考えてみましょう。

経済指標などは様々な予測があるため、発表されなければ相場がどちらに動くか分かりません。そればかりか発表中は値動きが激しいので、買いか売りのどちらか一方だけだと、ロスカットされる危険もあります。

ですが発表直前に両建てをしておけば、損益は「プラスマイナスゼロ」にできます。しかも発表内容が確定するとトレンドが形成されて、どちらか一方に動き続けることもありますよね?

そんな時は、マイナスになっているポジションを損切りし、プラスになっているポジションを伸ばして利確しましょう。

そうすれば、利益を残した状態で終わることができます。

よって相場がどちらに動いても対応できるように仕込んでおけるのが、両建てのメリットと言えます。

デメリットは「マイナススワップ」と「スプレッドを倍で負担」

両建てのデメリットは、2つあります。

【両建てのデメリット】

  1. マイナススワップ
  2. スプレッドの倍負担

一つ目は「マイナススワップ」です。

マイナススワップは、FX業者が公式サイトで公開しているスワップ表で「-」が付いているスワップポイントのことです。

スワップポイントとは?
金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合に発生する金利差の利益のこと。
買いポジションで発生する「買いスワップ」と、売りポジションで発生する「売りスワップ」の2種類がある。

マイナススワップはポジションを保有している期間中ずっと支払い続けることになるので、注意が必要です。

【BigBossのスワップ表(2022/02/06時点)】

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ 合計スワップ
USDTRY -409.99 256.25 -153.74

仮にBigBossのUSDTRYで両建てすると、毎日-153.74も支払い続けるので、保有しているだけでどんどん資金が減ってしまいます。

2つ目は「スプレッドを倍で負担」です。

両建ては買いと売りの両方のポジションを保有するので、スプレッドも倍必要になります。

仮にスプレッド6pipsの通貨ペアで両建てすると、合計で12pipsとなり、取引コストがかさんでしまいます。

BigBossのスワップポイントについて知りたい方はこちら!

両建ての方法は3つ|海外FXで禁止されているorいない両建てはどれ?

海外FXの両建て方法は、3つあります。

【海外FXの両建て方法】

  1. 同一口座内での両建て
  2. 複数口座間での両建て
  3. 異なるFX業者間での両建て

業者によっては禁止されているものもあるので、どれがダメなのか把握しておきましょう。

方法1:同一口座内での両建て

一つ目は「同一口座内での両建て」で、多くの海外FX業者で認められています。

この両建てができる業者なら、保有し続けるだけで利益が出る「スワップポイント投資」がオススメです。

「スワップポイント投資」とは?
長期間ポジションを保有して、日々受け取るスワップポイントだけを目的とした投資方法。
「安く買って高く売る」のように「売買決済」で得る利益は、二の次として考える傾向がある。

スワップポイント目的の両建ては、買いスワップと売りスワップの合計がプラスなら利益となります。

この手法を「スワップアービトラージ」と言います。

【スワップアービトラージの例】
JPYTRY(トルコリラ/円)の買いスワップと売りスワップの合計が、10万通貨当たり300だったとする。
この通貨ペアで両建てすると、相場変動に関係なく、平日毎日300円ずつもらうことができる。

注意点として、買いスワップと売りスワップの合計がマイナスだと、逆にスワップポイントを支払い続けることになるので、気をつけましょう。

また明らかなスワップ狙いの「スワップアービトラージ」は、業者によっては禁止されています。

発覚すると取引禁止にされる危険もあるので、心配な場合は業者に確認しておきましょう。

方法2:複数口座間での両建て

二つ目は「複数口座での両建て」で、多くのFX業者が禁止しています。

理由は、ゼロカットを悪用して利益を獲得できる可能性があるからです。

「ゼロカット」とは?
口座資金を超える損失を出して残高がマイナスになった場合、そのマイナス分をFX業者が負担してゼロに戻してくれるシステムのこと。
国内FX業者だとマイナス分は「追証(おいしょう)」として請求されるので、借金の原因となりやすい。

