海外FX基礎

仮想通貨(暗号資産)とは?初心者向けに始め方や特徴をわかりやすく解説!

仮想通貨とは?

トレーダー
「仮想通貨ってなに?」

トレーダー
「ビットコインの取引をしてみたいけど、どうやるの?」

と疑問に思ったことはありませんか?

ビットコインを代表とする仮想通貨、名前を聞いたことがあってもどのような通貨なのか、分からないという方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨取引所での取引やFX業者が取扱う仮想通貨CFDが存在して投資の種類も多く、複雑でわからないという話もよく聞きます。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

・仮想通貨について

・仮想通貨取引の始め方

・初心者が覚えるべき仮想通貨取引のポイント

この記事を参考にすれば仮想通貨取引を始められるようになるでしょう。

これから仮想通貨を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨とはデジタル上に存在する通貨のことで、金融庁では暗号資産と呼称しています。(仮想通貨=暗号資産)

一番初めに開発された仮想通貨がビットコインであり、2009年開発と比較的歴史は浅いですが、1枚のビットコインの価格が大きく上昇したことで人気を集めています。

仮想通貨は現在数えきれないほどの種類が発行されていますが、大きな区分けとしてはビットコインとそれ以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

仮想通貨(暗号資産)の基本的な特徴

仮想通貨は単なるデジタル上の通貨というだけではなく、独自の技術や仕組み、用途を持つ通貨です。

金融商品としても取扱われており、現物の銘柄の取引だけではなくCFD(差金決済取引)としても取扱われています。

仮想通貨がどのような特徴を持つのかをわかりやすく紹介していきます。

中央の銀行となる管理者が存在しない

日本円などをはじめとする法定通貨は基本的に、政府や中央銀行が発行を行い価値を保証しています。

しかし仮想通貨は中央銀行のような中央管理者が存在せず、プログラムや仮想通貨を保有する人たちによって分散的に管理されています。

法定通貨は海外送金を行う際にコスト、時間、労力を必要としますが、仮想通貨はブロックチェーンにより分散化されたネットワークを使って低コストかつ短時間で送金を行うことが可能です。

中央管理ではなく複数のネットワーク参加者によって管理されるため、不正取引などの心配もないといった特徴を持ちます。

仮想通貨は複数の仮想通貨保有者がネットワークを監視するため、中央管理者が存在するシステムよりも不正取引が行われにくいです。

ブロックチェーンによって管理される

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術によって運用されています。

仮想通貨の取引記録などを1つのブロックに記録し、過去のブロックから順番に鎖でつなぐ形で記録されていくことからブロックチェーンと呼ばれます。

ブロックチェーンは改ざん耐性が高く、不正な取引が行いにくい仕様となっています。

新たに生成されるブロックが1つ前のブロックのハッシュ値と呼ばれる情報を格納してくることから、1つのブロックを書き換えるためには過去のブロックの情報も全て書き換える必要があり、現実的にブロックの書き換えが困難なことから仮想通貨自体のセキュリティが高いのです。

ちなみにブロックチェーンのブロックを生成することで仮想通貨の取引や発行が行われ、この生成をマイニングと呼びマイニングを行う人をマイナーと呼んでいます。

資産、送金、投資、分散型アプリケーション開発など様々な用途がある

仮想通貨は様々な用途で使われています。

将来の価格上昇を期待した資産的な価値への投資、短時間および低コストで送金できる技術、価格変動を利用した取引、ブロックチェーンを利用してゲームや金融サービスを開発する分散型アプリケーション開発、などがあります。

