海外FX基礎

FX取引で円安の時にすることは?トレード手法や為替相場の分析方法を解説

「円安の時にFXですることは?」
「円安時のFXトレードの方法がわからない…」
と悩んでいませんか。

円安の状況下で資金を守るために、FXを始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

中には、FXを始めても、円安の局面でどのように利益を狙うべきかわからない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FX取引で円安の時にすること
  • 為替レートが円安に変動する要因
  • 為替レートの値動きの予測方法

円安の時にFXでするべきことがわかれば、FXトレードの基本が身に付き、利益を狙いやすくなるでしょう。

これからFXを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

\最大レバレッジ2,222倍で取引するならBigBoss/

FX取引で円安の時にすること

円安は外貨に対して円の価値が下がっている状態を指し、FX取引で円安が進むと予想した場合は、円を売って外貨を買うトレードが基本となります。

例えば、米ドル/円で取引する場合、現在の為替レート(1ドル=120円)よりも円安になると予測した時はドルを買い、1ドル=130円になった時に決済すれば、10円の利益が発生します。

FXは円高の時にも利益を狙える

FXは、通貨同士の交換によって生じる為替差益を狙うものであり、円を売って外貨を買うだけでなく、外貨を売って円を買う取引も可能です。

そのため、円高の局面でも、外貨を売って円を買う取引をすれば、利益を狙えます。

例えば、米ドル/円で取引する場合、現在の為替レート(1ドル=130円)よりも円高に進むと予測して米ドルを売り、1ドル=120円になった時に決済すれば10円の利益が出ます。

為替レートが円安・円高に変動する要因

先述した通り、FXは円安・円高のどちらの局面でも利益を狙えます。

ただし、実際に利益を獲得するためには、現在の為替レートから円安・円高のどちらに変動するかを予測しなければなりません。

そのためには、為替レートが円安・円高に変動する要因を知っておくことが大切です。

為替レートは通貨同士の需要(買い手の量)と供給(売り手の量)のバランスに応じて変動します。

例えば、円の需要が供給を下回ると円安、円の需要が供給を上回ると円高となります。

なお、通貨同士の需要と供給に影響を与え、為替レートが円高・円安に変動する主な要因は以下の通りです。

  1. 金利動向
  2. 景気動向
  3. 政治的要因
  4. 経済指標
  5. 貿易収支
  6. 地政学的要因
  7. 為替介入

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.金利動向

為替レートが円安に進む要因に、金利差が挙げられます。

金利は国によって異なり、一般的に金利の高い国の通貨が買われる傾向があります。

なぜなら、金利の高い通貨で資産運用した方が利益を得やすいためです。

例えば、アメリカの金利の方が日本の金利よりも高ければ、円を売ってドルを買う投資家が増え、円安に進みやすくなります。

2022年に円安が進んだのも、日本が金利を下げ続け、アメリカが金利を大きく引き上げたことが要因の一つとして挙げられています。

2.景気動向

日本の景気が悪化し、企業の業績が落ち込んでしまうと、海外の投資家は円を手放したり円の購入を控えたりします。

このように円の需要が下がれば、円安になりやすくなるでしょう。

一方、日本が好景気で企業の業績も右肩上がりであれば、日本の国債や日本企業の株式を購入しようとする投資家が増え、円の需要が高まる傾向があります。

3.政治的要因

政治的要因には、政権交代や制度変更などが挙げられます。

例えば、日本で政権交代や制度変更が行われ、日本の今後の動きが予測できなくなれば、大きな損失を受けないようにそれまで投資していた円を引き揚げてしまう投資家もいるでしょう。

その結果、円の需要が下がり、円安になる可能性も考えられます。

4.経済指標

経済指標とは、各国の政府や中央銀行などが発表している経済動向を表すデータのことです。

景気や雇用、物価など様々な指標があり、結果次第で為替相場が大きく変動することがあります。

FXで重要視されている経済指標には、以下のようなものがあります。

  • 雇用統計
  • GDP
  • 消費者物価指数 など

中でも、米国雇用統計は、為替相場を大きく動かす代表的な指標とされています。

例えば、米国雇用統計に記載されている平均時給が予想を上回った時は、個人消費が増えることから、アメリカ全体の景気が上向きになることが予測できるでしょう。

アメリカの景気が良くなり、米ドルの価値が上がれば、円安ドル高に進む可能性があります。

米国雇用統計発表時にFXトレードするコツはこちらで詳しく解説!

