海外FX基礎

FXを始める時期はいつが良い? すぐに取引をするべき3つの理由を解説!

「FXに興味があるけど、いつから始めれば良いのかわからない...」
「今は取引を始めない方が良いのでは?」
「たくさん勉強してから取引を始めるべき?」

と考えていませんか?

初めてFXに挑戦する際、取引を始めるタイミングを失敗したくないと考えている人は少なくありません。

とはいえ、いつから始めるべきなのか、たくさん勉強してからの方が良いのか悩んでいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • FXを始めるならすぐが良い理由
  • 取引を始める前に覚えておきたい基礎知識

記事の後半では、これからFXの取引を始める人がよく抱える悩みについても回答します。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

\最大レバレッジ1,111倍で取引するならBigBoss/

FXを始めるならすぐが良い3つの理由

FXを始めるならすぐが良いです。その理由は3つあります。

  1. 初心者でもわかりやすい相場の可能性があるから
  2. 将来やってくるチャンスを逃さずに済むかもしれないから
  3. トレード技術を早く身につけられるから

詳しく見ていきましょう。

1. 初心者でもわかりやすい相場の可能性があるから

初心者がFXの取引を始めた時期が、たまたまわかりやすい相場と合致するケースがあります。

まず前提として、FXでは全期間の7割が一定の価格帯で値動きが起きるレンジ相場やほとんど値動きが発生しないような相場といわれています。

このような場合、価格がどちらに動くのか予測するのは簡単ではありません。

しかし、時々誰が見てもわかるくらい上昇し続ける(あるいは下落し続けている)トレンド相場が発生します。

例えば、2022年3月から10月後半まで続いたドル高円安相場は、その代表例です。

このような長期間のトレンド相場は、一般的に初心者でも取引しやすいといわれています。

なぜなら、以下のように丸印をつけたどの価格で買っても矢印の価格帯まで保有していれば利益になっているような相場だからです。

もちろん、わかりやすい相場がいつ来るのかはわかりません。しかし、取引を始めている人でないと、このようなわかりやすい相場に参加するのは不可能です。

2. 将来やってくるチャンスを逃さずに済むかもしれないから

たまたまFXを始めたら、ちょうど初心者でも利益を狙いやすい相場環境だったというケースは稀です。

では、2022年3月から10月のドル高円安トレンドで大きな利益を得られたのは、どんな人たちだったのでしょうか?

それは、ひたすら相場の世界で生き残っていた人たちです。FXを始めてすぐに思うような利益を得られる人は多くありません。しかし、ひたすら取引や分析をしていれば、多くの利益を得られる相場がやってくる可能性はあります。