単純に投資商品として仮想通貨を購入するだけではなく、個人間での送金や分散型アプリケーションを利用したゲームのプレイやゲームで稼ぐといった利用も可能です。

現物取引とCFD取引

仮想通貨の取引には、大きく現物取引とCFD取引の2種類が存在します。

現物取引は仮想通貨取引所で仮想通貨を売買し、ウォレットで仮想通貨を管理できます。

CFDは差金決済取引で、仮想通貨の価格変動に対して買いと売りどちらの取引も可能で、レバレッジを掛けた取引も行えます。

現物取引は仮想通貨取引所でしか行えませんが、CFD取引はFXを取扱う業者などでも取引ができ、暗号通貨CFDや暗号資産CFDといった名称が付けられています。

海外FXでCFDを取引するメリットとは? 国内業者と何が違うのか徹底解説

仮想通貨(暗号資産)の始め方

仮想通貨の取引を始める際に、初心者の方が困ってしまいやすいのが取引の始め方です。

実は始め方は他の投資同様に簡単であり、すぐにでも取引を始められる環境が現在は整えられています。

・仮想通貨取引所もしくは仮想通貨CFDの口座開設

・仮想通貨取引所やCFD取扱い業者の口座に入金

・仮想通貨を買うもしくはトレードを始める

これから仮想通貨の取引を始めたい初心者の方向けに、仮想通貨の始め方を解説していきます。

仮想通貨取引所もしくは仮想通貨CFDの口座開設

まずは取引を始めるために口座を開設します。

仮想通貨取引所もしくは仮想通貨CFDを取扱う業者で口座開設を申し込みましょう。

各取引所や業者の口座開設で必要な書類を用意しておけばスムーズに開設を進められます。

仮想通貨CFD(暗号通貨CFD)を取扱うBigBossについては下記で詳しく口座開設方法を紹介しているので、よければ参考にしてください。

海外FXは本人確認なしでも取引できる?取引制限や本人確認書類の注意点を解説

仮想通貨取引所やCFD取扱い業者の口座に入金

口座開設が完了したら、次は取引を始めるための資金を口座に入金しましょう。

多くの取引所と業者で日本円による入金に対応しており、用意した投資資金を入金します。

入金や出金については、各業者でルールがあるため事前に確認してしっかり守るようにしましょう。

下記記事で海外FXでの入出金ルールをまとめているので一度目を通すことをおすすめします。

【保存版】海外FXの入出金方法6つを比較!送金が早く手数料が安い手順を解説

仮想通貨を買うもしくは取引を始める

口座に入金が完了したら、仮想通貨の取引を始めましょう。

普通にビットコインやイーサリアムを買っても問題ありませんが、少しでも安く買いたい、できるだけ利益を狙いたいという場合には、テクニカル分析を使うこともおすすめです。

テクニカル分析を使えば過去のチャートから将来の価格を予測し、初心者の方でも勝率の高い取引で利益を狙えます。

初心者向けのテクニカル分析を下記記事にまとめているので、よければこちらも参考にしてみてください。

FXのテクニカル分析とは?おすすめの分析手法から用語まで解説

初心者が仮想通貨(暗号資産)取引を始める際のポイント

仮想通貨は他の投資商品と比べても投資先の種類が多かったり、値動きが激しいといった特徴を持ちます。

しっかりとポイントを押さえてから取引を始めなければ、大きく損をしてしまうこともあるでしょう。

実際に初心者の方が仮想通貨取引を始める際の気を付けるべきポイントを紹介します。

メジャーな仮想通貨から始める

仮想通貨の取引を始める際には、メジャーな銘柄を選ぶことをおすすめします。

メジャーな仮想通貨を選べばある程度値動きが安定して取引が行いやすく、逆にマイナーな仮想通貨を選ぶと値動きが激しく予測が難しく損をしてしまいやすくなります。

特に海外の仮想通貨取引所へ上場されるマイナーな仮想通貨に関しては、一度値上がりした後に急落し、二度と価格上昇が起きないといった事例も珍しくありません。

マイナーな仮想通貨は大きな損を出してしまう可能性があるため、ビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨から取引を始めて慣れていきましょう。

小額から取引を始める

ビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨でも、値動きが激しい局面が存在します。

取引慣れていない初心者の方の場合だと値動きの激しさから取引が難しくなり、用意した資金を溶かしてしまうことも珍しくありません。

そのため最初は小額から取引を初め、慣れてきてから資金量を上げていきましょう。

多くの取引所や業者で1万円の資金があれば取引を始めることができるため、まずは1万円の小額から始めて見ることをおすすめします。

ちなみに海外FXでは入金によるボーナス配布があり、小額でもボーナスで資金を増やして取引が行えるので活用してみるのも1つの手です。

【2023年9月最新】海外FXの入金ボーナス比較! 100%・クッションありも

レバレッジを上手く活用する

仮想通貨CFDではレバレッジを掛けた取引が行えます。

レバレッジはてこの原理の意味で、投資では資金を倍以上に増やして取引が行える仕組みです。

資金が増えた分、利益と損失も増えやすい状態にあり小額取引でもしっかりと利益を獲得できます。

レバレッジと聞くとリスクの高さから怖さを感じてしまうこともあるかもしれませんが、海外の業者であればゼロカットを採用しているため追証(借金)が発生しません。

そのためリスクを取りながらも最悪の事態は回避できる、海外業者での仮想通貨CFD取引がおすすめです。

海外FXの追証なしのゼロカットとは? メリットや執行されるタイミングを解説

個人のウォレットで取扱う場合はセキュリティ対策が必須

仮想通貨の現物を購入した場合、個人のウォレットに送金できます。

仮想通貨自体はセキュリティが非常に高くありますが、個人が持つ仮想通貨に対しては詐欺などが横行しています。

個人を騙してウォレットから仮想通貨を送金させたり、ウォレットがハッキングされて仮想通貨が流出してしまうこともあるのです。

そのため、個人のウォレットで仮想通貨を管理する際にはセキュリティ対策をしっかりと行いましょう。

少しでも怪しいと感じたり、異変を察知した場合には、仮想通貨を取引所や別のウォレットに避難させることをおすすめします。

まとめ:仮想通貨CFD取引を始めるならBigBossがおすすめ

仮想通貨はデジタル上の通貨で、ブロックチェーンの技術を使った比較的新しい投資です。

ハッキングなどによって流出させてしまうリスクが存在しますが、値動きの激しさや過去に億り人と呼ばれる億万長者を生み出したことから現在でも一定の人気があります。

現物の取引では今回紹介したリスクが存在していますが、CFDによる取引であればFX同様に取引でしっかりと利益を狙っていくことが可能です。

これから仮想通貨CFD取引を始めるなら、暗号通貨CFDを取扱い高性能ツールMT5が使えるBigBossがおすすめです。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得でき、ボーナスに交換可能です。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