ではどのような場合が「ゼロカットの悪用」として見なされるか、例で考えてみましょう。

【ゼロカットを悪用した例】

  1. 口座Xでは買いポジション、口座Yでは売りポジションと両建て。
  2. 相場が大きく動き、口座Xでは200万円の利益が、口座Yでは200万円の損失が出る。
  3. それぞれの口座資金が30万円ずつだとすると、口座Yでは170万円のマイナスが発生。
  4. しかしゼロカットで口座資金を超える損失分は業者負担となり、口座Yのマイナス分はゼロ。
  5. 結果的にトレーダーは口座Yの30万円を失うだけで、代わりに口座Xの利益200万が手に入る。

つまり「複数口座間での両建て」がOKだと、トレーダーに利益のみを取られる形となるので、業者としては損しかありません。

そのため、ゼロカットを導入している業者では禁止にしているところが多いです。

ただし一部の業者では、条件付きでOKにしているところもあります。

ゼロカットの仕組みやメリットを知りたい方はこちら!

方法3:異なるFX業者間での両建て

三つ目は「異なる業者間での両建て」で、ほとんどの業者が禁止しています。

なぜなら、前述の「複数口座間での両建て」で挙げたゼロカットシステムだけでなく、ボーナスも悪用される危険性があるからです。

ボーナスとは?
口座資金として使える残高のこと。
口座開設で付与される「口座開設ボーナス」や、入金額に応じて付与される「入金ボーナス」など、業者によって様々な種類がある。

ではどのような場合が「ボーナスの悪用」として見なされるか、例で考えてみましょう。

【ボーナスを悪用した例】

  1. 海外FX業者XとYでそれぞれ口座開設し、口座開設ボーナスの10万円を入手。
  2. Xの口座では買いポジション、Yの口座では売りポジションと両建て。
  3. 相場が動いてXで50万円の利益、Yで50万円の損失が発生。
  4. Yでは40万円のマイナス分が発生しているが、Yのゼロカットによってマイナス分はゼロ。
  5. 結果的にトレーダーは業者Yの口座開設ボーナス10万円だけを失うだけで、元手なしで業者Xの利益50万円が手に入る。

つまりトレーダーはボーナスを元手にしているだけなので、ゼロカットと組み合わせることによって、資金ゼロでもリスクなしで利益を獲得できるのです。

逆に業者はトレーダーが発生させたゼロカット分を負担するだけなので、損しかありません。

そのためボーナスを提供している業者では、「異なる業者間での両建て」を禁止にしているところが多いのです。

ただし一部の業者では、条件付きでOKにしているところもあります。

海外FXの提供する5種類のボーナスを知りたい方はこちら!

異なる業者間の両建てはなぜバレる?理由は2つ

両建てで禁止されている方法があると聞いても、「異なるFX業者間で両建てしているのに、なぜバレるの?」と疑問に思うかもしれません。

その理由は2つあります。

【異なる業者間の両建てがバレる理由】

  1. 取引プラットフォームが共通だから
  2. 仲介業者「ブリッジ」の存在

理由1:取引プラットフォームが共通だから

一つ目は、海外FX業者の多くがMT4やMT5など共通の取引プラットフォームを使っている場合が多いからです。

取引プラットフォームが共通なら、業者は他社の取引履歴も見れるため、ユーザーが両建てしていることに気づけるのです。

また、定期的に取引履歴を検証するシステムも導入されています。

そのため、異なる業者間での両建てはすぐバレるのです。

理由2:仲介業者「ブリッジ」の存在

二つ目は「仲介業者『ブリッジ』の存在」です。

ブリッジとは?
FX業者と価格を提示するリクイディティ・プロバイダー(銀行などの金融機関)の橋渡し(ブリッジ)をする仲介業者のこと。

FX業者はブリッジを通して注文しているため、このブリッジを通じてバレるのです。

例えば、A社で買いポジション、B社で売りポジションという形で両建てをしたとします。

しかし、AもBも同じブリッジを経由して注文を出していたら、サーバーが同じなので、両建てがすぐ発覚します。

そのためブリッジによっても、異なる業者間での両建てがバレるのです。

両建てがバレた時のペナルティとは?