5.貿易収支

貿易収支とは輸出と輸入のバランスを示すもので、黒字の場合は輸出が多く、赤字の場合は輸入が多い状態であることがわかります。

例えば、日本からアメリカへの輸出が減り、輸入が増えると、円を米ドルに交換する量が増えるため、米ドルの需要が高まる傾向があります。

米ドルの需要が高まれば、相対的に円の価値が下がり、円安ドル高に進む要因となるでしょう。

6.地政学的要因

地政学的要因には、紛争やテロ、自然災害などが挙げられます。

紛争や自然災害が起こると、投資活動や消費に悪影響が出ることが懸念されるため、その国の通貨は手放される傾向にあります。

日本で自然災害が起きた場合には、円安傾向が強まるでしょう。

7.為替介入

為替介入とは、政府機関や中央銀行などが外国為替市場で通貨を売買することです。

急激な為替変動は、国民の生活に大きな影響を与えるため、為替介入により値動きを安定させる目的があります。

為替介入の頻度は少ないですが、相場が大きく変動する要因となるため、FXトレードをする際は確認しておくと良いでしょう。

為替レートの値動きの予測方法

FXで利益を狙うには、現在が円安・円高であるかどうかを判断するだけでなく、為替レートの値動きを予測することが大切です。

為替レートの値動きを予測する方法には、主に以下の2つがあります。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析

それぞれ詳しく見ていきましょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、インジケーターやローソク足などのテクニカル指標を活用して、過去のチャートから今後の値動きを予測する方法です。

テクニカル指標の見方や手法を覚えることで利益が狙えるようになるので、FX初心者が最初に身に付けたい分析方法といえるでしょう。

ただし、必ずしもテクニカル指標の売買サインの通りに動くわけではないため、複数の手法や時間足で相場を分析することが大切です。

FXでおすすめのテクニカル分析はこちらで詳しく解説!

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、経済指標や金融政策などの情報を参考にして値動きを予測する方法です。

経済指標の発表や要人発言があると、為替レートは大きな変動を見せる傾向があり、経験が豊富なトレーダーでも値動きの予測が難しいといわれています。

ファンダメンタルズ分析はチェックすべき情報が多く、手間や時間がかかりやすいため、FX初心者の方はテクニカル分析から取り入れてみるのがおすすめです。

取引に慣れたら、テクニカル分析と組み合わせて相場分析に役立ててみましょう。

円安の時にFX取引する注意点

円安の時にFX取引する際は、以下の3点に注意しましょう。

  1. だましに注意する
  2. 損切りラインを決めておく
  3. ロスカットが実行される可能性がある

それぞれ詳しく解説します。

1.だましに注意する

だましとは、テクニカル分析などの売買サインとは異なる方向に価格が動くことです。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析で円安が進むと予測できても、必ずしもその通りに相場が動くとは限りません。

想定外の値動きに巻き込まれると、大きな損失を受けてしまうので注意しましょう。

2.損切りラインを決めておく

円安時のFXトレードで大きな損失を出さないためには、「含み損が〇円になったら決済する」のように損切りラインを事前に決めておくことが大切です。

損失を確定したくない感情から損切りの判断が冷静にできない場合は、エントリー時に「逆指値注文」を活用して、自動的に損切りされるように設定しておくのも良いでしょう。

損切りラインの決め方はこちらで詳しく解説!
逆指値注文の設定方法はこちらで詳しく解説!

3.ロスカットが実行される可能性がある

ロスカットとは、含み損が一定の水準を超えた時に、損失がこれ以上拡大しないよう強制決済されることです。

ロスカットはトレーダーを守るための仕組みですが、ロスカットの遅れなどの理由で、口座残高がマイナスになると、証拠金を追加で入れなければならない「追証(追加証拠金)」が発生します。

追証は口座資金以上の損失につながるので、日常生活に影響が出てしまうこともあります。

このようなリスクを抑えるにはゼロカットシステムを導入しているFX業者を選ぶことが大切です。

ゼロカットシステムとは、トレーダーが口座資金以上の損失を受けた時に、マイナス分をFX業者に負担してもらえる仕組みです。

BigBossでもゼロカットシステムを導入しているので、口座資金以上の損失を避けたい方は、BigBossで口座開設してみましょう。

最短3分で口座開設できる!

BigBossで今すぐ口座を開設する

▶︎ゼロカットシステムを採用しているおすすめの海外FX業者はこちらで詳しく解説!

まとめ:為替相場の分析方法を身に付けて円安の時に利益を狙おう

FXトレードでは円安の時に、円を売って外貨を買うトレードが基本となります。

円安が進んだ時に利益を狙えるようになるためには、為替レートの値動きの予測方法を身に付け、リスクを抑えた取引をすることが大切です。

円安の時にFXトレードでより多くの利益を狙いたい方は、レバレッジの高い業者を選びましょう。

レバレッジが高いFX業者を探している方には、BigBossをおすすめします。

BigBoss最大レバレッジ2,222倍

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大2,222倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大2,222倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。


banner

banner

banner

最大レバレッジ2,222倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

BigBossでお得に取引しよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大2,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する

 

-海外FX基礎