以下のチャートはドル/円の2013年1月1日から2023年1月25日の週足チャートですが、5回ほど大きなトレンドが発生しています。

いつやってくるかわからないチャンスをつかむためにも、少額で良いのでFXを始めましょう。

3. トレード技術を早く身につけられるから

FXで安定的に収入を得るために必要なトレード技術は、すぐに身につけられるわけではありません。

天才的に能力の高いトレーダーを除くと、トレードで失敗を繰り返すうちにトレード技術が身について、安定的に利益を得られるようになるパターンがほとんどです。

実際に、FX系雑誌のトレーダー特集を見ても、最初からずっと利益を得られた人はあまりいません。

そうなると、チャンスが来た時に利益を得るには、早くからトレード技術を磨いておく必要があります。

FXを始めるのに早すぎることはありません。

円高と円安ではどちらの時に始めた方が良いのか

テレビのニュースでは、時々円安や円高について取り上げられます。

そのようなニュースを見た時に、今は円安(あるいは円高)だけど、FXの取引を始めても大丈夫なのか疑問を感じる人もいるでしょう。

FXの場合、買いからでも売りからでも利益を狙えます。

株式投資や投資信託のように景気が良くなければ利益を得にくいとは限らないため、円高や円安に関係なく、いつでもチャンスはあります。

そうなると、早くから取引を始めた方が良いのではないでしょうか。

FXの取引を始める前に最低限覚えておくべき知識

FXと聞くと専門的な知識をたくさん覚えなければならないと感じるかもしれません。

しかし、最低限以下の知識を覚えておけば、FXの取引を始められます。

  1. レバレッジ
  2. ロスカット
  3. 損益が発生する仕組み
  4. pips
  5. ロット管理

順番に見ていきましょう。

1. レバレッジ

FXは株式投資や投資信託とは異なり、レバレッジを掛けて投資ができます。

そして、レバレッジはポジションを保有するのに必要な証拠金と深く関わっており、両者の関係性は以下の通りです。

レバレッジ 必要証拠金
高い 少なく済む
低い 多く用意しなければならない

例えば、1ドル100円の時にドル円を1ロット(10万通貨)保有するケースで考えてみましょう。

レバレッジ1倍で取引する場合、1ロットのポジションを保有するためには1,000万円を用意しなければなりません。

10万通貨×100円÷1倍=1,000万円

一方でレバレッジ1,111倍のBigBossを利用した場合、1ロットのポジションを保有するのに必要な証拠金は9,000円ほどで済みます。

10万通貨×100円÷1,111倍=約9,000.9円

レバレッジが高いほど少ない資金で多くのポジションを保有できる点は覚えておきましょう。

海外FX業者のレバレッジの比較はこちら!

2. ロスカット

各FX業者では、顧客の口座内の資金を損失から守るためにロスカットと呼ばれる制度を採用しています。

新規注文によりポジションを保有した後、売買方向と逆に価格が動くと含み損が発生します。

そして、含み損があまりにも多くなりすぎてしまうと、FX業者が顧客の損失が増えすぎないように保有ポジションを強制的に決済するのです。

強制的に含み損のあるポジションが決済されると、損失が確定してしまいます。よって、FXで利益を得るには、ポジションがロスカットされる事態は避けなくてはなりません。

これからFXを始める人は、ロスカットを避けるためにリスクを取り過ぎない点も把握しておきましょう。

ロスカットの執行までの流れはこちらで解説!

3. 損益が発生する仕組み

FXで収入を得るためには、損益が発生する仕組みを覚えておく必要があります。

なぜなら、どのくらいのリスクをかけているのかわからない状態で取引することになるので、大きな損失を被る可能性が高くなるからです。

自分の保有したポジションが上昇(あるいは下落)したら利益・損失のどちらが発生するのか、いくらの利益が発生するのかは理解しておきましょう。

例えば0.01ロット(1,000通貨)のポジションを保有すると、どのくらいの損益が発生するのか正確に把握しておかなければ、自分が今どのくらいのリスクを取っているのかわからないので大きな損失を被る可能性があります。

また、どのように取引をすれば良いのかも覚えておく必要があります。

注文方法はこちらで詳しく解説!

4. pips

FXでは損益をpipsと呼ばれる単位で表しています。

1pipsをドル/円で表すと0.01円です。

例えば100円だった価格が100.01円に動くと、0.01pipsの上昇となります。

このように、pipsは新規注文した後に価格がどう動いたのか見る時に使います。

他には、新規注文した後、どこで決済をするか判断する時にも使うので覚えておきましょう。

1pipsあたりの損益はこちらで詳しく解説!

5. ロット管理

FXの取引ではロット管理が重要になります。レバレッジをかけられるからといって、ロットを上げすぎると、大きな損失を被るリスクが高くなるので注意が必要です。

例えば、0.01ロット(1,000通貨)と1ロット(10万通貨)でロングポジション(買い注文)を保有したケースで考えてみましょう。

ロット 100pips上昇した時 100pips下落した時
0.01ロット(1,000通貨) 1,000円の利益 1,000円の損失
1ロット(10万通貨) 10万円の利益 10万円の損失

1ロットで取引した場合、100pips上昇すれば、10万円の利益を得られます。しかし、100pips下落した場合は10万円も損するため、リスクが高くなります。

1ロット(10万通貨)×100pips=10万円

0.01ロット(1,000通貨)×100pips=1,000円

口座の資金が少ない場合は、ロットを下げて取引しなければ一度の失敗で大きな損失を被るリスクがあるので注意しなければなりません。

取引をする時は、資金やトレードスタイルに応じて適切にロットを管理しましょう。

最適なロットの決め方はこちらで解説!