禁止されている両建てがバレると、高確率で下記4種類のペナルティが課せられます。

【両建てがバレた際のペナルティ】

  1. 利益の没収
  2. 最大レバレッジの制限
  3. 出金拒否
  4. 口座凍結

両建てがバレた場合、最初に考えられるのが「利益の没収」です。

他にも、設定できる「最大レバレッジの制限」も考えられます。

また悪質と判断されると、「出金拒否」や「口座凍結」という重いペナルティもありえます。

口座凍結とは?
取引や入出金など、あらゆる行為ができなくなる口座状態のこと。
一度でも口座凍結になると、どんな理由があっても再利用することは不可能であり、一切出金もできない。

どのような両建てが禁止されているかは、業者によって違いがあります。そのため、どうしても両建てをしたいなら、取引ルールや利用規約を確認してから行いましょう。

海外FXで出金拒否になるケースを知りたい方はこちら!

両建てができるオススメ海外FX業者5社

「両建てしたい!」と考えている人の為に、オススメの海外FX業者5社をランキング形式でご紹介します。

順位と各社の両建てへの対応は、以下の通りです。

【両建てオススメ海外FX業者ランキング】

順位 業者名 同一口座内 複数口座間 異なるFX業者間
1位 BigBoss × ×
2位 TradersTrust
3位 TRADEVIEW
4位 Axiory
5位 XM × ×

次からは、特徴を含めて1社ずつ解説していきます。

1位:BigBoss(ビッグボス)

1位のBigBoss(ビッグボス)は、ゼロカットを採用しているため、同一口座内の両建てのみできます。

同一口座内であれば、ゼロカットやボーナスを利用した両建ても特に規制ありませんので、堂々と両建てが行えます。

ただし指標発表時等の両建てや同じ局面で何度も行う場合は、ペナルティが課せられるので注意しましょう。

同一口座内の両建て
複数口座間の両建て ×
異業者間の両建て ×
ゼロカット あり
最大レバレッジ 1,111倍
スプレッド(USD/JPY) 1.4pips(2022年2月16日10:29時点)
公式HPトップページにてご確認ください
取引プラットフォーム MT4、MT5、BigBoss QuickOrder(BBQ)
ロスカット 20%
ボーナス
  • 期間限定100%入金ボーナス
  • BigBossPoint
日本語サポート あり

BigBossの特徴は、取引するごとにもらえる「BigBossPoint」の存在です!

例えば、FXを1ロット取引すると、16BBPが付与されます。

受け取ったBigBossPointは、6BBP=1ドルのボーナスに交換できるので、証拠金を増やしやすくなります。

取引量が増えるほど多くのボーナスに交換できるので、ぜひBigBossで口座開設しておきましょう。

【BigBossの特徴】

  • 両建ては同一口座内のみ
  • レバレッジ1,111倍とハイレバ取引が可能
  • 追証なしのゼロカットあり
  • 口座開設は最短3分で完了
  • 取引毎にBigBossPointがもらえる
  • 日本語サポートもバッチリ

最大レバレッジ1,111倍で取引が可能なFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座開設する

2位:TradersTrust(トレーダーズ・トラスト)

2位のTradersTrust(トレーダーズ・トラスト)は、公式サイトで「両建て取引に規制を設けない」と明言しており、すべての両建て取引が可能となっています

しかし、ボーナスを利用した両建てはボーナス規約によるので、注意が必要です。

また何度も同じ場面で両建てをしていると、出金拒否などのペナルティが課せられることがあります。

同一口座内の両建て
複数口座間の両建て
異業者間の両建て
ゼロカット あり
最大レバレッジ 3,000倍
スプレッド(USD/JPY) 1.5pips~
取引プラットフォーム MT4
ロスカット 50%
ボーナス
  • 口座開設ボーナス
  • 200%&100%ご入金ボーナス
日本語サポート あり

TradersTrustは、レバレッジ3,000倍と高く設定でき、両建て取引にも制限がありません。そのため、資金が少ない方でも気軽に両建て取引ができます。

ですがロスカットが50%と高めに設定されているので、資金管理に気を配る必要があります。

【TradersTrustの特徴】

  • 両建て取引に制限なし
  • レバレッジ3,000倍と高い
  • ロスカット50%なのでロスカットされやすい
  • 入金ボーナスが多い

TradersTrustの公式サイトはこちら

3位:TRADEVIEW(トレードビュー)