FXを始める時期に関するよくある質問と回答

FXを始める時期に関するよくある質問と回答をまとめました。これからFXを始めようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

FXを始める時期はいつが良いですか?

FXを始めるなら早い時期をおすすめします。なぜなら、早く取引を始めた方が、初心者でもわかりやすいチャンスに乗れる可能性があるからです。10年に1回の大相場が発生しても、取引を始めていなければ、利益を得るのは難しいでしょう。

FXを始めるなら円高と円安どちらの時期が良いですか?

FXは株式投資や投資信託のように売りからでも新規注文ができます。よって、円高でも円安でも利益を得ることは可能です。

FXを始めるために口座を選ぶ時の基準は何ですか?

これからFXを始めるなら、1,000通貨取引ができる・レバレッジが高い・ボーナスがもらえるFX業者の口座をおすすめします。

1,000通貨取引ができるおすすめの海外FX業者はこちら!

海外FX業者のボーナスキャンペーン狙いなら始める時期をずらすべきですか?

口座開設ボーナス狙いであれば、口座開設の時期をずらしても問題ありません。

入金ボーナスの場合は、すぐに取引を始めましょう。その理由は、既に口座を保有している人もボーナスキャンペーンの対象者に含む海外FX業者もあるからです。

海外FXのボーナスをたくさんもらう方法はこちらで解説!

大きなトレンドが発生していると利益を得やすいですか?

大きなトレンドが発生していても必ず利益を得られるわけではありません。しかし、値動きがわかりやすいため、FX未経験者でも利益を得られる可能性はあります。

未成年は、成年してからFXを始めた方が良いですか?

国内外問わず、FXは18歳以上から口座開設が可能です。また、18歳以上でも口座開設ができない、独自の審査基準があるFX業者もあるので、事前に確認しておきましょう。

高校生の口座開設の可否はこちらで詳しく解説!

まとめ:FXを始める時期は早いほど良い

FXを始めるかどうか悩んでいるなら早いほど良いです。その理由は、初心者でも売買判断をしやすい相場がいつやってくるかわからないからです。

最初はうまくいかなくても、トレードを繰り返していけば、トレード技術も向上します。そうなれば、いざチャンスが来た時に利益を得られる確率が高くなります。

なお、これからFXを始めるのであれば、1,000通貨での取引に対応しており、レバレッジが高いFX業者をおすすめします。

2つの条件を満たしているFX業者を探している人には、BigBossがおすすめです。BigBossでは1,000通貨取引に対応しているので、資金が少ない人でも気軽に取引を始められます。

また、年に数回開催される様々なボーナスキャンペーンに参加できるので、ボーナスをもらって多くの利益を狙うことも可能です。

BigBossで取引するメリットは3つあります。

  1. 最大1,111倍のレバレッジで取引できる
  2. 取引毎にBigBossPointがもらえる
  3. 約定力が高いSTP/ECN方式を採用

BigBossでは最大1,111倍の高いレバレッジで取引できます。さらに取引毎にBigBossPointを獲得できます。

また、プロスプレッド口座ではSTP/ECN方式を採用しており、約定力の高い環境で取引できます。

ぜひ、口座開設をしてみてください。

\最大1,111倍のレバレッジで取引できる!/

BigBossで今すぐ口座を開設する

banner

最大レバレッジ1,111倍の『BigBoss』で
海外FXを始めよう!

「これから海外FXで本格的にトレードしたい!」
「どうせなら、魅力的な海外FXを選んでトレードしていきたい」!

そんなあなたにおすすめなのが、BigBossです!

BigBossではお得なポイント制度や最大1,000倍を超えるレバレッジ、そして誰でもカンタンに始められる公式の取引アプリなど、これから海外FXを始める人にとって最適な環境を用意しています!

BigBossで今すぐ口座を開設する


-海外FX基礎