3位のTRADEVIEW(トレードビュー)には、両建て禁止に関する規制がありません。そのため、すべての両建て取引が可能となっています。

ただし、ボーナスを利用した両建てはボーナス規約によるので、注意が必要です。

また何度も同じ場面で両建てをしていると、口座凍結などの重いペナルティが課せられる場合もあります。

同一口座内の両建て
複数口座間の両建て
異業者間の両建て
ゼロカット あり
最大レバレッジ 500倍
スプレッド(USD/JPY) 1.8pips~
取引プラットフォーム
  • MT4
  • MT5
  • cTrader
  • Currenex
ロスカット 100%
ボーナス なし
日本語サポート あり(※メールのみ)

TRADEVIEWの特徴として、取引プラットフォームが4種類と豊富に用意されています。

ですがボーナスはなく、ロスカット水準も100%とかなり高いので、資金が少ないとすぐロスカットされる危険があります。

また日本語サポートがメールのみなので、資金と経験をある程度持っている中級者向けの業者と言えるでしょう。

【TRADEVIEWの特徴】

  • 両建て取引に制限なし
  • 取引プラットフォームが豊富
  • ロスカット100%とロスカットされやすい
  • ボーナスがない
  • 日本語サポートがメールのみ

TRADEVIEWの公式サイトはこちら

4位:Axiory(アキシオリー)

4位のAxiory(アキシオリー)は、両建て禁止に関する規制がありません。そのため、すべての両建て取引が可能となっています。

ただし、ボーナスを利用した両建てはボーナス規約によるので、注意が必要です。

また悪質とみなされた両建てには個別で連絡が来るので、その場合は出金拒否などのペナルティが課せられる場合もあります。

同一口座内の両建て
複数口座間の両建て
異業者間の両建て
ゼロカット あり
最大レバレッジ 400倍
スプレッド(USD/JPY) 1.3pips~
取引プラットフォーム
  • MT4
  • MT5
  • cTrader
ロスカット 20%
ボーナス あり(不定期)
日本語サポート あり

Axioryは、MT4・MT5以外に、cTraderも使える貴重な業者です。

しかしレバレッジが400倍と他社よりも低めで、ボーナスの提供も不定期なことから、資金が少ない方には厳しい取引環境でしょう。

よって、取引プラットフォームにこだわりたい人向けの業者と言えます。

【Axioryの特徴】

  • 両建て取引に制限なし
  • 取引プラットフォームでcTraderが使える
  • レバレッジ400倍と低め
  • ボーナスが不定期

AXIORYの公式サイトはこちら

5位:XM(エックスエム)

5位のXM(エックスエム)は、複数口座間や異業者間での両建てが明確に禁止されています。そのため、同一口座内の両建てのみ可能です。

同一口座内の両建て
複数口座間の両建て ×
異業者間の両建て ×
ゼロカット あり
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド(USD/JPY) 1.7pips~
取引プラットフォーム
  • MT4
  • MT5
ロスカット 20%
ボーナス
  • 新規口座開設ボーナス
  • 100%+20%入金ボーナス
  • ロイヤリティプログラム
日本語サポート あり

XMはボーナスの種類が豊富で、以下のようなものがあります。

  • 口座開設するだけでもらえる「新規口座開設ボーナス」
  • 入金額の20%か100%のボーナスがもらえる「100%+20%入金ボーナス」
  • 取引量に応じてポイントが付与される「ロイヤリティプログラム」

ボーナスがあれば、資金が少ない方でも安心して取引をスタートできます。

【XMの特徴】

  • 両建ては同一口座内のみ
  • レバレッジ1,000倍
  • ボーナスが多い

XMの公式サイトはこちら

まとめ:両建てするなら規約や取引ルールの確認が必須

両建ては、方法によって業者が禁止していなければ海外FXでも使うことができます。

何度も使う手法ではありませんが、方法を知っていれば、大事な場面で武器となるはずです。一部の両建ては、ゼロカットやボーナスの併用により禁止されています。

そのため両建てするなら、規約や取引ルールをよく確認してから行いましょう。

また、もし海外FXで両建てを行いたいのであれば、レバレッジ1,111倍のBigBossがおすすめです!

 

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

最大レバレッジ1,111倍で取引が可能なFX業者はこちら!

BigBossで今すぐ口座開設する

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FXトレード手法